岩漿の最近のブログ記事

「岩漿」25号(伊東市)

| コメント(0)

2017年7月20日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「檸檬の木のある風景が」偲優一】
 私立高校の常勤講師を長年にわたって勤め、三年前に定年退職した「私」は、あてもなく町を歩く。同時に人生の越しかたを振り返る。
 「お祭りのような繁華街を抜け2時間ほど歩いていくと公園があった。遊具一つ無く、人ひとりいない小さな公園である。染井吉野の根元に血しぶきのように咲いているのは曼珠紗華。
 」ここに一つの伏線がある。死が目の前に横たわる意識を表す。そして、街歩きしながら、過程のこと、家族のことなどが、思い起こされる。すべて普通に順調な平凡な人生の過程が思い起こされる。だが、懐には、佳き妻であった彼女への離婚届が入っている。
 そして、この小説の小説らしさ示す箇所がある。
 それは立ち寄った画廊に飲みかけのペットボトルを置き忘れ、キャップを開けたまま忘れたことを思い出すのである。これが「私」の存在感を感じさせるのである。
 それに追い打ちをかけてーー刑法上の違法行為をしない限り刑罰を科せられないーーという条文をしめす。終章で「人の往来がまばらになり、街灯の間隔が遠くなり、星ひとつ見えない。ポシェットには二か月分の抗うつ剤と睡眠導入剤が入っている。5メートルほどの紐も入れてある。あの公園に水道はあるし、枝ぶりのいい染井吉野もある」で締めくくる。――社会的な参加のない老年の死をまつというか、憧れる情感を、きちんとした骨格にするための計算の行き届いたニヒリズムに満ちた完成度の高い文学的作品に読めた。
発行所=〒413-0235伊東市大室高原9?363、小山方「岩漿文学会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:岩漿

<2017年07月09日 (日)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:ひわき>

【「檸檬のある風景画」偲優一】
主人公が背負ってきた、また今も背負っている不幸が綴られています。そんな人生での主人公の現実社会との距離の取り方や物事の捉え方がよく解ります。読者としては、結末が厳しすぎるように感じました。冒頭での情景描写や行動に、淡たんとした無欲で穏やかな日びを想像しました。不幸でも八方ふさがりでも生きてゆかなければならない。そんな現実を期待しながら読み進んだのですが。

カテゴリー:岩漿

「岩漿」第24号(伊東市)

| コメント(0)

2016年5月 3日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【小説「老詩人と黒いゴム長靴」偲憂一】
 真鶴半島に前畑春聖という詩人が済んでいて、詩誌「詩海」を主催している。その詩人を高校生の頃に訪ねる。真鶴半島は、自分も好きな場所で、中川一政の美術館や、原生林のシダの棲息を見て回っている。尻掛けという場所も、その付近には固有の貝類がいて学問的に貴重らしい。とにかくあの崖の中途に住まいをもつ詩人が存在するという設定が面白く洒落ている。史実に合わせたフィクションにしても、詩人の師弟関係のような人情の交流が描かれており、文学的な散文として楽しめる。
 このような関係は宗教関係など、求道的な側面でも見られる関係で、その面でも道を追求してゆくひとつの典型として、普遍化した面を持たせている。それに風土性が感じられるので、一番印象に残った。
【「シベリアに抑留された伊豆の作家」桜井祥行」
 高杉一郎(1908?2008)と石原吉郎(1915?77)が共に、第2次世界大戦の時にソ連のシベリア抑留体験者であることから、その体験の表現法の異なる点を指摘、評している。両文学者の特性を示す、作品引用が適切で、なるほどと学ばせてもらった。
【「夏つばき」椎葉乙虫】
 会社の経営を巡って、人生を浮の沈みを主人公の幸田の運命を描く。物語性が強く、ストーリー展開に合わせて、文章にスピード感があるので、読ませられる。
【「現姥捨(いまうばすて)」馬場駿】
 これは高齢社会になった老人の社会的な棄民原現象を、現代的な手法で物語化したもので、骨の太さがある。ただ、物語の進行の優先で、文章が粗いのは、「夏つばき」の作者と同一で、同じ人が筆名を変えて書いたものと、思えるような相似性がある。娯楽小説的評価では、後者の方に内容が濃い。
連絡先=〒414?0031伊東市湯田町7?12、リバーサイドヒグチ306、木内方。岩漿文学会編集部。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:岩漿

「岩漿」22号(伊東市)

| コメント(0)

2014年6月 6日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【論文ニーチェ要約「能動的ニヒリズム」財津公江】
 著者は55歳で、慶応大学の哲学科の通信制に入学し、学んだものを卒論にしたものだという。学問というものは、人生経験を積んでから学ぶと、これほどまでに、問題を手元に引きつけて考察できるものかと、感銘を深くした。ニヒリズムの解釈に深さがある。北一郎が評論を書く場合は、参考引用させてもらいたいと思うほど、よく解説されている。
【「冨有柿」椎葉乙虫】
 前号でかなり長いミステリーを読んで(たしか日銀の桜通りでの事件だった気がする)、考えているうちに紹介記事を書くのを忘れてしまった。ミステリーは殺人があって犯人を探すとしても、読者に「誰が殺されようといいや」という気持ちにさせては、読まれない。
 トリックの解明も大事だが、それよりも、探偵役のキャラクターと文章表現に工夫が不可欠である。その表現技術を磨いて高めた末に、純文学にまで上り詰めた作家は多い。ハードボイルドのダシル・ハメットの文体はヘミングウエイに影響を与えたとされ、村上春樹はチャンドラーに学んだ痕跡がある。
 もともと、ミステリーは当初はともかく、文芸を楽しむ英国人の優雅な精神から流行したもので、日本でも江戸川乱歩は、谷崎潤一郎なみ、松本清張は菊池寛なみなど、基本は文章技術の錬磨したからできた作品が多い。現代文学の行き詰まりを突破するという精神で、新しい文体への挑戦を期待したい。
 本作品にもそのような兆しが見えるものの、いかんせん作者がそれに無意識なのが惜しい。
〒414―0031伊東市湯田町7‐12、リバーサイドヒグチ306、木内方、 岩礁文学会。
 紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:岩漿

「岩漿」21号(伊東市)

| コメント(0)

2013年10月26日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号は5月発行である。その間、ずっと手元に置いていた。なぜか、と自分でも不思議思って開くと、中に栞が挟んであって、その中の1編が読み終わっていない。そのままにしてあるのだ。読んでいる途中で用事があると中断し、また読むときは筋を忘れているので、最初から読み直し、また用事ができて中断し、再び読む時はまた筋を忘れているのだ。
【「八重桜」椎葉乙虫】
 大阪の造幣局の中の桜の名所は有名だが、そこで殺人事件が起きる。ミステリーである。かなり長い作品で、労作である。読むのに時間がかかった。同人誌にミステリーを書くのは、おそらく周囲からは評価されないであろうが、文章力の鍛錬にはなる。昔と違って、仕掛けやトリックに新規性がなく、犯人が出てくるのは決まっている。それで途中をキャラクターづくりで読ませるか、ひねりの利いた文章を使いまわす、とかしないと最後まで読んでくれない。中だるみを超えるのが大変で、その辺のスピードアップに工夫がいる。その工夫が書く方の隠れた楽しみでもある。よく粘って書いたなと感心する一方で、書く方も楽しいが読むのも楽しいというところでは、もうひと押し頑張ってほしいものがあった。
発行所=〒414-0031伊東市湯田町7-12リバーサイドヒグチ306 木内方、岩漿文学会編集部 
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:岩漿

「岩漿」第17号(伊東市)

| コメント(1)

文芸同志会通信」(3月23日)より転載いたします。
(1)
【「流れ花」岩越孝治】
 編集後記の(み)という筆者は、この作品を「心を契る代わりに体で契る。咲けない花は風を呼び込み死んで『咲く』。不透明さは透明なものへの憧れと戸惑いの中から産まれた。愛されたい男の愛を容れずに、手渡す命のポエム『流れ花』」とある。
 死の病に見舞われている「私」は、妻であった千砂が渡瀬信哉という以前の男と心中をした川の岸辺に来て、彼女の残した詩や手記をそこに埋めに来る。
 そこから、詩を書いていた千砂との出会い、結婚生活、彼女のロマンを追求する性格などが、視点の移動を自由に活用して語る。冒頭の説明がしっかりしているので、自由奔放な筆使いなのに統一感のあるロマン精神の表現になっている。千砂は、私と同居してすぐ妊娠がわかったので、私はその子供が、彼女の以前の男、渡瀬の子供と知りつつ、子供を育て、成人させるまでが語られる。
世俗的にみるとリアリティが薄いところがあるが、文体となかに導入された詩作品によって(詩そのものは、平凡ではあるが)ロマン性の追求に説得力をもたせている。

【「穂積忠の周辺」橘史輝】
 穂積忠(1901?1954)という人は、著書「積木くずし」のベストセラーで時代を風靡した俳優・穂積隆信氏の父だそうである。歌人として伊豆地方の著名人だったという。北原白秋を歌の師とし、折口信夫(釈迢空)に学問的な指導を受けた。白秋には若山牧水の縁があり、折口には、柳田国男の縁があることから、当時の日本文化の高峰に同居していた人で、どちらの師にも愛されたようだ。
興味深い史伝である。編集後記の(み)という筆者は「弟子を争う高名な文学者と、その狭間で心の漂白を続ける穂積忠。その孤高と哀歓を怜悧な視線で解析する文学」と解説する。

カテゴリー:岩漿

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg