雪渓文學の最近のブログ記事

【「菫」沢辺のら】
とても短い、詩のような文章です。「おんな、という文字すら消えかけてい」る「古ぼけた女の人」のお話です。彼女の過去、現在を一緒に感じているような気がしました。雄弁でなくても、こんなにも伝わるんですね。

カテゴリー:雪渓文學

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ