孤愁の最近のブログ記事

「孤愁」第8号

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「祈りから作品に」豊田一郎の編集後記から】
 豊田一郎氏の小説「電動人間」が「詩人回廊」で連載修了。その連作の「白い花が咲くころ」の連載に入った。
「電動人間」は、豊田一郎個人誌「孤愁」(8号)に収録されたもの。本来は次の「孤愁」(9号)があるのだが、連作としはては、同10号の「白い花が咲くころ」が良いというので、連作であることを付記した。
 たまたま、「季刊文科」第56号2012年5月25日発行「同人雑誌季評」の勝又浩氏の評で、『豊田一郎の個人誌「孤愁」(10号、横浜市)より「編集後記」・「白い花が咲く頃」』がとりあげられている。
 個人誌「孤愁」には、毎号編集後記がある。作品よりそれが興味を惹いたというのは、それなりに強いメーッセージ力を発揮しているということでしょう。
 なお、豊田氏は個人誌「孤愁」10号の在庫がまだあるという。評論された編集後記を読みたい方は、文芸同志会あてに40円切手4枚200円分を送付していただければ、転送します。前回の8号「電動人間」の分は1人いました。
 8号の編集後記にも、なかなか興味深いことが書かれています。その一部を引用します。
 「(前略)作品は面白くなければならない。読者に伝わらなければならにという努力を放棄してしまった。だから私の小説は面白くない。そして、また、私の作品からは癒しがえられないともいわれている。
 そうだろう。私は誰かのために書いているのではない。自分の想念を纏め上げているだけである。(後略)」
 つまり、これは、小説と銘打って、自己表現をしている産物であるかも知れない、と自覚しているのだ。そして、
「(前略)それは私自身への祈りであるからと言うしかなかろう。(後略)」
 さて、祈りは文芸作品であり得るのであろうか? このような考えがうまれるのも、この「孤愁」というものが個人誌で、それを義理でも読むであろう同人誌仲間を持たないからであろう。
 前にも述べたが、同人誌仲間というのは、自分の作品を掲載する媒体をつくるために寄り集まったのであって、その根底には、読んで欲しいのは、自分の作品のみなのである。それでも、義理で読むから、仲間の作品を正し良き理解者であるとは限らない。擬似読者なのである。豊田氏は自作のの作品が面白くないと評価されたとしているが、それが正しいとは限らない。
 ただ、いえることは「電動人間」は、「詩人回廊」に掲載することで、「祈り」から「作品」としての足場を確保した、と私は考えたい。豊田氏は「それは我田引水すぎる」いうのであろうか。
 ただし、この引用部は、わたしの発想の資料として役立つところのみですので、豊田氏の述べようとしたこととは離れるところがあるかも知れません。全文を読んで確かめたい方は、切手200円分で申し込んでみてください。

カテゴリー:孤愁

9月19日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「小羊に贈る夜想曲」豊田一郎】
 時代はいつとも知れぬ、国も定まらない原始共同体の世界。狩猟民族らしき村の少年が、母親の守備隊に陵辱されるのを目撃して、その村を脱出し別の村落で暮らすまでが描かれている。
 これは作者の表現意欲に通底する世界らしく、らくらくとした自然な筆運びである。ほんらい原始共同体の時代の狩猟民族で、これだけの守備隊の組織ができるほどになると、他地域では農耕民族が定着し、狩猟民族では一神教の神が生まれ、農耕民族では自然崇拝のマミニズムやシャーマンが生まれているはずである。作者はそういう世界も書いていた記憶がある。おそらく放浪や彷徨に趣向を感じるのだと思う。
 編集後記には遺書のように書きたい、あるいは書いているという意味のことも記されている。
 「そして、ある年代に達して、もう、これしか書けないのではないかと思うようになって来た。そのはしりが『彷徨』だった」とある。「これでおしまいにしよう。そのように考えた」。「しかし『彷徨』を書き上げてしまうと、次があった。端的にいえば、まだ生きていた。それで、『幻影の裏側』を書いた」と記す。書く人の動機はさまざまであるが、実に理解できる。そうであるから、生きている限り、書き続けることになるのであろうか。(紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:孤愁

3月9日 (月) 付、「文芸同志会通信」より転載いたします。

【「私は、いま」豊田一郎】
 新聞通信社の記者である「私」が、千葉支局の転勤することになる。それを機に東京で交際している女性に結婚を申し込む。そして、話は女とのベッドでの倦怠感に満ちた絡み合いを描きながら話を進める構図をとっている。
 ジャーナリズムにとって千葉といえば成田空港の三里塚闘争が報道の柱となる。昭和41年の建設計画から国家権力による、在民農家の田畑の強制収奪の認知をめぐって、左翼思想家や極左過激派の抵抗運動の象徴となった。その闘争は、平成21年に現在もまだ終焉していない。その地域は、当時の喧騒とは裏腹な、不気味な静けさが漂い、公安と活動家の暗闘の場としての空気が色濃く澱んでいるようだ。
 主人公は全共闘時代にセクトの一員として昭和46年の1月に反対派農家に泊り込み、地下壕整備などの支援を短期間行い、その後、東京にもどった経歴をもつ。
 そこでの副作用として、農家の娘と外部活動家の性的な関係、女性活動家の農家の男たちからの強姦の噂が飛び交う。
 そうしたなかでの、主人公の地元女性との過去の交流を背景として当時の出来事が語られる。千葉に赴任してその歴史を潜り抜けて、地元の飲み屋の女経営者とホステスとの交流を描く。
 話の性質上、どうしても成田闘争の歴史的経緯を語らなければならないので、その分、人間個人のテーマ追求が甘くなるのは、仕方のないところであろうか。社会的な時代の精神を描く道と個人の内面を描くという難しさが作品にそのまま出ている。
 書き方が解かり易く、すっきりしている分、欠けた部分が明瞭になるという面がある。印象としては、主人公のプチブル的なニヒリズムをもすこし追及を強調した表現にする余地があったような気がする。ただ、個人的には、成田闘争以後の民衆の雰囲気を書き手が維持しているので、一つの当時の時代背性の表現にはなっていると思う。
【「洪水は何時の日に」豊田一郎】
 これが上記の「私は、いま」の続編である。大手通信社の千葉市局長を勤めた男が、東京勤めに戻る。すると、妻が乳がんになり、その療養に時を過ごすが、やがて亡くなる。主人公は、定年退職後に千葉に舞い戻る。いま成田の町は、闘争の激動時代が過ぎ、地域はアスファルトとコンクリートの整地が進んだために、排水が機能せずに洪水に見舞われる。そこでかつての国家権力への反抗意識による洪水の水はどこに流れ去ったのか、と思わせるところで終わる。
 前作があるので、成田闘争の歴史的な経緯を語らないで済んでいる。その分、主人公の生活意識が良く出ている。ここでも水商売の女性が物語の狂言まわしに登場してくる。大手通信社のサラリーマン生活の一端を描いて、その部分の細部が推察できるのが、自分には面白かった。作品では、あまりやる気のない社員と見られているように描かれているが、設定が淡白にしすぎの感がある。もっと、社内闘争に組み込まれるような人物に仕立てた方が、話が引き立つのではないだろうか。

カテゴリー:孤愁

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ