海(いなべ市)の最近のブログ記事

「海」95号(いなべ市)

| コメント(0)

2017年6月 6日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「アナザー・ローズ」宇佐美宏子】
 60代半ばの塔子は、眼の具合が悪くなり、病院に行く。すると、血液検査をされる。結果は梅毒による視神経の疾患とわかる。感染の原因は60歳で数年前に病死した夫しか考えられない。末尾に参考資料として、医学書が3点記されており、医師による事実の記録に同様の事実があったようだ。
 作品は、夫との生活の回想を中心に、病状の悪化を、薔薇の花やバルコニーの花壇の荒れようと並行して描く。話は孤独に暮らす塔子の回想が中心であるが、そのやり切れない孤独感が伝わってくる。小説設定からすると、他の手法もあるかと思うが、孤独を描くのに適した作者の資質なのか、本質的に人間は孤独であると強く認識させる筆力で、不思議な余韻を残す。こうした特殊なケースでなくても、孤独の表現が可能な作者のような気がする。
【「どこかへ」白石美津乃】
 定年退職者の政雄。妻の君江、82才になる母親の茂子は認知症気味。40才前の息子の弘。一度、都会生活をしたあと、実家に舞い戻って来て、居候をしている。それにペットの猫という家族構成で、ある種の現代家族構造の一典型でもある。政雅は、仕事を離れてしまって家庭内に居場所がない感じをもち、どこかに出かけることにする。自由であるが、孤独である。女性の手になるせいか、細部が実に小説的。
 人間社会は家族・市民社会・国家の構造のなかにあるとヘーゲルの「法哲学」にある。家族は愛による共同体という一体感をもち自由であれば良いとしている。家庭内の自由がどういうものか、この作品の家庭は一体感は失われている、自由であるように見えるが、幸せの条件を満たしていない。マルクスは「ヘーゲル法哲学批判序説」で、資本主義国家の経済的階級格差がヘーゲルの主張を裏切るとしている。しかし、これは息子の弘の経済生活の不満足の現状とはマッチしないようだ。本作品の家庭内生活ぶりを読むと、現代はヘーゲルやマルクスの発想を超えた段階にあることを示している。ただ、よく描かれた小説の家族構造は、社会科学の時代性の問題提起をも表現しているように思える。
【「水谷伸吉の日常」国府正昭】
 理髪店の主人が、お客が減ってしまう。経済の高度成長時代の人口増の反動と、高齢化で頻繁に髪の手入れを必要としない人が多くなった。そうした時代の流れに逆らえず、近隣の精神的発達障害者の施設に出前の仕事を引き受ける。淡々とまじめに仕事をする主人公の姿を描く。社会環境というのは、必ず変化することを実感させる。
【「夕霧理容室」紺谷猛】
 こちらの話は、50年前の団地生活ブームに合わせて、地域に必要となり開店したので、順調な時期が続いたことも話題にされている。この時代は、農村地帯からの大量人口移動が起こり、農業から工場現場へ、工場事務員が人口の半分近くになった。農業からサラリーマンになる人が都会に集中した。いわゆる団塊の世代の現象である。そのベッドタウンとしての団地造成があった。そこで良い商売になったのが、耐久消費財の電機メーカの系列電器店である。しかし、電気製品の普及が進むと、まず大型電気店に押されて消えて行ったのも系列電器店である。それに比較すると、理髪店の衰退はゆるやかである。
【「河岸をたたく雨」宇梶紀夫】
 農民文学賞受賞作家の鬼怒川ものともいうべき、一連の地域歴史時代小説である。「おさと」という料理茶屋の女中の見聞を軸に、当時の商売、庶民の男女のふれあい、鬼怒川の増水による輸送船の転覆事故など、さまざまな悲喜劇が語られている。各地に郷土史家や郷土作家がいるが、これも地域風土の雰囲気を再現しているように読めた。
【「『世代』初代編集長 遠藤麟一朗のこと」久田修】
 作者のエッセイ風の前半につづき、「世代」という文芸誌の編集賞であった遠藤麟一朗というエリート社会の文学者の年譜がついている。知らない文学者の話だが、が形式にこだわらない自由な書き方が、読んで面白い。
発行所=〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎。

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」第94号(いなべ市)

| コメント(0)

2016年11月23日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「筏師」宇梶紀夫】
 鬼怒川の江戸時代の山村風俗を描き続けている作者である。今回は鬼怒川上流の山の丸木材を伐採し、丸太を筏にして鬼怒川を下って運搬する筏師の生活を描く。当時から世界最大の都市になっていた江戸城下町周辺の木材と石の需要は旺盛であった。鬼怒川から筏流しで、木材を運搬する筏師の視線で当時の庶民の風俗が良く調べて書かれている。
 筏師は、江戸に近い青梅の山の丸太を多摩川を使っても、下流の六郷まで筏を流し、江戸の町の屋敷建設を大いに盛りたてた。現在の高級住宅街となった田園調布の多摩川沿いに、筏道という道筋が残っている。これは、下流に丸太を流した筏師が、青梅に戻るための道筋であったという。
 本作では、鬼怒川の筏師の仕事と、丸太運送に通る川筋の説明と、周囲の人物像がおおまかに描かれている。欲を言えば、この設定をもってテーマを盛り込んでみたら、さらに厚みが増すように思う。
【「詩人 清岡卓行」久田修】
 清岡卓行は、東京・池上に住んでいたらしく、池上線池上駅近くにあったバッテンイグセンターによく通っていたようだ。かつて私自身、池上に住んでいた。この門前町のもつ静かなたたずまいというか、宗教的なものと多少持ち味のことなる霊性をもつ地であった。
 それというのも、そこは池上本門寺とその関連寺院の町で、面積の割には人口が少なかった。そのため商店街も地味で、そこに新しく店を出しても、見かけより人口が少なく、多くが撤退していた。その頃の町の雰囲気と清岡卓行の詩や散文が実にぴったりとしていたのである。現在は、高層マンションが多く建って、人口が増え、さびれていた行きつけの茶坊がにぎわう。静寂さを失ってしまい、昔のような町ではなくなっている。
 清岡卓行も原口統三も、読んで親しみを感じていたが、自らの生活には無縁のものであることは、確かである。しかし、「朝の悲しみ」や「アカシアの大連」にある美しきもの、愛しきもの存在を思い起こすのである。
 作者の清岡卓行きへの傾倒する想いと参考資料の豊富さは、貴重なものだ。
発行所=〒511?284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」第93号(いなべ市)

| コメント(0)

2016年6月12日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【宇佐美宏子「象のいた森」】
 名古屋市の国有林の森が近くにあるマンションに、私は25年近くすんでいる。それには理由がある。太平洋戦争中に、動物園の象がこの森に飼育係に連れられて、草を食べにきていたのだ。私は子供のときにそれを見た記憶が忘れられない。敗戦の前には、空襲で森が焼夷弾で焼かれ、人々も大勢死んだ。私の心の中には、象のいた森と、その暗さのなかの死者の魂がつながりをもって、忘れることがない。
 その国有林の森も戦後は整理され、現代的な場所になるが、時折、森の中で自死する人のことがニュースになる。頭上ではヘリコタ?が良く飛ぶ。名古屋という場所のせいか、動物園の象という素材で、メルヘンチックな側面と、常に死と向き合う作者の語り口の感性は、文学的な含蓄を含んでいる。グリム童話の大人向けの味わいを持つ。
【南柊一「曽根はどこにいる」】
 主人公は、曽根か、それに似た苗字の男。仕事場の転職をする性格らしく、薬品の訪問販売営業から、競売物件の転売不動産業をしたりしている。日常は、職に就くことで自分の存在を確立できている。
 主人公のやっている競売物件探しの仕事の内容の細部が面白い。その話の途中というか、最中に自己存在への自意識に関する問題提起がいれてある。主人公はその社会的な職業によって、存在保証されているが、それは表面的な一時的な存在である。本質的な自分の内面的な存在感について考える。名前だけで考えても、若いときも成人時も、老年期も同じであるが、中味はちがっている。名前は記号としての意味しかない。そうした現代的な問題提起を含んだ小説に読めた。
発行所=〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321-1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」・北 一郎

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」92号(いなべ市)

| コメント(0)

2015年12月19日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「白い灰」宇梶紀夫】
農民文学賞受賞作家であるが、これも農業生活の話である。エピソードは多彩で紹介する余地もないが、印象的なのは、都会では当たり前になった水洗便所がなく、当時はどこでも汲み取り式。鬼怒川流域のそこも、人糞を畑の肥やしにしていた。そのため、嫁さんは、嫁ぎ先の汲み取り便所の臭気などになれてくれるかどうか、迎える先で心配する話がある。そこで、すこしでも不快感をやわらげようと、便所に石灰を撒く。それが「白い灰」である。自分は、東京住まいであったが、汲み取り式が長く続いた。そのため、便所の臭気は、慣れていた。余談になるが、1980年ころ自分の子供たちを連れて多摩川にハゼ釣りにいった。当時の多摩川の河原のトイレも汲み取り式だったのか。娘たちにそのトイレを使わせようとしたら、嫌がって使おうとしない。家では水洗トイレであっても、何かの非常時には、多少の不快なトイレもつかわなければならない。そう思って、泣いていやがる娘に「これぐらい慣れないでどうする」と、ひどくしかりつけて、そこを使うことを強制した。戦時中生まれで、つねに切羽詰まった生活が記憶から離れ合自分には、当然の発想であったが、家内と子供には異常な父親と見られたようだ。そうした発想のちがいが、時代の異なる娘たちとの断絶を現在にまで及んでいるいまでも、野生の動物が人里に現れるというニュースなどをみると、戦争で食料不足になったら、それらを捕獲して食料にする余地があっていいではないか、と思わないでもないのである。我々の世界の環境の変化のため、世代間で、内面的同一性が失われてきている。
 この作品では、農業地帯の人間関係と土地の自然との係りが描かれているのだが、ある意味で昭和という時代小説というジャンル分けが可能ではないか、とも思わせるものがある。
【「湿った時間」宇佐美宏子】
 現在は落ち着いた家庭生活を営んでいる「私」は、大学時代に、1年先輩の沓子と同性愛的な性生活を送った経験がある。その沓子が夫を殺害した嫌疑で、警察に追われている。「私」のところを立ち回り先として、手配し見かけたら連絡するように、警察から連絡が入る。案の定、沓子から連絡がある。「私」の夫がそれを知って警察に連絡してしまう。なかで、沓子との関係を回想することにページが割かれている。それが「湿った時間」ということらしい。闊達な文章で、筆力があるので、面白く読ませる。
 物語性が強いので、一般的読物の範囲をでないのであるが、性的な関係が女同志、男女の夫婦関係とどう異なるのか。性的な欲望のなかに潜む人間愛の姿の追及にまで筆が及べば、純文学としての世界に入り込める作風である。文学に対する作者の姿勢がはっきりしないのが惜しい。
発行所=〒511?0284三重県」いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」91号(いなべ市)

| コメント(0)

2015年6月25日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【追悼・間瀬昇】
 1966年に本誌「海」を創刊した医師の間瀬昇氏の同人による追悼記事が充実している。なかに「海」の20年を記念して、編集部・一見幸次氏と芝豪氏による間瀬昇主宰者へのインタビュー記事が再録されている。芝氏が「このごろの作品でいえば、読んでいてもちっとも感動がない、もちろん参考にもならない、ただ時間をつぶしただけというのが多くなってきていて、昔ほど熱心に新しい作品を漁ったりしなくなったですね」という。それに対し間瀬主宰者は、「それはどういう文芸雑誌を読んでも言えますね(中略)としながら、しかし、ないことはないと石井仁、玉貫寛という人のもの、吉村昭「冷い夏、暑い夏」などもそれに近いものですが、やはり、さしせまった死に対する感じ方、見つめ方、たじろがずに書いている、というものには感動させられます。」とし、自身の体験からいえば、「書きたいと思うのは、精一杯やった時代ということで、青春時代をテーマにして、というもの。ところが書き尽くしてしまうと、無理してでも何かを書いていくしかない、という面もなきにしもあらず、です。書く人の業といったようなものがね」という箇所がある。現在でもこのような状況があるのではないか、とひとつの公理としてこれが続くのかも知れないと、感じた。
【「斗馬の叫び」国府正昭】
 児童虐待で幼い命が失われていく事件は、毎年何件かが報じられている。これは、そうした事件を、新米の新聞記者が取材し、短い記事として誌面に載る過程を描く話。視点は、必ずしもその記者だけとは限らず、関係者の目を通しても語られる。社会的な問題意識が重い効果を生んでいる。
【「砂利ぶるい」宇梶紀夫】
 鬼怒川物というのか、このところ地域性にこだわった作品を発表している。警察官をしていた主人公の兄が、大平洋戦争での米軍の空襲で機銃掃射を受け、死ぬ。戦後の復興で鬼怒川の砂利が盛んに掘られる。それから弟は、兄嫁と結婚することになる。かつては、よくあった出来事だが、地道に生きる人々の生活ぶりを描いて、感慨を生む。
発行所=〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」第90号(いなべ市)

| コメント(0)

2014年12月18日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「辿り着いたら清掃夫」宇梶紀夫】
 いつものことながら、取材をよくして書いているようで、仕事の内容から収入まで、清掃業の仕事の様子がよくわかる。経済が成長しない成熟経済のなかで、70歳を過ぎても働くひとたち。時代の流れに沿って現実を受け入れる庶民の姿が印象に残る。
【「非母日録」紺谷猛】
 自らの老いの実感と、どこか不健全に思える生活ぶり。その嘆きと戸惑いが伝わってくる。
【「夏の別れ」白石美津乃】
 子供ふたりに恵まれた平凡ではあるが、普通の平和な家庭を築いてきた主婦。だが、かつては、英国にホームステイをした時のその国の男性との恋の兆しをもったことがある。あの時、もっと積極的な行動に出ていたら、今頃はどんな生活をしていたであろうーーと夢想する話。ちょっと面白い。非常にリアルで現実的である。小説の小説たるところは、ここがはじまりで、非常識なことがはじまるところではあろうが。
【文芸エッセイ「病床ノート」久田修】
 体調を崩して、ベッドで読書と回想にふける。サルトルのジャン・ジュネ論などは自分もわからないながら新潮文庫で読んだ。病気はつらい筈だが、読む楽しみが溢れているのが、文人精神というものであろうか。
【「迷い猿」国府正昭】
 両親が交通事故で亡くなり、葬儀や役所の手続きで郷里に戻って滞在しているが、そこで猿が出没するようになっていた。迷い猿だという。親の世代とは価値観が変わり、日本人そのものが迷い猿になったという寓話にも読める。
発行所〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤昭巳方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:海(いなべ市)

2014年7月 2日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 会員から自作品の「作品紹介」でない「文芸評論を書いてみないか」と言われて実施している。同人雑誌作品を文学として評論することが少ないのだ、と感じた。たしかに、文集的な書き物も文芸として掲載されている。それらは生活文章としての価値ををもつ。日本人の歴史的な識字率の高さのもたらす優れた文化である。それがいわゆる文学と同じなのか、異なるのか。その違いを検証している最中での紹介文である。
【「雛人形」宇梶紀夫】
 宇梶氏は「農民文学賞」受賞作家で、農民文学では有数の作家であろう。今年の季刊「農民文学」304号では、「鶏頂山開拓物語」を執筆している。これは鬼怒川温泉からやや離れた土地の開拓民の苦労する姿を、リアリズムで描いたもの。今では農民の時代小説、歴史小説と見て良いであろう。「雛人形」も鬼怒川沿いの農民の生活を現代の姿で描く。手法はリアリズム。作者はその現実を提示して、農民の心情を映す。詩人の谷川雁は、日本人の民族的ルーツは農民であるのに、労働運動は農民をプロレタリアととしての同胞にしなかったことを活動の停滞の原因のひとつにしている。ここでは農民プロレタリア文学がいまだ存在していることを示している。農民の心情だけでなく、村社会の構造についてもっと触れたら、現代性が増したように思う。
【「雨ぞ降る」国府正昭】
 これは、いわゆる無差別殺人のような殺人者の視点と、何も知らずに被害を受ける生徒と関連する教師たちに視点を移動させて描く。文学的意欲作で、最終章で犯人の一人称に変わり、「罪深き『私』にこそ雨がふるのだ」と思う。雨が罪を洗い流すとする。実存的な小説である。多くの文学作品には天候の情景が設定された場合、それは状況説明に暗喩としての意味をもたせ、効果を重層させるのがほとんど。ただ同人誌には、それがほとんなく、「雨がふれば、たた雨が降ったけで他の意味がない」という定義をしようと思ったが、そうでない事例もあることがわかった。
【「鉛の棒」遠藤昭巳】
 東日本大震災の現状の視察記である。報告者の気分が「めまい」がで表現されている。作者は同誌に「哀歌」という心優しい詩を発表してにる。災害地のレポートにはジャーナリストの胸を突くようなものが多くある。形にとらわれずに、詩でもなんでも投入したらどうなんだろう、というのが感想である。
発行所=511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1。
紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」88号(いなべ市)

| コメント(0)

2013年11月29日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【エッセイ「鈴木道彦先生と私」久田修】
 自分は外国語が読めないので、海外作家の名作は、翻訳に頼らざるを得ない。そうすると名翻訳者の名前だけを頼りに読書する。中野好夫、福田恒存、佐倉潤吾、田中小実昌、朝吹登水子。ここに出てくるミシェル・ウエルベックの翻訳の野崎歓氏など覚えていて忘れない。いずれも、会ったことはないが親しみを感じる人たちだ。
 鈴木道彦氏というと最近の図書館ではプルーストの棚がこの人が主流であろう。マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の完訳者の生徒からの周辺事情となれば、文壇で注目されるのは間違いないだろう。興味のある人にはこんなに面白いエッセイはないはずだ。
【「光の来る道」遠藤昭巳】
 キリスト教の聖書を読む会で学ぶ人々の関係を描く。西欧的な発想の根源を日本でどのように根付いていくかがわかる。文学的にも不思議な味わいを持っていて、上記の作品の後に読んだせいか、なにか淀野隆三訳の「マルテの手記」を思い起こしてしまった。ただの過去の生活事情小説になるところを、宗教的な精神をからめた芸術性のあるものに高めている。どうしてそれが、出来たのか研究してみたい作品である。
【「泣くが嫌さに笑うて候」宇梶紀夫】
 作者は、かつて3・11の被災者を題材にした「赤いトマト」で第55回農民文学賞受賞している。時流をとらえて作品にする手腕は、器用といえば器用。ただ、どちらといえば娯楽小説的な面白さを追求する。本作品も建設会社の経営不振によるリストラ対策で、板挟みにあうドラマ。設定はいいが深みが不足。とくに対立した相手とともに主人公が退職してしまうのでは、つまらない。予定調和的すぎる。商業ベースのエンターテインメント的に徹し、労使間闘争にして、半沢直樹モノのように悪役、善役をはっきりさせる試みをしたらどうか、と思わせる。他人を犠牲にして生き残るしぶとさを描けば、それはそれでリアルな純文学に回帰するかもしれない。
発行所=511-0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:海(いなべ市)

「海」87号(いなべ市)

| コメント(0)

2013年6月16日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「浄水場にて」国府正昭】
 教師らしい「ワタシ」という語り手が、うつ病かなにかになり、片田舎の浄水場に一時的に職場替えになった。出だしのあたりは地方公務員労働者小説のようだが、どこか現実批判的な皮肉な語り口である。その仕事場の退廃寸前の雰囲気が作者の視線により具体的に描かれる。そして、物語の最後に彼らは、天罰のような災害に襲われる。何でそうなるの? 何か悪いことでもしたのか? それを読者に問いかける。知的な満足度を得られる作品で、大変興味を惹かれて読んだ。
【「目白」遠藤昭巳】
 思春期の交際相手の彼女との縁で知った庶民の自由人の男の末路に出会い、男の放蕩者としての人生のはかない部分を語る。彼女への隣人愛と同化した純愛をほのめかす語り口で、詩情の漂う叙情小説。まさに詩因のある散文の見本のような作品である。話がそれるが、先日「新田次郎賞」の授賞式のために神戸から作家・詩人の伊藤桂一ご夫妻が上京した。そこで同人誌「グループ桂」の有志が集まり、短い時間だが懇談をした。そのときに千代美夫人から詩誌「花筏」の編集を遠藤氏が行うことになったという話が出た。本誌の後書にあるように遠藤氏は中部ペンクラブ講演があって、多忙で打ち合わせ時間を調整するのに苦労されたようである。本作品も清澄感のある詩的散文で、詩人としての特長が良く出ている。
【「芥川龍之介の死をめぐって」間瀬昇】
 芥川龍之介の自死の原因について、よく調べている。要するに自死するということは、備わった生存欲が喪失するという精神疲労性神経衰弱である。本書ではそこを、芥川には独自の死生観があったという視点で資料を集めている。私はロシアのミステリ作家アクーニンを知っていたが、グリゴーリイ・チハルチシヴィリという名で「自殺の文学史」という本を出しているの知らなかったので参考になった。こういう評論を短く書くのは難しく、それを巧くまとめている。欲を言えば、お上品でジャーナリスティックな面が足りないということか。
 私の母も精神に変調をきたしてたが、なんとか普通の人生を過ごした。医師から病名を告げられ、病院を紹介された。そのとき、19歳ごろだった私はなんと思ったか、「気をつけないと、おれは芥川のような天才作家になってしまうかもしれない」ということである。ある時テレビで芥川・直木賞の受賞作家を報道して騒いでいるのを観た。隣にたまたま義母がいた。私は「あんなふうに人に騒がれると近所の迷惑だし、日常生活が不便で自由がなくなる。そうならないように気をつけなければいけませんよ」と、いったそうである。それを聞いた義母は妻に「あんたの亭主はとんだフーケ者だ」と言ったそうである。フーケ者の意味は知らないが、褒めた形容詞でないらしいことは私にもわかる。そのおかげで、芥川より2倍くらいは長生きをしている。
発行所=〒511―0284いなべ市大安町梅戸23
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:海(いなべ市)

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg