2014年3月アーカイブ

2014年3月13日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「アクシデント(墜落)」宮本肇】
 これはC―46という米軍から自衛隊に譲られた軍用輸送機が故障で墜落する。乗員のただ一人だけが助かったという。そこで、なぜ助かったのかというところに話の重点を置いている。まず読者を面白がらせようとした創作意欲に満ちたものである。しかし、作者の追求する面白さと別のところに面白さをがある。まず、民間人軍人を問わず乗ることが許可されたら、事故などアクシデントが起きたら、自己責任とするという誓約書を書く。ここで米兵、自衛隊員、民間人が計13人が乗り込む。それから離陸して飛行するまでが、詳しくリアルに描かれている。面白いのは、このようなことが、行われているとすれば、軍用機であれば必要に応じて、米国の軍用飛行場まで行き来することが可能であるという推測ができることである。
 話では軍用機は洋上で墜落し、主人公のみが助かる。主人公は、事前に墜落しても死なないコツ知っていたから、というSF的な小説になっている。奇談である。問題点といえば、墜落して絶体絶命のところをどのようにして、脱出したかの過程がない。読者が一番読みたいのはどのようにして、そうなったかである。映画「ダイハード」なども、実際にあり得ないことで、危機を脱する。人々はその嘘を楽しみたいのである。そこがずれているところが面白い。
【「あの日あの時」吉野さくら】
 このエッセイの優れているところは、まず初めに自分がこれから何を書こうとしているかが記されていることである。そのため、そのことかと思いながら、先に進める。これから何が出てくるか解らない書き方をされると、(予感さえない)まず何か読む義理でもない限り読まないものである。
  ここでは、記憶にあるものを書きとめて「生きてきた」という感慨を深くしようとするのだとある。まさにエッセイの本質をとらえている。
 その書いておきたいことというのは桜の季節の「茶室披き」である。庭の様子などが描かれている。蹲(つくばい)のある日本庭園のお茶会の典雅なひとときを思い起こす。そして、今はマンションの一角に暮らしてそれを思い起こすという、大きな落差を設定している。なかなかの抒情派である。短く軽く書いているが、当時の記憶と時間の経過をたどっていけば、長い文学作品できる姿勢が感じられる書き方と素材である。
【「万朶の桜」外狩雅巳】
 本作はネット「作家・外狩雅巳のひろば」に掲載したものを推敲したもの。最初の章で、中国大陸で戦闘する部隊の話がある。次章で、東日本大震災をきっかけに、母が亡くなりその一周忌に子供たちが集まる。そこから、軍曹であった父親から教えらえた「万朶の桜」 の歌を思い起こす。
 これで、前段の戦闘場面は父親の体験を想像したか、聞かされたものだとわかる。繋がりのない話を並べるという手法は詩の形式であり、散文詩である。その効果はよく出ている。
 ちなみに岩成達也「詩の方へ」(思潮社)によると、詩の特徴は、言葉、抒情、行分けによって、「異なる意味を創り出す」「概念の束をつくることで散文になる」「抒情は感受性に訴える」「行分けは散文でないという記号」「連続しているとは限らない」「読み手の洞察力を期待する」「第2の意味の概念をつくる」--
という要素があるとしている。小説のように読めて、じつは散文詩であったーーという作品への挑戦と読める。
紹介者「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:相模文芸

季刊遠近第51号

| コメント(0)

<2014年 3月 5日(水)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:kitaohi>

【「季刊遠近」50号記念講演会に出席して    河村陽子】
 勝又先生の講演で力説された部分をとても分かり易く書いており、また、中沢先生の講演についてはメモが追い付かないといいながら、要所要所はしっかりとらえているのはサスガと思った。最後の方で付足しのように書いた「遠近」の経緯、講演会や懇親会の出席者の状況、懇親会の後にセットされた勝又先生をかむ会に出席された方々の話などがあり、いい報告書である。特に最後の付足しの部分は貴重な資料でもある。

【 季刊同人誌「遠近50号」出版記念会講演を聞く   柚かおり】
 勝又浩先生、中沢けい先生の講演を上手く纏めている。

【50号発刊記念講演会によせて    田中恵美子】
 勝又先生、中沢けい先生の講演内容を各先生の語り口からうまくとらえて纏めている。

【 「群青色の招待状」   安西 昌原】
 凄い作品である。もっともこのように書くと違和感を持つ人が多いと思う。この作者が50号に掲載した「銀河図譜」について、SF小説を読んだことがないという人がネガティブな発言をしたり、SF小説を書くことは才能の浪費だといったりする人にとっては、やはり同じような発言が出るのではないかと思う。好きなジャンルでないというだけで、読まない人もいるだろう。明治という新しい時代に、有為な少年、青年が広い世界に向けて生きようとするといった小説なので、この時代のものは、興味をひかないという人もいるかもしれない。しかし、近代日本の黎明期には、将来に夢を持ち、いろいろな分野で素晴らしい活躍をした人がたくさんいる筈である。こういった市井の人たちを拾い上げて活字として残すことも必要なのではないかと思う。
 もちろん作者が(序)で書いているように「小説の特色である描写が思うに任せず、・・・資料をあさり、安易に説明に頼ってしまったことを、力不足とは言え後悔している」らしいが、同人誌に載せる習作なのでやむを得ないと私は考える。確かに明治、大正、昭和という激動期を生きた3世代をこれだけの枚数で書くことは無理があるように思う。ベストセラーとなった「海賊と呼ばれた男」(講談社、上下、百田尚樹)も、史実を正確に書き、そこに一人の人間を書いた分厚い本で上下の2冊である。この作品もそれくらいのボリュームの作品にしたら読む人にとっても読み易かったのではないだろうか。
 ドキュメンタリー小説とはいっても、生の資料がこれでもか、これもかというぐらい並べられており、いささか閉口した。しかし、貴重な資料だろうということは理解できる。歴史小説は史実を曲げられないので、これだけの資料集め、その中に人物を書き込むという作業は大変だったことと推測する。
 主人公の宮沢義雄は明治24年生まれ、妻の志津は明治37年生まれとある(希望を述べれば「宮沢」ではなく、「宮澤」にして欲しかった)。私事で恐縮だが、私の父は明治32年生まれで、母は明治34年生まれである。父も母も高等小学校しか出ていないので、比べものにならないが、しかし、高等小学校を卒業したことは2人にとって自慢だったことは確かだ。当時は高等科まで行かずに、尋常小学校を卒業しただけで働いた人はたくさんいた。私は、父から子供の頃の夢を聞くのは、楽しかった。父の自慢は、自分は農家の跡取りなので上級学校へは行けないが、弟を専門学校に行かせたことだった。当時村から中学に行き、更に専門学校に進んだ人はあまりいなかった。中学も長野県東信地区の野沢中学だ。(小諸?長野間は50数kmで通学は不可)
 宮沢義雄(長野中学)の場合、中学の進路指導もあったのかもしれないが、海軍機関学校を選び、入学したのは凄いと思う。専門学校は授業料が必要だったが、海軍機関学校、海軍兵学校(さらに後には海軍経理学校)は無料だった。私も家の家計のことを考えて、進学先を選ぶ際に、防衛大学、海上保安大学、気象大学校など授業料不要の学校を検討したことがあるので、宮沢義雄の行動が理解できるような気がする。
 作品は1章と2章に分かれている。2章の中に佐波という義雄と志津の養女の記述が3か所(60頁、72頁、74頁)ある。作者は史実をたどっているうちに、佐波に強く同情したのではないだろうか。佐波に関する部分は作者の創作が大部分と考えるが、非常にうまく描かれている。ラストもいいと思う。
 また、全く関係ないかもしれないが、旧制長野中学出身で、宮澤俊義という戦後の日本の憲法学界の重鎮がいる。この作品の宮沢義雄という名前から真っ先に浮かんだのは、宮澤俊義である。
 長い作品なので、書きたいこといくつかあるが、さし当り3点を書く。
 まず第1は、読みにくい文字、辞書を引かないと現在はほとんど使われていない、意味さえ分からない文字もある。読めない文字にはルビを付けるとか、カッコ書きでひらがなの読み方を書いてもいいと思う。現在使われていないような文字は、注釈をつけるべきではないだろうか。小説は、読みたい読者に読んで貰うことが目的ではないかと考える。  第2は、作品の章に使っている数字は海軍で使用する数字かと考えるが、数字についての説明がどこかにあってもいいと思う。
第3は、「風の家の人びと」(第23号)が掲載された当時の遠近の同人は、安西、難波田、河村、の木、逆井、田中、水崎、矢向、北大井の9人いるが、合評会の常連は安西を除くと、難波田、河村、逆井、北大井の4人になってしまう。したがって、2章に登場する人物は、現在の同人にはほとんど理解できないのではないだろうか。できれば第23号の53頁の「桑山家系図」を再掲して欲しかった。

【 小品 三編    矢向春野】
(1)顔
 文章もいい。顔面神経麻痺は聞いたことがある病気ではあるが、このようにリアルに書いているのを読み、自分が罹ったら大変だなと思った。それくらい作品の中に読み手を曳き込んでしまう。自分の気持ちの変化や顔面神経症に罹ってからの周りの人たちの描写がまたいい。叔母、職場の岡田君の態度などよく観察している。素晴らしい作品だともう。
(2)盆路
 いいエッセーだ。選挙の投票日の朝、家の前の大通りを通り人の話し声や足音から、夫が赴任したていた高松の盂蘭盆会に行く人たちの足音や話し声を思い出し、そこから、折口信夫の大祓の遺風に思いが馳せる。高松の瀬戸の夕凪の描写もいい。
(3)当たるも八卦
 私は、運勢そのものはあまり気にならないが、毎朝神棚と仏壇には手を合わせる。特定の宗教を信じているのではないが、実家の母がずうっとしていたことを真似ているだけである。こんな私でも、周囲に作品に書いてあるようなことがあると多少気になるようになるかもしれない。面白いエッセーだ。

【 「すべては喜劇なればなり」   逆井三三】
 この作品を読んで、文学ってなんだろうかと考えてしまった。私自身文学とは何かといった大上段に構えた議論ができるほどの能力や素養を持ち合わせていない。しかし、小説は好きでよく読む。小説を読むことにより感動、心を打つ作品に触れる喜び、作中の人物に感情移入し、喜びや悲しみに共感し涙を流す。生きることの価値を考えたりする。小説とはそういうものだと思っている。この作品は、人間が必死に生きることをエヘラエヘラ笑い、真面目に生きている人間を否定している。作者はこういうものを文学と考えているのだろうか。
 私事だが、私は札幌に赴任していた時、川辺為三氏(注:参照)の創作教室に入った。北海道出身の小説家は殆ど川辺為三氏と何らかの関係を持っている。その川辺氏は、小説を書く原動力は、恨み、ツラミだといっていた。具体的なことはうまくいえないが、感覚的には理解できた。
 ところがこの作品を読んだ限り、作品から何も伝わってこなかった。大学への入学、公務員試験に合格、就職、職場のつまらなさ、自分の性格、私生活などいろいろ書いている。どれも心を打つものは何もない。最後に作者は「・・・。私は馬鹿にされた。笑うがいい。人が生きるとは、本質的に滑稽なことだ。」と結んでいる。私はこの作品を読んで不快になった。
 作者は私小説を書いているつもりなのだろうか。細部を見れば虚実を織り交ぜているのではなく、虚の部分ばかりが目につく。例えば「・・・気取っていうなら、ニヒリストだった。」(83頁)「人嫌いの頑固者の職人がまかり通る社会は、ほとんどない」(84頁)と書いているが、「私」はニヒリストであり、素晴らしい職人であるというしっかりした記述は何もない。当然のことのようにいい切っていることも、何故いい切れるのか分からないことばかりだ。「人間は・・・厄介な代物だ」(95頁)「資本主義はいつかは行き詰る」(96頁)等々。
 更に、「家には私が働ないでも一生食べて行ける財産があった。」という(96頁)。が、父親はサラリーマンとある。どんなに悪いことをしてもサラリーマンとして一生を終えた人間に、息子が一生安泰に暮らせるほどは残せない。せいぜい1億円か2億円だ。しかし、これだけあっても一生安楽に暮らせるかどうかは分からない。また、数行前の「男は生きるために闘わなければならない。」とはどのように結びつくのだろうか。「若い頃は自分を空っぽの人間と思い、孤独に苦しんだ。」(90頁)とあるが、作者の心は何も伝わってこない。うわべだけの文章で、それこそ「空っぽ」だからだろう。かってストーリーキングという言葉がはやったことがある。尊敬する先輩は、小説を書くことは、銀座をストーリーキングすることだといった。この作品から自分を晒した部分は何も伝わらず、着飾った「私」しか伝わってこない。
 仮にイケメンの男をこの作品のように独白形式で、「私は子どものころから何故か神童と呼ばれ、誰からも好かれる男だった。女性にも苦労することはなかった。・・・。」書いたら読者は私小説と思い、感動するだろうか。私小説のつもりだったら周りの人物をしっかり書き、その中で主人公がどのように生きているかを書くべきだろう。
 作者の前作「わが食欲史」(季刊遠近第50号)は、家族のことが詳細に書いてあり、そこから「私」が浮き彫りにされるように書いており、私はいい作品だと評価した。ところが今回の作品は独白形式で「私」を書いているが、周りの人物が女性一般、同僚一般が書かれているにすぎず、全く評価できない。なお、佐伯一麦(さえきかずみ)「私小説とは他人を書くこと」だといっている。(注)抜粋参照
(注)
日経新聞夕刊(2014.2.12.夕刊文化欄)
佐伯一麦(作家、大仏次郎賞、毎日芸術賞等受賞) 「私小説とは他人を書くこと」
「・・・。私小説とは自分の内面を描くものという考え方があり、僕も若い頃そうしていたが、いつしか疑問を抱いた。そんなとき、私小説は他人を書くことなんだよ、と寺田さん(「海燕」編集者)に教えられた。「私」を書くということは取り巻く人々を書き表すことだと。そこから書き方が変わった。・・・。」
川辺為三 小説家、北海文芸編集者、創作教室主催

【 「キツネの戯言――昨今の芥川賞について」   関口 彰】
 芥川賞について常日頃思っていること、感じていることをストレートに書いているので、読み易く、理解し易い。そればかりではない。作者が芥川賞について感じていることの結論的な部分は多くの人が感じていることであり、共感できる。読みながら、うん、うんと頷きながら読んだくだりもある。しかし、一読した後、じっくり考えると文章全体が前のめりになっているように思う。芥川賞受賞作品や受賞者を貶すことを急ぎ過ぎ、その原因は、ハイテクや経済にあるような書き方が前面に出ている。作品を貶すと同時にその作家まで評価を下げている。例えば、西村賢太や田中慎弥に関して「・・・、作家の底の浅さなのか、人間力の乏しさが垣間みえて、・・・」と書いている。作者は芥川賞に何を求め、芥川賞作家はどんな人物がいいのかよく分からない。どんな時代にもいろいろな人材が現れ、消えていく人もいれば、歴史に名を残す人もいる。年に2回選考会があるのだ。そのすべてが最高の作品で、作家は教養,資質等をすべて備えている筈がない。
 読者はそのことを承知したうえで、作品を読んでいると思う。作品に共感した読者は次の作品を読むだろう。共感しなかった読者は、その作者が次作を出版しても読まないだけである。読者は文芸評論家ではない。詰まらなかったり、読んでも得るところがないと思うと読まない。
作者は、一般の読者は「作品の題に、何の先入観もなく読みだすことなどありえないはず」と言い切っているが、私はそうは思わない。読んでから題名を再度考えることも多いのではないか。題名がその作品の全てを表しているとは思えない。
芥川賞作品や受賞者を論ずるのは、個々の作品を論じたうえで受賞者に論を進めるべきではないか。

【 「サンゾー書評」   逆井三三】
 サンゾー書評は合評対象になっているのに、殆どの同人は発言しなかった。勝又先生が取り上げたり、また、多少私が発言したぐらいである。一方、サンゾー書評は止めるべきではないかという議論が出ている。その意味で、今回、議論するのもいいのではないかと思う。止めるべきだという議論の中にサンゾー書評が取り上げる同人誌は見ることができないという発言がある。しかし、これは納得できない。一般の商業誌の書評対象の本を買わなければ見ることができない。サンゾー書評で取り上げた同人誌はいつも合評会のときに回され、我々は読もうと思えば読むことができる。また、作者に見せてもらうことは可能である。それよりもまずこの作品(「サンゾー書評」)を読んで欲しい。
 作者の書評の末尾は何を判断基準にしているのか分からないが、独特のいい切りをしている。本号で書評をした作品は70編だ。70編について書評をしているが、作者の考えが伝わってこない。小説を論じているとは思えない言葉が出てくる。
 本号ではないが、季刊遠近48号で胡壺第11号の「女子会をいたしましょう」(ひわきゆりこ)について、「・・・佐野との不倫話が気に食わない。・・」とかいている。小説での不倫はいけないのだろうか。「気に食わない」ということで、小説の文学性を否定するのだろうか。因みに、この作品は平成13年3月に大阪女性文学賞で佳作に選ばれている。334作品の応募で予選通過15作品、受賞作品1編、佳作1編という。私は「女子会をいたしましょう」はいい作品と思い、デジタル文学館に推薦し、掲載して貰ったところ、この作品を読んだ私の友人は、すぐにとてもいい作品だといってメールを送ってきた。同じ作品でも読む人によって評価が異なるのは当然だ。しかし、気に食わないという感覚的な文言で作品を否定するのは如何かと思う。
 もう一つ、サンゾー書評は作品の末尾に、G、U、Mなどとアルファベットをカッコ書きで書ている。読者には何を意味しているか理解できない。作者だけが分かる符号ならやめて欲しい。文章は人に読んでももらうために書くものである。同時に書いた以上文章全体に責任を持たなければならない。書いた人間だけが分かる符号は活字にして公開すべきではない。これは文章のイロハだ。
 このように書いたからといって、私は作者の書評を否定しているのではない。同人誌が他の同人誌作品の書評を載せることはいいことと考える。同人誌の作品を読むのは10人か20人ぐらいである。送って貰ったからといって掲載されている作品を全て読むわけではない。送ってくれた人の作品を読むのが精々だろう。多くの同人誌が他の同人誌を取り上げるようになると、お互いに切磋琢磨するようになることが考えられる。同人誌活動が停滞しているといわれてはいるが、このような形で他の同人誌を意識するようになることもいいことではないだろうか。季刊遠近は他の同人誌に雑誌を送っているがそのほとんどは読まれずに廃棄されているといっていい。それは季刊遠近に送られてくる同人誌の運命を見るといい。個人に送った同人誌は読後感を送ってくる人もいるが、殆どは音沙汰なしである。作者は季刊遠近に送られてくる同人誌を全て読み、それに書評を書く。凄いことだと思う。ただ願わくば、素晴らしい書評といわれるものにして欲しい。それは作品を褒めろということではない。どんな作品でも褒める人がいるが、私はそういう書評は読む気がしない。長くなったが、作者は合評会での意見を謙虚に聞き、反論をすべきときは反論して、いい作品、いい書評にして貰いたい。独りよがり困る。同人誌は同人の会費と作者の原稿掲載料で成り立っていることを忘れないでほしい。

カテゴリー:季刊・遠近

「季刊遠近」第52号(東京)

| コメント(0)

2014年3月 1日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「兄の恋人」難波田節子】
 主人公の私には、兄がいる。四人家族だったが、父親は他界している。私は、母親が愛している兄が恋人を作るたびに、兄の面倒なことの手伝いをさせられる。話の前後に父親と母親の出会いから、その恩人に対する父親の人情あふれるエピソードが入る。
 これは古き良き時代(と今は思う)日本の絆の強かった社会構造へのオマージュであり、同時に、愛に姿を変えた絆の強さ、その奪い合いの構図を示している。特に後半で、私が兄が二人目の恋人と濃厚な絆を確認して、心を乱すところは、まさに兄が私の恋人であったことを示して力が入っている。日本社会は、お互いの存在を奪い奪われる関係で、承認しあってきた。
 兄もまた妹を所有する絆をもっている。「私」が昔なじみの男と結婚すれば、おそらく妹を奪われたと思うことだろう。もともと兄は、恋人を誰かから奪っているのだ。私の存在を誰かに奪われて何が悪いということになる。
 こうした絆の関係を明確にテーマ化するなら、双子の兄妹に設定した方が良いのであろうが、作者はそうした刺激的な設定を避けているようだ。穏やかな作風で、幾分か損をしている傾向がある。現代の「絆」という言葉のバーゲンセールのなかで、それが本当は何であるかを示した一石であるように思う。
紹介者「詩人回廊」北一郎

カテゴリー:季刊・遠近

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ