孤帆の最近のブログ記事

「孤帆」28号(川崎市)

| コメント(0)

2017年5月22日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「It`s a SEXUAL World‐2‐」塚田遼】
 現代人の性にからむ活動を活写。現代への問題提起になっている。今号では、四(女性 一七歳 高校生)のケース。五(男性 四十一歳 舞台俳優)、六(二十二歳 女性 大学生)など三人の人物を登場させている。質の高い小説的な濃度が充分で、ここでは、性が女性の人間性のスポイルになり、男には虚無的な面を照らすように描かれている。この段階でもかなり厚みをもち、人間存在への問いかけに迫ることを予感させるので、後が楽しみだ。
【「芬香」草野みゆき】庭の水仙の花にかかわる時間と物語が短い中で語られる。詩的要素を含んだことによる完成度は高い。
【「ヒア、ボトム」とおやまりょうこ】
 三人兄妹の長男の晴樹、一番下の妹の優美が会う。両親と結婚30周年と中の弟の友紀の誕生日が同じ月に重なり、ついでに優美の就職内定が出たというニュースが加わって食事をすることになった。その集まりの前に、優美に会おうと誘われ、ドーナツ屋で会う。
 そこで、優美の方から、晴樹の恋人のことを聞いてくる。晴樹は優美が失恋でもしたのかと推測する。非常に個別的な話なので、関心をもつ人はそう多くないと思うが、小さな出来議ごとにこだわる表現力に注目する人もいるかもしれない。
【「腐食」畠山拓】
 アクロバット的な語り口で、自由に思うがままに表現する。おそらくこの手法が体質にあっているのであろう。その作家的エネルギーで、これ何だろうと、読ませる。
発行所=川崎市中原区上平間290?6。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

カテゴリー:孤帆

「孤帆」Vol,27(横浜市)

| コメント(0)

2016年8月12日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

  「孤帆」」は、永らく文芸同志会通信に送付している有力同人雑誌である。近年は連絡事務所の私の元へも届けられている。
 発行責任者のとうやまりょうこ氏が同級生の塚田遼氏などと19歳の時に創刊し、14年間にわたり継続中とある。
  言い出しっぺのとうやま氏の熱意が伝わって来る雑誌作りである。作品も体裁も強烈に訴えるものが感じられる。
  奥端秀影「旅の終わり」は面白く読めた。桃太郎伝説を茶化したり皮肉ったり深刻ぶらせたりの読みやすい作品。
  盲目になり、猿に説得され、猛犬や雉と一緒に育ての親の住む集落の全員を殺略する結末は警告的でもあった。
  とうやまりょうこ「リサ」は作者の等身大とも思える主人公真理子の日常と感情がよくわかり読み込まされた。
  二十年来の親友である美智佳が預ける14歳の娘との交流が細かく書き込まれ、少女が立ち上がっている。
  リサの父親とも旧知なので気さくに接近を図り、美智佳の疑惑を受ける破滅までの顛末が一気に読めた。
  塚田遼「it`sasexualwold-1」は、スピ-ド感ある進行で性的妄想に害された現代社会を描く長編を想像出来る。
  創り込まれた文章・筋書きと見合う生き生きとした登場人物。エロに囲まれた社会が空恐ろしく読み取れた。
  畠山拓「無原罪宿り」は、読書力が低く表面活字を眺めまわすばかりでどうしても主題に届かない。
  物語を書かなければならない男の日常は、虚実雑多な物語と警句や妄想等々に遮られ粗筋さえ頭に残らない。
  この4人は物書きとして啓発しあい・挑発しあい、作品の中に友情を込めているのだろう。羨ましい。
  良い紙(上質なコート紙?)にカラ-写真。そして、洒落た特集「あの景色を忘れない」等々。読ませて売る為の製本。
  そういえば、とうやま氏の同人仲間の北村順子氏からも分厚い自費出版の上製本「晩夏に」を頂いている。
  文芸好きの仲間が励まし合って向上している「孤帆」を読むと、こちらまで元気になって来た。感謝。
発行日=2016年8月10日。発行者=とうやまりょうこ。発行所・横浜市西区浜松町 6-13-402。頒価・1200円。
《参照:外狩雅巳のひろば》

カテゴリー:孤帆

「孤帆」26号(横浜市)

| コメント(0)

2015年9月28日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「デッドエンドの世界―シュウジの世界」塚田遼】
 SF小説の連載で<前回までのあらすじ>があり、??世界では男性でもない女性でもないヒジュラという生殖能力のない人間が急増していた。その結果、人類の人口は激減し、地球上の至るところが廃墟地帯と化した...などとある。
 生殖能力のないヒジュラが、なぜ増えるのか、よくわからないが、とにかく通常の人間と社会的に差別されている。不合理な状況のなかで、普通の人間の「俺」が母親に子ども作るために結婚しなさいと望まれながら、身元不明の死者の死体を片付ける仕事につく。そこの会社勤めと、人間関係は、現在のサラリーマンとあまり変わらない。
 ただ、このなかで、「俺」は、なぜ結婚しなければないらないか、と疑問を投げかける。また、上司は、「子供を作るための嫁さんとのセックスは仕事なんだよ」と、それが誰かに強制されたことであるように受け取れる言葉がある。
 それが、神の強制によるものという風に考えているなら、神の悪意の奴隷という認識をもっているということになる。海外向けに翻訳されたら、ユニークな発想と思われるのではないだろうか。話そのものは、かなり面白くよませる。書き方も巧い。ただ、国家がどうしてそうした制度を成立させたか、というような視点がないので、SF風俗小説という感じがした。
【「王子の服」奥端秀彰】
 インチキ衣装商人にだまされた王様を「王様は裸だ」と言い切ったハンス少年が国民の人気者になる。そして、「王様は裸だ」と、声を恰好よくかけるための練習をする。ところが、女友達のハンナが言うのには、王様は服装を豪奢にしているより、最大の質素さである裸を選んだのだと教えられる。面白い寓話である。
 作者は25号で、「ルストロ」という、オクト人という反日思想の民族が日本を支配して、その社会で日本人が生活するという近未来SF的作品を書いていたが、こちらのほうが皮肉が強かった。
 塚田作品、奥端作品とも、作品の出来の良し悪しを感じる前に、社会における自己意識の反映として、このような発想が出ることに興味を感じた。
 また、10号でとうやまりょうこ「新月」が印象にある。当初は、もう何年も前の漢字筆名の頃の作品では、風俗的な小説に終わっていて、その熱意が理解できずに、純文学と距離があるように感じた。しかし、最近はなかなか現代という時代性のなかに入り込んでいる。というより、現代文学が、風俗的になってきていて、作者のほうにすり寄ってきているように思えるのだ。それを先見性があるといえば、そうもいえるのであろう。
発行所=横浜市西区浜松町6?13?402、とうやま方。
紹介者=「詩人回廊」北 一郎。

カテゴリー:孤帆

「孤帆」Vol25」横浜市西区

| コメント(0)

2015年7月22日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 【孤帆】の発行日は7月1日です。奥付に頒価700円(安い!)と宣伝しています。
 畠山拓「二人の女」が面白かった。鈴木春奈と永井真由美の2つの名をもつ女が登場する。75才の葛巻公三と知り合い公三の購入した家で同棲生活を始めた20代前半の若い真由美。彼女の魅力に溺れ一時失踪等も気にせず心も肉体も投入した挙句に自殺を装う殺害に合う。その失踪時等を使用して彼女は鈴木春奈や大庭春奈を名乗り若い男達と愛し合っている。自殺を怪しんだ警察が捜査する。山口刑事の語り口で彼女の素性が解き明かされてゆく。120枚を超す作品は公三を主人公にした箇所が長く若い女にのめり込む過程が細密に書かれている。老春が書き込まれ公三と年の近い私はほだされ哀感にむせび読み込まされてしまった。
《参照:外狩雅巳のひろば》

カテゴリー:孤帆

2013年3月20日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「ネコババア」奥端秀彰】
 少ない年金生活でアパート住まいの高齢者、美津子は猫に餌をやっている。同じアパートに3年前から住んでいる30代の男が近所迷惑と文句をいう。美津子は男が気にいらず復讐心や殺意まで抱く。美津子の社会的な存在である男への悪意がやがて自分に向かい、それが刃物三昧にまで発展する。
 老婆も男もなんとなく、世間での存在意義を失った人間のように描く。それは現代という時代の気配でもある。宙ぶらりんで、誰もが自己存在の定位置が見えない時代の空気を切り取った短編のようだ。
【「道行く」淘山竜子】
 高之という喫茶店経営者のやりくりを通して世相の一面を描くーーというように読める。商売の大変さというか、商売に向き不向きの人柄の様子が、仕事ぶりが細かく描かれているので、それなりに現代商店の事情が読み取れる。小説としては、風俗小説的な側面が強いが、心理的な説明とストーリーを結びつける構造づくりが複雑なのか手薄なのか、小説の登場人物のイメージよりも、作者自身の倦怠感や閉そく感が随所ににじみ出ている感じだと、思った。

カテゴリー:孤帆

「孤帆」17号(川崎市)

| コメント(1)

2011年5月15日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

(1)
【「つっけんどんな夜に」北村順子】
 現代そのものを素材にしている。話は、先に会社を辞めて起業した吉川さんに会って会社の愚痴をいったら「もう辞めたら」と言われてしまう。吉川さんはベビイ服のリサイクル販売やレンタルショップで順調。ビジネスに新天地を見出した吉川さんは在職中の散漫な生活から脱け出していた。その後、会社の不満が鬱積した「私」木村より子は、在職18年になる職場の退職願いを出す。(大事件だが、主人公のこだわりがない)そこで次の職を探すが、その前に近くのパン屋のアルバイトあっさりみつかる。こうして、人生の転換の一時期を生活日誌のように書いてある。いまどきこういう作風が流行っているのであろうか。世相描写・風俗の現代を描いてあるが、いちばん小説的なところがストンと抜いてある。小説を読んだあとは、読者はその存在の意味を考えるのだが......。ただ、昔アメリカの小説の翻訳でこのような手法らしきの作品を読んだことがある。

カテゴリー:孤帆

2010年6月29日 (*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「赤い響き」奥端秀彰】
 奔放な生き方をしてきた父親。息子がその人生と死後の想いを描く。晩年に案外とおとなしく過ごしていた父親が写真に凝り、高級カメラを残す。そのデーターを取出してみると、ある山頂から見た赤い夕陽が見事に捉えられていた。
 父親の人生と息子の関係。息子のそこはかとない喪失感が短いなかにバランスよく描かれている。隠れたテーマとしては、写真の表現者である父親の表現が息子にどう伝わったのかというところがあり、それを追及すると、単なるファミリーストーリーから脱皮した芸術表現の伝達という普遍性をもつテーマにもなったのではないかと思った。
【「晩夏に」北村順子】
 季節の日本的な花鳥風月の描写を柱に、人の生き方とその過程を並行的に描く。人も自然の変化のなかにあるという明確な視点が作品をすっきりとさせている。
【「男の世界」塚田遼】
 男であると、あらゆる異性に種を振りまかねばならぬーーという肉食系男子の遺伝子に突き動かされ、女性をものにしていく過程を描く。女性のタイプを書き分けるのが手際よく面白く、楽しく読ませる。哀歓も含んで、純文学への足がかりも残している。
【「欲望と性格」淘山竜子】
 主婦と独身女性との現代の生活と意識の違いを書きわけて手際よく描く。女性らしいリアリズム手法に凝っているのか、現代性を重視するためなのか、作品の狙いでどの範囲を描くか、創作へのビジョンを読者へゆだねるようなところがある。小説的リアリティと現実のリアルとの違いはどこにあるのかな?と思わせるものある。(紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:孤帆

「弧帆」第15号(小金井市)

| コメント(0)

10月3日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「大人になるってどういうこと?」塚田遼】
 30歳の僕に、15歳の頃の自分が幻影となって現れ、過去の出来事について問いかけをしてくる。当時、仲間で示し合わせて家出をし、女友達を交えて、山小屋でキャンプ生活をする。そこで安藤という親しい仲間の一人が、滑落事故死する。死んだ仲間の命日のために再度その現場に行こうという誘いを受けて参加する。そうして、生きることの意味付けの青春時代と30代のすこしばかりの相違を表現しているように見える。平たく言えば、人生に大げさに向き合っていた時代と現代の成り行きに流される生き方から感慨が素材になっている。独自の感性で文学的なトーンを維持しているため、形式的には安定し、抒情的な余韻がある。出だしもなんだろうと思わせよいのでは。
 内容的には、死んでしまう安藤が「人間は人生の無意味性を何も考えないために、酒を飲んだり騒いだりするのだ」という、パスカルの「人生慰戯論」を述べる。これは若い知識としての発想で、ニヒリズムと積極的意義の中立点を示す。それから15年を経て、その視点から主人公がどれほど離れたところにいるのか、問いかけに対し、思考のアップダウンがない。近代小説の範囲で、ゆらぎがない。ここまで書けるのなら、なぜ「現代の小説」にもっていかないのかなと、思わせる。

【「夜、コンビニの前、雨」淘山竜子】
 佳織は会社の営業社員で、真一という男から結婚を申し入れられている。真一は特に好きではないようだが、積極的な働きかけに交際をするが、お互いの感性の違いに、やはり破局をしてしまう。佳織自身、自分の性格に負い目を見ており、自ら破局へ持ち込んだような部分に悲しみを感じるお話。このところ、この作者の作品は、閉塞的な状況のみを表現するのに凝っていて、自分には意図がわからない作風であった。だが、今回は現代の女性の生きる上での問題意識がキャラクターとして定着されており、自意識と対人関係に格闘する女性の大変さが表現されている。

【「返却」北村順子】
 「私」の日常的生活範囲の出来事が、淡々とかなり丁寧に語られている。しかし、私が誰で何を考えているかは語られない。自分を語らないで何かを表現する一つのパーターンか、それとも意図があるのかわからない。

【「吠える」奥端秀彰】
 本誌のなかでもっとも小説らしい小説。出だしが良い。ある家のエレベーターのメンテナンスに出入りする男が、その家の夫人や一家の飼っている犬の近所迷惑な行為に、腹を立て私的な罰を加えようと企てる。そういうことを考える男の異常さと、悪質な新聞勧誘員の跋扈する異常な町。ところが罰を与えようとした家の夫人は狂気に染まっており、自宅に放火して自ら家庭を崩壊させてしまう。日常的な感情が少しずつずれていって、狂気の境目に入る様子が、うまく表現され、現代人の閉塞性を象徴的に描いている。
《紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一》

カテゴリー:孤帆

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg