の最近のブログ記事

「澪」第8号(横浜市)

| コメント(0)

2016年10月 2日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の【「クラシック日本映画選2『東京裁判』」石渡均】については、ジャーナリズムの一部と読み、紹介も長くなったので、暮らしのノートITO≪「映画評論「東京裁判」(石渡均)の意味」≫に述べた。
【「私は ずっと昔から こうよ」柊木菫馬】
 横浜に住む麻衣子という女性のライフスタイル小説であろう。恋人の宗佑という自衛隊員がいて蜘蛛のタトーを入れている。彼と付き合っているうちに、彼女も脊中に蜘蛛の刺青を入れたらしい。それから溝口という10歳上のバツイチ男との交際もするが、漠然とした関係でしかない。そもそも、麻衣子の男女関係は作者のいうように恋愛なのか。自己主張があるようでない。現代女性の生活のありさまから、日本の時代の迷いが見える。
【評論「ハイデガーを想う(?)(『形而上学とは何か』を中心に 等)」樫山隆基】
 誰の言葉か忘れたが「思索を語ることこそ最大の自己表現である」ということを感じさせる。自分にとっては形而上学というのは、日常生活にはなくてもあっても、どうでも良いことの世界で、その反対の形而下学は、日常生活にかかわる具体的なことがらに関する学問であろうと思っている。
 ハイデガーといえば著書「存在と時間」での、実存哲学論が著名だ。この評論では彼の書いた「形而上学とは何か」という著書に関する研究評論である。形而上学があるので、形而下学もある。現実生活は常に形而下学的世界のなかにある。空飛ぶ鳥は夜ねぐらに帰り、野のユリはただ咲いて誇ることがない。動物的生命体の範囲内にある。このように、考えるのは私が世俗人としての立場にあるからであろう。
 ここでは、作者の世俗的な体験感覚のなかで、存在への認識を意識する出来事を、存在感感覚と結びつけた思索を展開している。
 まず、キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」のラストシーンでシュトラウス作曲「ツァラトゥストラかく語りき」が使われていることについて、哲学者ニーチェの「永劫回帰」思想を念頭に置いていると述べる。
 そしてそのシーンの一部から、川端康成の「末期の眼」の一節が浮かんだという。そこから若き日の心臓病による死との直面体験を語る。死への想念を思索するため、キルケゴール、ニーチェ、カミユ、カフカ、サルトルと読みこんだという。
 その結果、存在することの不思議さを認識する思索、つまり哲学することの意義を知ることができる。サルトルの「嘔吐」の主人公が、存在者としての自己が、樹の根っこの存在感に負けるというか、嫌悪するシーンが引用されている。改めてサルトルの実存主義感覚の西欧性を感じさせるものがある。
 従来、同人誌に掲載された哲学論および評論をかなりの数読んできた。それらの多くは、たしかに私の知見を広くし、学ぶものがあった。しかし、その知見によって、自己認識を強めることはなかった。それに対し、本論では、思索における人間の存在の在り方について、自己認識を強める行為の有効性に力を与えてくれるものがあった。
発行所=〒241?0825横浜市旭区中希望ヶ丘154、石渡方。文芸同人誌「MIO・澪」の会。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

カテゴリー:

「澪」7号(横浜市)

| コメント(0)

2016年5月15日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【石渡均「クラシック日本映画選―1「飢餓海峡」」
  カメラマンの筆者が、映像作家の視点で、自らの世代と重なる1950年代から80年代の現在でも再放送やDVDで観られそうな映画を解説するという。水上勉の小説「飢餓海峡」を内田吐夢監督が映画化したものを。映像的効果を中心に解説し、内田吐夢監督の人生についても触れている。自分も確かBSTVの再放送でこの映画を見た記憶がある。前半部のモノクロ画像に、懐かしいような画面の粗さがあった。昭和のドキュメント映画と見違うような効果を感じて驚いた記憶がある。それが実は、意図的に16ミリフィルムを35ミリに拡大した効果というこの評論論を読んで、なるほどそうか、と納得した。また映画関係者に直接インタビューした記録を挟むなど、いきいきとした評論に読めた。このような研究者の資料になりそうなものは、後世にも役立つだろうと思う。
【「あんよがジーズ」柊木菫馬】
 文体に躍動感があり、気を逸らさない。その筆力はすばらしい。四川料理のバイト生活や、親がかりの生活への認識など、現代人の生活の一端を描いていて、新鮮に感じた。「あんよがジーズ」というタイトルに至る話では、趣旨はわからないが、乳幼児の細かな描写など、見事なもので、自分自身の文体喪失へのコンプレックスを感じてしまった。本当に羨ましい。
発行所=241?0825=横浜市旭区中希望ヶ丘154、石渡方。文芸同人誌「澪」の会。

カテゴリー:

「澪MIO」第6号(横浜市)

| コメント(0)

2015年10月31日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号の石渡均氏の取材インタビューをもとにした特集「人生の最後を看取る、訪問介護の実態!」は、「暮らしのノートITO」で紹介している。大資本の新聞や雑誌ではあまりやらない視点での、自由なジャーナリズム精神を感じさせる。
【詩「二千十五年のヴォーカリーズ?できればラフマニノフの『ヴォーカリーズ』を聞きながら」田村淳裕】若かりし頃の安保騒動の終焉。1970年代を共に過ごし、海外にわたってから帰国した友人Sへの葬送詩であろう。人は時代のかけらをかかえて去って行く。
【評論・映画監督のペルソナ「川島雄三論?最終回」石渡均】
 川島雄三の足跡を追って下北半島まで出かけて、彼の映画製作の精神を追うというか、忖度する余地を作り出していく、という姿勢が独創的に感じられた。その点で、とくに前回と今回は興味深かった。
 川島は山本周五郎原作の「青べか物語」を映画化しているようで、シナリオと小説の一部を引用しているのが、面白く読めた。細部にふれているときりがないが、映画ファンでなくても、それぞれに想いを持たせるものがある。
【評論「ポーの美について(ノート)?最終回」柏山隆基】
 「ワーズワースの『序曲』(特色、コールリッジによる評価、政情への幻滅と魂の不滅)、ポーとワーズワースの両者のプラトニズム、ポーの本領、など」とある。いわゆるロマン派の話で、ポーとの関係がどのようなものか学べる。
【「最後の洞窟」柊木菫馬】
 「君」という人称で書かれているので、二人称小説と思わせる。しかし、次第に、交通事故で死者となった「わたし」が、同じ事故で生き残った友人を君をとして語っているのだとわかる。凝った手法である。母親との近親愛の相関関係などを絡めて、お話として成功させているように思える。
 森の木や雑草など植物を風景描写に取り込んでいるのが効果的。3人しか登場しない作品世界でのちょっと変な話に、説得力を持たせている。車谷長吉に傾倒しているそうであるが、たしかに、妙に肌にまとわりついて惹きつける文章運びには、その影響があるのかもしれない。
発行所=〒241?0825横浜市旭区中希望ヶ丘154、石渡方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:

2015年5月18日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は首都圏6箇所の販売寿にて販売されているという。「同人文芸誌」というのもいい。内容も社会性をもったものになっている。
【「食とは、真の健康を求める文化です! 名村静美・談」石渡均・松林彩編】
 この企画はジャーナリズムとして、5月日の「暮らしノートITO」サイトで取り上げさせていただいた。
【「薄紅色の、」石渡均】
 ある独身女性の男性との出会いと、彼との付き合いを断念する事情と心理、それだけを描いて、説得力をもってその心理を描出している。小説内の時間は1時間。短いが、母親の離婚や別離の時の情念を文学性をもって描き、読み応えのあるの良い小説に思えた。
【「東京大空襲被災記(2)」島田昌寛】
 これはこれで戦争風化防止に役立つが、こうした悲劇を起こしたことに対する因果関係の国際的な視野での位置付けも必要だなあ、と思った。もちろん国際的な因果応報論を視野にいれても、事情がどうであろうとも、原爆投下や東京空襲が国際戦争犯罪であることを主張することは可能なはず。
【「シャーウッド・アンダースンー心の奥にうごめくものー『ワインズバーグ・オハイオ』」田村淳裕】
 グロテスクになったと感じる人間を描いた小説の評論。作家が、無意識の予感のなかに社会が産業化する不安を感じた変化を読み取ったのかと、なるほどと納得した。断片的な散文という形式の短篇集についてであるが、あとに同誌に掲載されているポーの評論につながるところがあるような気がした。
【「ポーの美について(ノート)?(『ランダーの別荘』、晩年の求愛行為、ワーズワースの詩と自然観、等)」柏山隆基】
 グロテスク論を読んだのだが、こちらはポーと作者の美意識に関する論が、楽しそうに述べられている。美意識というのは複雑である。晩年のポーの女性関係にも話が及ぶが、気持ちよく読める霊性に関するディレッタンティズムとして読んだ。
【「アイの家」柊菫馬】
 気持ちいいことを、思う存分気持ちよく書いた小説。愛に満ちた世界は気持ちいいということか。ちょっと長い小説であった。
【「映画監督のペルソナ川島雄三論?」石渡均】
 2008年に執筆されたものだそうだが、JR浜松町駅の小便小僧の由来などがあって、なんとなく読まされてしまう。形式でいうと川島監督をめぐる心と地理的な旅の物語で、そのためか現在の時代との対照が楽しめる。今回は後半に味わいがある。
編集部=241?0825横浜市中希望が丘154、石渡方。「澪の会」 
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:

「澪MIO」第2号(横浜市)

| コメント(0)

2013年11月 7日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 11月4日の文学フリマの店番をしていたら本誌の同人、大城さんが挨拶に来られた。私は会の代表をしているので、これまで話題にしてきた同人誌関係者によく挨拶をされるが、ほとんどそれがどなたであるか覚えていない。それで、「せっかく挨拶をしたのに」と、結構むっとされてしまうことがある。とくに、この作品紹介などは、いつどれを紹介したなどは覚えていない。大城さんのおかげで、「澪MIO」2号引っ張り出して、紹介する気になった。読んではいたので、すぐ書ける。
【評論「川島雄三論II」石渡均】
 筆者がプロの映像作家ということで、専門的な記述で映画監督・川島雄三の人柄と作風、評論を連載。私自身は観賞しようと思いながら、見なかった作品の多い監督である。今回は「逃亡―積極的逃避」が印象的で、映画監督は肉体的な年齢に合わせて作品を作るとある。小説も似たところがあるような気がする。逃亡の映像での表現の難しさに触れているのも興味深い。
【「石蕗(つわぶき)」大城定】
 認知症になった父親との関係交流を描く。映像性を意識してか、カットバックのようなイメージを挟んで、清澄性のある文章で、失われた父親の精神を惜しむ心情を描く。本質的に詩人体質のようで、散文詩のようなもの。詩情を大切にしているので、問題提起性はなく、親子の情念のほんの一部という印象であった。
【評論「ポオの美について(ノート)(II)」柏山隆基】

 文章と美意識は深い関係があるが、同時に想像力と現実という関係も重要である。ポオの天才的な想像力が体質なのか、生活スタイルから生じたものかを知る手掛かりがある。神経的な体質がすでにあって、特異なイメージ力をもち、アルコールや薬物は従属的な要素のような感じなのがわかる。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:

「澪」MIO創刊号(横浜市)

| コメント(0)

2013年3月 5日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【評論「ポーの美について(ノート)」柏山隆基】
 (詩の原理、コールリッジの影響、創作技法、詩作から小説へ、等)という副題がある。その通りで、ポーについての生活と作品の関係がよくわかる。小説の巧さと詩的な神秘主義者としか思っていなかったので大変参考になった。「詩の原理」は萩原朔太郎は読んでいたが、ポーに同名の書があるとは知らなかった。こういう理論は、朔太郎の場合、実作作品より良いとは思えなかったが、ポーの場合もそれほど良くないのかも知れないと思った。理論で創作のインスピレーションは明らかに出来ないのではないか、と思っている。
【「暗渠」大城定】
 教員が60歳になって故郷に帰り、知り合いの葬儀に出る。そこで、認知症のような、ホームレスのような老人に世話をすることになる。そこで、年老いた父親の最終的な時間を過ごした記憶がよみがえる。語りの手順に工夫があり、特に新しい手法とは思えないが、何といっても家族の現代の事情と、時代を超えて不変な親族愛が、同時に描かれて感銘を受けた。
【評論・映画監督のペルソナ「川島雄三論」石渡均】
 出版本になるはずだったものが、不運にもできなかった評論だとある。映画にはくわしくないが、著名な監督であったことはわかる。映画監督は、そいうものかと興味深く読んだ。
発行所=〒241?8021横浜市旭区中希望が丘154?3、多田方。
(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

最近のコメント

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg