R&Wの最近のブログ記事

「R&W」第21号(愛知県)

| コメント(0)

2017年2月21日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「クイーンズ・ハット」霧関忍】
 幼稚園のママ友の交際の様子を描く。陰に陽に、女の世界の嫉妬心と虚栄のバトルをスリリングに表現する。人間が狭い世界で、熾烈な闘争をくりひろげる。愚かで恐ろしい女の執念の生み出す、事件を語り、人間悪の現代性を表現して読みごたえがある。
【「ある女の肖像」渡辺勝】
 大企業のT電力会社の女性社員が、夜になると娼婦に変わる。そうした実在の事件をヒントに、作者のアレンジを楽しむような話。もうひとりの女性と、若い外国人との交情などの人物像も加えて、独自の物語にしている。実在の事件には、闇の謎の迫力があるが、物語となると起承転結が明快で、謎の魅力は失われる感じだ。
【「阿吽」松岡博】
 東大寺の仁王像「阿吽」の彫刻を手分けして作った、運慶と快慶の作仏の過程の二人の心理を描く。歴史物として、知識が得られて面白い。
【「紙一重」藤田充伯】
 長崎原爆投下のあと、米国従軍カメラマンであるジョー・オダネル氏が撮影した「焼き場に立つ少年」の死んだ赤子の弟を脊負い、歯をくいしばってりりしく、火葬をまつ姿の写真はあまりにも有名である。その映像から、野坂昭如「火垂の墓」、五木寛之の「蒼ざめた馬を見よ」の戦争の犠牲となった孤児たちにへ想いを馳せる。作者もまた、少年時代に、戦争の体験があり、「焼き場に立つ少年」と紙一重の運命であったことを語る。考えさせられる。
発行所=〒487?0033愛知県春日井市岩成台8?4?5?603―102、谷口(松蓉)方。
紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:R&W

「R&W」第19号(愛知県)

| コメント(0)

2016年2月28日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は、短編小説の読み方、書き方の創作教室の作品集だそうだが、毎号ごとの多彩さが増している。創作同人誌というのがたしかに合っている。
【「山岳へ...」渡辺勝彦】
 妻を亡くした、高齢者の「わたし」が、30年前に共に山登りをした思い出をたどるため、山行きをする。その途中で、失恋を経験した若い女性と同行することになる。その女性の身の上話と聞きながら、妻との思い出をたどっていく。なんとなく軽く読ませられながら、自然な抒情を感じさせる。手記とは異なる、創作的な自然さが、文芸味となっている。
【「愚弄は今」松蓉】
 「グローは今」というフレーズを活かし、91歳の高齢者の独白というかたちで、その情念の動きと、現代の世相への感受性を語る。長いが、ユニークな表現の仕方に工夫があり、生活日誌とは距離をもった、底に孤独な味わいをもつ文芸作品。
【「滲話窮題」早海徒雪】
日常のなかに変なことが起きる超常現象をからませたショート・ショートが3話。「昔の彼氏が訪れた時の話」「彼女の浮気を知った時の話」「親友との絆を確かめあった時の話」がある。文学フリーマーケットで若者たちが冊子にして売っているライトノベルの流れ的作風で、種に文学精神のようなものがありそうだが、どこに向かうのか。
【「素人ロケンロール」亀山誄】
 資産家で会社の社長がプレスリーに取りつかれて、社員や周囲の迷惑を顧みず自己中心主義を貫く話。ジコチュウ人間を具体的にキャラクター化したところが面白く読める。
【「九相図」盛岡篤史】
 人間が死んだあとは、どのような段階を経るか、を九段階にわけてリアルの描いた九相図という秘画があるらしい。宗教的色彩を帯びたホラーである。死を題材にしているので、書き方次第では純文学的にもなるのかも知れないが、ここでは単純エンタメ小説的な方向で、形式的完成度は高い。
 発行所=〒480?1147愛知県長久手市市が洞1丁目303、渡辺方。「R&W」編集室。
紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:R&W

「R&W・18」愛知県長久手市

| コメント(0)

2015年7月22日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 【R&w】は7月発行となっている。200ページを超える厚い冊子で15作品が詰め込まれている。この同人誌は朝日カルチャーセンター「短編小説を読む・書く」(藤田充伯講師)の受講者達で発行されている。年2回刊行で来年は10周年とかだそうです。講師の藤田充伯氏も作品を載せています。
 文章教室等の生徒たちでの文芸同人誌発行は多い。私も中央労働学院・文芸科仲間と発行した過去が有ります。それでもこの長久手市を拠点とする会が10年間も継続する結束力の強さには驚いている。講師の受講生の全てのメンバーの熱意に感動しています。
《参照:外狩雅巳のひろば》

カテゴリー:R&W

2015年7月12日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 【R&w】は7月発行となっている。200ページを超える厚い冊子で15作品が詰め込まれている。この同人誌は朝日カルチャーセンター「短編小説を読む・書く」(藤田充伯講師)の受講者達で発行されている。年2回刊行で来年は10周年とかだそうです。講師の藤田充伯氏も作品を載せています。
 文章教室等の生徒たちでの文芸同人誌発行は多い。私も中央労働学院・文芸科仲間と発行した過去が有ります。それでもこの長久手市を拠点とする会が10年間も継続する結束力の強さには驚いている。講師の受講生の全てのメンバーの熱意に感動しています。
受贈と感想=外狩雅巳

カテゴリー:R&W

「R&W」17号(愛知県)

| コメント(0)

2015年3月10日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 自分は同人誌をカバンに入れて、電車やバスの待合や車中で読むことが多い。だから雑誌が到着すると、妙にそこで読んだことのある場所が浮かんでくる。「R&W」の初期はなぜか青山1丁目のビルの喫茶店で読んだ記憶がある。小説教室で学んで、さまざまな工夫が創作姿勢に感じられたものだ。それ以来、編集者の渡辺氏や装丁は変わらないが、書き手の様子は変化している気がする。書かれたものが、娯楽物と読めるものが多いが、中にはよく判らないながら文体が面白いのもある。読んで、ああそうですか、と済ませるのが妥当な気がするが、一応感じるところを記してみた。
【「SMOKIEの薄目見聞録」茅ナオミ】
 猫が語り手の連載物だが、語りの文章が面白くて、もしかしたら純文学になるのかな、と思わせる。
【「火の煙」萩田峰旭】
 呪術が使われる古代というか、昔の話で綬延という呪術使いの不思議な話で、自在な肩の凝らない文体と出来事が一風変っているので、面白く読んだ。
【「アンロック」長月州】
 未来小説で、小型無人飛行機ドローンが、空を飛びかい人間やロボットを監視コントロールする世界。若者の男女の、シュミレーション社会に置かれた状況を描くものらしい。
 若者の意識による世界からの視点で、非常に狭い空間域を右往左往する活劇描写は、書きなれた安定感がある。アニメ風の題材を小説化したような感じ。活劇小説のなかにも、社会機構に主体性を奪われた現代の窮屈な雰囲気を反映しているように思えた。
【「事故」松本順子】
 交通事故にあって意識を失った状態の女性の独白体というスタイルで、意識の流れを描く。事故を起こしたという加害者は、同じ場所で前にも同様の事故を起こしていたということが分かるが、それが謎めいていて因果関係がはっきりわからなかった。リアルな生活意識から抜け出したお話を作ろうという意欲が感じられる。
【「『足』考―人間は考える足である」渡辺勝彦】
 エッセイなのであるが、歩く存在としての人間について考察をしている。これが本誌の他の娯楽小説より面白く、娯楽になる。
 誰もが、自分の関心事を題材にして書くのであるが、読む方にしてみると疲れた。
 小説は、他人のどんな名作を読むより、凡作でも自分が書いた方が面白いと説いたのが菊池寛の「作家凡庸論」である。その論を基点にして、読者側の満足感と執筆者側の満足感の基本的な相違を指摘したのが「何故文学は人生に役立つのか」(伊藤昭一・文芸同志会)であるが、それを書いて、なぜそうなるかを明らかにしておきながら、読者側に回る自分に思わず笑ってしまうところがある。
発行所=480-1147愛知県長久市市が洞1?303、渡辺方。「R&W」編集室。
 紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:R&W

2014年9月 9日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は朝日カルチャーの「短篇小説を読む・書く」(藤田充伯講師)の教室から生まれたもの、とある。渡辺勝彦氏を筆頭に、創作的な工夫と社会的な問題意識のある作品が多い。たしか前号は紹介しなかったが、松岡博「煙のように消えた鬼頭先生」などは、とぼけた味があって今でも記憶に残る。発行に補助金が出るそうだが、そういう自治体が他にもどのくらいあるか興味が湧く。
【「闘争の行方」(二)吉岡千尋】
 三池炭鉱の労働争議の現場をモデルにしている。1960年代、第一組合と第二組合に分裂する労働者側と資本の戦いを描く。歴史の詳細にこだわらず、ざっと調べて描いたものようだ。それが短篇小説化という意味では、よい手法になっているのかも知れない。会社の事業が、すでに社会的な役割を終えて、経済活動が幕引きの断末魔の状況になると、整理屋の資本が動き、国会議員や暴力団などの有象無象が暗躍するところも指摘されている。組合を内部分裂させて、反体制勢力を弱体化させる手法の痕跡は現在まで続く。業界別御用組合化し、体制維持のためさらなる階級差別を生む状況の説明にもなっている。運動のリーダーの崎田が行方不明になったところで終わるが、それが大きな思想の喪失を意味するのかも知れない。
【評論「三浦哲郎論」藤田充伯】
 1961年 に『忍ぶ川』で第44回芥川賞を受賞し、当時は一種のブーム的なものがあった。
その作者の私小説の部分に焦点を当てたもので、三浦作品の背後にある農村の歴史的な血の繋がりの負の部分を取り上げている。私小説作家としてのひとつの精神構造パターンをわかりやすく解説している。
発行所=480―1147愛知県長久手市市が洞1?303、渡辺方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:R&W

「R&W」(長久手市)

| コメント(0)

2013年11月20日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「わたしの概念の水玉」萩田蜂旭】
 水玉を軸にして人間の概念を語る珍しい小説。視覚的効果も考えた手法に意欲が感じられる。
【「海底遊泳」浅倉悠】
 節ごとに間隔をあけた文章で、行替えするほどでもないが、時間をかけて読ませるような独特の表現法。詩でも読む感覚になるが、物語は普通にある。これも手法に意識を傾けた作品。
【戯曲「宣言」渡辺勝彦】
 ドラマは天皇が国を治め、軍部が支配する日本という設定。原発事故が起きてその処理のなかで、米国やIAEAが暗黙のうちに軍部の核武装を認めている状況にある。日本の政治の混迷と原発事故を絡み合わせて、危機意識をもったシナリオになっている。
 「父帰る」などの戯曲を書いた菊池寛は、小説と戯曲にちがいについて次のように記している。
「子供が段々大きくなって行く成長の有様だとか、或る一人の女が結婚というものを挟んでの前後の心持の変遷とか、或る一人の老人が段々衰えて行く心の寂しさとか、小説は人生のあらゆる姿を書くことが出来るがしかし戯曲はそうではない。戯曲というのは人生の特別な形を書くものである。一言にしていえば、人生の劇しい所をを書いたものである。芝居を劇というが、劇という字は一体どういう意味から来ている字か知らないが、劇という字は劇(はげ)しいという字である。これは自己流の解釈であるかも知れないが、戯曲とはつまり人生において劇しい所である。」
【「経文禍」松岡博】
 空海を仏教に導いた道勤(どうごん)の日誌が昨年発見されたという。その高僧の一時期を小説にしたもの。道勤は、中国にわたり修行し、終わって蘇州から長崎に着いた。しかし、玄界灘を旅するところで遭難する。海岸の洞窟で雪の寒さから逃れる。そのために経文を燃やして暖をとり、命拾いをする。経文は彼岸にわたる船であるということをきいたことがある。それにしても中国に渡っても言葉に不自由をした様子がないのは、彼が中国から渡来した人たちであったためでもあったのだろうか。
紹介者「詩人回廊」北 一郎

カテゴリー:R&W

「R&W」第13号(長久手市)

| コメント(0)

2012年12月25日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「迷羊(ストレイ シープ)」渡辺勝彦】
 東日本大震災のボランティアを福祉大学のゼミでやることになった小川三四郎が、関西から被災地に出かける。地道な話かと思わせておいて、現地で突然タイムスリップし、明治時代の三陸津波大災害のあった次元に行ってしまう。意外な展開でSF小説になっていく。それが面白い。半村良を思わせる。その時代のずれのなかでの物語としてのつじつま合わせが自然でよい。常に謎を残して話を意外な展開にもっていき、2弾、3弾の仕掛けもあって、面白く読んだ。調べたことがよく消化されていて、大変感心した。「匠」の手腕である。
【「最短三話(赤紙)」富士君枝】
 60歳になると召集令状がくる。何かと思うと、原発事故のメルトダウンした原子炉の始末に300年かかっているが、それで治まらず、ひと手不足で召集される話。「60歳以上の人は現場に行って欲しい」といった菅元総理の話の延長である。菅直人氏は、日本の政治家で権限で原発を稼働停止にしたただ一人の人物だが、現在は反菅勢力にけなされているようだ。
【「牢獄の魔鳥」萩田峰旭】
 夢とタロット占いのオカルトの世界を描く。小説的には明瞭さに不足があるが、感性が独自なので面白く読んだ。なにかすでにあるものをつぎはぎしたような感じがする。それも時代に合ったセンスがあるからできるので、資質を活かして、細部に磨きをかけるといいように思う。ただ、講師がおられるのに自分がこんな自己流の感想を言っていいのかしら、とも思う。
発行所=〒480?1179長久手市上井堀82?1、渡辺方。
紹介者「詩人回廊」伊藤昭一

カテゴリー:R&W

「R&W」11号(愛知県)

| コメント(0)

2012年3月18日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は「朝日カルチャーセンター」の教室仲間で、藤田充伯講師の受講者たちの研修成果を問うもの。昨年10号の発行時点で、地域の公的な補助金が出るようなったとある。東京では考えられないことで、愛知県ならではのことであろう。目を通していたが、紹介する余裕が持てなかった。10号から藤田充伯講師がエッセイを書いている。落ち着いた筆致で、読ませて印象に残るものである。
【「雨音」霧関忍】
 吉本隆明の亡くなる前に書かれたものであるが、全共闘時代の活動家の話である。主人公の友人で、活動家でなかった男が、主人公の男の部屋にいたので、鉄パイプで活動家のセクト争いのゲバ襲撃を受けてしまう。主人公は友人が死んだものと思い、その襲撃に自分が絡んでいること隠すように細工する。ところが友人は、意識不明の重態ではあったが、死んでいなかった。そこで、主人公の正体......とミステリー風になるのだが、これは小説だが、この時代はゲバ襲撃で死んだり、身体障害者になったりした者が多く出た。経済成長時代の光の部分と裏の暗部である学生革命活動を題材に、論理とは無関係な情念に動かされ、時代に押しつぶされた世代を描く。あれは何であったのかと、感慨深いものがある。
 発行所=〒480―1179愛知県長久手上井堀82?1、渡辺方「R&Wの会」
(紹介者・伊藤昭一「詩人回廊」)

カテゴリー:R&W

「R&W」第9号(愛知県)

| コメント(0)

2011年1月10日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は朝日カルチャーセンター「短編小説を読む・書」(藤田充伯講師)の受講者が中心となって編集されている。
【「さだめ」改田龍男】
 公社に勤めていた主人公、公一は60歳定年の4年前に主夫業に転業すると周囲に伝えて退職する。15歳下の妻は教員をしているため、それで生活できるのである。そこから公一のそれまでの人生、過去の女性関係が描かれ、主夫業のなかで若い妻と愛情を深める。やがて公一は心臓を悪くし、常時ニトログリセリンを持つようになる。ある寒い日、外出して妻の車をまっている間に心臓発作を起こし意識を失う。死への旅路らしい。短いが人生の一部を描いてその全体の意義を感じさせる。きっちり要所が締められているので、短編ながらもののあわれを誘う長編的な味がある。
 作者自身が書きながら人生の意味を噛みしめているような筆の運びで、そのために書いているという、書く表現に対する意義を感じさせる。
【「人形細工師小吉」霧関忍】
 人形師の作る人形が人間のように命をもって生きるという設定が、自然に受け入れられるよう書いてある。変な味のライトノベル的SF的小説。小説のあり方の多彩になったと感じる。
発行所=〒480?113愛知郡長久手町長湫上井堀82?1、渡辺方。

カテゴリー:R&W

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg