群系の最近のブログ記事

「群系」37号(東京)

| コメント(0)

2016年11月 8日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「桜の木が倒れた日」荻野央】
 「わたし」の住むマンションの前に、木村という老人の「木村屋敷」がある。そこに一本の桜の大木がある。「わたし」は、息子が海外に住み、最近妻を亡くした。桜の木の老木ぶりを気にかけていたが、老人の判断で木村屋敷を、壊してマンションにするのだと知らされる。子供たちのへの資産として残すためだという。そして、桜の大木が2台の重機でネジ切られるのを痛々しく目撃する。
 時代による喪失現象と、妻の喪失心を重ね合わせる男の心情を描いた現代的散文詩に読める。文体の水彩画のような透明感が、楽しめてすばらしい。日本の心情の伝統的な価値観の象徴性をもつ桜の木。それを知らないわけでもない老人が、過去との精神的決別をいとも簡単にする。世相に対する抵抗感と、妻の喪失後の不機嫌な気分が、時代の風潮への抵抗感として共感を抱かせる。
【「兄の死」ハッピー(2)小野友貴枝】
 主人公の「悦子」の実家の大坪家の兄、長男が91歳で亡くなった。昔は名字帯刀を許された由緒ある家柄だが、その息子が70歳で家を出ており農業をすることはない。戦後に再興を果たし兄の地域の豪農家が、消滅する情況にある。8人の兄弟姉妹であったので、通夜では各地の遠方から皆が集まる。
 ここでは、悦子が認知症の始まった姉をつれて、出かける。その上の姉と近くの駅で落ち合い、兄と対面する。亡くなった兄の顔つきが、生前より痩せていることから、自ら職を絶って、死に至ったのではないかと、推察する。
 家族それぞれの事情をかかえたものが、葬儀に集まる様子を、悦子の視点でドキュメンタリー風に描くことで、高齢化社会の現状を表現している。プロローグで、所有者不明の土地が8%を占めるという現状を示し、それがどのような状況から生じているかを、ひとつの事例をしめして、納得させる仕組みになっている。
 また、悦子と認知症の姉の言動を多く採用して、日本の将来に向けた皮相的風刺効果をあげている。現代性という意味では、通常の概念の小説の形に変化することもありそうと思わせ予感を含んいる。個性の発揮された特徴のある作品として面白く読める。
【評論「伊藤桂一初期の私小説『産卵』?生かされたものとしての義務」野寄勉】
 作者の伊藤桂一作品への評論は、本誌で長く継続されており、その熱意と評論に毎回納得させられている。今回も釣りに題材をとった「産卵」の梗概が素晴らしい。
 伊藤桂一氏がなぜ釣りに傾倒し、雑誌に多くのエッセイを発表している。本編ではその動機を、戦場のなかで生き残ってきた贖罪の意味を含めて解説。それを戦場を体験したことのPTSDへの癒しでもあるとしているところは、なるほど、とその見解の現代性に新味を感じさせられた。
 ちなみに伊藤氏は住職の息子であったことから、おそらく戦場での間は、明日おも知れぬ兵士の立場で、禁欲的な修行僧のような心境になっていたようにも思える。戦場からの生還は、死に満ちた修業期間から俗世間での生活に変わったことへの精神的均衡の必要があったのかもしれない。
 わたしの記憶では、戦争から帰って、自分と母親の家事を面倒を見てくれる女性と結婚を考えた。しかし、戦場においては性的な機能は失われ、排尿の具と特化してしまっていた。そこで、機能を回復するのに、野口晴哉氏に整体治療を受けている。世俗界への参加である。昭和50年に刊行の「伊藤桂一詩集」(五月書房)には、戦後の釣り旅の題材が多くあって、「鰍の詩」では、釣り上げられた鰍が、しばらくは夢から醒めたごとき優雅な放心にあえぐが――魚籠に入れると珠玉のごとく沈む/その 観念の仕方がまたたまらない――。生命体から物質に移行する瀬戸際を視ている。また、「蝉の伝説」では、蝉の声を――テンダイ ウ―ヤク/ジョ―フク ジョウリク――と聴くのである。
  風景のなかの樹も虫も石も風などあらゆる存在物が、詩人と会話する。常に世俗と霊界とを交流する魂の人であったように思う。
発行所=〒136?0073江東区大島7?28?1?1336、永野悟方、群系の会
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:群系

「群系」第35号(東京)

| コメント(0)

2015年11月 9日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号では、日本文学の特集で「内向の世代」と「戦後の日本映画」がテーマで、各同人が分担して書いているようだ。作家別文学論集のような装いを呈している。小説は1編だけである。
【会長ファイル3「十五万市民の中には」小野友貴枝】
 福祉施設の会長をしていた主人公の英田真希が、市役所の元福祉部長をしていた男と電車のなかで、出会う。全国組織の医療福祉法人に理事をしていた英田真希が、64歳で定年退職。その後、市長の推薦で、地位の福祉センターの会長職にあった時期のことを、出会った元福祉部長との関連で、回想するきっかけになる。
 地域の福祉センターは、市から2人が出向してきており、あとは16人のセンター員が働く。会員と寄付や市の支援が運営資金であるらしい。会長は週2回出勤で、組織の動向を把握しにくいなか、不合理な運営の改善や企業の寄付金を増やすなど、改善をしていくが、市には市の事情があり、改革の余地を残しながら、退任させられるのであるが、少しでも市民の生活に貢献したことを誇りに思うというもの。市役所という地域自治体の曖昧な組織風土がそれとなくにじみ出ている。
【「シャーキャ・ノート?原始仏教残影(8)最終回」古谷恭介】
 現代の仏教事情から、原始仏教の姿を想像しながら、執筆しており、読み応えがあった。私の家は浄土真宗であるが、親鸞聖人の説と連如聖人の布教の過程の矛盾した残像が、檀家寺に存在している。また、自身では座禅修行の金剛経道に参加したことがある。この連載では、現代的に文字化されたものを資料として、原始仏教を分析している。金剛経道の座禅で実感したのは、禅精神もあるが、この時代は文字がなく、すべて口承で伝わったものであろうということだ。リズムカルで、繰り返しが多く、意味の重複など、暗記で伝わったものにもかかわらず、きちんと論理的に一貫している。その不思議さに感銘をうける。
 本稿ではシャーキャの死における説話の多様性が指摘されている。これは、他人からのまた聞きだが、仏陀の論理というものが存在するらしい。論理学哲学者が明らかにしていて、この論理から外れる説は、すべて他の教祖の説だという。例えば、死後の世界についての天国、極楽などのお話は、すべて仏陀の説にはないそうである。
編集部=136?0072江東区大島7?28?1?1336、永野方。「群系の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:群系

「群系」第34号(東京)

| コメント(0)

2015年6月 1日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 文芸評論が中心の同人雑誌で、今号では昭和戦後文学―日本近代の検証(4)となっている。ざっと目次をみても、対象は昭和時代文学の代表的作家の多くに及ぶ。これらの作家の作品をすべて読んだことのある人は、それほど存在しないであろう。文学に精通した尖った読者に向けたものになっている。そのなかで、杉浦信夫「弁護士の闇」については、ジャーナリズム性の視点から≪日弁連の状況追及!「弁護士の闇」杉浦信夫氏≫で記している。ただし、小説もいくつかある。
【「山口二矢」大堀敏晴】
 1960年、当時の日本社会党浅沼委員長を暗殺した山口二矢。その後、少年鑑別所で自死した。その二矢の母親が、少年期の息子を回想する内容。読み手の自分は、ほとんど同年令であったため、当時は自死という行為にも関心を強く持ったものだ。これを読んでも、人間は愚行をするものだと思った当時の印象は変わらない。赤尾敏との関係も記されている。両親や兄との関係は知らなかった。自分は、革新政党や右翼などからの働きかけで内情の一部を知ることで、政治が金で動くということを感じ、資本の論理に関心を高めたことを思い出させた。本作品では、二矢が大義に死ぬことに意味を見いだし、後悔しないという供述がある。ニヒリズムであるが、自分も思春期ニヒリズムに陥った。だが、何もしないでぐずぐずしていることのメリットを見つけ出していくことで、長生きをすることになった。
【「会長ファイル2『謝罪文』小野友貴枝」】
 「地域福祉センター」の会長に就任した主人公の組織改革と職員のまとめ役の気苦労というと変だが、問題解決事例がわかりやすく描かれている。設立の経緯がGHQによるものというのは、初耳で驚いた。まず興味を持たせる。自分は、まだ介護制度のない時期に、親の介護用に福祉センターからベッドや車いすを借りて済ました。作品では、市議会議員がベッドを3台も借りようとしたところ職員の応対が悪いとクレームをつけてくる。政治家の存在が、公的な施設での厄介者となる。その謝罪文を書けというので書いたが、それだけではおさまらない。その応対に悩まされ、神経を病む職員の姿。さらに、職員が倉庫の整理をしないので会長が気をやむところなど、いろいろありそうな話で面白い。お役所や公的施設での小説では、管理する側の視線から描かれたものが少ない。貴重な題材をうまく書きこなして問題提起になっている。新分野開拓の素材かも知れない。
【「落とし穴―肥前島原の大名有馬氏」柿崎一】
 キリシタン宗教戦争「島原の乱」のなかで、勢力を失っていく有馬家がその決断と手際の悪さが、ほそぼそと存続を維持する話らしい。ぐずぐずすることは、場合によって、問題解決になるといことであろうか。
【「二十年後」高岡啓次郎】
 幻想味の強いホラー小説。理髪店の雰囲気描写が良い。手順よく描かれていて、面白がらせる。
【「峠道」五十嵐亨】
 これもホラー小説。映画のシナリオのように整然として、セオリー通りだが、丁寧に書いているので、あらかじめ予測できても怖い。霊体となった亡霊が腐敗肉の絡んだ白骨という描写に、唯物的な感じがして異色感があった。ただ、そこまでするならば、筋肉が機能せずに、顎を動かすのに不自由して、言葉が明瞭でないところまでいけば、不合理のなかの合理性がでるのではないだろうか。
編集部=136?0072江東区大島7‐28‐1‐1336、永野方、「群系」の会。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:群系

「群系」第33号(東京)

| コメント(0)

2014年8月10日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【小説「会長ファイル・福祉バス」小野由貴枝】
 社団法人・地域福祉センター長である英田真希の一年間の行動が描かれている。県庁を定年後に就任して二年目の正月の神社参拝時の決意から翌年の参拝前日まで。
 行政の地域高齢者施策を請け負うセンター12名を管理し運営を先導する主人公。事業の大半を占める福祉バス運行を廃止する決意と実践の記録的作品である。
 澤事務局長である大曾根班長の二人を説得しセンター再生へ前向きに行動する女性。組織のトップで行動する女性から男社会・行政内部を書いた事にわたしは注目した。
 お役所仕事で絡められた事なかれ主義男性幹部達とのやり取りは迫力がある。25枚程度に纏め、行動進捗を時系列で追う記録風な仕立てが読みやすい。
 その中に女性視点と内面描写を入れて文芸作品とした著者異色の一作になっている。多分、多くの読者に小説としてより行政施策の内部仕組みに興味が持たれるであろう。
 となると、税金使途に厳しい読者からは別の感想も出る可能性がありそうだ。作者に近い主人公を思わせる書きぶりはそのあたりの事に鈍感とも感じた。
 重圧をはねのけ行動する女性を描写する意図が題材に阻まれる危険がある。老人ホームでの虐待などの記事も多い昨今、文学作品として読まれるだろうか? 
「群系」発行編集部=江東区大島7?28?1?1336 永野悟方、「群系の会」
紹介者=「詩人回廊」外狩雅巳

カテゴリー:群系

「群系」第32号(東京)

| コメント(0)

2013年9月 8日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 このところ心身ともに朦朧としてきて、読んでも書くことができない。過去に読んだことがあると思っていた「群系」であるが、もっと柔らかいイメージがあった。勘違いかも知れない。当方の歯が弱くなったのか、読んでも硬くて歯がたたない研究・評論が多い。ただ、読むと。ああそうか、教えられることが多い,。各評論が良く言えば多彩でにぎやか、悪く言えば誰もが気ままでばらばらに語る。自由なサロン文学の集いであろう。うらやましいような感じがしないでもない・
【「お嬢吉三にはなれない」土倉ヒロ子】
 亡くなった祖母と同年代の女性を専門にしたホストクラブを経営し、そのひとりの相手をする若者の行為と心情を描く。生と死と退廃と老生とーー。ボードレールの悪の華の世界か。ただ、退廃の美的強度がもうすこし欲しいような気がする。
【「映画『下町』プレスシート」野寄勉】
 この映画は見ていないが、パンフレットをまる写ししているところがあるので、まるで映画館にいるような気にさせられる。楽しく読んだ。原作者・林芙美子の小説の文章は、私はかなり研究的に呼んだ。ざっくりしとした生活的な書き方なのに、人間的底辺の詩情と文学性がある。「めし」と一緒に幾度も読んだ。いじましいことだが、当時は、自分だって下積みの苦労があるのだから、彼女の文章世界に迫りたいと思ったことがある。自分の人間的な限界が文章の限界になっていることさとらされた。私が他者の文章に向けて、冷やかなところがあると感じさせるものがあるとすれば、それは自分の限界に対する負け惜しみであろう。
【「国木田独歩―人間独歩・もうひとりの明治人」間島康子】
 独歩は、詩的な散文精神をもって小説に拡大しようとして未完成で世を去った。その生活的な成行きがわかる。私自身は、独歩散文の延長線上に日本文学の展望があると、いまだに考えている。箱根に行くと、湯河原の万葉公園に寄ったものだ。そこの文学館には芥川龍之介に小説材料を提供した文学青年のことや独歩の足跡があって好きな場所であった。本評論で、惜しむらくはタイトルが散漫である。書いてからタイトルを決めるとそういうことがある。ピタッと来るタイトルが出来るまで待って、あらためて推敲すると焦点が合うことが多い。
紹介者=「詩人回廊」 北 一郎

カテゴリー:群系

「群系」第28号(東京)

| コメント(1)

2012年5月 5日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号では特集「震災・戦争と文学」がある。どれも読みでがあって、読み終わらない。もともと「戦争と文学」をテーマにしてきたものが、たまたま大震災があったので時代性を盛り込んだものであろう。昨年春の蒲田の「文学フリマ」で大塚英志氏が、震災が起きたからといって文学精神や役割のような問題が、どうこうということはない、と話っていた。基本的にはそうだが、それぞれの視点からの現代と絡みあわせた評論は、ふうん。そうなんだと、どれも勉強になる。高校生時代の生徒として、切り口と料理法の手腕で読ませた昔の文芸雑誌の風情を残している。
 評論を読んでいると、日本の現代文学がこのような状況を見せている前にはこのようなことがあった、と羽織の裏生地を見せるようなところがある。裏生地のほうが立派で、お洒落に見えるのは、元禄時代に似ているかも。
【『文芸誌とメディアに観る「3・11」と過去の大災害』永野悟】
 災害や核の不安について、文学では表現されていて、読まれていないだけだ、という視点と、表現の価値が小説的なものからエッセイ的なものまで拡げた説を展開させている。自分はそれらを散文として包摂する案をもっているので、なるほどそうですかと、意を強くする。
【『伊藤桂一の「黄土の記憶」』野寄勉】
 最初は、これがあるから送られてきたのかな、と思って読んだ。じつに優れた解説で勉強になった。伊藤桂一氏は今年で95歳になると思う。いくばくかの薫陶をうけてきた自分なりに、文章を書くポイントを学んできたが、そのなかに物事を「詳しく書くと面白いのだよ」ということがある。これは外の物を詳しく書く精密デッサンが芸術になるという意味に取れるが、それだけではない。心のありさまを精密に描くと言葉の芸術になるという意味もあると思う。
 本欄の紹介でも、そこがあると良い作品として紹介する基準のひとつにしている。この評論では、その心の様子を描いたところを戦場における人間観に結び付けていて、ためになった。基本には精神の最高峰を求めて登りつつも、ニヒリズムの谷間に落ちずにいる世界観というか、そういうところにあるようだ。
【「シャーキャ・ノオト(1)?原始仏教残影―」古谷恭介】
 いまどきの新書の仏教案内本の浅薄なところを見るにつけ、こういうのを読むと懐かしくほっとする。「もう生まれか変わりたくない」というニヒリズムと、道を求めるロマンチズムの融合の原点がありそうだ。
 つぎはできるなら小説3篇についても触れたい。
        (紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:群系

「群系」26号(東京都)

| コメント(0)

2011年 1月16日(日)付、「文芸同人誌案内」http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm掲示板より、「クレーン」和田伸一郎さんの書き込みを転載いたします。

【特集「大逆事件と文学」はチームによる労作】
この特集は、10名の書き手が各ポジションで論考し、それがハーモニーとなって、百年前の1910年の世相を見事にあぶりだしている。大逆事件は、文明開化を経たばかりの日本の近代の浅さを象徴する事件だった。
朝日新聞の校正係だった石川啄木、それに欧米留学体験を持つ森鴎外、夏目漱石、永井荷風がこの事件をどのように受けとめ表現したかは、興味深い。あるいは、若き佐藤春夫がこの事件からショックを受け、どのように思考したかまで詳細な資料から論考されている。
あえていえば、思想面での論考も入れてもらいたかった。国民ではなく、あえて「臣民」として民衆を教化してきた明治政府の、「民は由らしむべし、知らしむべからず」の論理が資本主義によって崩壊し、大衆ナショナリズムが勃興してきて勢いを増してきた時期だからだ。

カテゴリー:群系

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg