2012年10月アーカイブ

「文芸中部」91号(東海市)

| コメント(0)

2012年10月31日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「料理教室の日」堀井清】
 男の高齢者たちの料理教室に瀬川は通っている。家には90歳を超える父親がいて、奥さんが世話をしている。その奥さんとは朝、瀬川が家事の手伝いをしないということで喧嘩になり、離婚を口走ってしまう。というように話を紹介しても仕方がない。独特の静かで流れるような文体で、そのなかに激流も澱みもあるという、じつに音楽的な作風なのだ。そして考えさせる。高齢者の夫婦関係と孤独をテーマに登場人物に事件が起きるが、それがリアルさを象徴性に変える手法に舌をまくというか、感嘆させられる。この作風がいつも安定していて、繰り返し読んでもあきない。年代層にもよるであろうが、誰が読んでも興味深いであろう。文体スタイルに作者特有の美学がある。
 本誌に「ずいひつ・音楽を聴く」(61)も書いているが、オーディオマニアだった作家・五味康祐の時代からの愛好者とある。吉田秀和も長命であった。自分はメーカーの注文で、各地のオーディマニアを訪ねたことがある。懐かしさを感じる。
発行所=〒477?0031東海市加木屋町泡池11―318、三田村方、文芸中部の会。
(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:文芸中部

「鉄道林」52号(札幌)

| コメント(0)

2012年10月30日 (火)、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本号の表紙には1968年の小樽―滝川間の電化開業の写真がある。電化製品の電化という言葉が、SLやジーゼル機動車などだった鉄道の電車化からきた電化であるという証拠であろう。同人が東京や埼玉にも存在するのが、鉄路のネットワークが見えるようだ。
 また第26回鉄道文学会全国大会が11月23日(金・祝日)に大阪市グランディア大阪で開催するとある。
【創作「粋・蝉・華を咲かせて」米田勉】
 68歳でがんで亡くなった本山徹という友人を偲ぶ話で、実話からとって創作にしたように思える。本山氏は役所を定年退職後、65歳で作詞、作曲、歌手になって上京した。奥さんは反対したが、「お母さんがいないとそばにいないと生きていけない」といわれ、一緒に上京するところは泣かせる。それがCDデビューをしてからがんで倒れた。11の章にわけてその人生を描く。亡くなった友人を偲ぶ話は自分も書いているが、これはこれで気持ちが出ていていい。いろいろなアプローチの仕方があるものである。
【随筆「妻の入院」松田静偲】
 昭和32年ころ、小さい子供がいて母親が突然病気で入院、手術することになった。母親に会いにくる子ども達も、寂しさに耐える。父親の立場から、妻の快復するまでを、思い入れ強く、ほのぼのとした雰囲気を淡々と描く。すでに亡くなった妻のへの思い出は永遠である。なによりも身近な出来事のなかに、これほ不変性のある題材があったかと、改めて日常の時間の大切さを感じさせる。
発行所=札幌市北区北三十四条西十一丁目4番11一209号、北海道鉄道文学会。
(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:鉄道林

「南風」第32号

| コメント(1)

<2012年10月18日 (木)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:納富>

和田信子さんの「洗面台」が秀作です。
環境が私とは全く違う家族の話ですが、身につまされて、身につまされて、読み終えたら、涙が。
頑固な義兄と弟嫁の暮らしの話ですが、余韻を残す小説でした。

カテゴリー:南風

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ