淡路島文学の最近のブログ記事

2016年12月16日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 編集をしていた北原文雄氏(71)が、本誌を発行後に亡くなったことを知った。北原氏は農民文学賞受賞など数々の賞を受けた純文学作家。伊藤桂一氏が農民文学賞の選者をされていた時に、しばしばお会いした方である。ここでは、本号の編集後記として、同人作家の作品紹介を行っているので、その部分を抜粋編集させていただくことにします。「淡路島文学」」と同人への深い愛情が心にしみる紹介文と思います。
【一根一乗さん「淡島暮色」】
  架空の市民病院事務官を定年退職した加藤俊策の目をとおして、市民病院のあり方を問う一方、加藤家の祖父が東京から鐘紡S工場へ赴任したころからの、加藤家と鐘紡S工場とS市全体像を傭瞼的に浮かびあがらせる。筆者は医師であるから、病院の運営のあり方や医療施策に詳しいのは理解できるが、主人公俊策を書家と設定し、その書への造詣の深さに驚いた。妻瑛子と俊策の微妙な関係がなかなかおもしろく読ませる力作。
【宇津木洋さん「夕暮れの雲」】
  最近忘れ物が多くなったと主人公が述懐し、認知症が始まったのではないかと思われる事象を数多く語る。これが軽妙な語りで、「昔から自分はこのていどに迂闊でぼんやりしていたという思いがある」に至っては、同感して吹き出してしまう。ユーモアたっぷりの作品である。
【鈴木航さん「宗一郎の後悔」】
  高校から大学時代の宗一郎・圭太・華の交友から、華が圭太を選び結婚したが、圭太は一年後交通事故死するまでを描く。葬儀前に華と会った宗一郎は、圭太の人間像を知る。恋仇の圭太に酷い仕打ちを後悔する話しであるが、若者らしい会話と感性に新鮮さを覚える作品である。
【長木玲子さん「猪尻侍の逃避」】
    地域史を踏まえた長木さんの連作の一つであるが、語り部にマキと山家を登場させながら、徳島藩家老の稲田家の歴史的物語への関わり方が筆者の目で書かれている。マキと山家を有効に動かすべきであったと読後思った。
【芳谷和雄さん「サイパン紀行」】
  近くの農家の男性で、よくお世話になっている先輩である。同人ではないが、父親の戦死したサイパン島へ慰霊の旅に出かけた。その土産に添えられた手紙であるが、胸を打つものがあったので、本人了解を得て掲載させていただいた。
【大鐘稔彦さん「歴史小説と取り組んでーその余話(抄録を兼ねて)1」】
  3月に出版された三千枚の長編小説『マックスとアドルフその拳は誰が為に』上・下本の執筆裏話である。7月9日、なごやかな出版記念会をしたが、そのお礼まで書かれていて恐縮である。
【樫本義照さん「灯明はいずこに」】
  友人澤田と、癌治療中のその妻節子の夫婦愛を理解出来にくい石本をとおして、人の生涯を見つめる物語である。筆者の分身らしい石本が、これまでの作品とちがって、坦々と描かれる場面が多くなっているのは、筆力を大きく向上させたと言ってよい。
【野崎俊さん「徒然入院の記」】
  お酒をこよなく好きな主人公の、お酒の失敗談が多く語られるが、お酒好きの者ならだれでも共感できるものをもつ。失敗を重ねながらも、体調を崩しながらも、悲壮感がないので、かえって面白い軽妙な作となっている。
【植木寛さん「亜利婆と玄五郎丸」】
  後期高齢者夫婦の、よか夫婦振りを描く。大晦日に正月から夫婦で互いの呼び名を、夫玄太は玄五郎丸、妻亜利子は亜利婆と決めて元旦を迎える。近親者が次々に他界していく悲哀を描きながら、この夫婦のありようは、随所におかしみを感じさせる好篇である。
【北原文雄「朝の夢」】
  ある朝のはしたない夢のお話しに、庄一の日常の断面を切り取り描く短編。
【藤井美由紀さん「緑の庭」】
  スナック経営の姉遙子が癌闘病のうちに亡くなり、妹志帆が横浜から帰り、淡路島のスナックを継ぐ。幼くして海難事故で両親を亡くし、年の離れた志帆は姉遙子に母代わりとなって育てられた。姉妹の確執もあったが、病気の介護の中で認め合うようになる。店の名「緑の庭」の命名のいきさつを、ストーリーテーラーらしい巧みな謎解きで、読ませる作品である。
  ▼松下利明さん、橋本正信さんの二人の詩人が本誌にいて、小説作品だけではない文芸同人誌を発行できることを幸いに思っている。合評会をたのしみにしたい。
  ▼追悼「二人の先生」は、本誌の支援者である溝上眼科院長溝上国義先生と、倉本皮膚科院長倉本昌明先生がこの一年で、つづいて亡くなられた。急遽三根一乗さんに執筆・をお願いして、掲載できた。ご冥福を祈念申しあげたい。
  ▼本号は三根さんと藤井さんの作品以外は短編特集のようになった。最近は?頁近いのが常であったが、12号は150頁ほどのものとなった。感想批評をお寄せいただきたい。(北原文雄)
発行所=淡路島文学同人会。〒656?0016兵庫県洲本市下内膳272―2、北原方
「淡路島文学」12号について神戸新聞2016年9月10日付けにおいて北原文雄氏へのインタビュー記事にしています。

カテゴリー:淡路島文学

2016年1月22日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

去年の夏の発行なのに、だいぶ日が経ってしまった。紹介したと思い込んでいたらしい。
【「米と懐中時計」藤井美由紀】
 小説はどう書いても良い、とはいうものの、できるならすんなりと物語のなかに引き込まれたいものだ。内容は戦時中に朝鮮人の李が、のどかな島にたどり着き、島の人情に触れる話。読みだしから安心して話に入っていける巧い小説である。
【「ぼくの帽子」宇津木洋】
 何かを書かなければ、と思うものの、さて何を書こうか、と思案した作者は、かつても試したように、インターネットを開いて、その情報の宇宙から、素材を見つける。情報がありすぎる中で、ここではたまたま手元にあった西条八十の「僕の帽子」を素材にする。「母さん、ぼくのあの帽子 どうしたでせうね」のあの詩である。
 こういう試みは、読者を感性でどこまで楽しませるか、表現力で勝負をするようなところがあるので、大変有意義に思うものである。今回は、森村誠一の「野生の証明」を書いたいきさつを語った談話の方が力強さあった。言葉の強さに性質の違いがあるが、力を抜いた文章でも、完成度を上げることはできると思う。
【「梅雨の晴れ間」北原文雄】
 これも方の力を抜いた文体で、隠居的の農作業の細かい体験と文学の文化的精神にあふれた話を淡々と描く。枯れたといえば枯れた作風ではある。
【「白球は死なず」大鐘稔彦】
 野球のスカウトマンの主人公が、東大の剛腕投手の活躍ぶりを描く。六大学野球の中でも、現在は負けがほとんどの東大が現実だが、ここでは優秀なピッチャーが、その進路を巡って迷う姿を追う。昔、そのようなモデルになる選手が実在したと、後書きにある。長く真面目に丁寧に書いてあるが、読み終わるとなぜか疲れた。
【「インターン制度廃止闘争始末記」三根一乗】
 当時の経緯がよくわかる話で、善かれと思ってしたことで、不遇になる人もいる。社会性をもっているので、報告書的になり、読んでいて長い感じがしたが小説でないと思えば仕方がないのかも。
【「受験奮闘記」鈴木航】
 あまり成績優秀ではない高校生の大学受験の記録で、これは身にしみて興味深かった。とくに夢にまで見るところにその気分がよく表現されている。
【「父の詫び状」樫本義照】
 父というのは主人公のことで、自分は障害者施設で働き、結婚し子どもができるが、夫婦の間に溝ができ、妻は実家の料理屋の女将の役を継ぐため、別れてしまう。夫婦喧嘩をすると子供が心を痛める様子など、しみじみとするものがある。こうした結果になった要因に、世間の目という日本社会特有の目に見えぬ圧力があったのではないか、という視点を入れるなど、味わい深いものがある。
発行所=〒656?0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方。淡路島文学同人会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:淡路島文学

2014年11月29日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は7年かけて10号に至ったという。各作品の概要は、北原文夫氏が編集後記にまとめられている。企画として、他の同人雑誌作家たちの本誌に対する寄稿が掲載されている。よき理解者を得てこそ、文芸同人雑誌が文芸文化を形成していることがわかる。
【「無明の嘆き」樫本義照】
 社会福祉会館の管理運営をする立場から、日本の介護制度を通して、子供たちに見捨てられた親の末期の数々の事例を挙げる。また、子供が老いても親の面倒を見て独身を通せば、親は子供の老い先を周りに託していく姿もある。親の年金を勝手に使うが面倒を見ない、動物化した人間といえば、動物に失礼かもしれない姿を告発。日本が無明の闇に向かうという締めくくりの言葉は重い。かつては貧しさを耐えるための人間関係が、美徳を支えてきた。お婆捨て山など、昔から人間も獣と大差ない存在としての一面はある感想も出る。日本人の資質が変わることの退廃と哀れさを感じさせる。
【「離れ座敷でみる夢」宇津木洋】
 ぼくの日常生活のなかでの意識の流れを題材に、少年時代からの記憶をたどって語る。作者は以前からこの作業に挑戦しているようだ。少年時代にはウサギ、ヤギ、アヒルなど家で飼っていた。農業生活中心の当時と現在に至る時代の変遷を具体的に語る。この記憶をたどって記す作業に、あれは何であったのかという問いを含んでいる。そこに、いうに言えない何かがあると考え、その何かに迫ろうと試みている。大正末期の広津和郎は、「散文芸術」として、小説の「芸術」性よりも「近代の散文芸術というものは、自己の生活とその周囲に関心を持たずに生きられないところから生まれたものであり、それゆえに我々に呼びかける価値をもっている」とした。
 現代の人間が文明の進歩と同時に意識の流れの多様さについていけず、単純な生物化、動物化の非文学化する生活。「散文芸術」を再検討する価値があるのではないか。そのような視点でも読める作品である。
【「五月の風」北原文夫】
 これはまったくの私小説物である。兼業農家として生活をすることがままならず、職業についてきたことから、趣味化した農作業の風光と愛着を語る。筋のない話。素晴らしき日常か、その未完成感との葛藤なのか。この作品もまた、前述した散文芸術への道をどう切り開くかの課題に向かっているように思える。共通するのは、生きることの実感と意味づけをどの角度から見て表現するか、であろう。その探究にまだ先は長そうである  
発行所=〒656―0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方。淡路島文学同人会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:淡路島文学

2013年4月10日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 淡路島ゆかりの地域文芸同人誌である。錚々たる面々というか、実績のあるひとたちの執筆陣。発行者の北原文夫氏の第7号に掲載作品「秋彼岸」が、「季刊文科」に転載された。同氏が今号の編集後記に、掲載作品の簡単な紹介をしている。親切でいいですね。 ? そのなかで、同人のお孫さんで高校2年生の作品があるというので、読んでみた。 【「水車小屋」鈴木航】 ? 水車が好きで見たいという七歳の弟のために、彩子は弟の手を引いて川の上流に向かう。すると、どこからか老婆が現れ、やはり水車が好きという。弟の水車が好きという一途な心を大切にしなさい、とアドバイスしてくれる。帰りに気がついてみると、公園の時計は四時なのに、彩子の腕時計は六時を指している。タイムスリップの区域に入っていたらしいーーという話。弟の表現で行間に愛の満ちた良い調子があって、清々しい詩的散文である。この世代にしては、むずかしい理屈を言わないところは、詩人体質なのであろう。

【「下宿を変わる話」宇津木洋】 ? タイトルの通り、学生専門の下宿にいるエヌ君が、就職活動しはじめて、下宿を出る羽目になり、お寺に下宿を変えるまでのさまざまな出来事と、その気分を描く。小説というより、住民の雰囲気や風物をのびのびとした筆致で描く散文。散文小説主義をもつ私の好みかも知れないが、へんに作った小説より文学的である。とくに終章の崖崩れの描写などは、破壊の危機感とその風景の美の表現でじつに何かを感じさせる好いものがある。 ? そのほかの作品は北原文夫氏が記した編集後記からの紹介ですーー。

【大鐘稔彦「父と子」】 ? 作者は医師・作家・歌人。ベストセラー「孤高のメス」(幻冬舎)の作者。新しい同人として歓迎し、「父と子」を巻頭にした。平家物語に造詣の深い方だが、平家の武士武将瀬尾太郎と小太郎父子を冷静な目で捉え、武士のありようを歴史のなかに位置づける筆力はさすがである。

【植木寛「最前線の軍医」】 ? 激戦のルソン島に樋口軍医のような人がいたのかと驚かされる。宣布医療のためであるが、現地住民の治療にあたって住民の信頼を得、米軍のパイロットを密かに治療する。兵団転戦のおり動けない傷病兵に自爆用手榴弾が配られるが、自爆をするな、捕虜になって手当てを受けよと説得し、洞窟入り口に赤十字のしるしを何枚も掲げ、アメリカ軍に手当の依頼を英文で書いて本体へ追いつこうとする描写は、はらはらとさせながらもさわやかである。(以下略)

?発行所=〒656-0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方、淡路島文学同人会。

カテゴリー:淡路島文学

2011年1月10日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「あんたどこの子」宇津木洋】
 30年以上前から残っていたマリつき歌のまくら話があって、その移り変わりをインターネットで調べて追跡する。その後は、いきらか変調して幼少時代に死別した父親の記憶につながり、味のある散文になっていく。
 ここではインターネットで検索することで、誰かの記録が日本人の記憶のように活用されるという仕組みに注目したい。ネットに蓄積された記録を書き手が利用して自分の概念を展開できる。それが独自のテーマの情報提供として興味を誘って面白い。
 ネットの特徴である素材事典性を活用することで、時代の流れを意識させ、自らの父親の趣味や人柄の追慕の表現の援用になっている。これが新しい試みになっているところに注目した。ネットは宇宙に浮かぶ断片的な他者の記憶を収めるもうひとつの頭脳である。それを取り込んでいるところが面白い。
 その他、鄭承博文学を語るー没後10周年特集―も、作家の存在と歴史が興味深く追慕されている。コラムでは「膳夫」ネームで原発事故のいきさつを早い時期に批判的に記している。
 6月発行のもので、遅くなったが、忘れることなく、記憶に残っているので紹介した。
 発行所=〒656-0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方「淡路島文学同人会」。

カテゴリー:淡路島文学

2010年10月29日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「むらさきの煙 島の辰造」蘇我文政】
 身近に接するお線香の産地が、淡路島の江井というところにあることをこの作品を読んで知った。話は江井というところで、主人公の辰造は、上方の紺屋に奉公に行き、そこでの職人技を捨て、故郷の江井に戻り線香造りの元祖となって地域産業のもとになる。だが、現在はあまり知られず、地元の寺の小さな墓地があるということである。
 漁具や持ち船などの生産手段をもたないで、浜辺の海藻をとって暮らす磯乞食とよばれた人たちの家系から奉公に行った男が、村人のひややかな視線のなかで、線香づくりをはじめ、ついに成功者となる。その仕事の犠牲となった息子の病弱な様子と、家族の運命が身にしみて伝わってくる。
 身振りの大きな逞しい文体で、視座を大きく構えたもの。そこに人間味をもった語り口があり、大変魅力的である。風景の形容も随所に光るものがあり、潮の匂いが全編にただよう。史実をよく噛み砕いて挿入されているらしく、大変面白く読める。素朴さを装いながら、練達の語りといってよいであろう。とにかく勉強になったし、感銘を受けた。

カテゴリー:淡路島文学

2009年12月 1日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「喫煙室」膳夫】
 今年の5月24日は、小田切秀雄の10周忌だったとある。小田切秀雄先生を囲む会があって、墓参の小田原に集まった話が記されている。墓所は北村透谷と同じ長高寺とある。世話役は田中單之さんという方で、文芸評論家の勝俣浩氏、佐賀から浦田義和氏などが参列したとも。

 私が法政大学に在籍中、経済学部であったが、友人に文学好きがいて「法政文芸」という同人誌を出しているクラブがあって、小田切教授が担当しているというので、その会合を六角校舎でやるから、顔をだしてみよう、という。その頃は、谷川徹三総長の代りに小田切教授が代理をするらしいとか、していた時季だと思う。いま思えば不気味な印象のある六角校舎に、行っては見たが、当然のことながら小田切教授は来ない。部員の話をきいても肌合いが違う。その後、学内の文学系とは交わることはなかった。
 ただ、教養学部では、長谷川四郎講師で、法学では長谷川鉱平講師であったと記憶している。この人が何故「法学」なのかよくわからなかったが、中央公論での校正ミスなどの話をよくしていた。長谷川鉱平氏といえば、
「昭和二十年――つまり戦争にともなう思想統制、言論弾圧等々特に文学を事とする者にとっては、いまわしいことばかりあった十年代の最後の一年をあと一日のこすのみとなった十二月三十日に、「近代文学」を創刊した荒正人、小田切秀雄、佐々木基一、埴谷雄高、平野謙、本田秋五、山室静という七人の同人は、いずれも昭和初期時代における退潮期マルクス主義芸術運動の影響を濃密に受けてきた三十代の批評家で・・・」(野口冨士男「感触的昭和文壇史」文藝春秋より)これを側面から推進した人物であったようだ。
 こんなことを書くのは、たまたま埴谷雄高が農民闘争社に入って、農民運動をしていたというのを知って、小田切秀雄編・犬田卯著「日本農民文学史」(農山漁村文化協会)と照合していたが、関連が見出せないでいるところだからであった。なぜ、そんなことをするのかというと、「季刊文科」46号にある伊藤桂一「形と影」と埴谷雄高「洞窟」の比較論を書こうと思っているからである。

カテゴリー:淡路島文学

1月26日 (月)「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載。

【「居酒屋」北原文雄】
 滝田が長年通っている居酒屋「ゆかり」。ここを舞台に、日本社会の縮図のような現象が次々と事件として出現する。女性客の語るワーキングプアの話からはじまり、70歳近い友人の牧村は女好きで、店に来た女性客を軟派することに熱をあげる。引きこもりの話題から、拉致問題や政治を論じる4人組の客、正規職員と臨時職員の格差問題が論じられる。その話の合間に滝田の亡くなった妻への罪悪感が示される。リアルな話では、このような居酒屋はないであろうが、小説であるから巧い設定になっている。そして、滝田は店にいた若者に突然、ナイフで腹を刺される。それが現在の価値観の混乱した社会の現象を捉えた表現になっている。

【「宗助の出家」望月廣次郎】
 この作品は「宗助が将来父宗玄の跡を継いで、浄願寺の坊主になることを、露骨に厭がりはじめたのは、小学四年生からだったろう」ではじまる。宗助の成長を描くことで、お寺の後継ぎをめぐる仏教界のしきたりが、詳しく描かれている。同時に、特筆すべきは、作者の宗教に関する見識が大変深いことで、仏教の教義と日常生活というものへの問題提起が、読者の胸に良く届いている。因果応報や前世の因縁についても、きちんとした思考への道を示しているのに感心させられた。
 一例をあげると、自分は武田泰淳の晩年の作「快楽」という長い小説を読んだ記憶があるが、人間存在と罪の意識を問うのに、大変難しく描いていて、良い作品だとは思ったが、あまりピンとこないところがあった。ところが、この「宗助の出家」は、素朴なようでいて、根本的な人間の課題にきちんとむきあっており、その明解さにおいて武田泰淳をしのぐものがある、とさえ思えた。

【「三十年目の遺恨」三根一乗】
 K医科大学卒業三十周年を記念するクラス会に出席、お開きの場で、同級の医師から、交流のなかで、不運に見舞われたことへの愚痴を聞くが、それが今更のように思い出されるのである。医師の世界のことはわからないが、妙に説得力と存在感に満ちた話で、惹き付けられた。

【「路上観察学」宇津木洋】
 筆者は、なんでも観察する癖があって、街のスーパーマーケットで見た人の立場に入り込む面白さ、自分を観察するコツ、孤独と他人への愛などについて、独自の経験が語られる。読んでいくと観察する境地がどんどん高められていることがわかり、大変興味深いものを感じた。

カテゴリー:淡路島文学

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg