2015年12月アーカイブ

「弦」第98号(名古屋市)

| コメント(0)

2015年12月26日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「ゆくえ」野々山美香】
 これは、結婚して新しい生活に入った娘の境遇が、あまりにも不幸に感じて心を痛める両親の姿を描いたものである。人間の肉親関係を端的に表現している。嫁にやった娘の亭主は、浪費家で、自分で家賃を払えなくなると、妻の実家に住んで、家賃の節約ができると、同居を求める。娘は妊娠している。娘可愛さで、それを親が受け入れると、娘の亭主は、会社の同僚を読んで麻雀三昧。とにかく社会人としての、矜持がないクズ男だが、娘は夫を愛しているという。
 かつての「みのもんた」のテレビバラエティの人生相談にありそうな話である。しかも、人間の家族構造の原理からしても普遍性がある。作品では、父親が娘の亭主を殺してやろうと、刃物とロープを用意する。そして、娘の亭主を殺す夢を見るが、目が覚めて、その凶器を探すが見つからない。そのまま時が経つところで話を終わらせる。いかにも同人雑誌でなければ読めない素朴な味わいがある。現代は、子どもが成人したら親は親、子どもは子供と、別人格がはっきりしているものだが、日本人の家族意識の伝統がまだ健在な世代もあるということを示している。
【「沙也可」白井康】
 韓国人名の家族の祖先が日本人だというので、そのルーツを秀吉の挑戦征伐の時代からたどる話と、若者の恋愛交際の進みぶりを描く。半分ずつ成功している感じ。
【「カイロプラクティック」長沼宏之】
 日本人のサラリーマン生活のいじましさと鬱屈した側面を、丁寧に描く。読むのに長いの気になるが、好きに書けるのが同人誌だから、それもいいのでは。
【「加齢臭」空田広志】
 男の高齢者の性的な欲望について書いたもの。それを加齢臭と同じ嫌悪すべきものと描く。いまはやりの消臭剤の宣伝になるような、普通感覚で、そうですか、というしかない。リアルさを超えた真実味を発見する努力をみせれば文学になるが、これは書きかけで終わってそれがない。
発行所=〒名古屋市守山区小幡中三丁目4?27、中村方「弦の会」
紹介者=「詩人回廊」北 一郎

カテゴリー:

2015年12月22日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 ついに100号に到達した本誌は、いつにもまして重厚な存在感がある。ここでは同人誌の社会的な地位の変化にかかわる事柄が多く記されている。
【ずいひつ「『文芸中部』前史」三田村博史】
 今年6月に亡くなった作家・安達征一郎氏が88歳で亡くなったそうである。安達さんは、直木賞候補作家で「怨みの儀式」で70回、「日出づる海日沈む海」で80回の候補になった。晩年は「少年探偵ハヤトとケン」シリーズなど児童文学も手掛けた。かれは「文芸中部」の発祥もとの同人誌「東海文学」に書いていたという。そこから井上武彦氏などの本同人誌と直木賞候補の関係が記されている。
 そして安達氏の「憎しみの海が」映画監督・今村昌平の映画「にっぽん昆虫記」のあとの「神々の深き欲望」の原案になったことがエピソードとして述べられている。ここで自分が興味を持ったのが、同人誌と職業作家とのつながりである。
 自分が安達征一郎を読んだのは2009年に川村湊(編・解説)の「安達征一郎 南島小説集「憎しみの海・怨の儀式」(インパクト出版)であった。
 ここに安達征一郎年譜があって、彼が職業作家でありながら多くの同人誌にも作品を発表しているのである。それによると、
 1948年には、高部鉄雄の筆名で書くかたわら、同人誌「竜舌蘭」再刊に力を尽くす。1952年に「憎しみの海」を同誌に発表。
1954年に「群像」10月号に「太陽狂想」を発表。評判が悪かったとあるが、作風からして「群像」と相性が良いわけがなく、不思議ではない。
 その後「近代文学」の「灯台の情熱」、同人誌「裂果」に「島を愛した男」などのほか、「東海文学」、「文学者」などに作品を発表している。
 これは同人誌の作家が商業雑誌を補完し、隙間を埋めていた時代があったということで、そこに文芸同人誌が文壇への登竜門とみなされる近代的な歴史的時代があったのだ。
 よく、雑誌「文学界」の同人誌評がなくなったことと、同人誌の社会的な存在感の低下を結び付ける論があるとすれば、それは誤解であろう。それ以前から、その歴史は終わっていたのではないか。
【「五十号から百号までのあゆみなにかが書ききれていない」堀井清】
 百号までの目次の一覧表である。ここには顕在しないなにかが、たしかにある。書くことには、世間に問う意味合いと、自分自身の内面を言葉にして自己確認をするという、高橋源一郎氏曰く「自己表現をしたことのご褒美」というデザートがあるからではないか。デザートは、作るも食べるも消耗的な時間として消えるものであるからではないか。
 本誌は、いろいろほかに読みどころがあるが、この辺で。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:文芸中部

「海」92号(いなべ市)

| コメント(0)

2015年12月19日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「白い灰」宇梶紀夫】
農民文学賞受賞作家であるが、これも農業生活の話である。エピソードは多彩で紹介する余地もないが、印象的なのは、都会では当たり前になった水洗便所がなく、当時はどこでも汲み取り式。鬼怒川流域のそこも、人糞を畑の肥やしにしていた。そのため、嫁さんは、嫁ぎ先の汲み取り便所の臭気などになれてくれるかどうか、迎える先で心配する話がある。そこで、すこしでも不快感をやわらげようと、便所に石灰を撒く。それが「白い灰」である。自分は、東京住まいであったが、汲み取り式が長く続いた。そのため、便所の臭気は、慣れていた。余談になるが、1980年ころ自分の子供たちを連れて多摩川にハゼ釣りにいった。当時の多摩川の河原のトイレも汲み取り式だったのか。娘たちにそのトイレを使わせようとしたら、嫌がって使おうとしない。家では水洗トイレであっても、何かの非常時には、多少の不快なトイレもつかわなければならない。そう思って、泣いていやがる娘に「これぐらい慣れないでどうする」と、ひどくしかりつけて、そこを使うことを強制した。戦時中生まれで、つねに切羽詰まった生活が記憶から離れ合自分には、当然の発想であったが、家内と子供には異常な父親と見られたようだ。そうした発想のちがいが、時代の異なる娘たちとの断絶を現在にまで及んでいるいまでも、野生の動物が人里に現れるというニュースなどをみると、戦争で食料不足になったら、それらを捕獲して食料にする余地があっていいではないか、と思わないでもないのである。我々の世界の環境の変化のため、世代間で、内面的同一性が失われてきている。
 この作品では、農業地帯の人間関係と土地の自然との係りが描かれているのだが、ある意味で昭和という時代小説というジャンル分けが可能ではないか、とも思わせるものがある。
【「湿った時間」宇佐美宏子】
 現在は落ち着いた家庭生活を営んでいる「私」は、大学時代に、1年先輩の沓子と同性愛的な性生活を送った経験がある。その沓子が夫を殺害した嫌疑で、警察に追われている。「私」のところを立ち回り先として、手配し見かけたら連絡するように、警察から連絡が入る。案の定、沓子から連絡がある。「私」の夫がそれを知って警察に連絡してしまう。なかで、沓子との関係を回想することにページが割かれている。それが「湿った時間」ということらしい。闊達な文章で、筆力があるので、面白く読ませる。
 物語性が強いので、一般的読物の範囲をでないのであるが、性的な関係が女同志、男女の夫婦関係とどう異なるのか。性的な欲望のなかに潜む人間愛の姿の追及にまで筆が及べば、純文学としての世界に入り込める作風である。文学に対する作者の姿勢がはっきりしないのが惜しい。
発行所=〒511?0284三重県」いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:海(いなべ市)

「アピ」2015年6号(茨城県)

| コメント(0)

文芸同人誌付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「思い出づくり」友修二】
 瀬戸内海の近くに住む山田亮は、妻と子どもと円満な家庭をもっている。仕事は自治体に情報機器を納入する営業をしている。会社では、やり手の同僚がいて、彼に対抗できず、あまりぱっとしない存在である。ちょっとしたことで、評価が上がったり落ちたりする。山田はお役所との立ち回り下手で、ある。ライバルの社員は自腹を切って役人にお歳暮などを送っているという。
 そんな同僚たちの出世意欲とは別に、山田は釣りを趣味にしている。そこに役人の広野という釣り好きの男がいて、職場の規則で禁止されている釣りボート遊びに山田が便宜をはかってやる。そのとき、ひろみという若い女性が同行することになり、心を浮き立たせるが、結局、芯が真面目な山田は浮気をしないで、何事もなくほのかな恋心を終わらす。そして(出世、肩書き、お世辞、嘘......)をどれだけ捨てられるかわからないが、それを捨てた分だけ家族との大切な思い出が蓄えられていくのだーーと、考える。
 毎日のサラリーマン生活の中で、小さな世界でおだやかに暮らすことが、幸福の原点であるという思想が、読みやすい私小説的手法のなかに盛り込まれている。文学的には古典的で平凡だが、同人誌作品ならではの癒しの創作になっている。
【特別寄稿エッセイ「いつかえる緑花咲くふるさとへ(小高区へ)」吉岡千善】
 3・11の東日本大震災と原発事故で、避難した福島県の牧畜業の話である。ほとんどの牛は殺処分され、何頭かは逃げ延びて野生かしたのであろうか。なかに「これからの私達は放射能との生活に覚悟をしなければならない。今のおれは大学の研究牛を管理しながら牛との触れ合いもあり、日々そんなことに感謝している」とある。そして先の見えないなかで、行政のつくる未来に期待するしかないと語る。末尾に(本作品は、被災牛と歩んだ700日―東日本大震災におけるー畜産の農家の苦悩―特定非営利活動法人懸の森みどりファーム発行より転載したものです)とある。このような社会的テーマ性を持った地域誌であるのが、本誌の特徴であろう。
発行所=〒309?1722茨城県笠間市平町1884?190、田中方。文学を愛する会。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:アピ

2015年12月 4日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は、福島原発事故の地元から発行された同人誌で、そこには現地での環境認識がどのようなものであるかが、鋭く表現されている。その社会性の一面を《暮らしのノートITO―秋沢陽吉「吉本隆明的なるもの」雑誌「駱駝の瘤」通信10(福島)から》で紹介した。ここでは同時掲載された文学的な芸術性にかかわる評論について紹介する。
【「街あるき」再見―訂正と補遺】石井雄二】
 まず、話は前号(通信9)おいて作品「『街あるき』読解仮説』」(磐瀬清雄)があることにつながる。中野重治の戦前に書いた作品「歌のわかれ」と「町あるき」という作品の文章表現の手法について論じたものである。ここでは、映画的な視覚を通じた描写の中に、作者の内面を盛り込むという表現技術に関して、小林秀雄や石川淳などの小説論を交えた長い引用がある。
 同じ号に、石井雄二が「歌のわかれ』最後の一節をどう読むか」を書いているのである。ここでは、木村幸雄の「中野重治と『革新』」(「中野重治論―文学と思想の行方」について触れている。この前作に対応する訂正と補遺なのである。
 作家・中野重治(1902年?1979年)は、政治思想活動と文学芸術の両面を追及した実績があり、社会的な存在としての人間性の表現と、その芸術的な表現力は、すぐれたものがある。作風において細部の描写において、その人間の精神性をよく表現している。流行作家ではないが、現代の文学が、大衆文化のサブカルチャーの一部のなかに埋没する現状からして、純文学の本質に沿うひとつの方向を示すヒントになるのではないか。
発行所=福島市蓬莱町1?9?20、木村方、ゆきのした文庫。
 紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最近のコメント