2015年1月アーカイブ

2015年1月30日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 はじめてみる本誌だが、女性ばかりの雑誌のようだ。どの作品にも書く喜びが、底流に流れて居て、読んで楽しい気がする。いくつか概要をあげる。
【「桜島を眺めて」本間弘子】
 なんでも50歳を超えて結婚したという主婦が書く。夫の話も出てくるが、溌剌した明るい文体で、面白く読まされて、これはおのろけ話ではないか、と思わされた。この手法は見事。読んでいて、中年青春の黄金の季節的なお話であった。
【「あさきゆめ」「のどかな日々」鷲頭智賀子】
 豊富な人生体験を背景に、老いらくの生活視点から、人間的交流のエピソードを語る。昨日まで元気でいた人が、突然この世から去る。浅き夢のごとき人生の、生きる意味を問いかける。
「遺言」杉山武子】
 本作品は、毎日新聞の「同人誌季評」<小説>10月‐12月(古閑章・鹿児島純心女子大教授・日本近代文学)に丁寧な評があるので、そこから引用する。
――杉山武子「遺言」(「火の鳥」第24号は、遠く離れて暮らす母親の、心に秘めた思いに衝撃を受ける(佐知子)の姿を描く。後添いとして舅や姑に献身的に仕え、夫から愛されているという意識だけを頼りに生きてきた老母の繰り言は、前妻の赤子(異母兄)を姑に取られ、自分では何もできなかったかつての家族制度の理不尽さを目の当たりに照らしだす。
 佐知子と異母兄との間には何のわだかまりもないだけに、実母となさぬ仲の異母兄、今は亡い姑との入り組んだ関係が改めて読み手の心にのしかかる。佐知子の立場からすると、離れとはいえ、一緒に暮らしてくれている異母兄夫婦に負い目がある分、愛娘に甘え、泣き言を並べる老母をむげに突き放させない立場がなおさら辛い。
 作品末尾で、母娘は、老後は島原に別荘を建て、夫婦なかよく暮らそうと計画していた思い出の場所を訪ねて行く。詐欺まがいの不動産業者による別荘計画だったゆえに、土地自体は存在するものの、そこには目も当てられぬ原野に変貌していた。母親は佐知子と別れ際に「自分が死んだら有明海に散骨してくれんね」と、遺言する。夫は先妻とすでにあの世で暮らしているから、自分は死んでからも後妻ではいたくないと訴えたのだ。「ああ、なんてむごい」考えかと佐知子は愕然とする。
 少し呆け始めた老母に向き合う娘の忍耐強さに頭が下がる。短編としての構成もしっかりしており、短くとも中味が詰まった作品だ。ただひとつ、作品末尾に書きこまれた「しっかり歩け」という一文が気になった。これが、梶井基次郎の「冬の蠅」を経由して梅崎春生の「幻化」に継承される「しっかり歩け」を踏まえていることは紛れもない。作者が近代文学研究者研究者という側面を考慮すればなおさらのこと。もし杉山がそのことを意識していなかったとしても、答えはやはり同じで、二番煎じの感は否めない。――
 紹介評については、これ以上のものは望めないであろう。秀作である。ここでの「しっかり歩け」については、作者の口癖のようなもので、あろうか、事情を知らない。
 手際のよいと筋の運びと文章の巧さ。だが、設定は複雑な事実に沿ったとしても、重い雰囲気で深刻ぶらない意図が感じられ、私小説的なものには読めなかった。工夫を凝らして、意識的に軽みをつけたような気がする。
発行所=鹿児島市新栄町19?16?703、上村方。火の鳥社。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

「カプリチオ」(東京)

| コメント(0)

2015年1月18日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号は、「はたして『檸檬』は――爆発したか? それぞれの梶井基次郎」という特集があって、同人がその評論を発表している。現代人に梶井作品がどう読まれているかがわかって面白い。
【「葛につかまって」荻 悦子】
 詩人として「るなありあ」誌を発行して、詩はわかったり、わからなかったりするが、小説を読むのは初めて。奈緒という家庭の主婦は、年頃の娘がいて、夫は出版社の役員で忙しそう。奈緒が文章投稿の採用が縁で、乃木坂に行き占い師に合うところから話がはじまる。
 奈緒の趣味や好みの話が出て、それが「問題なのか」と思うと、そのことに気持ちが動いたということらしく、問題の所在は横滑りをしていく。娘が海外留学を希望している話がでる。夫は賛成のようだが、夫の仕事でしばらく米国滞在の経験がある奈緒には、積極的に賛成する気分でない。それらの成り行きが、心を揺らす要因のひとつで――感じることを中心に奈緒の感覚の好みの横風に流して語られる。そのように意識の流れることが、主婦の存在感となって示される。夢見る女性の微妙な心理が伝わってくる。この風変りで独特の表現法でないと語れない気分と主張があることを納得させられる。
 あっと驚くような新しいものに出会いたい、としながら「それから、どこへ向かおうか。辿り着けない峰を仰ぐのに似ている。心の中に葛を生やして、しかとは見えない想像の木の枝に絡め、それにつかまって、頼りなく揺れているようだ。」とあるが、こういう精神は、奈緒だけのものでないことが、たしかに見えてくる。
【「星のふもと」夏 余次郎】
 妻を交通事故で失った男が、喪失感と憂愁の思いに心をふさがれ、バーやクラブなど街角をさまよう様子が描かれる。落ち着きのある文体に魅かれて読みすすむと、クラブのホステスらしき女性、バーの老人など、みな愛する人を失った悲しみをもっていることがわかる。優雅で重くならない表現力で、しだいに愛するひとを失った喪失感というものをあらためて身にしみるような気がして、余韻に満ちた読後感がある。
【「漆黒のホールの奥にあるもの」門倉 実】
 抽象的に見えながら、比喩のどれもが地に足のついた独特の感覚で、現代という時代をリアル感覚に転換いるようで、なるほどと共感し感銘を受けた。
【「秋」斎藤勲】
 これは、何月何日に何があって何をしたという生活日誌だが、どういうわけか、じつに面白い。出来ごとの選択の仕方が品性を感じさせる。
発行所=〒156?0044世田谷区赤堤1‐17‐15、「二都文学の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:カプリチオ

「奏」2014冬号(静岡市)

| コメント(0)

2015年1月16日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「川崎長太郎の文学"私小説家"の誕生まで」勝呂奏】
 川崎長太郎という作家の小説を読んだことがない。ただ、文壇情報のなかに、掘立小屋に住んでいて、私小説を書いている、というようなことを読んだ記憶がある。そのもとが伊藤整の私小説作家論として、この評論で記している。
伊藤整の「逃亡奴隷と仮面紳士」(昭和23年8月『新文学』)において、「<逃亡奴隷>と呼ぶ作家をその代表格として太宰治と並べて川崎を<現代の典型>とする。」その紹介は次のようで――魚屋の2番目息子が、文学に凝って天秤棒をかつぐ奴隷から逃げ出し、女たちを恐れて、2畳間の小屋に暮らしている。実に典型的な逃亡奴隷だ。(略)現世を極端に恐れて「方丈記」の作者然と小田原の海岸に構えこむ――。
 実際は、川崎は長男だそうだ。それはともかく、川崎長太郎が社会主義思想のプロレタリアの視点と、アナーキースト思想の反ブルジョワ的文学作品や評論を書いて過ごしたという事情が詳しく記されており、私小説作家になったのは、晩年に近い頃であると知って驚いた。
 これは個人的な考えだが、社会主義思想に影響されても、個人として芸術表現を追求する場合、アナーキーになるのは必然で、あくまで政治体制への変革を志向するなら、筆を折るしかない。政治闘争には欺瞞とアジテーションが必須だからだ。そこでの芸術の存在する場所はないとは言えない。しかし狭い。
 評論で私小説作家「葛西善蔵の芸術を否定す」というのを書いているという。おそらく民衆を困窮者へ追い込む社会体制への意識が欠けるという論拠であろう。いまでも同様の論調は存在する。
 その経緯が綿密に調査され、そんなに資料があったのかと、勉強になった。川崎が徳田秋声と宇野浩二に認められ、ついには「既に社会を否定する為にそれを破壊する為に生きる意志も、さらにプロレタリアート為に生きようなど」とするのは、身の程知らず。主義の洗礼当時に抱いた夢を失い、ひとり山頂に居て、下界をみるような否定も肯定しない文学の道を志すまでを立証している。これは徳田秋声の晩年の世間の観察者として自己感情を抑制した作風に似るであろうことを想像させる。
 発行所=〒420?0881静岡市葵区北安東1?9?12、勝呂方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:

「弦」第96号(名古屋市)

| コメント(0)

2015年1月 7日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「大学にて(5)翠雨」喜村淑彦】
 毎回、大学内の運営や教授世界の動向を連載している。自分は経済分野出の文学趣味なので、社会構造に関するものに興味をそそられる。今回は文学的に独立した短編小説になっている。実父と養父のいる複雑な家庭背景と、その時代その時代の文化的雰囲気を手順良く描き、亡き実父に愛人がいたことを後で知るまで、意識を逸らすことなく、読み進む。作者はその愛人が存命であることを妹から知らされて、面会の手引きを依頼し、実現する。血族関係者の描き方を含めて、整然としたなかに、内に込めた情念を冷静に淡々と表現する文章は、幾何的な美と表現力を発揮。原稿30枚とは思えぬ重厚さで、ひとつの文学的成果を感じさせる。
【「たそがれ団地」長沼宏之】
 かつては若い家族が多く住んだ団地も、高齢化とともに空室が増える。そこで引きこもりをしていた23歳のおれも夜は団地を歩いて見廻りのようなことを自然にはじめる。そこで出会う住民の交流や、母親の死、団地自治への参加など人間模様が描かれる。注目点は「おれ」の一人称語りのなかに、他者からの聞き取り話を、第三人称的にとりまとめる文章表現で、この手法をさらに延長すれば、密度を高く幅がでる可能性をもつように思う。全体に癒しの要素を含んで、わかりやすく、読みやすい。その分、冗長だが、面白くよめる。
【「インナーマザー」木戸順子】
 認知症の母と世話をする立場から娘の視点で描かれた介護生活が素材。いままで、同様の素材の小説を同人誌でいくつ読んできたのか、数えられない。本作は細やかで、良く書けているが、それらに作品のなかでは、普通の印象。ちょっとひねったところが、母親が死んで、異臭を放つ夢を見るエピソード。不思議なことに、親の介護の生活日誌的な作品で、認知症に悩まされながらも、その死をイメージする話はほとんどない。死なないから、終わりが見えず、現在が見えずにただひたすら介護に没頭するのがほとんどである。いずれにしても、どれも人の生きる意味を、問いかけてくる。
発行所=463?0013名古屋市守山区小幡中3?4?27。中村方「弦の会」
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:

「白雲」39号(横浜市)

| コメント(0)

2015年1月 6日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は、発行日1月10日の新春号は昨年暮れに届いた。商業誌並にひと月早く発行したのも読者サービスか。
 俳句主体の同人誌に創作等も増えてきた歴史を持つ。主宰者の岡本高司氏は交流や文芸誌化に意欲的な方だ。関東同人誌交流会にも積極的に参加して来た人だ。
 交流会で知り合って以来、毎号律儀に送られてくる。 今号は小説3作と随筆4作に紀行文も一作あり90頁だ。
 本来の俳句・短歌等の倍近くも散文が占めている。
 岡本氏は「草細工」80句を掲載している。流石は主宰者だ。ユーモァと人情が軽やかに詠われていて幾つか立ち止まった。

    ・がぶ飲みの水道水や夏休み
    ・ビール試飲モンローウォークしてみるか
    ・その墓を離れぬ人や秋日傘
    ・この猫はどこへ帰るか草の花
    ・洗濯物ぱんぱんやって文化の日
    ・顔見知るやうな案山子と出会ひけり

 また、巻頭言の「カノジョのいる風景」岩谷征捷にも立ち止まった。元関脇・開降の本名が青木勘乃丞で、それをカノジョと呼ぶ同級生。昭和三十年の秋田での中学生時代を思い出が記された短文である。
発行所=横浜市港南区港南6?12?21・岡本高司・白雲の会。
紹介者=外狩雅巳《外狩雅巳のひろば》(町田文芸交流会事務局)

2015年1月 5日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「噴く」小畠千佳】
 有珠山の噴火を思春期の男女が観にいくが、泊ったラブホテルには、それを見る窓がなかった、という話。しかし、それは世俗的な素材であって、描かれているのは、少年少女の親もとの家族から離れて自律的な生活に入る直前の状況である。いわゆる成長物語、世俗的には主人公が男を知って女になる話である。「ご休憩」と記されたラブホテルを、小学生時代に、大人が疲れているのだと解釈していたなどの表現法があるが、その書き手の位置をさらに延長させれば、もっとテーマそのものが活かせて筆が伸びたかも。短篇として話の運びだけで終えているものの面白く読んだ。動物は親の巣から飛び立つときは、失敗すれば命を失い、親鳥も助けてはくれない。日本人は、親離れして行く子供をそれほど突き放さないという精神構造をもっている。それでも自立するべきはする。そのことと意識的に強く向かい合わせて、構成を考えていたら、ラブホテルの壁の存在が重みを増した可能性を含む。
【書評「ポラード病/吉村萬壱・著」善積健司」】
 書評というのは、たいていはその存在を強調するものなので、まともに読んでも仕方がないのであるが、本作は小説とは何ぞや、文学的表現とは何ぞや、という問題意識が強く出ているので、一種の研究論文に読める。小説「ポラード病」を題材にして、その予定調和形式をとらない発想に、「問いのない答えに向き合うようなわからなさこそ自由であり小説の本分と思われる」という、筆者の実感に現代の純文学の難しい状況を知らしめ、同時に現代文学の方向性を探っている物書きの思索がある。文学的感性がある。だが、そういう探索心から離れたところに、持続性を持つ自らの文学は存在するのではないであろうか。悩みはそれが市場性と一致しにくい。一致したら幸運である。
発行所=〒大阪市阿部区丸山通り2―4?10―203、高畠方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

最近のコメント