構想の最近のブログ記事

「構想」第55号(長野県)

| コメント(0)

2014年1月24日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「織田作之助を訪ねて」(四)藤田愛子】
 無頼派といわれた「夫婦善哉」の作者との交流記であるが、前回は「大阪文学」という雑誌の創刊号の頃と、華のある20代の作者の恋愛事情があり、織田がうまく出だしが書けないと、机を窓の外に放り投げたというエピソードなどがある。戦時下での「大阪文学」1月号が出た話。それと、小説「夫婦善哉」が、戦時中の時代背景にはまったく触れていないことについてーー「作之助が書きたいのは人間の思想や心理ではなく、あそんだあとの財布のなかに何円何銭残っているか、蝶子の貯金が何円になっているかその即物的リアリティが重要なのである」と記している。人間の肌に食い込むような存在感の創造への一つの見識である。
【「中江兆民と幸徳秋水」(二)崎村裕】
 前号では、中江兆民の思想と生活を丹念に調べ、その人となりを浮き彫りにしている。今号では、その影響を受けた幸徳秋水の生活と思想を紹介する。明治100年を過ぎて、時代と風俗が変わっても、思想的には現代でも理解できる。国家と国民の関係の基本は変わらないところが多い。そのことをよく感じさせるのは、人物の人間性と思想を良く結びつけている視線であろう。
発行所=〒389?0504長野県東御市海善寺854?98、「構想の会」。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:構想

2013年1月 2日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「わたくし小説」陽羅義光】
 デザイン会社を経営する鷹野司郎という男の愛人が、鷹野の死をきっかけにして起きた彼女をとりまく人間関係を語る。肩の力を抜いた筆遣いで、読ませる。が、タイトルを考えると意味が広いらしい。連載になるようである。リズム感がよく作者が気分良く筆を運ぶ感じがあることからすると、本来の作風なのかも知れない。ニヒリズムと隣合わせの感性のエネルギーが良く出ていると感じた。
【「田中正造と幸徳秋水」崎村裕】
 史実であるが、足を使ってよく調べたことをそのままぶっつけるのではなく、こなれていて分かりやすく、散文精神が発揮されたもの。史実的にも勉強になった。以前は論文調の文章の作家という印象を受けたが、印象は変わって感心させられた。田中正造の実直さや幸徳秋水のイメージを変えるような視点もあって、重要な資料となりそう。
【「虫と花と人」畠山拓】
 散文精神による散文で、東西の文学作品に対する趣向を活かしながら、70歳の文学的な感性で世間を語る。伊藤桂一氏の小説作法にある手法からすると、現在と小過去、中過去、大過去を出し入れ自由にして、のびのびとした筆が読ませる。散文に徹してどうでもよいような話を、ひきまわして作者が読者と勝負する気概も見えて、なかなか面白かった。
【「織田作之助を訪ねて(二)」藤田愛子】
 オダサクの生前の交流を描いて、つややかな筆運びが興味深い。とくに肺を悪くしているらしいオダサクの胸骨の出た姿が、なにやら格好よく見えるのが不思議な筆力が魅力的。
発行所=〒389?0504長野県東御市海善寺854?96、「構想の会」
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:構想

2012年7月29日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「異形のものたち」畠山拓】
 幻想小説でありながら詩的散文でもある。東京・城南のあたり武蔵小山商店街や澁澤龍彦などの実在性を生かし、リアルなイメージと幻想的な出来ごとを巧くつなげて面白く読ませる。「生首」「金魚」「小鬼」に共通した語り手は老人で麻子が変容する。都会的センス自在にイメージをふくらませている。東西の作家がでてきて、よく知らないものもあるが、なんとなく恰好がよく感じる。

カテゴリー:構想

2012年3月17日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「神話入門」畠山拓】
 生活のなかで文学がどのようなポジションにあるのか。この作品では、主人公の精神構造に占める様相が自由闊達な筆致で表現されている。55歳の男と35歳の女との付き合いに生じる空気を文学作品引用を活用して、抽象化している。イザナギとイザナミの日本神話から、ドストエフスキー「地下生活者の手記」、バルザック「サラジーヌ」「セラフィタ」、バージニア・ウルフ「オーランド」、大江健三郎、澁澤龍彦「夢の宇宙誌」、プラトーン「饗宴」、カミユ「シーシュポスの神話」「異邦人」「ペスト」などを登場させて、味付けを利かせて楽しませる。
【「大逆事件の発端」崎村裕】
 崎村裕・著「百年後の友へ?小説・大逆事件の新村忠雄」(かもがわ出版)を刊行した作者。官憲が幸徳秋水を抹殺する手段として、その発端となった人物、宮下太吉の無計画性に富んだ行動、気まぐれと同居した実行力を、丹念に調べ、人間性へのミステリアスな語り口で追究する。とにかく興味を誘って眼を離させない。現代では、時代の空気が異なるために、なかなか理解しにくい微妙な部分を提示して、文学的な説得力がある。
 発行=〒389?0504長野県東御市海善寺854?98「構想の会」
(紹介者・伊藤昭一「詩人回廊」)

カテゴリー:構想

「構想」49号

| コメント(2)

構想」2010年12月20日発行・122頁・800円・長野県東御市

陽羅義光「雁木坂追補」は現実と非現実が大胆にクロスオーバーされていて、その大胆さに作家魂を感じた。ひょっとすると「追補」が本編「雁木坂」を乗り越えてしまったのかもしれないと思った。
昔懐かしい飴である「変わり玉」の登場と、少女が歌う「変わり玉」の唄は「変わり玉」を知る世代には数万の言葉を費やさなくても通じる「絶対の共感」がある。

畠山拓「夢三昧」も、私と麻子というかなりありふれて日常的な男と女の光景を描きながら、ところどころにその日常的現実が綻びを見せ、非現実がぐっと顔を出す、そのアンバランスが面白かった。

たまたま、二氏の作品が同じようにリアリズムの作品のような顔をして書き始められながら、現実と非現実、リアルとアンチ・リアルが拮抗してせめぎ合うような作品に仕上がっていて、同じ実作者として拝読していて実に楽しかった。

物書きはこういう困難に果敢に挑戦しなければいけない(と自分に言い聞かせました)。

カテゴリー:構想

 「構想」には4編の小説と、評論が2編収載されている。小説は、まず陽羅義光(ひら・よしみつ)の『雁木坂』。過酷な人生を描いた、重厚な作品。私はこの陽羅義光という作家を知らなかった。ネットでプロフィールを見る。昭和21年生まれで『太宰治新論』、『道元の風』、『吉永小百合論』等を書いている。実母が入水自殺。そのショックもあり、長期間精神不安定状態が続く、ともある。
 『雁木坂』は陽羅義光氏の人生を集約、或いは要約しているようにも読める。
 「還暦を過ぎて、久しぶりにわたしは雁木坂に来た。上から見下ろす雁木坂は、黄昏どきだったせいか、なんとも冴えない殺伐とした坂であった。」「-----蕎麦屋の壁の鏡に、己の老いむくんだ顔が見える。友曰く、哀愁と孤独を湛えた、四十代の頃の表情はどこにもない。それでなにも問題はない。感傷も寂寥も何処かに置き忘れた、冴えない殺伐とした顔で、あれから二十年間を生き抜いてきたのだから。」身につまされる思いがする。
 藤田愛子『妄想同盟』 前作『披露山中毒』と同じ、披露山の別荘地が舞台。主人公の女性と二人の男性に、まつわる妄想の物語。【性に関したことわざで、よく「女は灰になるまで」とか言います。それは男の同じであって、性行為そのものがどうだということではなくて、老人の新密度も男女の性的な関係がある。老人たちがグループをつくって、楽しいとか気分が晴れたとかいう第一の要因は、男女のそれじゃないでしょうか。---】吉本隆明『老いの流儀』から---妄想の連鎖は泊まらない。
 崎村 裕『ゴロちゃん』 高等学校の同級生の訃報を聞き、少年時代から続くゴロちゃん、倉根吾郎との思い出を再現して行く。主人公にとって、二人は掛け替えのない友だったのだ。私にとっての「掛け替えのない友」の二十年以上前に他界してしまった。取り返しのつかない運命である。
 ゴロちゃんは、奥さんに、よっちゃんに返して欲しいとビロードの小箱を託す。それは、よっちゃんにもらって大事にしていた小さな虫が閉じ込められた琥珀だった。出来すぎた結末とは思うが、羨ましい結末である。
 島田喜美子『石の門のある家』 家族代々の歴史を記そうとする大河小説で連載である。いずれ、読んで見たいと思うが、今回は間に合わない。評論2編も後ほどという事にしよう。

                         転載・原文は金児至誠堂

カテゴリー:構想

文芸誌O同人 佐武寛さんの代理投稿です。

 80歳半ばの椎名理恵の独白のように綴られた文章は、なんのブレもなく終わりまで私を連れて行った。東都文士クラブの60,70代の文士たちとの会食や二次会の喫茶店での模様を、理恵のヒガミのようなセリフを通して、楽しませてくれる。何よりも圧巻は電車の中の酔いどれの若者との出会いである。その会話も情景もリアルで納得する。終わりの別れ方が子持ちの会社員の演技をたくみに推察させる。理恵の個性が巧まずして出ている迫真力のある作品と感嘆させられた。    それにしても、文士たちとはやっぱ、付き合いにくい生き物だと思わせてくれました。理恵婆さんの意地悪そうなのも文士であるからなのかなあと勘ぐらせてくれました。外資系商社の青年がこの雰囲気を打ち破る明るい光のように感じられたので、コントラストがよく効いていたようでした。  舞子ビラの名が出てきましたが、コイズミ改革後のことのようですから、有栖川宮の療養所であった昔の舞子ビラとは全く違って、コンクリートの殺風景な建物ですね。海岸も埋め立てられて下水処理場が建っています。海浜の松林も90%なくなっているのです。理恵さんは多分、以前の木造建築のビラとその庭をご覧になったのでしょうね。今だったら、このビラの直ぐ側から海峡を渡っている明石海峡大橋の威容に触れずにはおれないでしょうね。ビラから真正面に見えるのですから。この青年はきっと見ていたでしょう。明石海峡大橋は平成10年4月5日に開通しました。

ちなみに「構想」45号の内容はここです。実は私もまだ「横須賀線」を読んでなかったのですが、面白そうなのでこれから読んでみます。(euripides)

カテゴリー:構想

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリ

最近のコメント

アイテム

  • crane34.jpg
  • syutsugen5hyoushi.jpg