2014年12月アーカイブ

「季刊遠近」第55号(川崎市)

| コメント(0)

2014年12月25日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「森の奥」難波田節子】
 語り手の麻子が、安岡弥生とその夫と知り合う。弥生は絵描きで、夫は経営コンサルタントをしている。弥生はアーチストらしく絵画の世界では独身を装っているようだ。芸術家の弥生の世話のために、夫は仕事をやめているらしい。絵描きの弥生が、自分の絵画の世界を追求いるうちに、生活上の認知力を失っていくまでを麻子が目撃していく。
 森の奥とは、弥生が追求した精神の暗黒面を示した絵画のことだが、作者は弥生が森の奥に何を見ていたかは追求しない。作者の筆は、絵画の芸術的世界を身近に置きながら、登場人物の親の面倒を如何に見るかという、俗世間的な世界に表現力発揮する。その意味で、絵画作品の印象に筆を及ばせながら、芸術と生活の対立点を描くという素材にしてテーマ性を脇に置いてしまった。弥生の不調和な精神を手の届かない世界と見放して、生活的な調和の視線に逃げてしまっているように思える。作品の文学性を問えば「森の奥」の入り口だけの作品になってしまった。
【「最後の合戦」逆井三三】
 前54号の「私の平家物語」では、現代人の歴史を研究する立場から、分かりやすさ納得しやすさを重視する視線で、ざっくりとした歴史観の横行する様を皮肉に描いていたように思える。現代の合理性と歴史的事実の解釈の手法に、延長線にあるものに興味をもったが、今回は、真田一族のたどった宿命を、歴史的な事実を現代的な解釈で語るという、新型の歴史時代小説になっている。関心が多様化し、感性の分散化する現代人には、こうした書き方も有効であろうとは思う。
 同じ作者らしき(三)という人が「編集後記」を書いている。楽して金を儲ける手段としての文学の位置づけや、商品とするにしては、生産効率の悪さなど、プロの作家の見方を紹介している。そういう問題に関心を向けるのは如何にも、さっくりとした大まかな把握による皮肉な見方を好む作者らしさが出ている。
 俗世間を渡るには、ものごとに深くこだわらない方が良い。金儲けもしかり。禅坊主もしかり。しかし、悲しいかな、多くの人間は、ものこだわらずに生きられる存在に、出来ていない。そこに表現芸術が存在する意味があるので、そのこだわりがナルシズムやペシミズム、オポチュニズムとして表現される。そこを変だと思わずに共感を得る人が芸術の鑑賞者になるのである。文学作品を通俗商品と混同して、金儲けや出世の手段でしか見ないのもナルシズムの変形であろう。裏読みの(三)氏の論理をまた裏返すとそうなるのではないだろうか。
発行所=〒215?0003川崎市麻生区高石5?3?3、永井方。「遠近の会」。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:季刊・遠近

「コブタン」№38(北海道)

| コメント(0)

2014年12月19日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【小説「野を翔る声」石塚邦夫】
 北海道ならではの風物を舞台に取り入れ、起承転結のしっかりしたロマン的小説である。馬、鳶、牛と牧場、女と男。主人公は絵描きさん。素材を揃えてうまくまとまっていて、北海道の雰囲気を濃厚に伝える。楽しく読めた。
【掌編「あだし野」笹原実保子】
 昔のことであるが、妻子を連れて東京で暮らしていた。そのはずの男が、戻ってきたらしく、メールをよこす。小説を書いたから読めということらいしい。変な男の存在をいぶかりながら語る作者の視線が面白い。
【紀行「兎角にこの世は住みにくい」沖郷村人】
 アイルランドの旅行記である。これが大変面白い。形式はともかく、自分の目指す散文小説のサンプルのようなものに感じた。まず作者が何を思い何かを考えているかが、表現されている。読者としての自分も、まさに描写の奥に寝ていない表現に気を逸らすことができない。文学や小説の舞台として、知っているようで知らないアイルランド人の生活ぶり。大変貴重な作品に思えた。このところ、出だしの数行を読んだだけでは、何が問題なのか、さっぱりわからない描写をまず読まされることに、ひどく疑問を感じる。これにはそれがない。まさに他者に読まれるための小説的な書き方である。
【小説「1945年8月15日」須貝光男】
 最近のテレビ番組を見ていると、「日本人のここがすごい」というテーマの番組が多い。おそらくベストセラー作家の委員さんやそのおお仲間が、そういう放送をしろと命じたのであろう。それに逆らわないのがすごい。自分でここがすごいと言わないと、それが証明できないということはすごくなんかないのだ。以前は「ここが変だよ日本人」という番組をやっていたのに...。本作の敗戦記を読むと「日本人がこんなにバカだった」ということが身にしみてわかる。話に出る金光明経の経典は、自分が座禅を修業している時に読まされ、いまだにこんなものもあるのだ、と感心した記憶がある。
 それより実際に世界が驚く日本人のすごさがある。国政選挙で、国民の半分しか投票しないというところだ。日本国民は莫迦なのか。現在の日本は、天国極楽の世界らしい。道元は言っている「生死はほとけの命なり」(人間の悩みがあるから仏がいる)。この国では神も仏も必要のないニヒリズムの国になったのか。
発行所=〒001?0911札幌市北区新琴似十一条7丁目2?8、須貝方。コブタン文学会
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:コブタン

「海」第90号(いなべ市)

| コメント(0)

2014年12月18日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「辿り着いたら清掃夫」宇梶紀夫】
 いつものことながら、取材をよくして書いているようで、仕事の内容から収入まで、清掃業の仕事の様子がよくわかる。経済が成長しない成熟経済のなかで、70歳を過ぎても働くひとたち。時代の流れに沿って現実を受け入れる庶民の姿が印象に残る。
【「非母日録」紺谷猛】
 自らの老いの実感と、どこか不健全に思える生活ぶり。その嘆きと戸惑いが伝わってくる。
【「夏の別れ」白石美津乃】
 子供ふたりに恵まれた平凡ではあるが、普通の平和な家庭を築いてきた主婦。だが、かつては、英国にホームステイをした時のその国の男性との恋の兆しをもったことがある。あの時、もっと積極的な行動に出ていたら、今頃はどんな生活をしていたであろうーーと夢想する話。ちょっと面白い。非常にリアルで現実的である。小説の小説たるところは、ここがはじまりで、非常識なことがはじまるところではあろうが。
【文芸エッセイ「病床ノート」久田修】
 体調を崩して、ベッドで読書と回想にふける。サルトルのジャン・ジュネ論などは自分もわからないながら新潮文庫で読んだ。病気はつらい筈だが、読む楽しみが溢れているのが、文人精神というものであろうか。
【「迷い猿」国府正昭】
 両親が交通事故で亡くなり、葬儀や役所の手続きで郷里に戻って滞在しているが、そこで猿が出没するようになっていた。迷い猿だという。親の世代とは価値観が変わり、日本人そのものが迷い猿になったという寓話にも読める。
発行所〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤昭巳方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:海(いなべ市)

2014年12月17日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 今号は作品の文体に共通性と視点が似たようなポジションのものが多い感じがした。良し悪しの問題ではないが、おそらく、生活密着型世間話から離れないスタイルを好む読者を想定しているのかなと思った。息が合っている。生活環境描写などの各作品のページを切り取って、コラージュにしたら案外物白い抽象小説ができるかもしれない。その意味で今号の全体が合同作品に思える。
【「あさつゆ」堅田理恵】
  癌を患って入院しているケイ。院内には、命の限りを悟って、静かに病人仲間にお大事に声をかける人もいる。ケイの娘は高校生で命に限りがあることを実感できず、母親の心理も理解しないでいる。死を前にして心残りの情に内向するケイは、この世の本当のものを理解することを欲する。思考は壁に当たりどうどうめぐりして、ついには笑いが出てくる。理屈っぽいところがあるが、作者の生きることを求める情念の表現が、りニヒリズムの光と影と戦いの記録として迫っている。
【「丘の上のクリーニング店」芹沢ゆん】
 クリーニング業の顧客の様子を通して、かつての活気のを失った多摩ニュータウンの寂れゆく姿が描かれる。日本のどこにでもある社会現象を生活記録的に描く。それでも日々の生活の彩りをみつけてゆく、屈託のなさが楽しい。
 ほかの作品も紹介していくときりがないが、文章技術的には全体位落ち着きがあるのはいい。しかし、そうするとリズム感とか、生命感とか読む楽しみ味が減殺されてしまうと思う。読者との対話を楽しむような気分を付加すると、書いたほうも満足感が増すのではないだろうか。「あさつゆ」に代表されるように作者は手応えがあるでしょう。読者は「理屈ではそうでしょうな」という以上の感慨は持てないところがある。
発行所=〒546?0033大阪市東住吉南田辺2?5?1、多田方。メタセコイヤの会。
紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:メタセコイア

2014年12月10日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌には東日本大震災で、福島県から笠間市に避難生活をしている人たちが参加している。詩作品「我が郷は荒野なり」の小澤英治氏(66)は、人も家も思い出もすべてを奪いその記憶は消えることがないーー詩。これを南相馬市鹿島区仮設住宅での生活中につくり、南相馬「みんなのコンサート曲」?心の内側?作詞:南相馬仮設住宅のみなさん、作曲ピアノ歌:赤松泰子)に収録されているという。福島県民の境遇は、次々と移ろいゆく出来事のなかに日々埋没してしまい、まるで普通のやむを得えない災害のごとく風化してゆく。これでよいのだろうか、と疑問を感じる。
【「桑の実の熟れる頃」さら みずえ】
 敗戦後、兵役を解かれて帰郷した兵士は、村の少女に性欲を高ぶらせて襲ってしまうが、村長の娘ということ知って、我にかえる。さらにその兵士は死んだことになっていて、婚約者は兄の嫁になっている。話の基本は戦前から続いた農家の家族制度に縛られた人間の姿である。昔はよくある話だが、現代人とって、戦争が人間をどう変えてしまうものか、想像が出来ずにいるようだ。実際想像ののしようがないのであるが、過去のこのような話によって手がかりとしたいものだ。。
【「回想の北岳」宇高光男】
 山岳登攀記録と思って読み始めたところ、小説でそれも相当長い。山好きな人のロマンと女性へのロマンを重ねて描いている。これも一つの趣向である、なかなか難しいところ根気よく挑戦している。小説書きより山のぼりの方が好きという風に読めた。
【「思い出すこと『霞町界隈編』」飛田俊介】
 浅田次郎の小説に「霞町物語」というものがあるそうで、その当時作者が、赤坂・六本木界隈の「アマンド」洋菓子店に勤めていたという。当時は、溜池や赤坂の周辺には、レコード会社があって歌手や芸能人が多く姿を見せていた。赤坂のアマンドはだいぶ頑張っていたようだが、いつのまにか見なくなった。六本木にはまだ店があって、そこの店長に会ったという。とりとめのない話だが、文芸味がある。
【「『たんぽぽ』旅行会」田中修】
 保母さんの育成専門学校の卒業生が配偶者をつれて恒例の旅行をしている。今回は北海道を旅行をレポートしている。レポートの書き方に、作者の社交的人柄がにじみでている。本誌の幅広い読者の支援を得る要因でもあろう。
発行所=309?1722茨木県笠間市平町1884?190、田中方。文学を愛する会。
紹介者「詩人回廊」発行人・伊藤昭一。

カテゴリー:アピ

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最近のコメント