2015年4月アーカイブ

「コブタン」NO.39(札幌市)

| コメント(0)

2015年4月 6日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「現近代アイヌ文学史稿(四)」須田茂】
 本号では第6章「歌人たちの登場?内なる越境の始まり(続)として歌人・森竹竹市(1902年?1976)の文学について記している。森竹は、遠星北斗、バチュラー八重子と並んでアイヌ民族を代表する詩歌人として有名であるそうだ。2000年1月、森竹の聖地・北海道白老町に森竹竹市研究会(伊東稔会長)が設立され、遺族から預託された遺稿などの資料を中心に研究が進められているそうである。
 文芸同志会は、発足当初から2年前までNGO「市民外交センター」に支援をしてきた(過去形です)。活動のひとつに「日本人は単一民族である」とする政治家の発言に表わされるような、歪んだ民族意識を正すべく活動をしていた。国連での「先住民族の権利に関する国際連合宣言」でのアイヌ民族の存在と対象について認めさせることがあった。文芸同志会では、台湾の先住民たち日本統治時代の「高砂族」などの係累が、日本人兵士として靖国神社に合祀されていることについての活動にも関係してきた。
 そのような活動も重要だが、なんといっても文学的な文化活動でそれら民族の精神を広めることは大いに意義がある。現在はクールジャパンなどと称して、日本伝統文化の特異性を世界に広める動きがある。長い歴史のなかで、さまざまな民族の文化・思想・習俗が島国のなかで衝突と混合をして作り出した文化遺産を今、世界に出して食い潰しているのである。それらの結晶を、テレビなどメディアがもてはやし、自信喪失した日本人の誇りを取り戻すとしている。しかし、それ培ってきたのは多様な民族的人間性であって、国民の一部を他者として排除する人々によるものではない。
【「野を翔る声(後編)」石塚邦男】
 前回で終わったのかと思いきや、続きがあったようだ。執筆姿勢のフットワークの良さが感じられる。このように続きが出てくるのも、この小説の主人公がアーチストで、東京にったかと思うと、また北海道にもどるという、観察行動型の語り部として機能しているからで、途中もそれぞれの読みどころがあって面白く読める。このスタイルについては、文芸交流会での記録にも書いたが、ジョセフ・コンラッドの間接的な話法の系統がある。また、アメリカのハードボイルドミステリーの定番形式でもある。探偵事務所に、依頼人がやってきて、問題解決を頼む。すると探偵は、その問題を追求する。それが、終わると探偵はまた事務所に戻って、依頼人を待つ。それであるから、いくらでも話が続くというわけである。
発行所=〒001?0911札幌市北区新琴似十一条7?2?8、須貝方。コブタン文学会。
紹介者=「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:コブタン

「日曜作家」第9号(茨木市)

| コメント(0)

2015年4月 3日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号は2015冬号とあるが、ちょびちょびと読んでいるうちに春なってしまった。文学の基本は、読者と作者にとって癒しの素であることが望ましい。同人誌は作者の癒しが優先されるのは仕方のないところだ。
【「スルリカー」甲山羊二】
 一人称によるおしゃべり事という設定。内容は、人妻のちょっとした浮気心を軸に、彼女のお喋りが想像力をかきたて、単一視点でありながら、他で何がおきているかを想像させる構造。そこは読者に想像させる仕組み。おしゃべりなのに無駄話でない、書かずに描くための話法と文章力の優秀さが出ている。オチまでついて、読んで楽しめるお話。
【「女流作家」紅月冴子】
 女性が恋人をモデルにしヒントにした小説を書き、文学賞を受賞する。恋人の男はモデルにされたことで、心穏やかならぬ様子になる。そこで悩む。話の運びにスピード感があり、面白く読めるが、どちらかというと大衆小説。男の人間像が描けていないのが不満。文章を整理し、無駄を省くと作品の品位が上がる余地を感じさせる。
【「咲野・山頭火の妻」冬木煬子】
 小説化すると、こんなに面白いものかと、眼を見張らせられた。
【詩「片想い」佐藤柚奈】
 想われるより、想うほうが心豊かで幸せかも、と心が癒される。
【「土筆は摘まない」堀章子】長編で何枚書いても、このような父親と娘の像を心に刻みつけることはできないのではないだろうか。短いからこそ、鮮やかにその情景が伝わる。これも癒される。みんなに読ませたい1編。
発行所=大阪府茨木市上野町21番9号、大原方、「日曜作家」編集部。

カテゴリー:日曜作家

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

最近のコメント