2012年8月アーカイブ

2012年8月24日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「二の糸 三番」吉井惠璃子】
 吉岡村という過疎化する現状に抵抗して、伝統と地域を守ろうとする大人たちと、その子供(中学生たち)の成長物語である。これは第55回農民文学賞の最終候補作品であるが、本作品が受賞してもまったくおかしくないものがある。
 農業は都会ではできない。いわゆる田舎の産業である。高校の進学も地域の学校よりも、外の大きな学校に進学したくなる。それも無理はない。
 そうした状況の田舎村意識から、いつしか卑屈になり、自己嫌悪にとらわれていた中学生の主人公が、神社のお祭りのイベントに三味線の伝統芸を急場で身につけ披露、村に活気を呼び起こす。地域住民と自己の存在に確信に目覚めて成長する。生徒と家族の物語がライトノベル風に書きあげられている。
 ライトノベルでも、書き方が軽いだけで、文芸であるので、テーマの重みがあれば通常の文学作品と変わらないことを示している。題材はこれまでに幾度も取り上げられてきたものだが、どのように書くかで、これだけ面白く読ませるという事例でもある。
【「九月二十四日の花束」林 俊】
 平凡に結婚して、平凡な家族関係で、特に情熱をもって結ばれたとは思っていない夫についての、深い愛情を表現したもの。普通に書けば、「私はどこにでも見られるありふれた家庭の主婦です」で終わってしまう話。これを意識の流れを追うというひとひねりした手法で、ディテールが光った心温まる作品。こういうのを読むと、同人誌って手法的に面白いのが載っている、と思わざるを得ない。これもどもように書くかで読ませる作品である。

【「野良の昆虫記その(十七)初蝶」飯塚清治】
 連載しているうちに「あれは面白くていいよね」という評判が高まって耳に入るようになった隠れた人気シリーズである。作者は「1日1行の農事日記を付けているが、それにツバメやジョービタキの初見や辛夷や木犀の開花などは記してあるが、初蝶をしるした覚えがない。今年からそれを書こうと、春への期待が高まった」と記す。こちらは都会人でまったく知らない昆虫の世界を知って驚く。また、知っていれば知っているで、改めて昆虫と人間との関係を発見させるに違いない。生き物との関係の再発見を促す。農業詩人の精神とはまさにこれである。
(紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:農民文学

<2012年 8月18日(土)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:kitaohi>

 遠近のkitaohiです。KORN1号を頂き、納富様の作品だけ読みましたので、読後感を送ります。例によって的外れだと思いますが、その点はご容赦ください。

【「帰郷」納富泰子】
 祖父の遺産相続(資産価値の少ない山林)の関係で、叔父が良子もとに訪ねてきて、叔父の話から異母姉妹である涼子が、同じ福岡県の博多区でスナックを経営していることが分かる。
 涼子(47歳)と良子(42歳)(ともに「リョウコ」と読む。)は、電話で連絡を取り合って涼子のスナック「粋族館」で会うことになる。小説の主人公は良子(私)である。涼子は表情が生き生きとし、声は嗄れているが、カラオケは、声量があり情緒もありうまい。私は、顔だちも地味で蒼白く貧相なので、「ミス幽霊」あだ名がつくような女だ。2人は週に1度ぐらいの間隔で「粋族館」で会った。涼子の母親と父親が別れた理由なども分かった。「粋族館」で涼子に会っているうちに、九州に単身赴任している「しろちゃん」と恋仲であることも分かる。しろちゃんは一回りも年下である。
 涼子は自分の家(家は春日市にあるマンションらしい。)には私を招待しなかったが、私は家に招待した。母も挨拶に離れから来た。
 その後涼子から書留郵便で書類を送るので店の保証人になって欲しいといわれ、保証人になるが、いつの間にか、その店を処分し、しろちゃんの家のある大阪に移ったという。なお、しろちゃんの留守宅は埼玉だったが、大阪に転居したことはこの作品の中では触れられていない。しばらく年賀状のやり取りはするも、印刷された平凡な挨拶だけになる。
 更に年月が経ち、宮城県の消印で、祖母の家の近くで「入江」という一杯飲み屋を開いたが、肝臓の病気で入院してしまったというハガキが届く。入退院を繰り返しているが、店には常連客もでき親切だと書いてくるようなはがきのやり取りを少し続く。が、また、間遠になる。そんな時に東日本大震災が来る。テレビにベッドに横たわって流される姉に似た老女が数秒間写る。
 作品全体はよく計算されたいい作品と思う。ただ、祖母の家が宮城県というのは、ありえないわけではないが、九州の男性と東北の宮城県出身の女性の結婚は、特別の事情がない限り考えられない。東京とか大阪の専門学校、大学といった接点でも恋愛結婚が滅多に認められなかった時代だ。祖母の話の中に伏線が欲しい。また、埼玉から単身赴任のしろちゃんが大阪住まいになったこともどこかに説明があるとよかったと思う。
 いい作品だと思うが、終わりの部分は強引に東日本大震災を入れ、結論に引っ張りまわされているような感じがした。こういった部分を除くと素晴らしい作品だと思う。

【「噴き出物」納富泰子)】
 面白い作品だが、以前に読んだ漫画本のブラック・ジャックに、背中など身体から葉が生えてくるのがあり、それを思い出してしまった。老夫婦の独特な世界でもあり、私たちもこのような幻想と現実が入り混じった世界に入ると考えたら、ちょっと怖くなった。

【ヤマカガシ納富泰子】
 私(kitaohi)は、人間が死んだらまたすぐに人間に生まれ変わるなんてことはないと思っている。地球上には膨大な生物がいるのだ。人は死ぬと、1回は魚や鳥、昆虫など別の生物になり、その生物が生命を終えたら人間になるという思いを捨てきれない。作者がこの作品で書こうと思ったこととは違うが、この作品を読みながら、私に取り付いている死後の生まれ変わりに思いがいってしまい、集中できなかった。それだけ人間の死、死後の生まれ変わりといったことを読者に考えさせる作品といっていいのかもしれない。

カテゴリー:KORN

2012年8月15日 (水)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌発行元の「仙台文学の会」(〒981?3102仙台市泉区向陽台4?3?2、牛島方)では、宮城県芸術祭参加「文学散歩」を9月25日?26日にかけて行うという。1泊で、栃木・茨城地方へでかける。「奥の細道7」をたどる意図と、福島の中山義秀記念館や白河の関、南湖公園に寄る予定だという。一般参加歓迎とのこと。10月27日には文芸祭があり、「言葉のクロッキー」に同人の佐々木邦子氏が出場するとある。
 作品は地元の歴史を題材にした小説が多く、調べた資料をもとに、各同人が作家的な手腕を発揮している。東京にも各地域に郷土史研究家が存在するが、資料をもとに評論にしたらり、あとは童話的な郷土昔話風のものが多い。本誌は、本格長編連載小説にしているものが多くあるのがひとつの特性である。
【「『削り』の文章術」石川繁】
 珠玉の短編といわれる井伏鱒二の「山椒魚」の推敲ぶりを具体的に示し接続詞の使い方までを、工夫している研鑽ぶりを語る。っこで面白いのは、和辻哲郎の全集への推敲した散文の比較で、よくみつけたものだと、感心させられた。ここでは削ることが推敲のポイントになってるが、若いときに書いたものは、削るとたしかに引き締まるが、当時の気分が消えると話があるのは、同感である。
【「米岡西野館」近江静雄】
 70歳を過ぎて、前立腺肥大かがんに向かうのか、など年齢相応の事情を語りに射れ、登米伊達氏の祖白石宗直の歴史を調べるドライブ旅行を語る。現在進行形をもって歴史の知識が身につく。手法のひとつであるが、わかりやすく読ませる工夫がある。
【「詩序論?今を生きるゲーテの詩と言葉?ゲーテ的存在の意義」酒谷博之】
 古典的ロマン主義の代表としてゲーテの詩を対象に試論がはじまるらしい。ゲーテいわく「ポエジーの実質は自らの生命の実質である」とあるらしい。なるほど...。今後の展開が楽しみである。
(紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一)

カテゴリー:仙台文学

「奏」2012夏(静岡市)

| コメント(0)

2012年8月 6日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「小川国夫『枯木』『あじさしの洲』草稿考」勝呂奏】
 小川国夫の原稿の推敲のあとを丹念に追って、短編小説の完成度を高める手順が示されている。島尾敏雄に取り上げられて世に出る元になった私家版「アポロンの島」に収録した「枯木」の前段階の元原稿が藤枝市文学館にあるらしい。「枯木」のモチーフになっている聖書の逸話はよく知らないが、「あじさしの洲」の河岸の風景描写の根気のよい推敲の繰り返しには、感服するしかない。
 同人誌にはよく使われ、わたしもよく使用するもので、このテキストにないもの。推敲では、「そして」などの接続詞を削除し、ほとんど使わない方向にもっていく。また、「その」という代名詞的なものも使わない。それから「など」と「それもなどの」の「も」。いずれも、冗長でイメージを散漫にする。
 本編では、文章の品格のあがらないような表現を削り、格調高くするための変更などが散見できる。このへんは時代の感覚ではあるが、現在でも納得がいくところである。
 「あじさしの洲」では、結局4稿までの推敲が示されているが、ただの風景描写でなく、死にゆく者の眼がどう見るかの選択で、風景として描くものを選んでゆく。小川の亡き後、こういう作家は、まだどこかにいるのであろうか。こういうのを検証して書く人も相当の文体追求マニアだが、小説はどう書いてもいいのだ、などといわれて迷う人などには、お勧めである。
発行所=〒420-0881静岡市葵区北安東1?9?12、勝呂方。
 たまたま、新聞の記事に次のようなものがあった。
 小川恵氏(78)『銀色の月』(岩波書店)は、2008年に80歳で死去した作家の小川国夫を妻の目から追想したエッセーだ。ファクスが普及する以前、静岡県に住む作家のところへは編集者が原稿を取りに来た。作品の完成を待つ彼らのため、魚の乾物やするめ、ねぎなどを七輪で焼き、もてなしたという。昼間は眠り、夜中に執筆をする夫を気遣い、日中は息子2人を連れて散歩もした。『アポロンの島』『ハシッシ・ギャング』などの名作は、静かな月光のような妻の献身により、陰影を深めた。(2012年7月31日 読売新聞)

カテゴリー:

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ