雑木林の最近のブログ記事

「雑木林」第16号(枚方市)

| コメント(0)

2014年9月17日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 表紙をめくると「しばしお休み号―北川荘平生誕84年没後8年」と記されている。休刊の宣言である。
【「北川荘平先生と枚方・雑木林文学の会―書くという病」安芸宏子】
 作者は織田作之助賞の下読みをしていて、そこで正選考委員の北川氏に出会った。文章教室の講師となった北川氏に師事し、雑誌「雑木林」の23年間運営のこれまでの縁が記されている。
北川氏は人間の精神が何かに圧迫された状況があるから書くことをするので、「書かなくてよい状態になったら幸福」と考えていたらしいという推測をするのが興味深い。
 そして「書く以上は、書きたいもの、伝えたいものをなるべく確かに伝えるためにある程度の技術や書き方があることを教えたかった。それがわが枚方・雑木林文学の会での北川先生の考え方であり指導だったのだと思う」とも――。
 生活の実感を書き伝えることが、生きる意味を生むという効用がある。これは多くの同人誌サークルの底流であり、方向性を示したものであろう。そのために、それらは生活上の「同一世代性」の特性を持つ。高齢化によって活動が不活発になるのは止めようがない。
 本号ではその一方で、伝える技術の研鑽として、競作「手」をテーマに、各同人が掌編を発表している。
これは文章技術を競うという、仲良しクラブ的な同人誌にはない、挑戦的なもので、北川氏の精神の反映がみられる。
 競作の作品を読むと、言葉の芸術として高度な完成度を見せる作品があれば、素朴な生活日記的なものもある。作品の完成度は異なるが、それでも生命感や感動という面では、芸術性のあるものに負けす、素朴な生活日記の方も伝達力をもつのが不思議だ。
 編集者の渾身の力がみなぎる第16号である。
 また、コラムで北一郎詩集「有情無情、東京風景」について、評を執筆してくれている。北のもつ詩精というものの思い込みの本質をよく言い当てていて、喜ばされると同時に驚かされた。
 発行所=〒573?0013枚方市星丘3?10?8、安芸方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:雑木林

「雑木林」第15号(枚方市)

| コメント(0)

2013年6月27日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「あきらめない続・三」井上正雄】
 前号よりも重篤な症状になっていく記録である。見守る夫の喜怒哀楽の感情の波が表現されている。難しいことを言わず、長年連れあってきた妻という存在への強い愛は、何であるのか。長く生活を共にすることで、形を変えてくる情愛の形について、強く問いかけている。【「頚椎の異常」同】自分は、当初は腰が痛くなったが、親類の葬祭ごとがあって、痛み止めを飲んでん我慢していた。その内に左足で踏み込めないほど痛くなった。一段落して病院でレントゲンを撮った。医師がいうのには、加齢による腰椎変形で、基本的にほとんど直らないそうである。あてもなく、リハビリをして痛みを軽減している。こうした短い書きものでも、おお、やはりそうなのか、と身につまされる。多少の巧い小説よりこうした生活日誌の方が印象に残る。
【「遠い日」水野みち】
 病み上がりの身で転居したが、快復したらしい。自由な生活になって靖国神社に行った話。多くの人が行っているであろう神社。時代、季節の思い出が人によって異なる。こういうのも、テレビ番組の街歩きの活字版で面白く読める。
【「一口の水」村上節子】
 水分補給に必ず飲むから身近なものである。今は日田天然水を愛用して、飲み方に工夫をしている話。幾度もそれを楽しみして感謝して飲むという。なるほど、よい趣味を見つけたと思う。
【「花嫁」菅沼仁美】
 中国の古事から、大河小説の一部のような題材を、語り口を工夫してよい。短いにもかかわらず、味のある雰囲気に仕上げてある。話が楽しめた。
【「ふたたび北川荘平先生のこと」安芸宏子】
 「雑木林」の名称は、まるで雑誌の方向性を指し示したかのように、作品群が武蔵野の雑木林のような道に沿っている。前世紀の近代文学の時代には、同人雑誌は作家になるための修業の場であった。しかし、戦後とくに高度成長時代以後は、生活記録で自らの生き方を確認する手段としての機能を重視する方向になってきた。本誌はその典型的なものであろう。
 「雑木林文学の会」は、大阪ガスに勤務しながら作家をしていた故・北川荘平氏を講師とする文芸教室の生徒の会であるらしい。編集後記には、「我が会では小説を書く人があまりいない。みな小説を書く気がない。理由を問うと嘘っぽいからだという」とある。確かに」本当らしく書いた虚構なら、プロの作家が腕をふるっている。ここに記されている北川氏のその入会条件の様子では、プロの作家のようになれ、というような指導はしていなかったようである。良い文章を書きなさい、くらいのものであろう。
 心の糧として、自分と向き合った生活日誌を記すことは、職業作家のように、何万人もの読者を必要としない。せいぜい同人誌仲間を入れて、何十人ほどの読者に理解されればよいのでは。本誌のどれも、読んでつまらない作品はない。『理恵子の事情』も小説風、身辺雑記的で、生活記録の範囲をでていないが、こうにした方が書きやすい面もあるのだろう。リアルではあるが、小説的な大ウソの創りがない。その意味で、本当は、小説の概念から遠いのではないか。
発行所=〒573―0013枚方市星丘3‐10‐8、安芸方。

カテゴリー:雑木林

「雑木林」第14号(枚方市)

| コメント(0)

2012年3月30日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「あきらめない続・二」井上正雄】
 冒頭は「妻の昌子が病院で意識不明になってからよみがえることなく二年半を過ぎた。その後の状況の手記である。」となっていて、その後の三年にわたる介護の記録である。介護をしながら筆者は、妻の元気だった頃の夢を良くみる。そして「退職後もいろいろボランティアの仕事で忙しかった。今にして思えばそんなことをするよりも、二人で世界を旅行して回った方がずっといい余暇にちがいないと残念に思うのだが今更しょうがない。」とし、介護の二人きりの時間を今までにない濃密な時間を過ごしていると感じるのである。その介護生活が詳しく述べられているのだが、何故か読みがいがある。そこには、人が生きることが何であるかが示されているからであろう。
【「白川正芳さんの世界」安芸宏子】
 09年に発行された「藝術百科」という本に文芸評論家の白川正芳氏の俳句が多く載っているという。白川氏の埴谷雄高の評論は読んでいるが、俳句は知らなかったので興味深かった。もののあわれをロマンチチックに明朗化する作風に人柄を感じさせるものがあり、よい解説に読めた。
【「青いコップ」村上節子】
 今年の夏に沼津の千本松の浜辺で青いコップを拾って机に置いている。すると、ロンドンで亡くなった息子の姿が甦る。失われた愛は、いつも心のなかに渦巻いて消え去ることがない。短いが哀愁に満ちた詩的散文である。
                  (紹介者・伊藤昭一「詩人回廊」編集者)

カテゴリー:雑木林

「雑木林」第13号(枚方市)

| コメント(0)

2010年9月17日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の目次に、エッセイと小説と雑記というジャンル分けがしてある。ここでは、雑記とされているなかで、純文学的作品をひとつ紹介してみたい。
【「帽子」水野みち】
 冒頭に「昭和の世界恐慌の年の暮、私は次姉とは年子という悪条件で生まれた」とあるから、作者はかなりの年配者である。同時に、合理性をもった滑り出しで、その文章力の確かさを教えてくれる。人生が戦争の世紀であった20世紀の民衆の体験と目撃の記憶を、エピソードを選んで淡々と語る。
 その記憶の扇の要のようになるのが帽子である。話がどのように広がっても、その民衆の記録の方向は帽子によって、エピソードが散逸することがない。2・26事件、日中戦争、太平洋戦争、敗戦後と歴史の記録の背後に、人間はどのようであったかを具体的に肉付けしてみせる。巧みな構成になっている。
 エピソードを順繰りに並べたと読むとたしかに雑記的だが、それらを帽子という鎖で有機的に関連させると、文学的な感銘に誘われる。
 ふつうの物語は起承転結があって、感情的なうねりがあるので、途中から盛り上がり面白く読める。
 これが「物語の構造」であり、世界共通のものといえる。ミステリー小説などはその最たるもの。大衆小説と純文学にもその構造がある。村上春樹の小説が国際的に理解されるのも、この構造があってのことであろう。同時に、その手法は大衆小説にもあるために、村上作品に疑義を感じる読者もいるかもしれない。常に読み流しが可能なため、読解が不充分であるまま読了してしまう危険性をもつ。
 ところがこの「帽子」という作品には、エピソードを読み進んでいってどんどん面白くなって読み流すということは出来ない。そういう構造がないから、読み飛ばすことできない。ひとつひとつをよく読めと、読者に迫ってくる。ひたすら、その時代に体験した「私」の出来事の恐ろしさ、楽しさを味わうことを要求する。エピソードの選択が、作者の精神そのものの表現になっている。ちょっと志賀直哉に通じる文章技巧を感じて、懐かしいものがあった。
発行連絡先=〒573?0013枚方市星丘3?10?8、安芸方、「雑木林文学の会」。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:雑木林

「雑木林」第12号(枚方市)

| コメント(0)

7月9日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 エッセイを主体とした同人誌なのであろうか。事務局の「あとがき」では、前号の11号は、逝去した北川荘平講師の追悼号で、今回は尾田玲子会員の追悼号となったとある。現在7人の会員が毎月の例会に参加し、文章を書くことの意味をさぐっているという。本誌は年に1回発行しいているもの。
【「デスマスク」三木祥子】
 96歳の姑が老人療養型病院に入院している。三年前から入所したが、間もなく認知症になり今は個室で意識混濁の状態である。その姑のわがままさに嫁として仕えてきた日々の思い出が語られる。そのなかで亡くなった姑のデスマスクを描く。
 姑の理不尽な行為と、我が侭な言い分に苦しめられ、心を傷つけられて暮らしてきたものでないと、書くことのできないさまざまな細かいエピソードが真実性をもって語られる。
 その意味では、これから姑をもつ立場や、同じ経験をされてきた女性には、女性が、母親から姑になるという現象のある標準的な姿を知ることが出来、非常に役に立つ参考書になっている。
 筆者はこの介護における姑の身勝手さのためにうつ状態にもなったようだが、ここでは、夫が良識人で冷静に嫁と姑の関係を理解し、妻に対する心使いがあり、さらに経済的な余裕が感じられる。世間一般の嫁さんから「まだまだ、私のほうがひどい目にあった............」という声も出るかもしれない。
 同時に、かつては息子を良識人に育て上げた姑が、もとから特別に意地悪な人間性をもっていたわけでなく、普通の母親から嫁に向けて、傍若無人なイジワル婆さんに化けてしまった様子が読みとれる。
 それにしても、通常はなかなかこのような話は、感情的になって冷静に記録できないものだが、介護生活のストレスのそのトラウマをよく克服して、冷静に記録することをしたものだ、と感心する。
 書くという行為が、自分の感情にとらわれた心境と一定の距離をとり、他人の視点を持つことによる自己客観化の効果を生むようだ。自ら精神を鎮魂させる効果があるのではないか推察される。

【「生き物にご用心」安芸宏子】
 大阪から茨城の神川という町の義妹の家を訪問する話。自分の母親の実家がやはり茨城なので、読んでいて、なんとなく地域の風土が感じられる。茨城には関東平野の中のあらゆる農作物の栽培が可能な豊穣な土地柄の鷹揚な部分と、地域の情報伝達網が独特の発達をし、隣町のことでも手に取るように把握するという明治時代以来の独自の風土性がある。書いてあることからは、そうした風土の匂いが漂うが、書いた本人にはまったくそのようなことに関心がなく、ただ羅列的に書きまくっている状態が面白い。もっと、身近なありふれた出来事をこの作者が思うように書くと、おのずと個性的な読み物になるのでないかという、天性の持ち味を感じさせる。

カテゴリー:雑木林

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

最近のコメント

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg