2017年9月アーカイブ

2017年9月28日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「遥かなユーラシア」斉藤きみ子】
 2011年の福島の大震災と原発事故を背景に、わたしの祖母が亡くなり、女友達のユリアは、カナダに行くことになる。冒頭にユリアと私には、愛情関係があることをうかがわせる。時代を反映してか、ライトノベル風の文章運びで、軽みを帯びたファンタジックな風趣の雰囲気小説に読めた。ユーラシアというイメージが、もうすこし強く映像的に描いてもいいようにも思えるが、映像化の普及した現代では、これで足りるのかも知れない。また、祖母のバァバが小説を書いていた、という自己表現者の存在として出てくるところが、ポストモダンの色彩が感じられる。
【「桟橋」出水沢藍子】
 舞台を人が多く出入りする港の桟橋に固定し、ある家庭の小さなドラマが展開する。短い中に、伏線をきかし、息子の心理と父親の人間的な生き方にスポットを当てる。素直に、それでどうなるのかな? という気持ちで作中人物に惹き入れられ、そうだったのかと、納得させる。たしかに、これが小説のだいご味だよね、思わせる出来栄えである。
【「廃墟の眺め」福迫光英】
 交通事故を起こして、死者をだしてしまった過去を持つ男が、見らぬ土地に流れて、その町の人との交流の紆余曲折の末に、人生の再生の兆しを見出す話。高倉健が生きていたら、主演の映画にぴったりの雰囲気の渋い人情話だ。これも小説らしい本来的な物語性をもった小説である。
【「『女と刀』のアウラ」杉山武子】
 「女と刀」は、鹿児島県の「中村きいこ」という作家の作品だという。その評論である。作者の紹介によると、谷川雁の紹介で、鶴見俊輔が着目。平凡社刊のノンフィクション集「日本残酷物語」に「女と刀」の基盤となる文章を共同執筆。さらに鶴見の依頼で、雑誌「思想の科学」に実母をモデルにした小説を書く。さらに光文社から「女と刀」の題で出版され、第七回田村俊子賞を受賞。テレビドラマ・木下恵介アワーで、半年間放映され、作者は一躍、時の人になったという。
 鹿児島という土地の風土で、男尊女卑のほかに、江戸時代からの士農工商の階級意識のなかでの話として評し、中村きいことその母親の批判精神の旺盛さに着目している。
 このなかの、武士階級意識から、妻が身分的に自分の出自より低い夫を軽蔑的に見ながら、夫の間に八人の子をなしたことに、作者は疑問を呈している。が、批判精神と人間性の否定とは異なるので、「批判すれども否定はぜず」。家庭の維持態度としては当然のことに思え、不思議ではないように思う。夫婦の営みは欲求の満足であり、恋人との営みは欲望の満足であろう。それにしても、核家族化の進展で、女性の社会的地位から、伝統的な家系意識が希薄になった現代では、貴重な資料であろう。文体も歯切れがよく、気持ち良く読める。
【「冬子」福本早夫】
 農村の若者が都会に出て働く集団就職の時代。異母兄妹の兄が妹によせる愛の物語。「なごり雪」の歌の小説版のようなものに読めた。
 編集後記には、鹿児島の文学の質の低下を嘆く言葉がある。それは、過去の文学的な作品の傾向だけを見ていれば、そのように見えるかも知れない。しかし、文学的な優秀作とされるものが、現代では定まっていない。そこから、おそらくどの地域でも、優れた作品とする基準が、その背景によって異なる。また、過去の個性的作家の評論を題材としながら、小説家にするような評論小説のような新形式のものも登場している。完成度よりも、それぞれの視点の現代性で世間にアピールする傾向がある。
 ちょうど、テレビ番組から歌番組のベストテンがなくなり、過去にヒットした歌謡曲の番組が増えているように、文学界においてもの社会的露出の定理のような基準がなくなった時代なのだと思う。
発行所=〒890?0024鹿児島市明和1?36?5、相星方、小説春秋編集所。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

「海馬」第40号(兵庫県)

| コメント(0)

2017年9月18日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「石を抱えたトキヨ」永田祐司】
 トキヨである「私」は、三人姉妹の末っ子で、母は教師、父はエンジニア。自分は保険の販売店に勤めている。家庭の話かと思えばそうでもなく、時空をこえた恐竜時代の夢を見たり、保険販売の客対応のコツを語ったり、人生の意義を考えたり、作者の思うところを自由に描く。宮崎アニメかと思うと「蟹工船」のプロレタリア文学を考え、ルソーと云う友達が登場すると、「告白」のルソーの人生を話題にする。キーワードは占い師が云った彼女の「子宮の中に骨がある」というもので、それがどういう意味か、考えながら読ませるところ。内面性の薄い表現のなかで、それが受け取り方の多様性をもたらしている。
【「うたかたの記」長谷川直子】】
 弁護士事務所に勤める女性弁護士の葉子が、50代になってボス弁護士の助手をしているが、仕事に倦怠を感じている。ある機会があって、菅野という男のバーの店の開店を支援することになる。葉子は菅野を美しい男だと感じる。菅野のバーは評判良く、流行る。が、ある日、菅野は失踪してしまう。その後、手紙が来て、彼が少年期に父親を海に突き落としていたことを告白する。
 全体にロマンチックなムード小説的であるが、菅野の少年期の事件が別件のように感じてしまう。話が漠然していても、前の分の美と愛の関係だけを絞って書いた方が文学性があるのではないか。
【「豊中の家」岡田勲」】
 豊中の家に住む女性の一人称で、生活の心境と家族の様子が、丁寧に描かれていて、なにかプルーストの「失われた時を求めて」の日本版の一部のような感じがある。終章で、その家の風景を見ることはないという言葉があり、時空を超えた話に読めた。これはこれで、一趣向のように思えたが、編集者のあとがきに、亡くなった娘さんのことらしい、とわかって、納得すると同時に、その文才に感銘を受けた。
【「愛のかたち」山下定雄】
 カンナという女性について、彼であるらしい「私」の独白体の語りで、小説的描写よりも、内面の心情や情念に重きを置いた表現。愛情のもつ曖昧な感覚を言葉にしてるようなものとして、長編の一部のようである。
 その他【「逃げ延びろ(二)」山際省、【エッセー「台湾ワールド」頴川雅麗】、【「手帳の余白ー編集後記に代えて」小坂忠弘】がある。
発行所=〒675?1116加古郡稲美町蛸草1400?6、山下方、「海馬文学会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:海馬

「R&W」第22号(名古屋市)

| コメント(0)

2017年9月11日 (月)(*)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「滅びゆく懐疑派―『東海魁新聞』と眞野志岐夫の周辺」渡辺勝彦】
 眞野志岐夫というアナーキストが居て、まず、その長男の眞野吉宣が亡くなったことを記す。吉宣氏は、昭和11年の生まれで、行年76歳。語り手の「私」が彼に会ったのは、6年前である。
 「私」は、『東海魁新聞』を発行していた眞野志岐夫のことを調べているのだが、まず、その息子のことを記すのは、時代背景と現代との距離をつかませる。そして「私」が彼の父親について、取材すると、多くを語ることを避ける。しかし、彼の死後に「私」に向けて書かれた手紙が、発送されないで残っていたことがわかる。じつに話の展開が巧い。
 「私」が『東海魁新聞』を入手してその幾つかの号を読むのだが、眞野志岐夫は社会主義思想に基づいて、新聞を発行し、広告なども充実し読者の安定していた様子が新聞からわかる。彼が「治安維持法」違反で、警察から罰金刑を科せられるが、罰金が払えず、刑務所に入っている。
 その後、警察によって、社会主義思想家からの転向をさせられる。転向後も新聞を発行するが、国民より国家権力を優先する風潮を、転向者の証明として、過剰に賛美表現することで、皮肉の意味を持つような記事を載せるようなこともしていたらしい。
 すでに、法として成立している「治安維持法」のなかでの生活の様子が、普通に描かれている。現在の労働基準法をないがしろにする残業代ゼロ容認法なども、こうして成立していくのだろうな、と感慨を呼び起こす。資本主義と国家体制が結びついて、目に見えない網がかかっている社会の空気が読めるような気がする。いま与党として連立している公明党だが、創価学会の牧口常三郎初代会長は、伊勢神宮の御札(大麻)を受け取らなかったということで、昭和18年「治安維持法」違反で、拘束され獄死しているという。錯綜する矛盾社会をみる気がする。
【「禿頭賛歌」藤田充伯】
 亡くなった田中小実昌は、作家・翻訳家として著名である。文壇や周囲ではコミさんで親しまれた。彼はベレー帽を被っていたが、それは禿頭なので、頭が寒いからだったと想像がつく。本稿の作者も禿頭だそうで、そこから田中小実昌の人となりを語る。自分は、田中小実昌訳となると、ほとんど目を通した。翻訳なのに、ひらがなを多用し、日本の物語のように訳す。本人の書いたものは天才で学ぶべくもないと思っていたが、翻訳というのは別だろう思っていたところ、とんでもない。翻訳の文体でも天才であった。ハドリー・チェイスの「ダブル・ショック」の翻訳を読んだ時の驚きは忘れない。名人技の文章である。
 その彼が、映画鑑賞と路線バスに乗るのが好きで、わたしの地元、蒲田西口商店街にあった映画館に通っていたことを書いているのを読んでいる。晩年は、カント哲学について書いているのには驚いた。今は路線バスに乗るたびに、ひょいっと外の風景を見ては、彼のことを思い起こすことがある。何でもない街の風景に心の永遠なるものがあるのだ、と悟らせられるのだ。
 本稿で、通称コミさんがクリスチャンであったことや、亡くなったのがNYでの客死あったことなどを知った。
【「シ・ネ・マ」霧関忍】
 少年が罪を犯したと思いこんでいる過去と、ロマンスと超常現象とを混ぜ合わせた物語。過去のことに罪悪感をもつという自意識を働かせた題材が、現代では珍しい。そう感じるのは、政治家が「美しい日本」を掲げているが、それは過去に「汚れた日本」の存在を示す意味があるのに、気づかないような自意識の薄さ。現在の日本人の風潮を意識させるものがある。
 発行所=〒460?0013名古屋市中区上前津1?4?7、松本方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:R&W

2017年9月 1日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「半径二〇三メートル僕イズム」高原あふち】
 認知症となった母親を介護する僕。孤児だったのを5歳の時に、今の両親に引き取られた存在だ。町工場の多い町で、父親が工場経営をしていた。子供のころから機械の音を聴いて育つ。父親は、工場経営が苦しくなった折に、ちょうど区画整理があったので、それに乗って土地を売却、大金を手にし、株式の投資などで過ごす。僕は高校を出て町工場に就職、会社は順調に規模拡大をしている。父親が亡くなったあと、母親が認知症になると、社長は、定時で引き上げることを認める。昼休みには、自転車で母親のところに行く。その距離が、203メートルなのである。限られた行動域にこだわる表現で、その生活感の異状性を、鈴音という高校時代の女性が、引き立てる。
 血のつながりのない親と、介護生活を軽い調子で語りながら、なんでこれが自分の人生なんだ? と、誰でも一度は思うであろう心が伝わる。介護体験のある人や親子関係にこだわる人には、身近な共感を産むかもしれない。
【「竜宮門」木村誠子】
 イトは、孫のユータが詩を書いていて、彼が文学作品のフリーマーケット「文学フリマ京都」に出店するという。そこから文学フリマの店番をする。その独特の雰囲気が良く描かれている。それを導入部に、さらにイトのイリュウジョンの世界に展開が広がる。それを充分に拡げるには、短すぎるところがあるが、作者の世界観を展開する糸口になるのかも知れない。ちょっと、人物像を描きながら、井上陽水の歌を援用するなど、ちょっとヘンリーミラーを思わせる素質を感じさせる。
【「父からの手紙」高畠寛】
 伝統型文芸同人誌では、高齢者の私小説が多いが、これは父親の終末期と同年令になった時に、生まれる感慨という的の絞られたテーマなので、興味深く読めた。ここでは、父親と対立する関係から、肯定的な気分に移るまでを描く。核家族が進んだ今は、父子関係にもその影響があり、まさに家庭の様相の個別化のなかの一例として、読者の認識を深めるのではないか。
発行所=545-0042大阪市阿倍野区丸山通2?4?10?203、高畠方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ