2017年11月アーカイブ

「弦」102号(名古屋)

| コメント(0)

2017年11月15日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「芸能史談―柳永二郎の名古屋地方の戦中慰問」下八十五】
 柳永二郎という俳優がいた。渋く重厚な風格のある脇役の重鎮という印象があった気がする。新派を主にした人物だとは、知らなかった。理知的な日誌の一部転載がある。戦時中に空襲による焼夷弾攻撃の合間に、舞台を続ける様子が、よくわかる。現在でも、北朝鮮のミサイル攻撃に備えてJアラートなどの対策をしている。いつの時代にも政府が、何を言おうとも、戦争に国民は対応しようがないことを実感させる。
【「指のあと」木戸順子】
 「還暦を1年遅れで祝う会」と名付けた高校のクラス会に出席し、昔の仲間と再会する。主人公の美穂は、夫を亡くし、夏子という娘が結婚相手を見つける。また、クラスメートで親しくしていた晋平との友達付き合いの時に、彼に強く抱きしめられ、身体に食い込んだ記憶を想い起こす。これらが40枚のなかに描かれている。ひとつひとつの出来事は巧みな文章力で、自然に読める。ただ、40枚にこれだけの内容を持ちこむので、味の薄さを否めない。
【「糠喜び」空田広志】】
 高齢者の生活感居を描いている。筆達者でいろいろな出来事を面白く読ませる。軽快な筆使いが絶妙。生活日誌を書きながら、筆が冴えてくるというのも、面白い現象である。
【「陰翳の男」山田實】
 陶磁器のデザインをする会社が、ベトナムに進出する。日本の陶器製造販売の細部がえがかれているので、面白い。それだけでなく殺虫剤を買いにスーパーに行くと、店内放送で、怪しい客がいるので、警備員は注意するようにという合図するような指示の声が流れる。男は、それは己のことかと、思い買い物の動きがぎこちなくなるところが意表をついて読ませる。
【エッセイ「枯木カリブ海に浮くーキューバ紀行」岡田雪雄】
 紀行文は、自己記録としては、意味が深いが、他人が読むと、それほど面白いとは思えないのだが、これはキューバの人々の生活ぶりを覗けるので、自分には興味深かった。キューバは、社会主義国であるが、米国の経済制裁でみんな貧乏。そこにオバマ前大統領が制裁を解除するとしたので、貧富の差がひらくのではないかと、心配されたが、トランプがそれを取り消して、やはりみんなで貧乏は変わらないようだ。そこから脱出したいと考えるのは当然だが、人間は格差が少なければそれだけ不幸感が減るということを示す社会のようだ。
【エッセイ「青年とカンボジアの未来」加納伸】
 これも紀行文の一種だが、短いが政治的な現状を反映した民衆の意識が表現されていて、興味を引く。
【「少年の死」フランシス和田】
 半島にある鄙びた漁村の少年と少女の一時期を描いて、終章で少年が首なし死体でみつかるという謎めいた出来事を語る。海辺の光景が、雰囲気良く調和的に描かれているのが、文芸的な味をもっていて、印象的である。
発行所=名古屋市守山区小幡中3丁目4?27、中村方。「弦の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:

「文芸中部」106号(東海市)

| コメント(0)

2017年11月 7日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「お願いですから」堀井清】
 主人公の自分は、80歳ぐらい。妻はすでに亡くなっており。結婚した娘が50歳になって、離婚し出戻ってきて同居。二人暮らしである。ここまで生きて、今後どうするという夢もない。なんとなく、無意識的にスーパーで万引きをしてしまったりしている。
 自分は、夫婦との健在で、息子夫婦と同じ敷地に住む境遇の友人を訪ねる。すると、孫が若い身の上で、もう結婚しようとしていることを気に掛けている。満ち足りた老後でも、それなりに悩みが生まれる。
 作者は、これまでも高齢者の置かれた立場をさまざまな生活環境に置いて、その精神を逐一描いてきた。しかも、同じようで、すこしずつ異なる設定のなかで、家族関係と社会的な存在の位置を普遍的に表現する。本作では、同居していた娘が、再婚でもするのか、家を出るという。そこで、80歳になっての一人暮らしが暗示される。高齢者視点小説の専門作家として貴重な存在であると思える。
【「カメだって反撃する」朝岡明美】
 「わたし」の高校時代からの友人の香澄が離婚したらしく、主人公の家に転がり込んで、何時の間にか居ついてしまう。おまけにカメまで飼って、わたしに面倒をみさせている。私には、大学時代からの男と交際していたが、彼がまた接近してくる。彼は香澄とも関わり合いがあった。わたしは、用心深い女とされているが、そこで彼の結婚申し込みを受けるかどうか考慮するところで、終わる。女性にの生活を描いて、その場、その場は読ませるが、わたしの人間的な在り方が良く見えなかった。
【「文学館のこと」三田村博史】
 愛知近代文学館建設促進委員会があって、前中部ペンクラブの前会長の横井幸雄氏が立ちあげて、三田村氏は理事にされたことからはじまる。その後機関誌「風の音」が創刊され、東海TV会長、春山行夫、城山三郎、杉浦明平たちが顧問になり、寄付などがあったが、同誌の勢いがなくなると、次第に文学館の建設から遠ざかっていく。その後の経過から、「愛知WEB文学館」のネットサイトを立ちあげたとある。収蔵物のデジタル化をしているという。
 杉浦明平宅には、戦後文学の雑誌10万冊、清水さん宅には、同人雑誌20万冊が、引き取り手がないままになっているという。
 読んで、さもあらんと、感じた。私も東京で、生前の浜賀知彦氏が、大田区の南部文学として活動したプロレタリア同人誌を2階に集めていたものだ
  その目録を作っていたのでそれをもらっていた。そのなかに安部公房や壷井栄の同人誌やGHQが接収漏れしたのではないかという物もあったようだ。保存のために、大田区の図書館に寄贈したいと申し出たが断られたという。その後、雑誌「現代思想2007年12月臨時増刊号 総特集=戦後民衆精神史」で東京南部文学(地元では下丸子文化として知られる)の特集で浜賀さんを取り上げた。その後、収集した同人誌は駒場の日本近代文学館で引き取ってくれることになりそうだと、生前の浜賀さんが言っていた。
 さらに、不二出版が浜賀コレクション「東京南部サークル雑誌集成・編集復刻版東京南部文学資料」として3巻を刊行。当時の同人誌活動を残している。価格は、6万円と高価だが、資料価値の面で、全国図書館に置くべきだと思う。
  さらに、浜賀の話では、大森に住み、久保田正文氏(雑誌「文学界」の同人誌評を行った)の亡き後の、書庫の本は、区内の図書館に寄贈しているという。そこで、その図書館に、寄贈本を見たいと確かめに行った。しかし、係員は、そんなものは知らないという。そのこで、寄贈されたものは、どこに保管するのか、ときいたら、「これですかね」と別室の戸棚の下段にあるのを見せてくれた。雑誌「文学界」の昔の古ぼけたバックナンバーと2,3の書籍ががあった。おそらくそれなのだろうと思った。整理されていず、始末に困ってそこにあるようだった。
 現在は、図書館は民間に委託しているので、おそらく処分されているのだろう。所詮そいうものなのだろう、と納得した。
発行所=〒477?0032愛知県東海市加木屋町泡池11?318、三田村方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:文芸中部

「星座盤」Vol・11 (岡山市)

| コメント(0)

2017年11月 5日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「居川花火」金沢美香
 「私」の少年時代の鉄道ファンであった。カメラの鉄撮りでもあって、いつも寄っている無人駅にいくと、居川花火を見に行くという少女と知り合い、居川花火をみることになる。そこでの出来事は、幻想のように思えるが、その後、川で「私」の鞄が見つかる。少女は水死体でみつかったという話が伝わる。しかし、居川という川はないという。不思議物語だが、それだけのものか、ほかに意味があるのか、わからない。自分は、アクセントのない書き方は、苦手で受け取り方が難しい。
【「角打ちの友」清水園】
 居酒屋で立ち呑みをするのを角打ちというが、そこでの友達が亡くなったことから、「あいつ」と称してのその人の思い出を語る。一面的な表現で、工夫をしている。楽な書き方を選んだのか、書き手も、「あいつ」も人物に対する興味がわかないところがあった。
【「骨の人々」朝岡千昌】
 交通事故で死んだ妻のある恋人のことを想い、死者に会えるという島にきた様子を描く。
【「最愛のひと以外」水無月うらら】
 現代人の男女関係、社会生活のひとつのパターンを、文学趣味豊かな文章で描かれている。これは、「季刊文科」72号に掲載された「君は檸檬が読めない」の読後感も似たようなもので、こうした作風の積み重ねが、時代の標識として広まる可能性があるのかも知れない。
発行所=〒701?1464岡山市北区下足守1899?6、横田方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ