日曜作家の最近のブログ記事

2017年5月27日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「功徳」椿山滋】
 29歳になる吉沢君恵は、清真会という宗教団体に入会して半年。素晴らしい人間に生まれてこなかったことで、両親をうらむようなうじうじとした性格だとある。少ない友達のひとり、高校生時代の弘子に誘われて入会した。この世で苦労しても功徳を積んで来世で幸せになろうという思想らしい。弘子は会費やお布施の経済的負担に耐えられず、脱会するという。やがて清真会の代表は、信者の金を遊びに使って姿をくらましてしまう。
 茫然とした君恵は、家に戻ってドラムスティックゲームに没頭する。その後、近所に似たような教義の宗教団体があることにの思い当り、そこに入会しようと決心する。
 君恵のもつ不可解なような性格を描くが、同時にそこにある部分は人間の業のようなもので、彼女を愚かささだけを読み取るわけにはいかない。短いなかで、内容の濃さをもつ。
【「今浦島の帰郷」高杉洋次郎】
 浩介は定年退職して10年。年齢相応の病を克服するなかで、舞鶴地方の郷里に帰った話を、きっかけに、折々に過去の思い出や出来事を語る。浩介は俳句、短歌をたしなむので、作品を挟みながら、いろいろある人生の過程を引き出す。技法はいいが、話は多彩で長く感じる。人生的なこだわりを超越した視点のためで、自己表現の部分が多くなっている。その分、作者の性格が文中からにじみ出ている良さはある。
【「てぶくろ」冬木煬子】
 千佐という家事に長けた女性がいて、夫の昌一と二人暮らし。「三人の子供が独立して出て行ったそういう年頃の夫婦である。」という。千佐はネット通販で、手術用の使うような手袋を買うが、これが大変便利で、特別な効用がある。これにこだわった日常生活が語られる。さらにことあるごとに―なんだかなあ―という詠嘆の言葉が出る。これで、かなり長い話が面白く読める。文字面もよく、軟らかなウイットを含んだ文芸作品である。だから、単純な自己表現より良いということにはならないが、より文学的であることは確か。
【「茨木市ドン底生活(一)」折口一大】
 タイトルが直接的なので、それだけで笑ってしまったが、読み物として、これが一番面白い。現代風俗小説である。失業してミュージシャンバンドを結成しようと、メンバー仲間を集めるところである。
【「サリーと共に」野上史郎】
 サリーという犬マニアの趣向の強い人間の話。行動をつなげれば、話がつながっているのだが、人間精神の論理のつながり部分を描くのを忘れたのか、抜けたところがある。読み終わって、えっと驚いた。これがマニア精神なのだろう。
【「過労死殻の逃走」紅月冴子】
 残業の多い仕事をしながら、小説を描くことの大変さを述べ、それでも「ガンバル」と一直線な文学する心を描く。私もそういう境遇の時期があった。そんなとき、映画「パピヨン」の脱走兵(スチーブ・マックイーン)が、ゴムボートで海原に出て「おれは、くたばらねえぞう」という場面を想ったり、安部公房の「けものたちは故郷をめざす」を読んで、弱った力を恢復させていたものだ。その経験から、良い芸術は人生の役に立つと考えるようになった。だが、そういう思想の自分は、本当は芸術に縁遠いのだろうな、と考えるようになった。
発行人=〒567?0064大阪府茨木市上野町21番9号、大原方「日曜作家」編集室。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

2017年5月 2日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

創刊五年目に入り完全に軌道に乗ったようである。編集代表の大原正義氏の連載作品も開花してきた。
【「菰被り通路の涙」 大原正義】
私の記憶では歴史に題材を求めていたころの作品『酩酊船』に注目してこの場所で紹介したことが最初だった。
その後、松尾芭蕉の世界に入り込み『鬼の細道』などを掲載しているのを注目してきた。そして弟子の通路に焦点を合わせて書き込んできた。今号の『菰被り通路の涙』で佳境になって来たようだ。
俳句文学に秀でた乞食の通路を見つけ愛弟子にした芭蕉と裕福な高弟たちとの確執を掘り下げている。
高価な茶入れ器の紛失を通路の犯行だと決めつけられた事で芭蕉から見限られて自棄死にする結末である。
芸術と常識、文学と社会などの問題を俎上にした作品になっていてひりひりとした読み応えがあった。
大原代表が年四回刊のこの同人誌をさらなるステージへと推し進める意欲を毎号しっかりと受け止め読んだ。
現在同人21人、会員39人との事。関西の同人誌世界に旋風を巻き起こすかも知れない。
今後も目を離せない同人雑誌とその主催者・集団として特記しておきたい。同人費は年間一万円と掲載している。掲載費は1ページ千円である。会員は年会費千五百円である。採算点は超えているのが。運営にも注目している。
(平成二十九年四月二十日発行)編集代表・発行人=大原正義〒567-0064 大阪府茨城市上野町二十一番地九号
紹介者=文芸交流会事務局長・外狩雅巳

カテゴリー:日曜作家

2017年2月18日 (土) (*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「どぶねずみ」大原正義】
 松尾芭蕉の弟子たちのなかに、路通という乞食生活をする男が入門する。貧しく汚れた俳人の存在そのものが、裕福な流派の生活ぶりの批判となる様子をえがく。俳諧文人の雰囲気を楽しみながら、俳句も味わえる。面白く読めるが、それほど路通の人間性への追求に深みはない。しかし、現代においては、想像力を読者に任せて、大まかな事柄表現の方が、多様な解釈の自由を邪魔しないとも考えられる。読者層の多様化を考えると、悪くない対応かも知れない。作者にその意図があったどうかはわからにのだが...。
【「残り香」(連載十一回)紅月冴子】
 長い連載のなかで、いろいろな出来事があって、最終回は節子と博之の恋愛状態で、それが続くことを感じさせるところで終る。恋愛が恋愛に受け取れる書き方。表現力は手堅く正確で、作家的手腕は充分。あとは読者をわくわくさせるテーマや素材に出会うかどうかではないか。
【「華麗なるトマトケチャップ?」甲山洋二】
 トマトケチャップも熟成して、まったり風味のワインになっている。
【風来流 言いたい放題「腐り切った政治屋どもに渇!小池東京都知事に期待」風来俊】
 こちらは都民で、それなりに都政を見ている。都庁の図書館で政策の資料をさがしたり、会見に出る交渉をしたりしている。外部の世情の見解はこうなのだ、という目安にはなる。ただし、行政の運営では、政治家と官僚との関係に問題がある。政治家に思想があっても、官僚には、自分の身分の保持の利害しかない。これは都庁も霞が関も同じで、役人の眼先の無思想の利害関係が、政治家の思想の実現に関わってくるのである。
発行所=〒567?0064大阪府茨木市上野町21号。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:日曜作家

016年11月28日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「臆見」稗田翔】
 全文カタカナでの独白スタイルの小説。カタカナにしたということの、表現効果はどのように働くか、という問題提起を含んでいる。文体でのカタカナ表記は、谷崎純一郎が効果的に用いた事例がある。「沢山の作家ガ書イテイルヨウニ、精神病棟ハモウ現世トハオモエナイ。ソコニ住ム人間モ、医師モ狂ッテイル」というのは、異常ダロウウカ」
 ここでの効果は、語り手が精神病院に入れられるという、思考の変調者の言い分を、そのまま受け入れるということになる。そこから、性格の非日常的感覚を、読者にそのまま提示する。独特の傾斜があるが、それがために病院で実質的監禁状態にする正当性があるのか。しかも異常な事件を実行した犯罪者でも、精神鑑定をうけることもない現代社会。社会人としての世間並みの感性と異なる語り手の、違和感のない存在感を浮き彫りにさせて提示している点で、この文体の必然性を感じさせる。
【「居酒屋だより」(二)妻がフランメンコを踊る夫の話」野上史郎】
 居酒屋を営んでいると、人それぞれ、訳ありの事情を持っている。今回は、掲題のとおり、妻がフラメンコのダンス教室の教師をしている。その妻の地方公演に付き合ってくと、活き活きとして旅芸人の舞台を自ら司会し、色気を売って、仕切っていることがわかる。それを知らずにいてカルチャーショックを受けるが、夫には辞めさせる権利もなければ、理由もない。結婚生活の現代性を示した話。このような、視点であるなら、かなり大きな物語に展開する可能性があって面白い。
発行所=〒567-0064大阪府茨木市上野町21?9、大原方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

2016年8月 8日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

  「日曜作家」は、季刊発行を続行中の勢いのある同人誌である。毎号目を通しながら発展に寄り添う事はたのしみである。
 編集後記に「物書きたる者,清貧に甘んじ、晩節を汚すことなく晩節を全うしたいものである」と記している。
 大原正義氏は先頭に立って執筆と運営に邁進中である。
 今回は「鬼のほそ道 俳諧道」で表現者の生き様を描いた。俳句結社の即席創作合評会での確執から始まる芭蕉門下の高弟の壮絶な作家道が迫力ある文章で書き連ねてある。
 大原氏の以前の作品「酩酊船」も感銘を受け感想を送ったがこの人は歴史からの題材を上手に作品化している。
  会員同人57名の大所帯であるが今号も執筆者は12名での13作品と106頁のこじんまりした体裁である。
  しかし、作品への思い入れは強く、65件の発送先の中には文芸雑誌社や同人会などが網羅されている。
 「短信」や「告知」欄には、掲載作品の評判を反映させている。14号を紹介した私の文芸同志会通信の記事も再録されている。
 関西中心の会員層なので会合なども行えるのではないか。以前も開催しないと記してあったが事情があるのか。
 今回の大原作品では句会での作品評を巡る討論そして決裂の内実が表現者の意地を下地に書き連ねてあった。
 批判に激高して口論が起き退会した仲間を何人も見てきているので合評会運営の苦労が改めてこみ上げて来た。
 講師を招いても教え諭される事を嫌う同人も多く、謝礼に見合う結果が出ず仲間内だけの褒め合いを続けた事もある。
 たかが同人誌でも若いころはされど同人誌だと気負っていた。大原氏の細心の運営手法と執念には感心している。
 私は高齢者なので、和気藹々の語り合いの場としての会合が居心地良く、作品感想も良い面を多く語るようにしている。
 柔らかな司会進行での作品感想の討論の場を持つ事も、人間関係の深化に成るのでお勧めしたいと思います。
「日曜作家」15号、平成28年7月29日・発行。発行人=大阪府茨木市上野町21番9号、大原正義氏。
《参照:外刈雅巳のひろば》

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」14号

| コメント(0)

2016年5月 4日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

☆「日曜作家」14号(平成二十八年四月二十一日発行)〒567-0064 大阪府茨木市上野町21番9号、編集代表・発行人 大原正義。肩現在上がりです。この勢いに乗じて更に躍進。将来的には一目置かれるような文芸誌にまで育て上げたいと念じていますーとの挨拶状が挟まれています。年に四回発行の元気な季刊同人誌です。
 会員名簿には58名が並んでいます。文学賞に挑戦!自作品の単行本化!生きた証を残す!とスローガンも元気。
 同人勧誘が必修条件で掲載負担金を納め頂き遅滞なく印刷所に払うことで存続すると慎重な姿勢も記されています。
 図書館・雑誌社など64の送付先一覧の頁もあり「文芸首都」在籍だった大原代表の気宇壮大さと細心さが読めます。
  このサイトでの前号・前前号紹介時には全文転載してくれた律儀な面もあり毎号必ず紹介したいと思っています。

カテゴリー:日曜作家

 「日曜作家」(大阪府)の大原代表は同好会や老人会ではなく、本格文芸誌を目指し向上する事を力説しています。
 編集後記で?ちまちまとした同人誌ではなく、中央文壇で注目されるような文芸誌に発展させたい?と意気軒高です。以前文芸同志会通信でその紹介を掲載したら早速全文を再掲載してくれました。
 ☆13号作品 「野に遺賢あり」大原正義=楊貴妃を愛した玄宗皇帝の唐の時代が背景です。宰相や忠臣が繰り広げる対立が書かれています。
  出世争いで次々に蹴落とされる大臣。蹴落として成りあがる大臣も凡才。国を憂い、直言する臣下の意見が科挙に繋がる。
  中国の「科挙」制度で、在野の人材活用が叶うまでの経過紹介と読みました。古書から取った題材を脚色している作品です。作者の言葉が有ります。現代は右傾化していると書き為政者の思惑どうりにはなりたくないと動機を述べています。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」12号

| コメント(0)

「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/に訂正が掲載されましたので、転載いたします。

大原正義作品を「酩酊船」を伊藤が「酊船」と誤記しましたので、お詫びして訂正します。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」12号=外狩雅巳

| コメント(0)

2015年10月17日 (土)(*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

☆「日曜作家」(大阪府茨木市上野町21番9号 大原正義)日曜作家編集部
次いで「日曜作家」。ISSN番号取得が表紙でわかる。規約も日曜作家賞規定も掲載されている。
季刊なので三年間でここまで発展している。大原代表の気負いが具現されていて素晴らしい。
掲載名簿は会員15名・賛助会員32名だが同封書簡には10月11日現在は会員16名となっている。
日々躍進する気鋭の文芸グループである。内容も従来と遜色が無いと書簡で自認している。
編集後記では情勢に触れその中で文学には何が出来るかと戦意高揚作品等を挙げ書き連ねている。
巻頭には創刊の辞を再録し職に就かず文作一途の知人の個人誌の名称を引き継ぐ事が明かされる。
大原正義「酊船」は30枚の歴史小説。遣唐使についての阿倍仲麻呂秘話的な語り調作品。
大和調停内での藤原氏勃興と阿部氏零落の内紛話が基調で大陸との関連も視野に書かれている。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」11号(茨木市)

| コメント(0)

2015年9月25日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

連載中の甲山羊二「優雅なるトマトケチャップ」が、書籍化されたそうだ。文学性と恋心をからめて、特徴のある文体を生み出しているので、文章表現技術に関心が高い人には、一読の価値があるように思う。
【「息長丹生真人長人のこと」大原正義】
 10号に「霊仙山」を書いており、日本から中国に渡り、当地の三蔵法師になった僧、霊仙の心境を描き、同時にそうした僧の誕生した状況を、落ち着いた地味と滋味が融合した筆致で解説する。話には聞いていたが、改めて感銘を受けた。本篇は、その関連の話で、霊仙は「息長丹生真人長人」という一族の出身ではないかと、想わせる話。
 細部に仏教を信仰しているか、学んでいる宗教人の雰囲気が伝わってきて、鎮魂の気持ちを抱かさせられる。同じ作者が作品「母、今どこに 幽明境を異にして」で、亡くなった母親思慕している。これも、妙に胸を打つ。自分の母は、立派でもなんでもなく、強情で、39度の熱でも入院を拒み、そのまま自宅で亡くなった。自分自身でも、愛していたかどうか、今でもわからない。ただ母と子という立場に縛られていたのだ。そんなことが心に浮かんできた。
【「少女エリナ」中向静】
 留守家庭児童会室での子供たちとの交流を描く。多少の不都合、不合理があっても、子供の自然な気持ちを傷つけまいとする、室長だったが、その人が去り、新しい室長は手際良く仕事をするが、子供気持ちには気をまわすことができない。傷つきやすい子供たちとのやりとりと生態を、活き活きと表現する。大人になるということは、心に鎧が出来て、心が傷つかないようになってしまうことなのかも知れないと思った。
発行所=〒大阪府茨木市上野町21番9号、大原片。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg