海馬の最近のブログ記事

「海馬」第40号(兵庫県)

| コメント(0)

2017年9月18日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「石を抱えたトキヨ」永田祐司】
 トキヨである「私」は、三人姉妹の末っ子で、母は教師、父はエンジニア。自分は保険の販売店に勤めている。家庭の話かと思えばそうでもなく、時空をこえた恐竜時代の夢を見たり、保険販売の客対応のコツを語ったり、人生の意義を考えたり、作者の思うところを自由に描く。宮崎アニメかと思うと「蟹工船」のプロレタリア文学を考え、ルソーと云う友達が登場すると、「告白」のルソーの人生を話題にする。キーワードは占い師が云った彼女の「子宮の中に骨がある」というもので、それがどういう意味か、考えながら読ませるところ。内面性の薄い表現のなかで、それが受け取り方の多様性をもたらしている。
【「うたかたの記」長谷川直子】】
 弁護士事務所に勤める女性弁護士の葉子が、50代になってボス弁護士の助手をしているが、仕事に倦怠を感じている。ある機会があって、菅野という男のバーの店の開店を支援することになる。葉子は菅野を美しい男だと感じる。菅野のバーは評判良く、流行る。が、ある日、菅野は失踪してしまう。その後、手紙が来て、彼が少年期に父親を海に突き落としていたことを告白する。
 全体にロマンチックなムード小説的であるが、菅野の少年期の事件が別件のように感じてしまう。話が漠然していても、前の分の美と愛の関係だけを絞って書いた方が文学性があるのではないか。
【「豊中の家」岡田勲」】
 豊中の家に住む女性の一人称で、生活の心境と家族の様子が、丁寧に描かれていて、なにかプルーストの「失われた時を求めて」の日本版の一部のような感じがある。終章で、その家の風景を見ることはないという言葉があり、時空を超えた話に読めた。これはこれで、一趣向のように思えたが、編集者のあとがきに、亡くなった娘さんのことらしい、とわかって、納得すると同時に、その文才に感銘を受けた。
【「愛のかたち」山下定雄】
 カンナという女性について、彼であるらしい「私」の独白体の語りで、小説的描写よりも、内面の心情や情念に重きを置いた表現。愛情のもつ曖昧な感覚を言葉にしてるようなものとして、長編の一部のようである。
 その他【「逃げ延びろ(二)」山際省、【エッセー「台湾ワールド」頴川雅麗】、【「手帳の余白ー編集後記に代えて」小坂忠弘】がある。
発行所=〒675?1116加古郡稲美町蛸草1400?6、山下方、「海馬文学会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:海馬

「海馬」39号(芦屋市)

| コメント(0)

2016年7月20日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「玄冬の草」小坂忠弘】
 若き頃の持ち物のなかに、良寛の短歌があったことを冒頭に記し、散文に傾倒していたころ短歌の結社において、
――散文のために詩歌は害なれと避け来し我もや今は歌詠む――というものを詠む。そして、自作短歌を区切りにし、70枚にわたる長編散文詩という形式に挑んでいる。
 菊池寛が「詩は将来なくなる」と論じたことがあった。まさに、現代詩は、絵画の抽象画パターンと具象画、具象イメージ画という分類が出来たのと同じ状況にある。抽象詩は、読者の感受性を頼りにした表現であり、具象詩は行替えをする散文となった。そうした現状のなかで、本編は、詩の方向性をさぐる興味深い試みに読めた。終章には――今私は拙い詩文を閉じようとして何故か「花無心招蝶蝶無心尋花」という良寛の詩を思い出している。それが今の私に遠い風景か近い風景かは自分には分からないけれど。――とある。
 短歌における詩の要素と散文における抒情とを組み合わせたもので、今後の長篇散文詩のひとつの形式の開拓になるのではと、期待したい。
体験をそのまま書いても、生活日誌であり、時には作文になる。文芸風味をつけるためには、やはり散文芸術への創作的自意識が必要である。そういう意味で、本編は含蓄に富んでいる。
発行所=〒659?0053芦屋市浜松町5?15?712、小坂方。海馬文学会事務局。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:海馬

「海馬」第37号(芦屋市)

| コメント(0)

2014年8月28日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「彼」山下定雄】
 この作品は「ある精神病日記」として、連載六回目のようだ。前の号から贈られてきているように思う。この作品は記憶にある。前号から、自転車を修理しすると鉄棒の話が延々と続く。前後のいきさつをしらないまま、世間話でも聞くように読んでしまう。腰の据わった同人誌作家のように思う。
 梶井基次郎は、プルーストの大長編「失われた時をもとめて」の翻訳を読んで、腰の据わった作家と称している。出版記念に向けて、次のように記している。
 「親近と拒絶」より。「プルウストの文章はプルウストの話し方が少し難かしい上に、今云つたインテイメイトな話し方で、大層譯すのに困難な長いセンテンスを持つてゐるやうだ。そこへまた今云つた聖人の名だとか、お菓子の名だとか、僕達がそれに相應した心像を持つてゐない名が二つ三つ行列してはひつて來るともう駄目で、到底一度では意味の通らない文章になつてしまふ。僕はこの誌上出版記念の會へ顏出しするために是非一と通りは讀んでしまひ度かつたのだが、文章のさういふところがかたまつて出て來るとついほかのことを考へてしまつて大層進みが惡かつた。また無理にこんな本を讀んでしまひ度くもないので、回想の甘美な氣持に堪へなくなつて來ると遠慮なく頁から眼を離し、かういふ人間のものを讀んでゐるとどこまで此方の素朴な經驗の世界が侵されてしまふかわからないと思ふとまた本を閉ぢてしまふのだ。」
 「彼」は、短編連作なので、そこまで負担はないが、とにかく文学活動の精神を感じるのだ。
 他の作家たちの作品もあるが、みな文章に落ち着きがあって、読んで安心ができるものばかり。ただ当方で、まとめて紹介できるような筆力がない。
編集事務局=〒659?0053芦屋市松浜町5?15?712、小坂方「海馬文学会」
 紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:海馬

「海馬」第36号(兵庫県)

| コメント(0)

2013年8月12日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「ウイスキーをくれた男」・「魚の名前」小坂忠弘】
 両方の作品とも、いわゆる散文及び散文小説の部類である。「ウイスキーをくれた男」は、街角で覚えのない男に親しげに声をかけられ、山原ですよ、と言われるが記憶にない。詐欺師かと疑ってみたりするが、その男は競馬で儲けたという札の二つ折りの塊を見せる。警戒心をもって曖昧なまま、男と別れる。そこから、作者のいろいろな記憶が呼び起こされ、その男は本当に知り合いであったかも知れず、そうではないかも知れない様子が語られる。
 「魚の名前」は、近隣にケア付きマンションが出来たというので、入居する状況にもなく、好奇心から見学にでかけ、そこから魚の名前と漢字のうんちく話になる。
 文章家による物語のない話、いわゆる散文の世界をたくみに展開する。このような物語構造のない話は、手法を意識しないと書けない。いわゆる散文精神である。<散文精神>というのは、作家・広津和郎が 昭和11年ころ説いたもので、「どんな事があってもめげずに、忍耐強く、みだりに悲観もせず、楽観もせず、行き通して行く精神──それはすぐ得意になたりするような、そんなものであってはならない」「じっと我慢して冷静に、見なければならないものは決して見のがさずに、そして見なければならないものに慴えたり、戦慄したり、眼を蔽うたりしないで、何処までもそれを見つめながら、堪え堪えて生きて行こうという精神であります」と説いた。
 「結論をつけるということは、人間の心理的にいって、割合に易しいことである。というよりも、人間の心理は、つい結論に走りたがるものである。結論に走らずには堪えがたくなるものである」
 これらは時代のいやな空気に対して、自分の身近なところを意図的に記して、大衆のムードから一線を画す抵抗精神による手法であった。文章技術が必要で、それを再認識させるところがある。
【「ある精神病日記」山下定雄】
 彼と云う男を意識して、目立ったことをしてやろうと思い、鉄棒にぶら下がるうウンテイをするのだが、その運動の途中経過が心理描写や憶測を交えて詳しく説明される。私自身、腰痛のリハビリに、街角で鉄棒のある公園をみつけると、かばんを脇に置いて、まずぶら下がってみる。そのせいか面白く読んだ。それが精神病とどういう関係があるのか不明だが、まあ、もともと絶対に正しい精神というのが、存在するかどうかも疑問でもある。
発行所=〒657?1116兵庫県加古郡稲美町蛸草1400?6、海馬文学会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:海馬

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg