風の森の最近のブログ記事

「風の森」15号(東京)

| コメント(0)

2011年4月28日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「横光利一『悲しみの代価』徹底解析」越田秀男】
 横光利一の遺稿に「悲しみの代価」というものがあって、川端康成が入手していたが、私的な作品だか、作者が生前発表しなかったのは未完成で、その気がなかったとかで、発表をためらったというような話は耳にしたことがある。ここではその詳細が丁寧に解説されている。
 自分は横光利一について、そのようなことは全く素人で、知識がないので大変興味深く読んだ。横光利一には、「純粋小説論」という評論があって、文学理論として面白いので「詩人回廊」に「横光利一「純粋小説論」のモダンと現代」を連載中である。これはあくまで創作の手法として、現代人の参考にしようというもので、横光利一への鑑賞としては粗雑なものである。文学的ではなく、政治経済分野の視点でみるとこうなるということである。
 本論を読んで分かったのは、どうも横光利一は、人間の細部の心理から、社会関係までを総合的文学のなかに組み込もうとした全体小説志向であったらしいということだ。

【「国家という不信―内村剛介が思念した場所」皆川勤】
 内村という人を知らないが、トロツキーの「文学と革命」も、レーニンの「帝国主義論」も持っている。地震で本箱から飛び出した。まだ入れ直していないが、あるはずだ。それぞれの本の訳者が誰であるか覚えていない。だいたい、これらの本について、社会人になって他人と話題にしたことがない。
 若い頃、シベリアや満州にいた人の話はきいたことがある。ひどいものだったらしい。アナーキーになるのもうなづける。昭和天皇の時代には、アナーキーに必然性があるが、現在は歴史とどうつながるのか。現代の殺人事件の様子などからすると、種類の違うアナーキーを感じる。
 トロツキーの「永続革命論」には、プロレタリアート独裁でも、政策実行者を毎年選挙で選ばないといけないようなことが書いてある。今でいえは、議会民主主義でも官僚を選挙で選ばないとまずいことになるという意味に取れる。
「文学と革命」では、「労働者の間では親と子の違いは年齢的なものであるが、インテリでは社会的な違いが加わる」というようなものが書いてある。自分は子ども時代は、小学校を卒業しないで働いていた父を手伝って働いたが、その後、大学を出て、父との会話の多くを失ったーー。(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:風の森

『風の森』14号

| コメント(1)

文芸同人誌案内掲示板和田伸一郎氏の書き込みを転載します。

林檎の傷」遠矢徹彦

 重度身体障害者施設の在園者と職員、そして「青年時代にふとしたことから飛びこむことになった障害者運動を率いて、役所の官僚どもにこの施設を強引に造らせた」園長との人間関係が背景にある。それは、いささかパロディー化されて描かれている。
 元改革者であり、現在権力者である園長が、無頼的な在園者に対して秩序を乱すものとして園内の広報紙に「檄書」と題する一文を掲載した。自分への面当てだといっていた在園者スギオカの葬儀に、赤子を抱いたチャーミングな女性が現れる。
 語り手である、園の職員である「木戸」は、多くを語ろうとしない。多弁にならないよう、控えながら語っている。この木戸の微妙な立ち位置が、物語の不安定さに寄与し、この作品の輪郭をとらえにくくさせている。そして結局は、だからどうなんだという、欲求不満を読者は抱くことになる。木戸はもっと積極的に憤りを語るべきだと私は思う。

カテゴリー:風の森

「風の森」第13号(東京)

| コメント(0)

2010年10月31日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「夢遊の時代(青いトランク)」遠矢徹彦】
 この作者の作品を3作ほど読んでいるが、どれも文章力が強く、腕力で惹きつけて読ませる作風である。どこがどうといっていると、きりがないが、今回の作品は全共闘時代の革命騒動の精神が、青いトランクのなかからぞろぞろと出てきて、手品を見るように主人公の放浪の精神が遊びまわり、またトランクに収まるという仕掛けに読めた。エネルギーは前作ほどの勢いがないが、その分、形式的にいちばん纏まっているので、諧謔いうか肩の力を抜いてイロニーが利いて完成度が高いように思えた。

カテゴリー:風の森

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ