仙台文学の最近のブログ記事

「仙台文学」88号(仙台市)

| コメント(0)

2016年8月10日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「あめふり」渡辺光昭】
 神尾勉は、就職活動に精をだすが、面接で良い印象をつくれず、状況は厳しい。同じように就活をする学友の片岡俊平と夕方、喫茶店で落ち合う。片岡の状況はやはり良くないのであるが、彼は、仕事がなければ作家を目指して生きて行きたいと、愚痴をこぼすのが癖だ。
 その時、窓の外の子供連れの母親が見える。子供は何かが気にいらない。ぐずって母親を困らせている様子が見える。
 そこから片岡が母親から見捨てられた、と思う出来事を体験した身の上話を語る。そのなかで、自分と良く似た、母親の子供と巡り合う。当時の写真なども見せる。母親が自分を見捨てて、再婚し、その子供と再会するドラマチックな話をする。最後に、トルストイの「アンナ・カレニーナ」の「幸福家庭はどれもが似通っているが、不幸な家庭はそれぞれ違った不幸の顔がある」という文言を引き合いに出す。
 そこで話は終わるが、彼と別れた神尾は、何故片岡がそんな話を自分にしたのか、それは彼の小説的な創作ではないのか、と疑問をもったところで終る。
 この作品の出来はともかく、小説的題材と、作品の構成について、ある効果を生んでいるところに注目した。
 それは、語り手の話のなかに別の人物が独立して表れ、間接的な伝聞のなかに、また物語があるという構成になっているからである。出来事が重層性をもって表現されるという手法である。漠然としたイメージで小説らしい素材を選んでいるうちに、そのようになってしまったのか、どうかはわからない。叙事と叙情の接合効果を狙ったものとして、面白い。
【「再読楽しからずや 金建寿(キムタルス)?古代日本史と朝鮮文化」近江静雄】
 日本古代史研究者・上田正昭の訃報から、かれの業績なかに「帰化人」と「渡来人」の意味性の異なることの指摘からはじまる。いつ頃から朝鮮半島をひとつとして見るようになったのか、とか高麗人というのは日本では、朝鮮半島の内国での区切りとしていたのか、など、歴史的な状況のちがいを知ることで、一面的な隣国へのイメージを変化させている可能性があるのではないか、を考えると、意味深いものがある。
【「尾形亀之助短歌一首の謎―扱いかねる溢れた才能―」牛島富美二】
 尾形亀之助の詩は読んでいたが、その実生活ぶりは全く知らなかったので、勉強になった。おかげで、存在感に対する自己充実性の源を垣間見たような気がした。
発行所=〒981-3102仙台市泉区向陽台4?3?20、牛島方。仙台文学の会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:仙台文学

2016年1月30日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【仙台文学】
  「仙台文学」(仙台市)の牛島さんは東北学院で教鞭を執っていたそうです。私の父親とは年の離れた同僚だそうです。以前に文芸同志会通信に作品紹介した時にその旨の私信を頂きました。姓は「ごとう」さんと読むそうです。私も仙台市出身です。地方色豊かで文芸雰囲気も香る異色の仙台文学が毎号届くのが楽しみです。
 ☆87号作品・「戊辰の港?仙台維新譜?遺聞?」牛島富美二= 連続掲載中の作品ですが、一話毎に独立した筋があります。 明治維新に不服で抵抗する東北地方への新政府軍征伐の戊辰戦争を仙台からの視点で書き続けています。
今回は原釜港が舞台です。ホラ藤の仇名のある藤右衛門と言う怪力の港湾人夫の活躍が綴られています。
入港した船には江戸相撲の一門が居ます。大相撲の前身の本格相撲取りが見世物共興で儲けに来ました。
その主力力士の岩木山を投げ飛ばすホラ藤の挙動や怪力での振る舞いが面白く読み進めて引き込まれる。
討伐軍参謀・世良修蔵の前で力技を見せる事に成ります。以前にホラ藤に負けた岩木山の恋人も同席します。
酌婦として世良に取り入り恨みをぶつける女と、ホラ藤との顛末も良く出来た話として感心して読みました。
紹介者=町田文芸交流会事務局長《参照:作家・外狩雅巳のひろば》

カテゴリー:仙台文学

「仙台文学」86号(仙台市)

| コメント(0)

2015年7月24日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 七月十日付の「仙台文学」86号が届いた。同人13名の仙台文学の会が発行する文芸同人誌である。
 108頁の今号では牛島富美二「長左と彦左」が80枚を超える力作である。この作品はー仙台維新譜?―とある様に長編連作の最新作品となっている。
 明治維新を舞台に仙台藩の様々な内実を掘り起こして小説仕立てにしてある。今回は薩長明治政府に対抗した奥羽列藩同盟の盟主仙台藩の降伏への道筋の一つが描かれている。
 兵器の大差での劣勢も具体的に記されていて苦境の仙台藩降伏使節が遭遇する実話的な作品。二人の百姓、彦左衛門と長左衛門が遠征軍の一つ肥後藩軍に降伏文としての謝罪文を届ける。古文書などの参考文献を多数読み込んで創作し二人の百姓の体験談として作り上げてある。
 戊辰戦争として日本史学習で片鱗に触れただけなのでこういう歴史文学作品には感心してしまう。
 仙台市民・牛島氏の意欲と根気の原点は何か?と色々詮索したくなった。きっかけは数年前だ。
 全国展開の同人誌「文学街」の呼びかけたアンソロジーに参加して「仙台文学」の存在を知った。
 手紙で「外狩先生の御子息ですか?」と言う質問が来た。続けて「先生とは同僚でした」と書かれていた。
 亡父が仙台市の東北学院勤務時に、歳の離れた同僚教師として勤務した過去を知らせてくれた。
 奇遇である。以来毎号「仙台文学」の送付が続いている。仙台維新譜とも長い付き合いである。
 東北大地震や福島原発問題などを見つめた目と心で詩を書き東北の歴史も書き続けている詩人・小説家である。
 「あれから」という牛島氏の詩も読みごたえがある。――八十のひとは夢と幻を現に置き換えたあれから――の一節から氏の長い人生を確かめる覚めた目を感じ。
 発行所=〒981-312 仙台市泉区向陽台4-3-20、牛島富美二(ごとうふみじ)方。
紹介者=「詩人回廊」外狩雅巳

カテゴリー:仙台文学

「仙台文学」85号(仙台市)

| コメント(0)

2015年2月17日 (火))付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の同人である宇津志勇三氏の小説「天明の飢饉の後で」が第51回宮城芸術祭で、宮城県知事賞を受賞したとある。作者は四谷用水に詳しく、祖先もその事業に参画していたという。その史実を精査しているという。きっと郷土の資産になるのであろう。自分もかつては、観光地などでは、できるだけ地元の郷土史家の自費出版ものを買い求めていたものだ。
【「翻案 秋色柳落葉―賀美郡柳沢心中事件―」牛島冨美二】
 戦国時代に討ち死にしてしまった武家が、その恨みをもって後世の子孫、金太郎の夢に出て、討ち死の場所を探し出して供養をせよという。そういう昔ばなしがあるらしい。それを翻案してわかりやすく小説にしたようだ。そんな話があるのかと、面白く読んだ。これも郷土の文化資産である。作者は、同時に詩「鶍(いすか)幻想」や評論「谷崎潤一郎短歌一首の謎」、「宮本百合子短歌二首の謎」など多彩な執筆をしており、観賞力の高さや才気ある筆勢が印象に残る。
【「古寺巡礼」「自註鹿鳴集」石川繁】
 和辻哲郎「古寺巡礼」について、和辻が家に残した妻への思慕を抱きながら古寺巡礼の取材をしていたことを明らかにしている。
 また、会津八一が「自註鹿鳴集」を著していて、その和歌のひらがな分かち書きであるこことなど、知らなかったので勉強になった。
発行所=981?3102仙台市泉区向陽台4?3?20、牛島方。仙台文学の会
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:仙台文学

2014年8月 4日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は、同人17人中12人が仙台市在住の宮城県を代表する文芸同人誌である。小説三篇・詩七編・随想四編が98頁に納められている。
 編集後記にはこう記されている。「当誌が創刊五十年を迎えたことは前号に記したが、宮城県芸術協会も創刊五十周年を迎えている。(中略)会員六十数名による宮城県詩人会がある。当誌同人も七名が加入していて、今年十周年を迎えた(以下略)」
【「偽装自殺をした男」牛島富実二】70枚の作品を興味深く読んだ。戊辰戦争時の仙台藩における内情を書いている。軍の総指揮官である松本要人を主人公にした歴史小説。東北の各藩が同盟して明治政府軍と戦った歴史を仙台藩から見た作品である。
  藩の降伏後は身代りによる偽装自殺で生き延びた史実が小説風に作られている。主人公や妻の人間味ある描写についつい引き寄せられて読み入ってしまった。
発行所=仙台市泉区向陽台4?3?20、牛島富美二「仙台文学の会」
紹介者=「詩人回廊」外狩雅巳

カテゴリー:仙台文学

「仙台文学」82号(仙台市)

| コメント(0)

2013年9月14日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 地域の「文学祭」などを行う宮城県芸術協会が公益法人化されたと編集後記にある。9月25日?20日には「象潟・酒田・鶴岡文学の旅」が行われるという。地域活動から離れて、遠くからの作品鑑賞は、妥当なのかどうか、疑問に感じることがある。余計な口出しであるが、なかには重要な研究資料もあるはずで、過去には、どの同人誌かは忘れたが、たまに研究者からの問い合わせもあったことがある。

【「天明の銀札始末?小人目付新兵衛見廻録」宇津志勇三】
 天明の飢饉で、食糧不足とインフレの惨状を描く歴史小説。仙台藩で22万人、4人に一人の餓死者が出たという。貴重な資料の存在と、それを活用した気力のこもった作品。日本的民族体質は、気候変動で幾度も飢饉に会いその体験を前提に、少カロリーで活動する体質に作られてきた。それが現代のように飽食時代になると、糖尿病になりやすい。これまでの民族的体質は失われてきているのではないか、と考えさせられる。

【「我が身を救う術は無く?仙台維新譜?」牛島富美二】
 これも歴史小説で、西洋渡来医師ヘボンに学んだ山田良琢の戊辰戦争の余波に巻き込まれ、富を得たことの世間の蔭口に見舞われ自死する悲劇を描く。過去の履歴には、当人しか知らない経緯があるはずだが、世間は表面的な見方で噂を囃す。それをなぜ、無視できなかったのか。現代でもあることで、考えさせられる史実である。

【「詩本論(二)詩の方向性と詩人の立場」酒谷博之】
 詩作の原点を真善美に置いた手法を理論的に解明している。

【「砦麻呂の末裔たち」高橋道子】
 日本の自然と伝統を原発事故で破壊された嘆きが伝わる。

【「石川啄木詩一編の謎?森に潜むもの」牛島富美二】
 啄木は「雲は天才である」という生前未発表の小説があり、そこに歌として登場する元の詩が、昭和十一年「情熱の詩人啄木」で映画化された時に助監督が加筆されて伝わっているのだという。そこから啄木が学校の裏山の森を想像力をもって愛したであろうことが記され、筆者の身近にある森の世界への愛着を語る。森には人間関係からではない、孤立感のない自律的な自由な孤独が得られるところがある。

紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:仙台文学

2013年2月 4日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「後三年合戦最後の日」宇津志勇三】
 ていねいに書かれた歴史小説である。1087年ころになると源氏勢力が東北へ勢力をのばしはじめた。その手はじめが清原勢力との連携であったろう。そのなかで清原勢に溝ができる。これは源氏勢には有利な材料となる。この源氏勢への北への進出を強めたのが「後三年合戦」である。これが単なる「合戦」か、もっと大きな「役」になるのか微妙なところだが、この作品によると、先代の合戦で郎党が逃げて、他所に逃げていたのが、戻ってきたとあるので、これは武士による合戦であったらしい。地味ではあるが粘り強い筆遣いで読ませる。
【「阿武隈の風(後篇)」高橋道子】
 東日本大震災の津波と福島第一原発事故の現場を舞台に、その現実を小説化したもの。単なる詠嘆に終わらず小説化することが市民の間に広がることを歓迎したい。
【「泣き笑い年末始」安久澤連】
 正月過ぎての突然の便秘やなにやら、体調の異変に対応するさまをユーモラスに語る。読んでいて人ごとではない感じだ。身体の調子が加齢によって思わぬ変調をきたすひとには、必読の書。わたしもある日突然、思わぬ便秘と腹痛、圧迫感に苦しみ、医師に相談したところ「よくあることですよ」と笑って薬をくれたが、よくあるからと言って、自分が楽になるわけではない。腹をたてたが、この作者はわたしより先輩で、腹が据わっている。次々と医師がさし出す課題を乗り越えてしまう。尊敬するしかない。こちらは検診など受けようものなら、つぎつぎと病気状態を発見され、検査の予約で人生のスケジュールが埋まってしまうと敬遠して逃げている。それがここでは、笑いを入れて楽しくない話を楽しく読ませる。
【「芥川龍之介詩1編の謎『沙羅の花』凋落」牛島富美二】
 芥川龍之介が室生犀星宛ての手紙に詩を書いているという。これは興味深いので作品からまた引用させてもらう。
    嘆きはよしやつきずとも
    君につたへむすべもがな
    越しのやまかぜふき晴るる
    あまつそらには雲もなし
 作者はこれは森鴎外の詩「沙羅の木」の影響があるのではないかと推察している。
    褐色の根府川石に
    白き花はたと落ちたり
     ありとしも青葉がくれに
    みえざりしさらの木のはな
 牛島氏は芥川が沙羅の木に「凋落」のイメージを込めていると解説。その後、芥川が美貌の歌人で人妻の秀しげ子と不倫の恋との関連を述べている。そして女心に悩まされる現実も示す。沙羅に関する詩では、鴎外の方が冷静で出来が良い。芥川のは犀星もそれほど褒めなかったのではないか。ただ、犀星が芥川の恋の悩みを理解してれば別であるが。
【「詩本論」酒谷博之】 
 詩論というのは、誰が説いても面白いものだが、情熱のある論調で続きが楽しみ。「資本論」のように長くなるのか。もっとも資本論は経済学批判であるので、詩学批判になればさらに興味深いのでは。
発行所=〒982―7891仙台市泉区向陽台4?3?20、牛島方「仙台文学会」。
(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:仙台文学

2012年8月15日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌発行元の「仙台文学の会」(〒981?3102仙台市泉区向陽台4?3?2、牛島方)では、宮城県芸術祭参加「文学散歩」を9月25日?26日にかけて行うという。1泊で、栃木・茨城地方へでかける。「奥の細道7」をたどる意図と、福島の中山義秀記念館や白河の関、南湖公園に寄る予定だという。一般参加歓迎とのこと。10月27日には文芸祭があり、「言葉のクロッキー」に同人の佐々木邦子氏が出場するとある。
 作品は地元の歴史を題材にした小説が多く、調べた資料をもとに、各同人が作家的な手腕を発揮している。東京にも各地域に郷土史研究家が存在するが、資料をもとに評論にしたらり、あとは童話的な郷土昔話風のものが多い。本誌は、本格長編連載小説にしているものが多くあるのがひとつの特性である。
【「『削り』の文章術」石川繁】
 珠玉の短編といわれる井伏鱒二の「山椒魚」の推敲ぶりを具体的に示し接続詞の使い方までを、工夫している研鑽ぶりを語る。っこで面白いのは、和辻哲郎の全集への推敲した散文の比較で、よくみつけたものだと、感心させられた。ここでは削ることが推敲のポイントになってるが、若いときに書いたものは、削るとたしかに引き締まるが、当時の気分が消えると話があるのは、同感である。
【「米岡西野館」近江静雄】
 70歳を過ぎて、前立腺肥大かがんに向かうのか、など年齢相応の事情を語りに射れ、登米伊達氏の祖白石宗直の歴史を調べるドライブ旅行を語る。現在進行形をもって歴史の知識が身につく。手法のひとつであるが、わかりやすく読ませる工夫がある。
【「詩序論?今を生きるゲーテの詩と言葉?ゲーテ的存在の意義」酒谷博之】
 古典的ロマン主義の代表としてゲーテの詩を対象に試論がはじまるらしい。ゲーテいわく「ポエジーの実質は自らの生命の実質である」とあるらしい。なるほど...。今後の展開が楽しみである。
(紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:仙台文学

「仙台文学」75号(仙台市)

| コメント(1)

2010年1月7日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌のコラムに、発行元「仙台文学の会」が、昨年10月にウェブ誌「破滅派」の基幹編集委員・高橋文樹氏の講演会を実施した記述がある。高橋文樹氏は30歳。学生文学賞や新潮新人賞を受賞している。山形在住の直木賞受賞作家・高橋義夫氏の子息であるという。講演では、本の再販制度の崩壊や、電子書籍の標準化、小出版社の隆盛、単行本・文庫による利益追求の動向が解説されたとある。このブログでも、こうした動向は知ることができるが、ウェブデザイナーでもある同氏の話を直接聴くことは刺激的あったであろうと思う。
 こうした変化の激しい状況のなかで、文芸同人誌は、旧態依然として大正、昭和時代のシステムを維持している。このシステムの固定化というのものが、ひとつの安心感となり、その世代の参加意欲を高めている。同時に、文芸同人誌がケータイ、ネットの情報文化のなかでガラパゴス化している傾向があり、それが関係者に実態以上に衰退感を感じさせているようだ。
 現在のネットサイト利用は、雑誌掲載物をネットに上げる手順が主流だが、これはまだ途中段階である。自分はネットサイトに上げたものから、世間で価値があると見たものを紙印刷本にするという流れが、自然だと感じる。現状は、そのパターンが定着する前の段階だと思う。いずれにしても最終は印刷本の世界にいくと思う。高橋氏の「破滅派」は、ネットサイトから出発し、文学賞受賞者が出たので印刷雑誌「破滅派」になったのであろうと見る。

【「大堤」安久澤 連】
 貞享元年(1684年)の金ヶ崎館の城の近くを流れる宿内川の治水をめぐる歴史小説である。歴史と文学性という高度な結合を実現させた作品で、読み応えのある力作。すばらしい。当時は、人柱という風習がまだ残っていたようで、それを実行するまでの村人の心理やいきさつが、はらはらどきどきさせる運びで、引き込んでいく。とくに、文学的な面でみると、洪水の川と堤の描写の巧さ、またイタコのような「口寄せ」の場面は、情念の意識の流れを見事に表現して、すばらしい完成度を見せている。良い作品である。

【随想「金売吉次のふるさとを訪ねる」石川繁】
 金売吉次といえば、奥州の金を都で売った男で、義経伝説や当時の歴史物語に登場する。しかし、その正体はよくわかっていないようだ。その謎の男について、ここでは相当丁寧に追跡調査している。自分は、この分野はよく知らないのだが、これが吉次調査の最新決定版としてもいいのではないかとおもわれるほど、説得力のある調査をしている。興味深く、ふんふん、そうなのか、と読んだ。やはり、地元の人のじっくりとした姿勢に勝るものはない。歴史小説の作家には、貴重な資料となるのでないか。
発行所=〒981?3102仙台市泉区向陽台4?3?20、牛島方、仙台文学の会。
(紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:仙台文学

8月9日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の同人である渡辺光昭氏の小説「ゆうどうえんぼく」が2008年度宮城県芸術祭文芸賞(県知事賞)を受賞したとある。
 また、同人の色川氏の運営による宮城県芸術祭文芸部活動の「文学散歩」企画がある。9月29日(火)?30日(水)に「文学散歩」(一泊)を開催する。軽井沢高原文庫を、藤村記念館、一茶館、無言館(太平洋戦争で散った画学生たちの遺作品)を巡り、戸倉上山田温泉泊。参加費3万円。だれでも参加できる。
 
【「幻のブタ」佐々木邦子】
 ブティックで派遣店員をしている語り手の「私」は、町角でブタがいるのを見る。それが幻視であるのか、犬を見間違えたのかははっきりしない。そして、店の従業員の間では、昔の不幸の手紙のような、受信したら誰かに発信しないと不幸がくるというブタメールが流れる。
 そこから子どもの頃に、父親と散歩した思い出があり、農家のブタ小屋の汚い飼育ぶりを見る記憶がよみがえる。その時、父親がブタは元来清潔好きだが、飼い主が不潔に飼っているのだと亜語る。
 その一方で、故郷から妹が押しかけてきて、同居し結活をしている。何故、妹が家を出たのかという家庭の内輪話がそこに入る。その妹の戦略的な結婚はうまいきそうである。
 仕事場では、手腕のある店長が派遣だとわかり、「私」は驚く。そして、彼女が韓国系で、差別される中を、仕事で頑張ってきていることがわかる。
 盛りだくさんの素材を押し込んで、なんとかこの猥雑な時代を表現しようとする苦労の跡が見える。なんとも言えない社会の雰囲気の一端が表現されている。ただ、それぞれのテーマについては、深く掘り下げることをしていない。総花的に象徴的なエピソードの羅列になった感がある。とはいえ、意欲を持った力作ではある。

【「榧(かや)の木の下で撮った一枚の写真」渡辺光昭】
 姉の暁子は、中学を卒業し集団就職で東京に洋服店を出したいと夢見て、都会に出たが、心労のためか、精神に変調をきたし、入院生活をするようになる。彼女の弟の視点で、病院を脱出したり、奇矯な行動をする姉と、その家族の精一杯の努力の様子を描く。本人の身上も気の毒だが、その家族が一枚岩となって、暁子の世話に苦労をする様子が、よく伝わってくる。
 この話が創作的なら、世話をする弟の両親の視点で、暁子の入院先での様子も描けるのであるが、あくまでも脇役の弟の視点から動かない。ほとんど、事実的な裏づけから来ている話であろう。淡々とした表現のなかに、家族への情愛があふれている。現在の若者の中には、景気のいい高度成長時代に生きて見たかった、という気分があるが、その時代でも犠牲なっている人たちがいるということを強く感じさせる。

カテゴリー:仙台文学

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコメント

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg