2015年11月アーカイブ

「ガランス」23号(福岡市)

| コメント(0)

2015年11月20日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「電波塔」大原裕】
   三郎はある日、町に建てられた電波塔が、町民を洗脳し、操っていることを、何の理由もなくわかってしまう。そこで、なんとかそのことを町民に知らせようとする。電波塔の前で座り込みをするが、家族からは離婚され、町からは精神変調者として強制入院させられる。SF小説として物語性に物足りないところがあるものの、重要なメッセージ性をもつ。実際に、国連が世界各国の言論の自由度を測る調査を実施しようしている。日本政府は、その対象になることを、拒否したという。これは、政府がメディアを使って世論操作、洗脳していることを、世界に知られたくないためであろう。なんとなく変な、現在の日本を象徴したような不気味な効果をもつ。
【「蟄虫」小笠原範夫】
   主人公「わし」は(古いけど、今回はローカル色がでている)、親から相続したおんぼろ屋敷に住んで三年。親の面倒はすべて弟の哲也がみて世間からの見送りを済ませていて、田舎の両親の家を主人公に相続させてくれた。ダメな長男を立てる、しきたりを守る律儀者の弟らしい。
   「わし」は、引きこもり系の男だが、独り身は寂しいので、見合い形式で咲子という女性と知り合いになる。若者のラブストーリーのような仲になりたいと、サキと呼んだりするようになる。やがて、気の合ったところで、サキは通いお泊りから、同居することになる。すると、浜村に横恋慕していた男がふたりの仲をさいて奪おうとする。主人公の自分(ゴシック体で書く)が、老後プランについて、「わしの仲の自分が騒ぎはじめた。――虫のように生きても、虫のように死にたくないぞ。――隠者と決めたからには虫のような孤独死がさだめだ。人知れず死んで郷里の山野に白骨をさらせば、本望じゃないか、と自分に説き聞かせた。――となるのだが、理屈はそうでも、別の自分は、そんなのはいやだと泣きつく。そうした矛盾した自己心と向き合いながら生きていく経緯が説得力をもって、語られている。人間の他者愛と自己愛の姿を、エピソードを面白く挟んでいて、小説は細部に生命が宿るということを良く示している。良くもなければ悪くもない人生。その晩年の実相を味わい深く表現している。
【art review2015「記憶は過去形ではない」ミツコ田部】
 前号の「Garance」22号の「もう芥川賞はいらない」も読んだが、これは現在の文学のあり方一つの批判として興味深く読んだ。きちんと書かれているが、たまたまの受賞作品への傾向批判となってしまいがち。芥川賞文学が文学全体への批判になりえないところに、課題があるようだ。「記憶は過去形ではない」は、それは人の心に深く刻みこまれて、消えることのない強固なビジョンであることを語り、大いに共感した。
 発行所=〒812?0044福岡市博多区千代3?21、(株)梓書院内、ガランスの会。小笠原範夫。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

2015年11月13日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 今号は先号のライフスタイル小説集のような傾向に対し、純文学的精神に触っている感触の創作がいくつかあった。
【「神の水溜り」水上ヤスコ】
 印象を先にいうと、深読みの可能な良質な小説である。精一という男が、一人暮らしをしている伯母の民江を訪ねる。民江は、新興宗教の教祖的な霊媒体質をもっていて、ある事件を起こしている。近所からの異変通報で、民江と同居していた叔父と従姉弟の雪枝が白装束のまま餓死しており、民江が衰弱したまま、そこで倒れていた。警察は責任能力をとえないとして、彼女を釈放する。 その間に精一と民江の関係、近所付き合いのこまごまとした逸話がある。自己表現中心的で、作品的には説明不足。よく原因はわかないが、人的な災害かなにかで民江が死んでいるのを発見して終わる。このような終わり方ならば、前半部からもっと緊張感をもたせた書き方が適当に思えるが、そうでないところが関西風なのであろう。そうした不完全性とは別に、民衆の生と死、新興宗教、高齢者、災害と、日本の現代の縮図のような雰囲気をよく描き出している。寓意性を持たせるという視線があれば、もっとまとまりのある作品になったのではないだろうか。
【「鉄路の先に」櫻小路閑】
 これもかなり面白い。語り手の「僕」は、区役所の職員で、決まりきった仕事のなかで、意欲的でない仕事ぶりをしている。内密に各種資格試験をとって、次の事態の変化に備えてはいる。時刻表と首っ引きで、鉄道乗りを楽しむ。僕の愛読書は、ドストエフスキーである。日常生活の単調な暮らしのなかへ、異常な非日常性の物語をぶち込む体質のドストエフスキーを読む。ドストエフスキー日常性への憎悪の裏返しとして、平穏な生活者の私がそれを皮肉っている意味にも受け取れる。ほんとうは人間の社会性への、批判的な凄みをもつ精神があると思わせるのだが、引きこもり的な、さりげない表現なのは、やはり関西風なのか。
【「がんもどき」多田正明】
 70歳を超えて、胃がんになって手術する。それまでの経過と、その後の身体の状況を、実に手際よく整理して書いている。そうなのかと、読んで役立つ手記風物語である。なにがあってもおかしくない年代層の手術や抗がん剤治療への疑問を持ちながら、周囲との流れで、手術し胃を摘出する。その経過が冷静に記録されている。高齢者にはおすすめの一文である。
 〒546?0033大阪市東住吉区南田辺2?5?1、多田方。メタセコイアの会。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:メタセコイア

「群系」第35号(東京)

| コメント(0)

2015年11月 9日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号では、日本文学の特集で「内向の世代」と「戦後の日本映画」がテーマで、各同人が分担して書いているようだ。作家別文学論集のような装いを呈している。小説は1編だけである。
【会長ファイル3「十五万市民の中には」小野友貴枝】
 福祉施設の会長をしていた主人公の英田真希が、市役所の元福祉部長をしていた男と電車のなかで、出会う。全国組織の医療福祉法人に理事をしていた英田真希が、64歳で定年退職。その後、市長の推薦で、地位の福祉センターの会長職にあった時期のことを、出会った元福祉部長との関連で、回想するきっかけになる。
 地域の福祉センターは、市から2人が出向してきており、あとは16人のセンター員が働く。会員と寄付や市の支援が運営資金であるらしい。会長は週2回出勤で、組織の動向を把握しにくいなか、不合理な運営の改善や企業の寄付金を増やすなど、改善をしていくが、市には市の事情があり、改革の余地を残しながら、退任させられるのであるが、少しでも市民の生活に貢献したことを誇りに思うというもの。市役所という地域自治体の曖昧な組織風土がそれとなくにじみ出ている。
【「シャーキャ・ノート?原始仏教残影(8)最終回」古谷恭介】
 現代の仏教事情から、原始仏教の姿を想像しながら、執筆しており、読み応えがあった。私の家は浄土真宗であるが、親鸞聖人の説と連如聖人の布教の過程の矛盾した残像が、檀家寺に存在している。また、自身では座禅修行の金剛経道に参加したことがある。この連載では、現代的に文字化されたものを資料として、原始仏教を分析している。金剛経道の座禅で実感したのは、禅精神もあるが、この時代は文字がなく、すべて口承で伝わったものであろうということだ。リズムカルで、繰り返しが多く、意味の重複など、暗記で伝わったものにもかかわらず、きちんと論理的に一貫している。その不思議さに感銘をうける。
 本稿ではシャーキャの死における説話の多様性が指摘されている。これは、他人からのまた聞きだが、仏陀の論理というものが存在するらしい。論理学哲学者が明らかにしていて、この論理から外れる説は、すべて他の教祖の説だという。例えば、死後の世界についての天国、極楽などのお話は、すべて仏陀の説にはないそうである。
編集部=136?0072江東区大島7?28?1?1336、永野方。「群系の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:群系

「澪MIO」第6号(横浜市)

| コメント(0)

2015年10月31日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号の石渡均氏の取材インタビューをもとにした特集「人生の最後を看取る、訪問介護の実態!」は、「暮らしのノートITO」で紹介している。大資本の新聞や雑誌ではあまりやらない視点での、自由なジャーナリズム精神を感じさせる。
【詩「二千十五年のヴォーカリーズ?できればラフマニノフの『ヴォーカリーズ』を聞きながら」田村淳裕】若かりし頃の安保騒動の終焉。1970年代を共に過ごし、海外にわたってから帰国した友人Sへの葬送詩であろう。人は時代のかけらをかかえて去って行く。
【評論・映画監督のペルソナ「川島雄三論?最終回」石渡均】
 川島雄三の足跡を追って下北半島まで出かけて、彼の映画製作の精神を追うというか、忖度する余地を作り出していく、という姿勢が独創的に感じられた。その点で、とくに前回と今回は興味深かった。
 川島は山本周五郎原作の「青べか物語」を映画化しているようで、シナリオと小説の一部を引用しているのが、面白く読めた。細部にふれているときりがないが、映画ファンでなくても、それぞれに想いを持たせるものがある。
【評論「ポーの美について(ノート)?最終回」柏山隆基】
 「ワーズワースの『序曲』(特色、コールリッジによる評価、政情への幻滅と魂の不滅)、ポーとワーズワースの両者のプラトニズム、ポーの本領、など」とある。いわゆるロマン派の話で、ポーとの関係がどのようなものか学べる。
【「最後の洞窟」柊木菫馬】
 「君」という人称で書かれているので、二人称小説と思わせる。しかし、次第に、交通事故で死者となった「わたし」が、同じ事故で生き残った友人を君をとして語っているのだとわかる。凝った手法である。母親との近親愛の相関関係などを絡めて、お話として成功させているように思える。
 森の木や雑草など植物を風景描写に取り込んでいるのが効果的。3人しか登場しない作品世界でのちょっと変な話に、説得力を持たせている。車谷長吉に傾倒しているそうであるが、たしかに、妙に肌にまとわりついて惹きつける文章運びには、その影響があるのかもしれない。
発行所=〒241?0825横浜市旭区中希望ヶ丘154、石渡方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

最近のコメント