2014年11月アーカイブ

2014年11月29日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は7年かけて10号に至ったという。各作品の概要は、北原文夫氏が編集後記にまとめられている。企画として、他の同人雑誌作家たちの本誌に対する寄稿が掲載されている。よき理解者を得てこそ、文芸同人雑誌が文芸文化を形成していることがわかる。
【「無明の嘆き」樫本義照】
 社会福祉会館の管理運営をする立場から、日本の介護制度を通して、子供たちに見捨てられた親の末期の数々の事例を挙げる。また、子供が老いても親の面倒を見て独身を通せば、親は子供の老い先を周りに託していく姿もある。親の年金を勝手に使うが面倒を見ない、動物化した人間といえば、動物に失礼かもしれない姿を告発。日本が無明の闇に向かうという締めくくりの言葉は重い。かつては貧しさを耐えるための人間関係が、美徳を支えてきた。お婆捨て山など、昔から人間も獣と大差ない存在としての一面はある感想も出る。日本人の資質が変わることの退廃と哀れさを感じさせる。
【「離れ座敷でみる夢」宇津木洋】
 ぼくの日常生活のなかでの意識の流れを題材に、少年時代からの記憶をたどって語る。作者は以前からこの作業に挑戦しているようだ。少年時代にはウサギ、ヤギ、アヒルなど家で飼っていた。農業生活中心の当時と現在に至る時代の変遷を具体的に語る。この記憶をたどって記す作業に、あれは何であったのかという問いを含んでいる。そこに、いうに言えない何かがあると考え、その何かに迫ろうと試みている。大正末期の広津和郎は、「散文芸術」として、小説の「芸術」性よりも「近代の散文芸術というものは、自己の生活とその周囲に関心を持たずに生きられないところから生まれたものであり、それゆえに我々に呼びかける価値をもっている」とした。
 現代の人間が文明の進歩と同時に意識の流れの多様さについていけず、単純な生物化、動物化の非文学化する生活。「散文芸術」を再検討する価値があるのではないか。そのような視点でも読める作品である。
【「五月の風」北原文夫】
 これはまったくの私小説物である。兼業農家として生活をすることがままならず、職業についてきたことから、趣味化した農作業の風光と愛着を語る。筋のない話。素晴らしき日常か、その未完成感との葛藤なのか。この作品もまた、前述した散文芸術への道をどう切り開くかの課題に向かっているように思える。共通するのは、生きることの実感と意味づけをどの角度から見て表現するか、であろう。その探究にまだ先は長そうである  
発行所=〒656―0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方。淡路島文学同人会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:淡路島文学

「文芸中部」97号(東海市)

| コメント(0)

2014年11月23日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【小特集・亀山郁夫「新カラマゾフの兄弟」を読む】
 同人誌の書き手が、一つの作品を読みあって、その読書録を集めという、意欲的な新企画である。これはロシア文学者で名古屋外国語大学長の亀山郁夫さん(65)が、初の小説「新カラマーゾフの兄弟」を執筆。亀山氏が講演した縁であろう。「中部ペン」第21号に文学講演録・亀山郁夫「ドストエフスキーと小説について考える」(遠藤昭巳氏まとめ)が掲載されている。
 亀山さんの「新カラマーゾフの兄弟」は、「文藝」に掲載された。1995年の日本を舞台とする「黒木家の兄弟」と、ドストエフスキーを意識してきた自身の半生を投影した「Kの手記」の、二つの小説を交互につなぐ形で進む。
 文学眼に優れた面々がそれぞれの感想を述べていて、大変興味深い。自分はたまたま亀山氏の「ドストエフスキー?謎とちから」(文春新書)を読んでいる最中だった。やはり打ち込んでいる作者に接しているうちに、書きたくなるということはあるのだろうと思う。
【「山ぶどう」西澤しのぶ】
 日本の震災を取り入れた、地元の人の話。粘り強い筆致で丁寧に書きこんでいて、読み終わったら、意見も言えないほど疲れた。
【「いま、,このとき」堀井清】
 なめらかな文章で、読者の想像を引き出すような省略の効いた表現法は、作者が手中にしたもののようだ。自分も枯木も山の賑わいで「グループ桂」という同人誌に作品を出すことになったが、どのような文体にするか、まず考えた。そこで堀井氏の文体が頭に浮かんだ。前回の「ライバルの時間」と本作をじっくり読んで検討させてもらった。とくに、今回は日常性から事件性を含んだところに向かっている。私は事件性を先に出して、あとを曖昧にするという順序を入れ替えてみた。文章の滑らかさは持ち合わせていないので、最初から独白体にした。そういう工夫の勉強をさせてもらえる作風である。
発行所=愛知県東海市加木屋泡池11‐318、文芸中部の会。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:文芸中部

2014年11月22日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「わが『残日録』あるいは『エンディングノート』」小川和彦】
 人生の峠の登り道を過ぎ、下り道に入り、年令に見合った活動の範囲にする時期。日本経済は、人口の高齢化により、国民は大酒も飲むこともなく、大食もしない。大型車に乗ってツアーもしない。金をためたが、消費ができないのである。ビール会社は国内の工場を整理し、自動車メーカーは買い手のいる海外で生産をする。消費しないから、国内生産をしない。国民の働き手の人口がへってバランスがとれている。それがデフレである。魔法でもなければ、状況が変わることはない。こうした現状において、国のリーダーは成長の矢を打ったという。当然ながら、矢は地に落ちで飛ぶこともない。メディアは、国のリダーのアホノミクスな説を、変な話であると解説をすることもない。中国のサンゴ密漁、領海侵犯の自国防衛もできないのに、アメリカの子分となって他国と戦争をするとか、米国も頼りないであろう。アホな話をニュースされて、文句も出ないのは国民の衰退を示しているのであろう。解散したって、成長はしない。デフレは自然現象として作用する。インフレになれば、ローンの負担は軽くなる。パンが1個千円、月給100万円の時代がくれば月給の税金が20万円か。国債やローンの返済も楽になるであろう。
 そういうなかで、流石に文芸人である作者は、諸国民のひとりとして現実を描いている。人生の峠を下り道において、身辺整理と活動縮小を語り、成長期の回顧をしている。若き文学趣味時代には同人誌「文学街」がすでにあったという。
 また、同じ作者の編集後記には、子供のところへ行くので、住んでいた古家を売って、しばらくそこを借りて住むという「オーナーチェンジ」をすることにしたと記されている。本誌はどうなるのだろう。とにかく、空き家が増えて街に人が居なくなる。買い物をする人がいないので、店がなくなり、都会の店に行く。そこだけ繁盛する。
 経済の実態を知るには、文芸同人誌の私小説を読むとわかることがある。
 発行所=〒286?0201千葉県富里市日吉台5?34?2、小川方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:文藝誌「なんじゃもんじゃ」

「婦人文芸」95号(横浜市)

| コメント(0)

2014年11月21日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「白いカバンの記憶」野中麻世】
 眞藤という警官の視点で、窃盗事件の記憶を語る。容疑者に白いスカートと白いカバンの女があがった、状況だけで、これといった証拠はなにもなく、犯人がみつからなかった。事件捜査で彼を尊重してくれた望田という刑事が国会議員になった。彼の妻として紹介されたのが、窃盗事件を調べた時の白いカバンの女性であった。その後、その妻が万引き事件を起こして、友人は議員辞職する話にからめて、警察官時代での望田との剣道修業に汗を流した時のことを回想する。
 ミステリー風の肩の凝らない読み物である。散文技術として、話の場面印象づけのつなぎ方がうまい。
発行所=〒220―0055横浜市西区浜松町6?13?402、舟田方。「婦人文芸の会」
紹介者=「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:婦人文芸

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

最近のコメント