法政文芸の最近のブログ記事

「法政文芸」第12号(2016)

| コメント(0)

2016年8月15日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

2作品に読む時代精神

 本号の特集「表現規制と文学」については《暮らしのノートITO「法政文芸」(第12号)特集「表現規制と文学」で問題提起》にその意義を社会的視点から記した。現在と大東亜戦争前と戦時中の言論統制の歴史的事実を否定的に学んでのこと思える。だが、文学的には、当時のメディアの大本営発表までの経過は、国民が自ら陶酔状態から求めた結果、という視点もある。戦場体験を積んだ作家・伊藤桂一は戦争への反省に足りないものがあると、語ったことがある。
 ところで、掲載された小説の収穫は「僕の兄」(工藤はる花)であろう。作者は女性のようだが、作中の語り手は「僕」である。幼年時代に、兄に連れられて、自転車で見知らぬ遠い場所に連れていかれた記憶が語れる。その時の心細さと恐怖感を味わう。心配した両親のもとに戻るのだが、なぜ兄がそんな冒険をしたか、わからない。「僕は時々、子供と大人が地続きであるということがどうしても信じられない」と記す。ここに、人間の人格形成へのみずみずしい感覚の問題提起が行われている。
 しかも、その作品構成力には、修練された技量をしのばせているようだ。話は、兄が若くして死んだことを葬儀の場を描くことで、読者に示す。弟という立場からそこに至るまでの出来事を思い越す。父母と息子の兄弟の4人家族。兄は、は中学、高校と思春期の成長の過程でつまずき、家出、引きこもりの問題行動を起こす。弟の僕はそれを横目で眺めて、成長過程を問題なく通過する。世間的に普通の「僕」に対し、普通でなくなっていく兄。自死とも事故死とも判然としない自滅死をする。その兄を見る視線は、なかなか普通を超えて、兄の苦しみを不可解のまま、それを否定しきれない心情を描き出している。僕の兄は何が問題だったのか、そこに現代的な家族関係の一般的な自然な姿を浮き彫りにさせる。
 日本が成熟社会に入る以前は、引きこもりをする余地はなかった。経済的にも社会成長のためにも、僕の兄のような存在は、是非もない否定的な問題であった。
 成熟社会を迎えた今、「僕」は兄のことを考え、なにかを理解しようとすることで、心の整理をつけようとする。かつての、前肯定でなければ全否定という対立関係での発想でなく、相手のなにかを理解をしようとする存在否定をしない社会文化の変化を感じさせるものがある。
 小説「人生コーディネーター」(中橋風馬)は、まさにITアプリケーション技術の発達が素材になっている。真人は、何事にも「ニーズに対応したシステム化」が日常生活に応用され、何事にも問題や不利益を回避し、順調にいくアプリを使う。ところが、アプリ使用の終了後も、独自にアプリケーションは、真人の行動を情報取集し続けて、彼の行動をコントロールしていることがわかる。
 多かれ少なかれ、我々は自分のために多くのシステムを活用し、そのなかで生活している。それが、地球温暖化現象となって、何事にも破綻があることを示している。しかし、それを押しとどめることができない人間性を浮きただせる話になっている。
紹介者=「詩人回廊」伊藤昭一。

カテゴリー:法政文芸

「法政文芸」第11号(東京)

| コメント(0)

2015年8月18日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 法政大学の国文学科の別冊である。読みどころは「暮らしのノートITO」で紹介した。文芸コースから大学院の文芸創作プログラムに進んだ修了生・くぼ田あずさ氏が、第9回小説宝石新人賞を受賞したという。基礎的な文章表現力では、洗練されていて当然だが、娯楽物系への対応性も見せるというのは興味深い。
【「マリアへ捧ぐ眼」飯村桃子】
 主人公の学生「私」は、モスクワに短期留学する。現地での教会のマリア像の詳細なイメージと、生々しい存在感と美。「私」は、宗教に詳しくない、とあるのでクリスチャンではない。そこで見たキリストか、とも想わせる汚れにまみれた男との出会い。この観察的な表現と、心象イメージの拡張は何なのか。孤独と不安の実存的なイメージが感じられる。そして、帰国すると認知症になってしまった祖母。きめ細かい感覚の表現力は読ませる。具体的な生活上の細部でてくるが、それで「私」の実存的な存在感が高まるかというと、そうでもない。存在の危うさや孤独への内面的追及性が軽くなっているような気がする。
 とはいえ、人間の実存的な存在感の表現にせまろうとした作品に読めた。ちょっと、形でいえばリルケの「マルテの手記」を感じさせるところも。
【「群青の石」北吉良多】
 東武東上線の沿線の埼玉のどこかに家族と共に住み、東京の大学に通い、池袋にあるのかどうかはっきりしないが、中学生塾の講師をする主人公。就職活動は、うまくいかず、すこし焦りがないでもない。恋人がいてお泊りなどもするが、彼女と結婚することは考えていない。
 塾の生徒に、周囲から浮いて孤独な女子中学性の井崎がいる。ほかの講師仲間は、扱い難いと彼女を敬遠するが、主人公は内向的な彼女を気にはするが、それほど苦に思わない。
 井崎はその孤独な生活から、学校ではいじめを受けているらしい。そこで、東京に出ると言いだす。環境の変化への挑戦である。なんとなく生活し、就活をする主人公の自分自身への不満、未来への不安とそれが重なる。
 主人公は「心理学」を学んでいるが、現代の大学生性のなかで、自宅通学型の典型的学生生活状況がなかなか面白い。「心理学」では、職業選択での志望企業に茫漠としたものがあるのであろう。その茫漠さに主人公は不満をもって変わりたいと思う。「僕は真面目に生きたかった。狂った歯車を正すことはそんなに簡単ではない」と思う。就職すれば、日本的ビジネスカルチャーの社会的役割演技に適応するために奔走するのであろうが、大学生活のモラトリアム性への違和感への表現と読めた。
発行所=法政大学国文会。発行人・勝又浩、編集人・藤村耕治。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:法政文芸

「法政文芸」第9号(東京)

| コメント(0)

2013年7月31日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌を同人誌とは感じていなかったので、後記に中沢けい編集長が第8号掲載の長野桃子「僕の足元にはうさぎがいる」が、雑誌「文学界」の2013年上半期同人雑誌優秀作として5月号に転載されたとあるので、同人誌なんだと認識した。そのほか卒業生の門脇大祐が「黙って食え」で第44回新潮新人賞を受賞したという。
 発刊当時は、自分探しのようなテーマの習作的なものが多くて、大丈夫かなあ? まだ、大学生なんだから、大丈夫なんだろうなあーーという感じがしたものだ。同時に教室の指導の影響受けたような気配があり、安定感を漂せていた。
 それが、徐々に雑誌らしい企画力が発揮され、同人誌の雰囲気からは抜け出来ていた。成長ぶりが早い。編集長の中沢けい先生は多忙のようだから、そらくスタッフの体制が整ったのか。春の「超文学フリマ」(幕張メッセ)では、特定のブースがあまり盛り上がらない中で、カタログ配布所で、「中沢けい先生がツイッタ―で、こっちきているというんですが、どこに行けば会えますか?」と問い合わせて来る人が多かった。カタログを調べても「豆畑の友」は参加していない。豆畑はかなり動員力があるらしかった。
 本誌の読みどころは、インタビュー本谷有希子「楽しんで、考えて、生き抜いてきた」。大江健三郎賞の対談を聴いたので。なかにもタイトル話があるが、このタイトルも「生き抜いてきた」というのがすごい。30代でね。一区切りはあるだろうけど、抜いてはいないでしょう。我々高齢者の世界は抜けきって「あの世」なのかもしれない。
 「鉄割アルバトロスケット」の戌井昭人も小説の映画化について書いている。
【「亡国」中村瞳子】
 現代人が、小学校時代から、いじめという現象の苗床になっているのは、このような状況であるからか、ということが文学的に理解できる。きっちりと、卒論みたいに着実に書き進んでいく。「野ブタ。をプロデュース」(白岩玄)のオマージュみたいなところもある。
まず、冒頭で自分が自分で好きになれないことが書かれている。自己像の自己否定、自己嫌悪、自己批判的な部分を母親は、すべて見て知っている。主人公は、自己像にもっと御世辞を入れて語って欲しい。あるがままでは嫌で、お姫様的な扱いを夢見る。努力しないで、自己実現したい、天才でありたい。だから自分が肯定できない、という発想が語られる。なるほど、そうなると、いま「自分を好きになる方法」のような本が売れるのもわかる。
 そういう自己の容認をしない気分から、お姫様グループのなかに入る。グループには嫉妬と自己所属の位置を確認をしあう。小説として書きやすいので、そうしたのであろうが、はからずも、ある主流グループに所属することで、自己満足を得るという仕組みの上で、話が進む。こういう書き方も可能なほどの社会的な閉塞感をもって亡国としたらしい。登場人物が、仲間外れになって、自由な幸福感をもつということがあってもいいと思わせるので、アニメの世界に向けても、主人公の姿勢と対立軸なくてが絵になりずらい。だから文芸なのか。小さい世界の物語で亡国という大きな物語と対比させたのか。書く姿勢の根気のよさと、窮屈な世界をきちんと書いているのが印象的。こういう限定的な空間を舞台にしたものはライトノベルかアニメの世界に近いのでは。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:法政文芸

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

最近のコメント

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg