鳥語の最近のブログ記事

【「百日紅の木の下で」木津奏子】
冒頭は、修道院の中庭に舞い散るさるすべりの花をシスターが掃き清めるシーン。祈りの日々の静かな情景が、美しい文章で綴られております。うっとりしていると、なんだか徐々に怪しいことになってまいりました。高潔と低俗不潔きわまりないものが同居する、めくるめく世界に惹き込まれたのでございます。異界を覗いたわたくしは、頭がぼうっとしてしまいました。

カテゴリー:鳥語

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ