2013年8月アーカイブ

「海馬」第36号(兵庫県)

| コメント(0)

2013年8月12日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「ウイスキーをくれた男」・「魚の名前」小坂忠弘】
 両方の作品とも、いわゆる散文及び散文小説の部類である。「ウイスキーをくれた男」は、街角で覚えのない男に親しげに声をかけられ、山原ですよ、と言われるが記憶にない。詐欺師かと疑ってみたりするが、その男は競馬で儲けたという札の二つ折りの塊を見せる。警戒心をもって曖昧なまま、男と別れる。そこから、作者のいろいろな記憶が呼び起こされ、その男は本当に知り合いであったかも知れず、そうではないかも知れない様子が語られる。
 「魚の名前」は、近隣にケア付きマンションが出来たというので、入居する状況にもなく、好奇心から見学にでかけ、そこから魚の名前と漢字のうんちく話になる。
 文章家による物語のない話、いわゆる散文の世界をたくみに展開する。このような物語構造のない話は、手法を意識しないと書けない。いわゆる散文精神である。<散文精神>というのは、作家・広津和郎が 昭和11年ころ説いたもので、「どんな事があってもめげずに、忍耐強く、みだりに悲観もせず、楽観もせず、行き通して行く精神──それはすぐ得意になたりするような、そんなものであってはならない」「じっと我慢して冷静に、見なければならないものは決して見のがさずに、そして見なければならないものに慴えたり、戦慄したり、眼を蔽うたりしないで、何処までもそれを見つめながら、堪え堪えて生きて行こうという精神であります」と説いた。
 「結論をつけるということは、人間の心理的にいって、割合に易しいことである。というよりも、人間の心理は、つい結論に走りたがるものである。結論に走らずには堪えがたくなるものである」
 これらは時代のいやな空気に対して、自分の身近なところを意図的に記して、大衆のムードから一線を画す抵抗精神による手法であった。文章技術が必要で、それを再認識させるところがある。
【「ある精神病日記」山下定雄】
 彼と云う男を意識して、目立ったことをしてやろうと思い、鉄棒にぶら下がるうウンテイをするのだが、その運動の途中経過が心理描写や憶測を交えて詳しく説明される。私自身、腰痛のリハビリに、街角で鉄棒のある公園をみつけると、かばんを脇に置いて、まずぶら下がってみる。そのせいか面白く読んだ。それが精神病とどういう関係があるのか不明だが、まあ、もともと絶対に正しい精神というのが、存在するかどうかも疑問でもある。
発行所=〒657?1116兵庫県加古郡稲美町蛸草1400?6、海馬文学会。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:海馬

「石榴」第14号(広島市)

| コメント(0)

2013年8月 6日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「黄昏のなかの風景」木戸博子】
 イタリアのナポリやフレンツェでの旅行記。センチメンタルジャーニーとはこのことかと思うほど感傷的に描かれている。現地での作者の体験が読者の体験につながるように、詩情をもって表現され、エッセイとするには惜しい佳品に思える。詩的散文であり、現地のエピソードを述べる作者の感傷がそのまま読者の心に届く。同じ作者の小説「やがて来るもの」が「文学街」309号に読者賞を受賞第一作として掲載されている。文学的な鑑賞力の優れたところを応用して、高踏的な雰囲気の作品になっている。芸術的品質は「黄昏のなかの風景」の方が高いと思われる。読む人によって、読みどころが異なるかも。そこがこの散文の良さでしょう。また、「やがて来るもの」がストーリー性があって面白く読め、その分、理解する読者増えたなら、それは品質性より優先するものとして優れているのではないでしょうか。
【「君の歌える君のふるさと」高雄祥平】
 中年男の恋愛と恋人の女性の文学的な感性を追求し、二つの要素を織り込んだ新しい織物を産むような挑戦的な試み。普通の手法を敢えて取らずに、果敢に新手に挑む棋士を思わせる。
 発行所=〒739?1742広島市安佐北区亀崎2?16?7、「石榴」編集室。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:石榴

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ