2014年9月アーカイブ

「日曜作家」第7号(大阪府)

| コメント(0)

2014年9月28日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「トライアングル」冬場煬子】
 家族の一時代の物語である。人間の存在感を、恋愛でもなく、職場でもでなく、家族構造のなかで描いている。視点を3人に分けて「ヤッチン」という精神に変調をきたす二男、「与志子」という母親、家の主婦。「さくら」という家の娘。
 ちょっと関係のわかりにくいところがあるが、少ない紙数で家族関係を厚みをもたせるには止むをえないであろう。それなりに通俗的に読み流すことを防いでいる。ある家庭の特有の色合をつくる人間像を描く。家族を支える経済環境が書かれているので、存在感を生んでいる。
 人間の家族構造の中心は、子供を産む母親であり、家を出て他者とつながり子供を産んで別の家族をつくる娘である。このことによって家族と家族の関係をつなげる。「さくら」の章で、その構造の中にある人間のエゴを表現している。浮き彫りにされるのは、父親と息子という男のエゴに対応する女性のエゴである。
 たまたま、現在テレビニュースでヒラリー・クリントンの孫が誕生したと、ニューヨークタイムスがトップで報道したことを伝えている。国のリーダー候補の家族構成が人々の関心を引き付けるのである。
 マルクス主義思想が、社会的階級対立で捉えた人間のエゴや欲望の根源。それを修正する意味で、人間性を家族関係などに置く心理構造に注目した思想が、構造主義といわれているようだ。文学のひとつの方向性もそこ属するものがあるような気がする。文芸評論もエゴの追求が終わり、エゴの変容ぶりに向かっていくのかも知れない。
〒567?0064大阪府茨木市上野町21番9号、大原方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:日曜作家

照葉樹?期第6号(福岡市)

| コメント(0)

<2014年 9月20日(土)22時付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:kitaohi>

【「順平記 その三『なごみ』」水木怜】
順平記は私が好きな作品なので、どうしても真っ先に読む。
前号の時点から年月が少し過ぎ、順平は、貸本屋を止めて「なごみ」という喫茶店に改装する。姉の律子が調理師免許を持っているというので、喫茶店ではコーヒー以外に簡単な一品料理も出す。場所は美野島商店街の一番奥。店には歳を取った猫のゆきがいつもいる。客はタキノさん、神崎内科の大先生、萌絵さん、徳さんなど常連客が中心である。こういった環境の中で、徳さんが「親父狩り」に遭う。そこからリュウ、塔子さんが出てくる。ストーリーもうまく作られており、一気に読める。向こう三軒両隣的な独特の環境を設定しているので感情移入もしやすく、心温まる作品である。
読んでいてちょっと引っかかったのは、おやじ狩りの動機が読み手の頭の中にすうーっと入らなかったことだ。肝試しということで親父狩りをするのはあり得るかもしれない。しかし、もう少し親父狩りをした4人のグループの生い立ち、性格などを明確にし、親父狩りについてのリアリティを持たせてほしかった。そのことによって順平や徳さんのお説教が生きてくる。作品のキーとなるこの部分をないがしろにすると、作品全体がつまらないものになってしまうと思う。
今後この「なごみ」を起点にしていろいろな話が出来るのではないかと期待している。TVドラマ的であるが、それはそれでいいと思う。同人誌にこういった作品が載るのを私は期待したい。

【「別れ」竹井侑子】
ナツミが仕事を終え退社し、スクランブル交差点を渡ろうとしているとき、高校時代の同級生のオリエに声を掛けられる。オリエは話をしたそうだったが、ナツミは時間が取れないので、日曜日に逢おうという。オリエはその際により子も連れてくるようにいう。待合せはカフェバー椿とする。ナツミがこのことをより子に話すと、オリエは2年半前に事故で死んだのでオリエに会うなんてあり得ないという。ナツミ、オリエ、より子は同級生でオリエが生きていれば3人とも39歳である。ガンで亡くなったより子の夫圭吾、より子と圭吾の息子圭太が主な登場人物である。死んだオリエを登場人物に仕立て、それなりにリアリティを持たせ、読む人を抵抗なく作品の中に引っ張り込む技量は凄い。こういう書き方で夫婦の愛を書いたのは面白かった。設定が奇抜なので、記憶に残る作品になった。今後年に1作ぐらいのペースで作品を書くというので期待したい。

カテゴリー:照葉樹・二期

2014年9月18日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「遡上」高橋駘】
 これは、宙次という男の血族の消息を尋ねる巡礼の話であろう。まもなく40に届くという宙次。住まいと仕事が不安定な風来坊のような暮らしをしている。始まりは、腐れ縁で面倒を見てくれている女社長が知らせてくれた母親の死にかかわる電話。
 男はその知らせによって、祖父母、両親、兄弟と血筋をたぐって非日常的な旅をする。自分が双子の兄弟と思っていたら三つ子だったらしいことを知る。東京、札幌、広島。時と場所を早めぐりする文章運び。いかにも小説的な設定である。宙次の行く先々で出会う人間が、細部に工夫を凝らした色合いをもって現れる。強い文章力がなければ構築できない世界を展開する。細部が小説を作るというが、盛り込み過ぎかも。
 しかし、人間の業のようなものを刹那的にとらえる。強い文体がそれを可能にしている。話は、対抗意識とも反感ともいえぬ感情をもつアチャ、弟の朝彦を見つけ出して終わる。そこまで巡礼をした宙次の生活の変化は、面倒を見てくれていた腐れ縁の女社長に見限られたこと。その程度しかない。巡りめぐって「ここから先は、どうやって生きようか」である。不安定な風来坊に変わりはなさそうである。双六の振り出し。テーマは何なのか。それがわからないから、小説で追求したのか。この辺に、文章力による文学の傍流性を感をじる。しかし、これが傍流なら、文学の本流とは、何であるのか。その問題提起を孕む、読み応えのある作品ではある。
発行所=〒006?0034札幌市手稲区稲穂四条四丁目4?18。田中方。
紹介者「詩人回廊」北一郎。

カテゴリー:札幌文学

「雑木林」第16号(枚方市)

| コメント(0)

2014年9月17日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 表紙をめくると「しばしお休み号―北川荘平生誕84年没後8年」と記されている。休刊の宣言である。
【「北川荘平先生と枚方・雑木林文学の会―書くという病」安芸宏子】
 作者は織田作之助賞の下読みをしていて、そこで正選考委員の北川氏に出会った。文章教室の講師となった北川氏に師事し、雑誌「雑木林」の23年間運営のこれまでの縁が記されている。
北川氏は人間の精神が何かに圧迫された状況があるから書くことをするので、「書かなくてよい状態になったら幸福」と考えていたらしいという推測をするのが興味深い。
 そして「書く以上は、書きたいもの、伝えたいものをなるべく確かに伝えるためにある程度の技術や書き方があることを教えたかった。それがわが枚方・雑木林文学の会での北川先生の考え方であり指導だったのだと思う」とも――。
 生活の実感を書き伝えることが、生きる意味を生むという効用がある。これは多くの同人誌サークルの底流であり、方向性を示したものであろう。そのために、それらは生活上の「同一世代性」の特性を持つ。高齢化によって活動が不活発になるのは止めようがない。
 本号ではその一方で、伝える技術の研鑽として、競作「手」をテーマに、各同人が掌編を発表している。
これは文章技術を競うという、仲良しクラブ的な同人誌にはない、挑戦的なもので、北川氏の精神の反映がみられる。
 競作の作品を読むと、言葉の芸術として高度な完成度を見せる作品があれば、素朴な生活日記的なものもある。作品の完成度は異なるが、それでも生命感や感動という面では、芸術性のあるものに負けす、素朴な生活日記の方も伝達力をもつのが不思議だ。
 編集者の渾身の力がみなぎる第16号である。
 また、コラムで北一郎詩集「有情無情、東京風景」について、評を執筆してくれている。北のもつ詩精というものの思い込みの本質をよく言い当てていて、喜ばされると同時に驚かされた。
 発行所=〒573?0013枚方市星丘3?10?8、安芸方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一。

カテゴリー:雑木林

2014年9月 9日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は朝日カルチャーの「短篇小説を読む・書く」(藤田充伯講師)の教室から生まれたもの、とある。渡辺勝彦氏を筆頭に、創作的な工夫と社会的な問題意識のある作品が多い。たしか前号は紹介しなかったが、松岡博「煙のように消えた鬼頭先生」などは、とぼけた味があって今でも記憶に残る。発行に補助金が出るそうだが、そういう自治体が他にもどのくらいあるか興味が湧く。
【「闘争の行方」(二)吉岡千尋】
 三池炭鉱の労働争議の現場をモデルにしている。1960年代、第一組合と第二組合に分裂する労働者側と資本の戦いを描く。歴史の詳細にこだわらず、ざっと調べて描いたものようだ。それが短篇小説化という意味では、よい手法になっているのかも知れない。会社の事業が、すでに社会的な役割を終えて、経済活動が幕引きの断末魔の状況になると、整理屋の資本が動き、国会議員や暴力団などの有象無象が暗躍するところも指摘されている。組合を内部分裂させて、反体制勢力を弱体化させる手法の痕跡は現在まで続く。業界別御用組合化し、体制維持のためさらなる階級差別を生む状況の説明にもなっている。運動のリーダーの崎田が行方不明になったところで終わるが、それが大きな思想の喪失を意味するのかも知れない。
【評論「三浦哲郎論」藤田充伯】
 1961年 に『忍ぶ川』で第44回芥川賞を受賞し、当時は一種のブーム的なものがあった。
その作者の私小説の部分に焦点を当てたもので、三浦作品の背後にある農村の歴史的な血の繋がりの負の部分を取り上げている。私小説作家としてのひとつの精神構造パターンをわかりやすく解説している。
発行所=480―1147愛知県長久手市市が洞1?303、渡辺方。
紹介者=「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:R&W

2014年 9月 7日(日)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:kitaohi

【「 蛇苺の紅?愛しい人たち・断片?」納富泰子】
《?断片その1?》
「オランダ靴」
 70歳に手が届きそうな年齢になって40歳過ぎてから大学内の研究所で働いたころの思い出で、面白く読むことができた。
 ここで働いている者はヨリ子、ヤンバル嬢(綽名、22歳、口の回転が速い)、フラミンゴ(ヨリ子がひそかに呼んでいる名、20代半ば、背が高く美人、実家は病院、頭はいい、しかし、独り暮らし)の3人である。向かいの建物は法医学棟であり、時どき司法解剖が行われる。
 ある日、ヤクザの親分の司法解剖が行われ、6人の子分が法医学棟に一列に並んでいるのが3人の事務室から見えた。その子分が次々とトイレを借りに来る。子分とのやり取り、子分がオランダ靴を履いて用をたす様などがうまく書かれている。
 私事になるが、私が現役の頃勤務していた会社の隣に中華料理店があり、そこで関東20日会(かんとうはつかかい)というその筋の昼食会が毎月行われた。その日は付近の道路は外車の路駐で一杯になり、その車の周りで黒い背広を着た明らかに筋モンと分かる者が2、3人、昼食を終えて出てくる親分を待っている。
 毎月20日の11時40分位から14時ごろまでは異様な雰囲気だった。しかし、子分たちが勤務先のビルにトイレを借りに来ることはなかった。その日は2人の守衛が入口に立っていたからである。50年ぐらい前の話である。この作品を読んで当時を思い出してしまった。
 ヤンバル嬢など人物の描き方もうまく、筋モンもリアリティがありいい作品である。

《―断片その2?》
「忘れるまえに」
 昭和36年(より子の高2)からの思い出を書いた作品である。より子、伯母(亡父の長姉)より子の母、より子の小学校のころからの友達のユミ子が主な登場人物だ。
 ストーリーは父親が亡くなったときに一緒に住もうといった伯母がいい、それを真に受けて荷物と一緒に伯母の家に行くと伯母は一緒に住みたくないという。伯母との確執、引っ越すために飼い犬のクロをユミ子に預けに行くことなどがとてもうまく書かれている。伯母は認知症になり、東京に住んでいる伯母のところに移り、施設に入り亡くなる。
 この作品を読んでからKORN2(2013.4)の「蛇苺の紅――愛しい人たち――」を思い出し、その際の読後感を読み直してみた。KORN3の作品が作者の原点で、KORN 2の作品はその延長線で創作されたのかという気がしてきた。
 この作品は作者の原点と考えると、作者の前作が理解できるように思えた。いい作品である。

カテゴリー:KORN

2014年9月 5日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌同人の奥田寿子さんの作品「女ともだち」が、雑誌「文学界」1014年上半期同人雑誌優秀作で掲載されたという。どの作品も書きだしを読むだけで、かなり充実したものであろうことがわかる。そのなかで、ぱっと一目で何かを言えるものにしか触れられない。同人誌読みの不可解さは自らの中にある。編集後記(あふち)さんが、今回の19作品を読んでいて、「自分が今、ここに生きていると実感した」とある。たしかに、別の世界が垣間見えるものがある。
【「敗戦紀」善積健司】
 善を積むという筆名が面白い。ラッパーという職業になるのかどうか。瞬時にリズムのある言葉を駆使して人の心をつかむ表現の作業である。そのバトルの様子と、ラッパーと小説を書くこととのつながりを語る。エッセイとあるが、文章にスタイルが出来ていて、読ませられる。このまま小説になっている。三田文学の同人雑誌評で前作「ベランダの向こう」が評されている。やはり文章スタイルとテーマが現代的なところが良いのであろう。ラップのリズムの照応した文体の開発が期待できそう。現代的で刺激的な側面があるので、読者ファン層を生むような対応策があればもっと良いのかも。
〒545-0042大阪市阿倍野区丸山通2?4?10?203、高畠方。
紹介者=「詩人回廊」北一郎

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

最近のコメント