2013年5月アーカイブ

「日曜作家」第2号(茨木市)

| コメント(0)

2013年5月23日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「優雅なるトマトケチャップ?」甲山羊二】
 だいたい優雅などという言葉のついたタイトルのものは、あまり優雅ではなにものだが、これは「本当だ!優雅だ」と感じる連載短編オムニバス。恋愛の優雅な部分をチョイスして男女の恋心の不思議さを回顧する。相当の技巧派のように思う。
 話は、アットホームな世界を作り上げている僕が、赤ワインを飲みながら、通り過ごしてきた恋の記憶をたどる。物書きとしては、なるほどこういう設定だといいのか、と早速参考にしようとするいじましい心を抑えて、まず紹介しておこう。恋心にもいろいろある。この中にはさりげなく、恋愛と結婚愛の関係が取りこんであって、なかなか濃厚な味と香りがする。これは、腕に技ありでしょう。
 話は恋をした彼女と共に過ごす時間が楽しくて、彼女が過去に結婚をしているので、その体験がまた恋心を誘う。そして、彼女は夫と恋人関係であった時は、肌の触れ合いの欲望も強くて、魅了されていた。それが結婚してみると、その欲望が湧いてこない。魅了されることがなくなってしまう。それで、別れてしまうのだが、その後、元の夫に出会う。するとなんく魅力を感じて、また肌を触れ合うことになる。その話を聞かされた僕は、彼女に恋をし、彼女との肌の触れ合いの過程を想いおこすことを楽しむのである。短いけれど詩的に凝縮されている。性欲の完全なる陶酔への欲望は同じだが、そこにまつわる時間の共有、相手の体験への想像力などは多様である。そのため恋愛小説が絶えることがない。
 ケアラックの小説「地下街の人びと」の主人公の恋人はオーガズムの痙攣が20秒続いたあと、いう。「どうしてもっと長くつづかないのかしら」。そうなったら芸術は力を失うのかも。ニーチェは「権力の意思」で「芸術と美の憧憬は性欲の恍惚への間接的憧憬であり、この恍惚を性欲は脳髄に伝えるのである」とし、「私たちが芸術をもっているのは、私たち真理で台なしにならないためである」ともいう。ニーチェも雑事のかたまりである人間の真理が人生を台無しにすることを残念に思っていたのだろう。私は、雑事にまぎれており、おまけに哲学者でないので、残念とは思わない。仕方がないと思う。
 そのほか、この優雅な作品を読んだら、ロダンの「接吻」を思いおこした。肌をあわせていながら、触っているのか、その直前なのか、恍惚に行く前のためらい。そのようなものを想いおこさせる。

なお、「日曜作家」では、当誌掲載と副賞5万円の「日曜作家賞」を公募している。
発行所=〒567―0064大阪府茨木市上野町21?9、大原方。日曜作家編集部
紹介者・「詩人回廊」伊藤昭一

カテゴリー:日曜作家

「KORN」

| コメント(0)

2013年5月16日 (木)「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

投稿: 納富泰子
このたびは、たいへんご丁寧なご批評を賜りましてありがとうございます。
今までは「毒にも薬にもならない小説」を書いてまいりました。
しかし、今回は、おっしゃる所の「いやらしい」小説に挑戦しました。ある人間にとことん苦しまされても、どのように耐えることができるか、しかも、長い歳月の間に、その人をだんだんに理解し、愛しいと思えるまでの、長い心の闘いと、誰にでも愛しい面があることを、書きたい、と思ったのです。

今回は今まででいちばん多くの、さまざまな感想が届きました。
そして、思ったことですが、「小説とは、書き手だけで出来上がるものではない。読み手の精神性の在り方によって、変容する。いくつもの小説が、最後に出来上がるのだ」と、目から鱗のように理解ができました。
非常に面白い発見でした。いや、もとから分かっておられた方は、同人誌には多いでしょうね。

読み手によって、毒にも薬にも変容するのが、小説です。これには、興味をひかれました。
毒にも薬にもならない小説は、読み手によっての変容が少ない。それでは物足りない。

これからも、人間の心の襞をさぐってひたすら書いていきたい、と、思いました。
長い小説を読んでくださり、ご親切なご批評を頂きましたこと、心から感謝しております。

カテゴリー:KORN

「季刊遠近」49号(東京都)

| コメント(0)

2013年 5月13日(月)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:kitaohi>

季刊遠近は毎月必ず合評会をしています。5月の合評会は12日でした。先月の合評会と今月の合評会で49号は終わりました。合評会の席上で私が述べた感想を載せます。知識も素養もないので的外れかもしれませんが、恥をかくのもいいかと思っています。

季刊遠近第49号に掲載された作品の北大井卓午の読後感

「消えてしまう」(難波田節子)
 読み始めると最後まで一気に読ませてしまう作者の技量、執筆能力の素晴らしさに脱帽である。主人公である真知子と上司である岡部との色恋の物語かと思って読むと、真知子の高校時代の同級生美雪に、高校時代恥をかかされたり、いじめられたことが詳しく描かれている。美雪が真知子の貧しさを絵にして黒板に書いたとき、救ってくれたのは静香である。美雪は絵がうまかったが、静香は成績もよく、生徒会の役員に選ばれるような人望家だった。
 真知子は、父親が多額の借金を残して亡くなり、教育もなかった母親が市立病院で掃除婦をして真知子を育てので、真知子も当然中学を卒業したら働くつもりだった。就職の相談に行くと担任教師の今井は母親を説得して都立高校に入学させたのである。真知子は卒業式で総代に選ばれるほど勉強したが、大学受験はしなかった。中学の担任だった今井は、真知子に自分の気持ちを打ち明けながら学費は面倒を見るからといって大学進学を勧めたが、真知子は断った。真知子の弟は地方の大学を卒業し、建築会社に就職し、結婚もする。
 真知子は独身を通すが、常務の岡部の秘書となり仕事以外でも付き合う仲となる。岡部は、現在は開発本部長として上海に駐在している。岡部が本社にいた頃のことだが、今井の定年の挨拶状に、息子の就職がうまくいかないと書いてあったので岡部に見せると入社試験は終わっていたが、補欠試験で入社させた。
 岡部が上海に赴任した後、社史編纂室に移った真知子に、今井の息子が訪ねてきて、今井先生が亡くなったことを知らされる。葬儀に行き今井の妻に挨拶をして帰る。
 ストーリーは概ね以上の通りだが、作者は真知子、美雪、静香、今井、岡部などの心の襞ともいうべき部分を本当にうまく描いている。ストーリーを書いてしまうと却って作品の微妙な部分を殺してしまうような気がする。それほどいい作品だと思う。

「斜陽の王国」(逆井三三)
 120枚にも及ぶ作品であるが、読後感を書くのに考え込んでしまった。何を書こうとしているのか理解できなかったからである。
 異空間を設定し、そこでストーリーを展開する方法は多くの作者が使い、成功している例は多い。
「吉里吉里人」(井上ひさし)は分厚い本だが最初からワクワクしながら読んだ。人口約4,200人の東北の寒村が独立して国家を作る物語だ。異空間を描く場合、入口を作りそこから異空間に入り、読者に感情移入をさせることが多い。
 ところでこの作品は、ヒノデ王国といっているが、規模が分からない。人口、予算規模、位置的に世界のどのあたりにあるるのか、豊かとは言っているがGDPの世界順位はどれくらいなのか、王国といっているが王様の権限はどうなっているのか等が、さっぱりわからない。しかし一方で、政治評論的な部分がたくさん出る。政治評論は、国の全容が分からないと読者としては「あっ、そう」としか言いようがない。書いていることが正しいのか間違いなのか判断できないからである。国家財政が赤字といい、増税は政権の命取りといっても、ヒノデ王国が見えないので、何をいっているのだろうと思うだけである。政治評論を小説にするならば、評論の対象となる国家が見えることが最小限必要なのではないか。
 ヒノデ王国は、国民が選ぶ第一執政、国民が選ぶ評議員で構成する元老院の2元代表政治を取り入れているが、なぜ2元代表制なのかが書いてない。警察機構は国王が握っているのか、それとも第一執政なのかも書いてない。
 現実の世界では、北朝鮮、アルジェリア、シリア等々いろいろ騒がれている国がある。ヒノデ王国はこれらには全く無関係で存在出来るのだろうか。最近の議論されている原子力発電などには全く触れていない。
 丈二、恵子、健、宗教団体「救霊会」が登場するが、それぞれ突込みが足りないように思う。なお、56頁下段の「平安時代」「江戸時代」は日本国の歴史の一部であることを考えると、ヒノデ王国の過去は日本国なのか。
 今までの作者の作品の中では評価がいちばん低いのではないか。

「蒼生先生の手紙」(の木よしみ)
 作品は旧制中学の恩師の蒼生先生が平成24年1月に98歳で亡くなられ、その思い出を先生の手紙で書きつづっている。長い作品だが、退職されてから、文筆、地域社会での選挙、教え子たちが主催するいろいろな集まりに積極的に参加し、精力的に活動されている様子が読者にヒシヒシと伝わってくる。物理の先生なのに文学を論じ、短歌を作り、親鸞や良寛についての本を出版し、その一方でデジカメを使いこなす。教え子に健康が創造性の根源であることも説く。
 この作品を読んで、どのようにすれば98歳までボケないで生きることが出来るかを、僅かではあるが教えられたような気がする。

エッセー「なぜに桜か」(関口 彰)
 この例会では、エッセー、随筆を積極的に取り上げなかった。しかし、この作品のように素晴らしいエッセーもあり、合評として取り上げることがむしろ我々の力の向上になると考え、これからも書くことにする。
 この作品では、「花」は「桜の花」であるということが当然のように書かれている。しかし、奈良時代以来「花」とは他の花にさきがけて咲く「梅の花」であったことも触れて欲しかった。「花」が「桜の花」固定されたのは平安後期らしい。なお、梅の花の例として「春やとき花や遅きとききわかん鶯だにもなかずもあるかな」(古今和歌集)が挙げられる。
 作者は、業平、西行、宣長の歌を取り上げ、彼らが桜、八重桜、山桜などに取りつかれた状況をうまく描いている。また、小野小町、伊勢大輔、式子内親王の歌を引用し、そこに書かれている「花」「八重桜」「桜」は他の花、梅や椿であってもいいと断じ、女性と桜は相容れぬものがあると感じるとしている。私は歌や桜花を論じる知識も素養もないので何ともいえないが作者の薀蓄には驚く。
私は桜について何も知らないのだが、私の独断と偏見に基づく推測をいえば、平安時代は桜があまりなかったのではないだろうか。そればかりではない。桃とか椿といった花も今ほど多くはなく、百姓は食べるものを作るのがやっとだったではないか。昭和20年代?40年代の私の記憶では、私の故郷ではきれいな桜は、小学校と懐古園(旧小諸城)にしかなかった。種類は彼岸桜だろう。公園にはよく桜を植えるが、公園の整備率も日本は低く、今ほど桜はなかったように思う。最近はどこに行っても桜、桜だが、これは新設住宅団地の小公園や道路脇に桜並木を作るようになったからではないか。そして桜は染井吉野や彼岸桜(ヒカンザクラとは異なる)が多い。
 作者は、かって歌に詠まれた桜は、山桜で染井吉野(江戸末期以降)とは違う指摘しながら、最後は染井吉野を含めた桜に、業平、西行、宣長が取りつかれたように締めくくっている。染井吉野が普及する前の花見文化は、最近のようにあわただしいものではなく、ゆったり長期間楽しむものであったということを考えれば、77頁下段の「繰り返すようだが、桜という木の特性は、・・・耐えて風を鳴らすような木ではない」くくってしまうのは如何なものだろうか。

エッセー「意想軒鈴慕2」(八重垣渡)
 「意想軒鈴慕」(47号)の読後感でも述べたが、何を書こうとしているのかよく分からない。多くの本を読み、そこで共感したことを羅列しているに過ぎないのではないか。「無視」「作品とは運命の満ち干を描く」「言葉なのだ」「タテ文字」「ヨコ文字」「時代性」「虚の物語」「情報」(83頁下段と86頁上段の『情報』は同じ意味なのか)「やはり文学は雑がいい」「昭和33年」等々を拾い上げているが、何をいいたいのかがよく分からなかった。
 文中「小池屋」「安倍氏」が唐突に出るが、説明がなくてもいいのだろうか。私は最初分からなかった。また、90頁に「文学力は仕入れで決まると思っている」と書いているが、作者が思うのは勝手だが、年齢などで蓄積がまだ不足していても、センスや感性も重要な要素と思う。更に作者が文章力に言及しないのはどうしてだろうか。
 本として出版されると、活字はすべて独り歩きする。このエッセーを読むのは季刊遠近の同人だけではない。同人は作者の発言スタイルを知っているから、文章として支離滅裂であっても大目で見てくれるだろう。作者を知らない人はこの作品をどのように読むのだろうか。そのことを理解して文章を書いて欲しいと思った。
 勿論、私の読解力不足もあるかも知れない。しかし、世の中には高度の読解力を持った人ばかりが小説やエッセーを読むのではなく、普通の人も読むのである。そのことも考えて欲しい。

カテゴリー:季刊・遠近

2013年5月11日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「蛇苺の虹―愛しい人たちー」納富泰子】
 昭和の時代に、血縁、地縁の一族の栄枯衰勢の末に滅んだ民衆の物語である。親族がお互いに助け合い、強い絆があるが、そのかわり私生活までずかずかと踏み込み合う。孤独死は滅多にないが、お互いの生活に踏み込み合って、個人は親族のしきたりのなかに埋もれてしまわないと許されない。そういうべたべたとした関係がまた生きがいになる昭和の庶民たちだった。そういう個性をゆるさない、もたれあいの社会をみっちりと描く。本書の第1号の納富さんの作品も読んでいたが、短すぎて作者の手腕が小手先芸に埋もれてしまっていた。道端の雑草ような、どこにでも見られる身辺雑記物に毛の生えたものとの相違が明確でなかった。それを指摘すると、折角の門出に、悪口に思われて気分が悪かろうと、紹介の対象にしなかった。
 それでもしかし、この作品は長いため、日本人社会のつながりの原点をじっくり表現して、今は失われた世界を滅びの美学の視点描く。エピソードが生きて、表現のエネルギーとしてまとまっている。1号と2号を合わせ読むとさらに良いのではないかと思う。問題提起と作品的な回答は同じ画布にあり、絵巻物のようににつながっている。
 そういうわたし自身、漁民の家であった。海の農民の長男である。総領の甚六という。本家、分家、新家と先祖伝来のしきたりの中で、くだらない同族意識の愛憎に付き合わされてきた。その絆の親たちも親戚もほとんどが、亡くなってしまった。たとえ良いことでも、不愉快で思い出したくもない。たしかにここに出てくるようなおばさんたちがいましたよ。しかし、本作品を読んで、その嫌悪感も愛情のうちなのか、と思った。小説としてはつまらない部類だが、それに惑わされすに読んでみるものである。こういう気持ちの悪い日本人の世界を、美学的にも思えるように描くことのできる納富さんは魔女でしょう。
発行所=〒811?1353福岡市南区柏原2―23?5、納富方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:KORN

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

最近のコメント