日曜作家の最近のブログ記事

2017年2月18日 (土) (*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「どぶねずみ」大原正義】
 松尾芭蕉の弟子たちのなかに、路通という乞食生活をする男が入門する。貧しく汚れた俳人の存在そのものが、裕福な流派の生活ぶりの批判となる様子をえがく。俳諧文人の雰囲気を楽しみながら、俳句も味わえる。面白く読めるが、それほど路通の人間性への追求に深みはない。しかし、現代においては、想像力を読者に任せて、大まかな事柄表現の方が、多様な解釈の自由を邪魔しないとも考えられる。読者層の多様化を考えると、悪くない対応かも知れない。作者にその意図があったどうかはわからにのだが...。
【「残り香」(連載十一回)紅月冴子】
 長い連載のなかで、いろいろな出来事があって、最終回は節子と博之の恋愛状態で、それが続くことを感じさせるところで終る。恋愛が恋愛に受け取れる書き方。表現力は手堅く正確で、作家的手腕は充分。あとは読者をわくわくさせるテーマや素材に出会うかどうかではないか。
【「華麗なるトマトケチャップ?」甲山洋二】
 トマトケチャップも熟成して、まったり風味のワインになっている。
【風来流 言いたい放題「腐り切った政治屋どもに渇!小池東京都知事に期待」風来俊】
 こちらは都民で、それなりに都政を見ている。都庁の図書館で政策の資料をさがしたり、会見に出る交渉をしたりしている。外部の世情の見解はこうなのだ、という目安にはなる。ただし、行政の運営では、政治家と官僚との関係に問題がある。政治家に思想があっても、官僚には、自分の身分の保持の利害しかない。これは都庁も霞が関も同じで、役人の眼先の無思想の利害関係が、政治家の思想の実現に関わってくるのである。
発行所=〒567?0064大阪府茨木市上野町21号。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:日曜作家

016年11月28日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「臆見」稗田翔】
 全文カタカナでの独白スタイルの小説。カタカナにしたということの、表現効果はどのように働くか、という問題提起を含んでいる。文体でのカタカナ表記は、谷崎純一郎が効果的に用いた事例がある。「沢山の作家ガ書イテイルヨウニ、精神病棟ハモウ現世トハオモエナイ。ソコニ住ム人間モ、医師モ狂ッテイル」というのは、異常ダロウウカ」
 ここでの効果は、語り手が精神病院に入れられるという、思考の変調者の言い分を、そのまま受け入れるということになる。そこから、性格の非日常的感覚を、読者にそのまま提示する。独特の傾斜があるが、それがために病院で実質的監禁状態にする正当性があるのか。しかも異常な事件を実行した犯罪者でも、精神鑑定をうけることもない現代社会。社会人としての世間並みの感性と異なる語り手の、違和感のない存在感を浮き彫りにさせて提示している点で、この文体の必然性を感じさせる。
【「居酒屋だより」(二)妻がフランメンコを踊る夫の話」野上史郎】
 居酒屋を営んでいると、人それぞれ、訳ありの事情を持っている。今回は、掲題のとおり、妻がフラメンコのダンス教室の教師をしている。その妻の地方公演に付き合ってくと、活き活きとして旅芸人の舞台を自ら司会し、色気を売って、仕切っていることがわかる。それを知らずにいてカルチャーショックを受けるが、夫には辞めさせる権利もなければ、理由もない。結婚生活の現代性を示した話。このような、視点であるなら、かなり大きな物語に展開する可能性があって面白い。
発行所=〒567-0064大阪府茨木市上野町21?9、大原方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

2016年8月 8日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

  「日曜作家」は、季刊発行を続行中の勢いのある同人誌である。毎号目を通しながら発展に寄り添う事はたのしみである。
 編集後記に「物書きたる者,清貧に甘んじ、晩節を汚すことなく晩節を全うしたいものである」と記している。
 大原正義氏は先頭に立って執筆と運営に邁進中である。
 今回は「鬼のほそ道 俳諧道」で表現者の生き様を描いた。俳句結社の即席創作合評会での確執から始まる芭蕉門下の高弟の壮絶な作家道が迫力ある文章で書き連ねてある。
 大原氏の以前の作品「酩酊船」も感銘を受け感想を送ったがこの人は歴史からの題材を上手に作品化している。
  会員同人57名の大所帯であるが今号も執筆者は12名での13作品と106頁のこじんまりした体裁である。
  しかし、作品への思い入れは強く、65件の発送先の中には文芸雑誌社や同人会などが網羅されている。
 「短信」や「告知」欄には、掲載作品の評判を反映させている。14号を紹介した私の文芸同志会通信の記事も再録されている。
 関西中心の会員層なので会合なども行えるのではないか。以前も開催しないと記してあったが事情があるのか。
 今回の大原作品では句会での作品評を巡る討論そして決裂の内実が表現者の意地を下地に書き連ねてあった。
 批判に激高して口論が起き退会した仲間を何人も見てきているので合評会運営の苦労が改めてこみ上げて来た。
 講師を招いても教え諭される事を嫌う同人も多く、謝礼に見合う結果が出ず仲間内だけの褒め合いを続けた事もある。
 たかが同人誌でも若いころはされど同人誌だと気負っていた。大原氏の細心の運営手法と執念には感心している。
 私は高齢者なので、和気藹々の語り合いの場としての会合が居心地良く、作品感想も良い面を多く語るようにしている。
 柔らかな司会進行での作品感想の討論の場を持つ事も、人間関係の深化に成るのでお勧めしたいと思います。
「日曜作家」15号、平成28年7月29日・発行。発行人=大阪府茨木市上野町21番9号、大原正義氏。
《参照:外刈雅巳のひろば》

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」14号

| コメント(0)

2016年5月 4日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

☆「日曜作家」14号(平成二十八年四月二十一日発行)〒567-0064 大阪府茨木市上野町21番9号、編集代表・発行人 大原正義。肩現在上がりです。この勢いに乗じて更に躍進。将来的には一目置かれるような文芸誌にまで育て上げたいと念じていますーとの挨拶状が挟まれています。年に四回発行の元気な季刊同人誌です。
 会員名簿には58名が並んでいます。文学賞に挑戦!自作品の単行本化!生きた証を残す!とスローガンも元気。
 同人勧誘が必修条件で掲載負担金を納め頂き遅滞なく印刷所に払うことで存続すると慎重な姿勢も記されています。
 図書館・雑誌社など64の送付先一覧の頁もあり「文芸首都」在籍だった大原代表の気宇壮大さと細心さが読めます。
  このサイトでの前号・前前号紹介時には全文転載してくれた律儀な面もあり毎号必ず紹介したいと思っています。

カテゴリー:日曜作家

 「日曜作家」(大阪府)の大原代表は同好会や老人会ではなく、本格文芸誌を目指し向上する事を力説しています。
 編集後記で?ちまちまとした同人誌ではなく、中央文壇で注目されるような文芸誌に発展させたい?と意気軒高です。以前文芸同志会通信でその紹介を掲載したら早速全文を再掲載してくれました。
 ☆13号作品 「野に遺賢あり」大原正義=楊貴妃を愛した玄宗皇帝の唐の時代が背景です。宰相や忠臣が繰り広げる対立が書かれています。
  出世争いで次々に蹴落とされる大臣。蹴落として成りあがる大臣も凡才。国を憂い、直言する臣下の意見が科挙に繋がる。
  中国の「科挙」制度で、在野の人材活用が叶うまでの経過紹介と読みました。古書から取った題材を脚色している作品です。作者の言葉が有ります。現代は右傾化していると書き為政者の思惑どうりにはなりたくないと動機を述べています。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」12号

| コメント(0)

「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/に訂正が掲載されましたので、転載いたします。

大原正義作品を「酩酊船」を伊藤が「酊船」と誤記しましたので、お詫びして訂正します。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」12号=外狩雅巳

| コメント(0)

2015年10月17日 (土)(*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

☆「日曜作家」(大阪府茨木市上野町21番9号 大原正義)日曜作家編集部
次いで「日曜作家」。ISSN番号取得が表紙でわかる。規約も日曜作家賞規定も掲載されている。
季刊なので三年間でここまで発展している。大原代表の気負いが具現されていて素晴らしい。
掲載名簿は会員15名・賛助会員32名だが同封書簡には10月11日現在は会員16名となっている。
日々躍進する気鋭の文芸グループである。内容も従来と遜色が無いと書簡で自認している。
編集後記では情勢に触れその中で文学には何が出来るかと戦意高揚作品等を挙げ書き連ねている。
巻頭には創刊の辞を再録し職に就かず文作一途の知人の個人誌の名称を引き継ぐ事が明かされる。
大原正義「酊船」は30枚の歴史小説。遣唐使についての阿倍仲麻呂秘話的な語り調作品。
大和調停内での藤原氏勃興と阿部氏零落の内紛話が基調で大陸との関連も視野に書かれている。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」11号(茨木市)

| コメント(0)

2015年9月25日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

連載中の甲山羊二「優雅なるトマトケチャップ」が、書籍化されたそうだ。文学性と恋心をからめて、特徴のある文体を生み出しているので、文章表現技術に関心が高い人には、一読の価値があるように思う。
【「息長丹生真人長人のこと」大原正義】
 10号に「霊仙山」を書いており、日本から中国に渡り、当地の三蔵法師になった僧、霊仙の心境を描き、同時にそうした僧の誕生した状況を、落ち着いた地味と滋味が融合した筆致で解説する。話には聞いていたが、改めて感銘を受けた。本篇は、その関連の話で、霊仙は「息長丹生真人長人」という一族の出身ではないかと、想わせる話。
 細部に仏教を信仰しているか、学んでいる宗教人の雰囲気が伝わってきて、鎮魂の気持ちを抱かさせられる。同じ作者が作品「母、今どこに 幽明境を異にして」で、亡くなった母親思慕している。これも、妙に胸を打つ。自分の母は、立派でもなんでもなく、強情で、39度の熱でも入院を拒み、そのまま自宅で亡くなった。自分自身でも、愛していたかどうか、今でもわからない。ただ母と子という立場に縛られていたのだ。そんなことが心に浮かんできた。
【「少女エリナ」中向静】
 留守家庭児童会室での子供たちとの交流を描く。多少の不都合、不合理があっても、子供の自然な気持ちを傷つけまいとする、室長だったが、その人が去り、新しい室長は手際良く仕事をするが、子供気持ちには気をまわすことができない。傷つきやすい子供たちとのやりとりと生態を、活き活きと表現する。大人になるということは、心に鎧が出来て、心が傷つかないようになってしまうことなのかも知れないと思った。
発行所=〒大阪府茨木市上野町21番9号、大原片。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」第9号(茨木市)

| コメント(0)

2015年4月 3日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号は2015冬号とあるが、ちょびちょびと読んでいるうちに春なってしまった。文学の基本は、読者と作者にとって癒しの素であることが望ましい。同人誌は作者の癒しが優先されるのは仕方のないところだ。
【「スルリカー」甲山羊二】
 一人称によるおしゃべり事という設定。内容は、人妻のちょっとした浮気心を軸に、彼女のお喋りが想像力をかきたて、単一視点でありながら、他で何がおきているかを想像させる構造。そこは読者に想像させる仕組み。おしゃべりなのに無駄話でない、書かずに描くための話法と文章力の優秀さが出ている。オチまでついて、読んで楽しめるお話。
【「女流作家」紅月冴子】
 女性が恋人をモデルにしヒントにした小説を書き、文学賞を受賞する。恋人の男はモデルにされたことで、心穏やかならぬ様子になる。そこで悩む。話の運びにスピード感があり、面白く読めるが、どちらかというと大衆小説。男の人間像が描けていないのが不満。文章を整理し、無駄を省くと作品の品位が上がる余地を感じさせる。
【「咲野・山頭火の妻」冬木煬子】
 小説化すると、こんなに面白いものかと、眼を見張らせられた。
【詩「片想い」佐藤柚奈】
 想われるより、想うほうが心豊かで幸せかも、と心が癒される。
【「土筆は摘まない」堀章子】長編で何枚書いても、このような父親と娘の像を心に刻みつけることはできないのではないだろうか。短いからこそ、鮮やかにその情景が伝わる。これも癒される。みんなに読ませたい1編。
発行所=大阪府茨木市上野町21番9号、大原方、「日曜作家」編集部。

カテゴリー:日曜作家

「日曜作家」第7号(大阪府)

| コメント(0)

2014年9月28日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「トライアングル」冬場煬子】
 家族の一時代の物語である。人間の存在感を、恋愛でもなく、職場でもでなく、家族構造のなかで描いている。視点を3人に分けて「ヤッチン」という精神に変調をきたす二男、「与志子」という母親、家の主婦。「さくら」という家の娘。
 ちょっと関係のわかりにくいところがあるが、少ない紙数で家族関係を厚みをもたせるには止むをえないであろう。それなりに通俗的に読み流すことを防いでいる。ある家庭の特有の色合をつくる人間像を描く。家族を支える経済環境が書かれているので、存在感を生んでいる。
 人間の家族構造の中心は、子供を産む母親であり、家を出て他者とつながり子供を産んで別の家族をつくる娘である。このことによって家族と家族の関係をつなげる。「さくら」の章で、その構造の中にある人間のエゴを表現している。浮き彫りにされるのは、父親と息子という男のエゴに対応する女性のエゴである。
 たまたま、現在テレビニュースでヒラリー・クリントンの孫が誕生したと、ニューヨークタイムスがトップで報道したことを伝えている。国のリーダー候補の家族構成が人々の関心を引き付けるのである。
 マルクス主義思想が、社会的階級対立で捉えた人間のエゴや欲望の根源。それを修正する意味で、人間性を家族関係などに置く心理構造に注目した思想が、構造主義といわれているようだ。文学のひとつの方向性もそこ属するものがあるような気がする。文芸評論もエゴの追求が終わり、エゴの変容ぶりに向かっていくのかも知れない。
〒567?0064大阪府茨木市上野町21番9号、大原方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg