2018年1月アーカイブ

「文芸多摩」10号(町田市)

| コメント(0)

2018年1月22日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

  【「常識のかけら」一条まさみ】
 キミエという社会人になりたての女性が、アパートを借りて、神田の小さなデザイン会社に勤める。そこで社会の仕組みを学ぶことを、常識のかけらを知るという意味のようだ。
 時代は明確でないが、デザイン会社でキミエが業界新聞の題字のレタリングを定規やフリーハンドでおこなっているところや、生活事情から、戦後の復興期の時代と推察できる。
 父親は結核療養中で、母親は同病で若死にしたなかで、零細企業の社員の生活が描かれる。生活上の苦しい状況の描写に重点を置かず、若さ生活力をつける軽い描き方に、工夫がみられる。ただし、作者の話によると、家庭内の状況には大変な苦労があったそうである。ただ、それをは省いたことで、明るいトーンで話のまとまりが良くなった。
【「『穴熊』と少年恵介】
 恵介少年が国民学校6年の時に、太平洋戦争がはじまった。場所は四国山脈の眉山の麓である。なにも疑わず国民全体が、国の大本営発表を信じ、日本人が一体となって戦意高揚に戦争を支持する勢いが描かれる。主人公は、少年の恵介であるが、作者は少年の視線をもとながら、冷静な筆使いでそれを客観的に描く。
 「穴熊」というのは、城東中学校の校長に生徒たちがつけた渾名である。内心は世相に批判的だが、とにかく良心に従って、生徒の勉学をすすめた。ただし、成績優秀生徒が、陸軍や海軍の士官学校に進もうとすると、それを押しとどめて他の進路をすすめたので、世間から批判されることもあった。
 米軍の空襲で多くの民間人が焼夷弾で焼け死ぬなか、「穴熊」は、自らの危険を顧みず逃げ遅れた生徒が合いないか、見回る「穴熊」の姿を少年は見る。なかでも、天皇陛下の御真影を守るために命がけの活動をする国民たちの姿を描いているのは、象徴的である。
 敗戦がわかった少年は、<なんだ! 日本は神の国ではなかった野か><国や神様がウソを教えて来たのか>とわかり、<もうだまされないぞ。自分で考えるのだ>と少年は決心する。校長の「穴熊」は戦後、郷里の岡山に帰り、裁判所の判事を務めたという。
 少年時代に、個人よりも国家集団を優先した時代。神の国とsれたその雰囲気と考えが敗戦で一変してしまった時代の一番の被害者の立場が、静かで冷静な調子でよく示されている。
【「10歳の階段」原秋子】
 メイコは小学4年生で、その学校での運動会などの生活ぶりが描かれる。運動会では、リレーには出るが、ソーラン節などのダンス競技には、誘われても出ない。自分は、皆のように熱心に練習をしていないのに、一緒に踊るにはふさわしくないと感じるからだ。また、徒競争では身体の不自由な生徒に、ハンデをつけて走らせていることに、当人はそれをどう感じるのだろうか、と思ったりする。とにかく論理性のある考えをするのだ。
 一見、童話的な調子の中に、生活はどうあるべきかを、大人に考えさせるという思想をもった作品であることがわかる。そう見ると、興味が湧く形式の作品である。
【「差し出された手」木原信義】
  大学を卒業して教師になる過程をへて教員試験に合格した河村明。だが、東京都教員組合の分裂動向や本部との軋轢などで苦労する。共産党にたいする風当たりの強さなどが語られる。具体的には、図書館教育のなかでの親子読書運動の成果が語れる。教育者の外部圧力と教育活動の難しさが示されている。
発行所=194?0041東京都町田市中町2?18?042、木原方、日本民主主義文学会、東京・町田支部。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

2018年1月18日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は長崎ペンクラブによる「ながさき総合文芸誌」という独自のスタイルをもった地域誌のようだ。地元の文化資料として宮川雅一「終戦直後に斉藤茂吉の書いたハガキ」については、別サイトで紹介している。
【「夢の中の教会への巡礼・ローマ劫掠一五二七」吉田秀夫】
 1520年代の欧州を席巻したローマ帝国とルタ―宗教改革運動、権力の内部争いの歴史が、鳥瞰的な視点で物語化されている。こうした分野には門外漢だが、密度の濃いヨーロッパ史である。そのなかに、人間性の善なるものへの志向と、善悪を超えた動物的本能に支配される暴力性と、性的征服欲の欲望を持った存在であることを示す視点が読み取れる。
【「夢の中の教会への巡礼の旅」筑紫龍彦】
 人は如何にして学者になるか、ということの一例として、興味深いものがある。タイトルを教会に結びつけたのは、クリスチャンの立場なのであろうか。話は、長崎での戦後の父母の生活との戦いから、子供の立場から、新聞配達を行い社会体験とする。
 いわゆる働くことで社会と接触し、そこから自らの人生を切り開いた世代の話。自ら知恵でエリート社会への道を切り開く。社会の生産活動に加わる世代に対す、現代っ子は、お使いで消費者として、「はじめてのお使い」が社会との接点となる。こうした自伝記はへの印象は、世代によって、受け取り方が異なるであろう。
 作者はカント哲学の学者のようである。人生いかに生きるべきかを根底に、キリスト教だけでなく、佛教、禅宗、などに幅広い知見をもつことがわかる。
 自分は生活に追われて、また学者や文学者になるための努力もしないでいるが、ただその日その日を無自覚に過ごしてきた、いわゆる典型的な俗人の立場から、時間をかけて読み、なるほどそういうものか、と同世代における学者の姿を知って、何かが見えたように感じ、感慨深いものがあった。
 この二つの作品は格調が高く、読むのに時間がかかった。それだけの意味はあって、俗物なりの理解ができたように思う。
【「治にいて乱を忘れず」藤澤休】
 これには<註>がある。我が国の安全保障に関するもので、1、「空想的平和主義からの脱却ー日米同盟は戦争への道か」(2015・05・03)と、2、「中国の南シナ海侵略と日本」(2015・08・13)と、3、「敵基地反撃能力の保有」は友人限定のフェイスブックに載せたものだという。それに、4、「国内政治の危機ー安倍おろし運動は正しいのか」(2017・08・20記)が掲載されている。いわゆる、野党の政治活動を批判し、反発する論理をのべている。日本の保守思想というか、現政権の主張とほぼ重なるもの。国民の主張のなかで、このような考えが多くあるので、安倍政権が単独過半数をとる理由がわかり、面白い。なか真っ向からこういう意見を出すのは、政治家しかいないので、国民の大多数の声として読む意義はある。
 ただ、フェイスブックでは、こうした論調でよいであろうが、活字になると、公論としていくつかの説明不足が目立つところもある。戦前の軍部の主張と重なるところも見受けられる。それと、政治活動と歴史認識の思想とは、異なるので他国を一方的に侵略国扱いするのは、感情的にすぎるように思う。
 また、ジャーナリズムは権力者の横暴を許さないように見張る役目があり、批判しかしないというのも、仕方がないところである。バランス上必要であろう。
 ただ、こういう意見を掲載する地域雑誌は少ないので、いいのではないか。
 連絡先=〒850-0918 長崎市大浦町9?27、長崎ペンクラブ」事務局。代表者:田浦直。編集人:新名規明。

「アピ」8号(笠間市)

| コメント(0)

2018年1月 6日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

   本誌の発行拠点である茨城県は、わたしの母の郷里でもあり、愛着を感じる。とくに今号の田中修「旧水戸街道120キロを歩く」は、その道筋に思い当ることが多く。感慨深かった。近年でも、我孫子の手賀沼には足を運んでいる。
【「一つ目橋物語・其の一『踝』」西田信弘】
  時代小説である。大工の竹造は仕事が終わると、隅田川岸辺のつたやという小料理屋で、白い美しい踝の女を見染める。竹造がその女と懇意に接触し、恋と人情の話に展開する。私は時代小説は読まない方だが、この作品は視覚的な要素に注力した文章が見事なので、読み通してしまった。かなりの経験と修練に優れた、小説の小説らしさを示した筆使いに注目した。
【「生命の森」さら みずえ】
 一家族の日常の現在が、親の介護あり、仕事あり、親子関係あり、それをめぐる夫婦の関係が描かれ、主人公は主婦の多江で、ある意味で家庭の日常をいかに平穏に維持するかということへの努力を描く。小説的でありながら、生活日誌的で不思議な作品と感じた。それが末尾の「おことわり」に「この物語の時代背景は、1980年です。従って、看護師、付添い婦といった名称は当時のままであることを御理解下さい」とある。なんと、約40年前のほとんど実話なのだ。その内容は、高齢化社会の進み方と、現在の普通の家庭に比べ、巧みにソフトランディングして家庭のまとまりということに破綻がない時代であったことを、強く認識させてくれた。
 発行所=〒309?1772茨城県笠間市平町1884?190、田中方、「文芸を愛する会」。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:アピ

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ