2017年4月アーカイブ

「澪」第9号(横浜市)

| コメント(0)

2017年4月15日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は地域リトルマガジン的同人誌という姿になりつつある。
【YOKOHAMA発巻頭インタビュー「先人の営み、その精神を伝えたい!」清水靖枝】
 インタビュ?アは石渡均編集長。話すところの清水靖枝さんは、地元の市民活動家で、長屋門公園歴史体験ゾーン運営委員会事務局長、阿久和北部連合自治会事務局長、阿久和北部地区社会福祉協議会会長、NPO法人見守り合い広場代表など。藍綬褒章受章者である。
 清水さんの話には、日本人の生活の現場が良く見えて、大変興味深い。地域社会の現状である「自然破壊」の停止、日本の原風景を守ることをしてきた。子供の教育と、貧困問題、団塊世代の社会的活動の影響力など、都市部の住民の現実を知ることができる。
 国家として、教育方針を打ち出していても、それはお役人の空理空論にすぎなくなっていることがわかる。最近は、教育勅語の導入などがメディアで論議されているが、メディアですら国民意識の現実を知らないで、組織の上部構造のいうままであることが、報道なのか、その矛盾の露呈することを意識させる企画といえる。
【「パ、の同窓会」衛藤潤】
 おそらく、学校の同窓会を軸にした、女性の生活意識を描く。女性の夫は、同窓会は成功者たちが集まるもので、それを見せ合うものだと定義する。その一例を示す。現実の日本人の生活描写であるが、そこに提示されたことの意味を、読者が考える余地がある。
【「魚無釣堀場」片瀬平太】
 「大人の童話」という肩書つき。ある場所の釣り堀には、そこで釣りをすると、過去の幸せだった時代の幻想のなかに入れるところがある。アニメか、コミックの原作になりそうな題材。日本の国民が、国家のライフサイクルの最盛期を終えて、下降段階に入ったなかにいること強く意識させる。
【映画評クラシック日本映画選3「君は大魔神を見たか」石渡均】
 映画「大魔神」のこの時期に映画を見たことがないが、トリック撮影の手法がわかって面白い。
【「明日に乾杯」鈴木容子】
 派遣の仕事の一例(倉庫の物流仕訳)が詳しく描かれていて、その部分が面白い。現代人の生き方のひとつであろう。人間無欲になって、なにもいらない、なにしないことの焦りと、その幸せの見つけ方のむずかしさ考えさせられた。
【「梳く」草野みゆき】
 (おそらく親の)介護するなかで(おそらく親)、髪を梳く作業に焦点をあて、内面を表現する。人生を見つめるこまやかな心遣いが感じられる。
発行所=〒241?0831横浜市旭区左近山団地3?18?301、文芸同人誌「澪の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:

2017年4月12日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「スーパームーン」木村誠子】
 病気で亡くなった親族のことを、細かく書いてその出来事を発表している。いわゆる自己表現を重点にした生活記録であろう。書くということは、眼の前にあることを、距離をもって認識させるので、作者にとって有意義な作業である。さらに作者の内面にも読者がいて、使う言葉を選択する。読み手と書き手が立体的に同一化する。その事情が読みとれる。そのような視点で読んだためか、素朴な自己表現と、文学芸術の同居した作品と感じた。生活記録から文芸作品の高度化に向けて一つの問題提起を含んでいるのではないか。。
【「風よ 海よ 空よ」泉ふみお】
 沖縄・渡嘉敷の住民たちの純朴さと長閑な生活ぶりが描かれる。しかし、そんな生活の背景には、太平洋戦争のとき。最前線で米軍に立ち向かった日本軍の強制で、中里先生と知念先生の戦死、その他の住民たちが犠牲になったことを、自責の念をもって語る源爺の姿を浮き彫りにする。神国という幻想に操られた日本国民の犯罪的行為を告発する話に読める。沖縄語をわかりやすく、しかもリズム感良く使い回す文体が優れている。
【「杭を立てる人」住田真理子】
 百歳の老人が、現代でも太平洋戦争の灯火管制の記憶が残っていて、部屋を暗くすることを求める。息子が73歳ということで、戦争は昭和時代小説的な様相を帯びている。それを現代につなげる工夫がしてある。
 執筆にあたっての参考資料に「豊川海軍工廠の記録」(これから出版)、「最後の女学生 わたしたちの昭和」、「豊川海軍工廠」豊川工廠跡地保存をすすめる会・編著、「父の死」久米正雄 青空文庫――とある。
 作品に描かれた、御真影といういわゆる天皇を神格化した宗教カルト国家の様子。それに米軍の空襲の無差別攻撃の悲惨さは、迫力がある。現在、中東で行われている戦争による一般市民の被害に想像を馳せさせるものがある。
発行所=〒545-0042大阪市阿倍野区丸山通2?4?10?203、高畠方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

「私人」91号(東京)

| コメント(0)

2017年4月11日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 朝日カルチャーセンターの文学教室から生まれた同人誌。尾高修也講師も作品参加している。
 杉嵩志「立川まで」は手慣れた創り方で読ませた。ーーとっておきの話を教えようーーと始めてーー僕は迷子の達人だーーと続けると何となく読みたくなり一気に引き込まれた。
 少年期や就労期の回想なのだが迷子というキーワードで繋げてーー五十年たっても、僕はまだ迷子だーーと老いた母親の背に駆けてゆく衝動で締めくくるきれいな作品である。
 鳴沢龍「ねぶた祭り」は個人的な理由で気になった作品である。――中学時代に憧れていた友人の話ですーーと朴訥に話し出す回想記です。旧友の叔父が戦闘機乗りでB24に体当たりした勇士なので憧れたとの事です。
 後年作者の父の遺品に戦時中の体当たり勇士の記事がある雑誌を見つけた事と結び付けている。
 旧陸軍航空隊の隼戦闘機などの戦記物が掲載されている雑誌「丸」昭和44年10月号が参考文献との事である。
 武器と戦記マニアなので個人的に引き込まれた作品だが、趣味が異なる人にはどう読まれたのだろうか。
 季刊で発行を続ける旺盛な意欲の同人誌であり毎号乾燥を書いているので愛着も一入となった。

発行所=????163-0204新宿区西新宿2-6^1  新宿住友ビル  朝日カルチャーセンター発行  発行人・森由利子
紹介者=「文芸交流会」事務局長・外狩雅巳

カテゴリー:私人

2017年4月10日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

編集後記によると女性七人が集まり年一回発行している文芸同人誌である。36年続けた現在は70歳になったと書いてあるが俳句会も行い活発に活動している。
 西野小夜子「夕茜」は亡くなった娘の同級生との交流場面から入り老婦人の半生記が書かれている。二度の不倫経験を中心にした回想記は読ませる作品になっている。導入部分は娘の同級生を主役にしているが後半は作者と思われる老婦人の回想のまま終わってしまっている。
 七人の七作品は回想的な作品が多いが、松尾康子「七生倒敵」は異色の時代小説になっていて興味深く読んだ。輪廻転生の物語である。南北朝期に勤皇の武将として知られる楠正成と弟の正季が七回生まれ変わり忠節を尽くすと言い残した名言を基にした作品です。
 室町初期の武将・斯波義将や日野富子などに生まれ変わり最後は日清戦争時の軍神である広瀬中佐となり足利尊氏以来の抵抗を成し遂げる連載長編の終回となっている。独特の作り込みがマニア好みになっていて女流作品としては珍しい。彼女の俳句は,

まごころに素直に応え大黄菊
空晴れて枝豆を刈る手に力

 ーーの二句である。

発行所=〒6794100たつの市龍野町末政34 三木方 マストの会(2017年3月発行)
紹介者=「文芸交流会」事務局長・外狩雅巳

カテゴリー:檣 マスト

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコメント

月別 アーカイブ