2012年12月アーカイブ

「R&W」第13号(長久手市)

| コメント(0)

2012年12月25日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「迷羊(ストレイ シープ)」渡辺勝彦】
 東日本大震災のボランティアを福祉大学のゼミでやることになった小川三四郎が、関西から被災地に出かける。地道な話かと思わせておいて、現地で突然タイムスリップし、明治時代の三陸津波大災害のあった次元に行ってしまう。意外な展開でSF小説になっていく。それが面白い。半村良を思わせる。その時代のずれのなかでの物語としてのつじつま合わせが自然でよい。常に謎を残して話を意外な展開にもっていき、2弾、3弾の仕掛けもあって、面白く読んだ。調べたことがよく消化されていて、大変感心した。「匠」の手腕である。
【「最短三話(赤紙)」富士君枝】
 60歳になると召集令状がくる。何かと思うと、原発事故のメルトダウンした原子炉の始末に300年かかっているが、それで治まらず、ひと手不足で召集される話。「60歳以上の人は現場に行って欲しい」といった菅元総理の話の延長である。菅直人氏は、日本の政治家で権限で原発を稼働停止にしたただ一人の人物だが、現在は反菅勢力にけなされているようだ。
【「牢獄の魔鳥」萩田峰旭】
 夢とタロット占いのオカルトの世界を描く。小説的には明瞭さに不足があるが、感性が独自なので面白く読んだ。なにかすでにあるものをつぎはぎしたような感じがする。それも時代に合ったセンスがあるからできるので、資質を活かして、細部に磨きをかけるといいように思う。ただ、講師がおられるのに自分がこんな自己流の感想を言っていいのかしら、とも思う。
発行所=〒480?1179長久手市上井堀82?1、渡辺方。
紹介者「詩人回廊」伊藤昭一

カテゴリー:R&W

「創」第7号(名古屋市)

| コメント(1)

2012年12月22日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌は、栄中日文化センター「小説を創る」教室編集とある。年に1回の発行だが、みっちり詰まった作品集。それぞれ自由闊達に書いてあるので、ぱらぱらと目についたものを拾い読み。このとき目が止まるものを自分は字面でよむと称している。以前は、商業読み物雑誌で人気作家の書いたものは、字面の感じでわかったものだが、最近は読者世代のちがいから、その見分けがつかなくなった。読者層が多様化したので、全体的な共通性はみつけづらいようだ。
【掌編「わら団子」本興寺更】
 「食うものはわら団子」しかなかったと苦労話をする父親に連れられ10歳で料理屋に奉公に出される。つらいからと言って家に戻っても追い返させられるだけだ。しかし、父親はその息子に影ながら支援の手をさし述べていた。短いなかで人情話にまとめているのに感心した。
【掌編「ゲームメーカー」卯月蓉】
 大学生がアルバイトでゲームのプログラムを請け負っている。そこに戦争のシミュレーションの依頼があったので、力作をものにして満足して送る。ある日、テレビのニュースを見ると、どこかの国で戦争が起きた。みると、自分の作ったシュミュレーション戦場がそこにあった。いかにもありそうで、(ありえないか)面白い。
【掌編「ゴミ屋敷」辻井まゆみ】
ゴミをためる人の性癖とそれを片づけに来る善意の隣人がいて、ゴミをめぐる話が続く。結局ゴミを片付ける人が行方不明になってみると、その人の家がゴミの山であった。人間のゴミを出す存在として描き、その矛盾した本質に迫りそうな奇妙な傑作。
【「運命と作為」伊藤良彦】
 年金生活者の夫婦の病気の話からはじまり、夫妻の病気の入院、手術の過程がだらだらと長く書いてある。このだらだらとしながら読ませるのが不思議な手法と言うか味で、こんな書き方もあったかと驚かせられる効果的表現。ヘタウマの漫画があるが、ヘタウマの文芸作品のようだ
発行所=〒458?0833名古屋市緑区青山2?71、安藤方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭

カテゴリー:

2012年12月20日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「政治と文学に向き合って」外狩雅巳】
 総選挙の後で時流に合うので、目を惹いた。わたしは毎回投票に行くが、その度に結果的には、一度も当選者が出ていない。それでもすべて死に票なのかどうかは、判断が難しい。それと似たようなものが、政治と文学の関係にあるのかも知れない。外狩氏は、本誌24号に「偽りの日々」という短編小説を書いており、それとの創作上の関連が、過去の労働運動生活にあるという。
「偽りの日々」という作品は、全学連活動かなにかの反体制運動で負傷し、身体不自由者となって地下にもぐる男の話である。それを支える愛人、道子の視点から描いたもので、思想的な芯を失った潜伏生活の破綻までを描いたものと記憶している。たまたま今年、潜伏していたオーム信者が自首する事件があったので、それと重ね合わせたタイムリーな作品という読み方もできて、よくまとまっていた。ところがこのエッセイによると、同人雑誌の印刷を依頼した会社の経営者が丹治孝子さんで、「婦人民主クラブ」の代表者であったという。そうした関係で社会運動家としての交流があった話や、女性活動家の姿をみてきたという。
 少なくとも「偽りの日々」には、体験を有効に活かしたものとはいえない。また、活かせばもっと良くなるとも思えない。そのことを自ら記して、次回作に意欲を示している。小説にはスタイルというのがあって、それにうまく沿っていることで完成度が上がっていることもある。
【「ぐうたら野郎たちの挽歌」野田栄二】
 湾岸京浜工業地帯の海岸にある自動車工場労働者の情況を描く。時期はオイルショックでトイレットペーパーがスーパーで品不足になった時期らしい。溶鉱炉の煙突、運河の廃船、クレーン、喫水の高い貨物船、強風に飛ばされる新聞紙。どれもドライハードな詩的情景に読める。そこに豊満でエネルギーに満ちた中年女性が出てくる。中味は郷愁に満ち、文学的で見事な叙事詩として読める。自由な散文精神によるこのような作品は、同人誌ではエッセイとするらしいが、詩的散文のジャンルがあっても良いような気がする。このようなものは幾つも乱発できるものではないと思う。
 発行所=相模原市南区古渕4?13?1、岡田方「相模文芸クラブ」。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

カテゴリー:相模文芸

「奏」2012冬号(静岡市)

| コメント(0)

2012年12月12日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の後記によると、編集者の勝呂奏氏は、作家・小川国夫が亡くなって本誌に連載していた「評伝 小川国夫」を刊行し、「新潮」9月号に「作家修業時代の小川国夫」を執筆したとあり多忙のようだ。
【「冬になると赤い実をつける木」安倍七家】
 文章には読む上で、スピードのあるものと速度の緩いものがあるが、これはゆっくりとした速度で読ます、いわゆる行間を味う傾向の作風であった。連載的なつながりを意識せずに部分読みでも楽しめる。今回は、イギリス生活が非日常性を感じさせる描き方がされていてそれが面白く読めた。
【「小川国夫『心臓』論」勝呂奏】
小川国夫の短編「心臓」(原稿用紙27枚)が、名作として各種のテーマ別短編文学集に収録されていという。その元となった17枚の原稿が現存しており、そこからどのように小川国夫が「心臓」という形にまとめたかの過程を検証している。
文章はそのままではただの文であるが、それをある方向性をもって、簡潔化し省略することで、多言を要さずに多くの意味を含蓄させるか、または、多くの装飾を加えることで、語る意味付けを深めるかという相反するような手法がある。
小川国夫は志賀直哉の影響をうけたらしく簡潔性を重視したようだ。ここでは、省略の仕方が極端で、そこに独自の技法が存在することがわかり、より含蓄の深まる方向に推敲してきた経過がよくわかる。これを読んだ自分の感じだが、小川国夫という人は、当初の表現の源は閃きであって漠然としか把握していなかったものを推敲しながら焦点を明確にしてゆく作風のようだ。
 わたしは伊藤桂一氏の指導のなかで、雑誌社からテーマを与えられ原稿依頼を受けた時に、下書きをつくり、それを推敲していく過程を知らされた。その時の作家としてはテーマについて格別に関心があったわけではない。下書きはテーマに必要な素材をならべた、まさに作文に毛の生えたぼんやりとした凡作であった。とことが、それを推敲しながら文芸的な含蓄のある短編に仕上げてしまった。
 それにくらべ小川国夫には、自分の書きたいことに全力を尽くす、まさに純文学作家ならではの発想が見える。
紹介者( 「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:

「海」86号(三重県いなべ市)

| コメント(0)

2012年12月 5日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌には感想を書くための編集部宛先の私製はがきが挟んである。一つの方策ではある。同人雑誌の作者は、一人の読者が心を動かしてくれたら、それでいいというような気持で書ける場所でもある。もしかしたら自分を理解してくれる人がどこかにいるかも知れない、その人を求めて書こうという動機であれば、それはロマンである。
【「春風の人 人見幸次」国府正昭】
本誌の編集発行者であった人見幸次氏が70歳で亡くなって、友人の国府氏による作品解説と、人生のかかわり合いと回顧である。これを読むと執筆に根拠があるものを書いていて、デザイン創作など多彩に活躍した作家であったようだ。年譜もあって、後日に大変貴重な資料になるかも知れない。四日市市であるというから、作家・伊藤桂一氏とも面識があったかも知れない。ものを書く人の人生は有名であろうが、地域的な作家であろうが、その活躍の足跡には大変興味深いものがある。実生活のディテールの上に作品が重なる様子が、外側から見えるのは小説以上の感銘があるからだ。
発行所=〒511?0284いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。
(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ