クレーンの最近のブログ記事

「クレーン」39号(前橋市)

| コメント(0)

2018年3月 1日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「花祭りのあと」糟谷和美】
 作者が、東京・赤羽の改札口を出たところを話の糸口にしている。十年ほど前に亡くなった母親が、赤羽出身である。ここでの、工場経営者の祖父と母親の戦前戦後の運命が、手短に語られる。
 母親が工場経営者の娘で、裕福だった子供時代に、荒川で泳いだり、近くの「常勝寺」のあるとろだったらしい。その寺は、作家・安岡章太郎の作品の「花祭」の内容から、安岡が中学生時代に、成績が悪いので預けられた(作中では入院)ところだったことがわかる。この安岡章太郎の「花祭」の引用が楽しめる。何気なさのなかに微妙な味わいのある文体は、改めて文学的な表現の重要さを認識させられる。
 それだけなく、語り手の母の実家の祖父の時代に負の歴史をもつ墓の前に立つ。そこは、語り手の曾祖父にあたる男の自死の悲劇があった。その墓が存在するということは、親族の誰かが建てたということになる。しかし、語り手は、寺の過去帳を見て、事情を詮索する気にならない。
 第三の新人といわれた作家たちは、地味な作品のものもあり、ここでは安岡章太郎の作品の舞台となった世界を広げる役割果たす良い作品に思えた。
 現代文学界の表現が、技術の発達によってなのかは、わからないが、過去の文学的な精神基盤から乖離した位置にいるように感じる。あらためて、旧来の文学的な基盤を見つめることも必要であろう。
【「天皇制廃止を訴える」わだしんいちろう】
 タイトルは、まるで評論かオピニオンのようだが、形は小説である。連常寺行夫という男が「現在(いま)、天皇制廃止を訴える」という講演をするという。主催は「天皇制廃止を訴える会」。語り手のぼくは、極左団体の政治集会のかくれみのではないかという懸念をもつ。しかし、出かける。その前に、紅い蜘蛛が腕に這っているのを振り落とす。
 それから行ってみると、連常寺は、1926年生まれで、戦時中は戦争に行ってしぬものだと思っていた。友人には、特攻隊員なって出撃した者もいるという。城山三郎の小説「大義の末」にある、自分の幸福より、大義である忠君愛国だけを思いつめてきた、という一文を例にとり、国民が天皇の命令によって、戦争にいった。それなのに敗戦になって昭和天皇は、責任をとらなかった。そこで、敗戦以後彼は、天皇制廃止を訴え続けて来たという。
 そこから天皇制の発祥の由来や、その根拠の解説をする。彼らのグループと僕は、なんとなく縁ができる。連常寺は高齢ながら周囲の女性にもてもてで、エロい関係も堪能している様子が描かれる。ぼくは、ばからしくなる。ただ、その時に、天井が赤い色になっている幻影を見る。末尾の参考資料に、「大義の末」のほか、「語りの海吉本隆明?幻想としての国家」、「吉本隆明が語る戦後55年?天皇制と日本人」が、ある。詩人や文芸評論での文学的な世界だけの話のようだ。
 無条件降伏した日本における昭和天皇の戦争責任は、戦争勝利国によって、免責され「象徴」として、憲法にその存在位置を明記し、保証された。象徴の神に祈る貴人として天皇の存在は、神話のなかにあり、その発祥を問うことは、事実上できないであろう。また、天皇制についての改変は、憲法改正を意味するのが、現実である。
 宗教の自由を標榜する欧米には、聖書に誓うことで、正義を問うている。キリストも、その生誕根拠も、神話の世界のものである。また、州法によっては、ダーウインの進化論を教えることを禁じる法律が存在する。神の創造した人間の祖先が猿だなんて、許せないのである。矛盾をそのまま抱えてきたのが、法である。急いで直す必要があるものと、そうでないものがある。
 まさに、「幻想とともに生きる人類」としての憲法を持つ(ない国もあるが)人間像と向き合わないと、現代とのズレが目立ってしまうのではないか。
【「最後の西部劇」田中伸一】
 これはクリント・イーストウッドの映画人の記録と、ジム・ジャームッシュ監督の作風評論である。イーストウッドの映画は、テレビでいくつも見ているが、知らなかったことが多いし、ジム監督の話も面白い。
発行所=〒371-0035群馬県前橋市岩神町3?15?10、わだしんいちろう方。前橋文学伝習所事務局。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:クレーン

「クレーン」38号(前橋市)

| コメント(0)

2017年1月 5日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 【「ライン作業者」和田信一郎】
 わずか7頁と短いが引き締まった掌編に成っている。ヨーグルト容器を作る現場の記録風の描写が続く中に、作業員たちの会話を織り交ぜている。生産点の日常を覚めた筆で実写する事で訴える文章である。外国人労働者が、ごく普通に就労する単純労働の現場。作者は淡々と事実を提示するが無機質な痛みが伝わって来る。
 日本資本主義の底辺を支える労働者群。その内実を表現する事の意味を読み取れるか戸惑いながら鑑賞した。 井上光晴の薫陶を守る和田さんの真価を見定めようと三度も読み直した。       
発行所=〒371?0035前橋市岩神町3?15?10、「前橋文学伝習所」わだしんいちろう方。
紹介者=外狩雅巳(町田文芸交流会事務局)

カテゴリー:クレーン

<2013年 3月17日(日)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:和田伸一郎>

crane34.jpg

「銭」   もろひろし
 はじめに夢が登場する。この夢に出てくる男を主人公文雄は、斜め上方の視点から追う。文雄の分身であるはずの男なのだが、そこにはある距離間があり、男に対しての感想が挟まれる。しかし、この主人公「文雄」と作者の間にはほとんど距離間が感じられない。
 したがって読者は、文雄が夢の男を見ているような位置から文雄を見ることになる。文雄は電子部品の町工場の経営者で、社員ひとりひとりの家庭の事情をよく知る立場にあり、会社とは運命共同体の大家族みたいなものだと考えている。
 文雄は仕事が激減した新しい現実にうまく対応することができず、その現実を認めるよりそれをもたらした親会社を恨み、裏切られたと感じる。これは、下請け制度というある程度自律的な内閉的空間を作り出してきた日本の企業社会が、アメリカからやってきたグローバル化という大波に移行しようとしていたことによる。
 この変化は文雄にとって、許容できないことだった。下請け制度自体が親子関係を象徴するような構造と秩序を要請され、「親」に逆らうことは御法度だった。文雄にとっては、いきなり親に荒野に連れ出され、あとは一人でやっていきなさいという、アメリカ型親子関係を押し付けられたようなものだ。文雄は、荒野に出て孤独とたたかいながら決断していくビジネス界の経営者のようにはわりきれず、きわめて日本的情緒に流されてしまう家長的存在として描かれている。
 妻のたか子は、社内においてもパートナーだが、文雄にとっては「母」に哀訴する子どもとそれを拒む「母」というかくされた関係が存在することが読みとれる。文雄には、「母」の胸に顔を埋めて乳房をもてあそんでいたい衝動が見え隠れしている。その「母」は、実は親企業でもあるのだ。下請け制度という擬似親子関係を機軸とした日本的な企業社会崩壊のドラマは、親が生き延びるために子どもを騙して家から追出してしまうという、グリム童話の寒々とした世界を連想させる。

カテゴリー:クレーン

「クレーン」32号(群馬県)

| コメント(2)

2011年 1月23日(日)付、「文芸同人誌案内」http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm掲示板より転載いたします。

「クレーン」和田伸一郎氏投稿
【「2010年のホノルル」田中伸一】
 ハワイ出身の日系三世を妻にもつ主人公。妻とその親族の目を通したハワイと、私たち多くの日本人の持つハワイ観とのズレがこの作品に息吹を与えている。ハワイの歴史についての解説的な部分も、それほどわざとらしくなく、入ってくる。
 太平洋戦争開戦時における真珠湾攻撃、戦後は、観光資源、それにミュージックやダンスとしてのハワイアンぐらいしか知らなかった私はその苦難の歴史に啓蒙された。
 もうひとつのテーマである親の介護の問題。制度としてのアメリカの介護と日本との違い、どちらも共通する家族の負担。それらがごく自然に語られている。
 どこの国でもあるにちがいない介護の問題を、国際的な視点でとらえてみるというのも意義のあることのようにおもえた。

カテゴリー:クレーン

「クレーン」31号(前橋市)

| コメント(3)

【「こんな私です」わだしんいちろう】
表題は癌、肺炎、心筋梗塞に加えて精神t科の治療も受けている妻が、主人公である夫に告げたひと言。冒頭の妻の描写に引き込まれたし、女医との遣り取りも実感がある。病院を出た主人公は付き合っている女性のマンションへ。それからインタビュー相手の男のマンションへ。仕事を思えて自宅に帰り高校生の息子と食事という1日が語られている。それぞれの場面は興味深く描写も説得力あるのだが、各おの独立した短編を読んでいるようだった。通奏低音のようなつながったイメージを感じ取ることができなかった。当方が理解できないだけで、作者はこの「つながらなさ」を描きたかったのだろうか。

カテゴリー:クレーン

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg