午前の最近のブログ記事

「午前」第92号(福岡市)

| コメント(0)

<2013年 1月 8日(火)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:ひわき>

【「双葉山に勝った男」明石善之助】
九鬼猛夫は多発性脳梗塞による認知症になり、老人ホームで暮らしている。今では妻も判別できず、生活全般において介護を必要とする。そんな九鬼が「俺は双葉山に勝ったことがあるんだぞ」と言っても、誰も相手にしない。昭和10年代に活躍した双葉山は国民の英雄だった。九鬼には小学生の頃、地方巡業に来た双葉山を負かした思い出がある。妻のことも判らなくなった今でも、ふっと双葉山に勝った時の記憶の断片が浮かぶ。そんな時、九鬼の感情は豊に動いているのだろう。外から見れば九鬼は不幸な状態なのだが、いろんな能力を失ってもまだ感情を揺さぶるものがあるのは羨ましい気がする。九鬼のそれまでの人生や老人ホームの描写が、九鬼の内面を補強している。

カテゴリー:午前

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ