2012年1月アーカイブ

「文芸中部」88号(東海市)

| コメント(0)

2012年1月14日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 東日本大震災によって、文芸の世界ではそれをどう表現するかが、話題にされる。それは当然でもあるが、もっと重要なのは大災害を体験したひとはもとより、それを見聞した読者の読み方がどう変わるかであろう。読む側の意識変化が書き手の表現への感受性や評価を変えることは充分考えられる。
【「青空」西澤しのぶ】
 長いイスラエル勤務の夫をもつ主人公(私)は、息子をパレスチナに近いイスラエルで産んでいる。そこで新しい生命である子供に対する地元の深い愛情と思い入れを知る。そのなかで、人々が宗教、人種、領土などでの、緊張関係を感じさせる説明がある。
 日本に行って戻ってきる途中に、私はパリに泊まる。すると、アラブ人のヘジャブ姿の女性に出会う。お腹が大きいように見える。
 この描き方で、大変な緊張感をもたす。テロリストのある典型的な様相でもあるからだ。
 私は、思い切って彼女に声をかける。私がイスラエルとパレスチナの地域に詳しく、共通の知り合いの医師がいるとわかると、アラブの女はそこで身の上話をする。
 彼女にはイスラエル人の恋人とも親友とも言える友達ができ、彼はパレスチナ人との話し合いによる問題解決を考える思想家であった。紛争が起きると、彼女にイスラエル側からの攻撃があることを知らせ、避難するように連絡をしてくる。
 そこで、戦火のなかで日々明日を知れ命がけの毎日を送ることが語られる。恐怖と隣あわせの日々が臨場感をもって、よく表現されている。
 この砲撃を受ける様子の描写は、まるでハリウッド戦争映画かハードボイルド小説のようなスリルを与えるように思わせる。しかし、自然災害の暴力的な被害を知ると、それより自然な感じで、身に迫って読ませる。
 小説としては、もっと工夫があっても良いとは思わせながら、書くべきことを書いたという作者の達成感もよく伝わってくる。この明日をも知れぬ日々の感覚は、自然災害の大地震の余震と次の原発事故の発生の予感におびえて暮らす生活と比較させられる。かつて平和と思い込んで暮していた読者側の読み方を変えるものがあるのではないか。
発行所=〒477?0032愛知県東海市加木屋町泡池11?318、三田村方。文芸中部の会。

カテゴリー:文芸中部

「季刊遠近」44号(東京)

| コメント(0)

2012年1月 9日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 「季刊遠近」は、同人誌評やネットでも論評されることが多い。水準の安定した同人誌である。最近は本誌の常連でもある純文学作家の難波田節子さんの著書「遠来の客」が図書館の蔵書に並んでいるのを目にした。最近の図書館は、なかなか購入しないともきく。水墨画や禅僧などの絵画などで、日本には趣味を職業としない伝統もある。ひとつの作家活動の成果であろう。
【「百日紅」安西昌原】
 本作品は、個人的に我が身のことに想いが浮かぶところのあった作品。父親の一番下の妹が亡くなって、埼玉県の武蔵浦和に通夜と告別式に通う。この時代の様子が語られる。どいて葬儀会館へのその道中の順序がくわしく書いてある。新宿から埼京線で段取り良く行けば、一日目のように順調で、なんということもないのだが、湘南高崎線に乗ったためにあれこれ乗換えに手間がかかり、遅刻しそうになる。自分も3、4年前に赤羽乗換えで、段取りが悪く目的地に到着するのに苦労することがあったので、やはりそうか、と感じた。最近はさらに主要各駅の乗り気改築の変化の激しさに戸惑うことが多いことに思い当った。この交通の乗換え話が丁寧に描かれていることが、寓意に近い意味を感じさせる。同時に、語り口全体で、言うにいえぬ喪失感が流れているようで、しんみりと読める。子供のころ昭という親戚の子と野球をしていて、手元が狂い、頭にボールをぶつけてしまうエピソードがある。省略した書き方に哀歓と郷愁をかきたてるものがある。この何ともいえぬものの表現は、修練による文芸力のような気がする。
【「どんどん橋」欅館弘二】
 麦彦という男が学生時代に、葉子という男関係で奔放な女性との交流から始まる。葉子の身の上話の中に父親との情交を語る話になる。それがいつの間にか葉子が同人雑誌に書き残した小説を転載した話になり、定石はずしの違和感のある作品。首をかしげてしまう視点の変調がある。終りのメモに、参考文献として昭和41年?42年・同人雑誌「えぬ・あーる」2号・3号、(故)松本光代「狂気への道」とある。
 ということは、松本光代という人の作品に刺激されて、この作品ができたということなのだろうか。内容そのものは、近親相姦を軸に、人間の個人愛と情欲、人間の普遍的な人間愛の芯にあるものについて心に触れるものがある。全体はわからないまま、言うにいえぬところを表現していて、文芸の雰囲気に包まれたものがあるので、印象に残った。

カテゴリー:季刊・遠近

2012年1月 2日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【特集「いまだからこそ再会したい夏目漱石」】
 夏目漱石の課題にした人間性へのテーマは、いまだに解決の糸口が見えないと思っている自分には実にタイムリーな特集に思える。深く読み解く力不足の自分の知らないことが沢山盛りこまれている。
 7人の筆者がそれぞれの視点から論じているので、多彩な解釈が集まった。
「漱石の不愉快」(鈴木重生)は、漱石の書き物もの中から不愉快という語をチョイスし、その元が英国留学での西欧と日本の精神的な構造の違い、孤立した精神環境、日本の文学的な環境、国家主義への不快であること示す。
「オフェリアの気韻」(荻悦子)は、草枕に見る漱石で、文章藝術的な志向による実験的なものと指摘する。文学者なら一度は試みることかも知れない。わたしは中学生時代に先生によむことを宿題にされたのが「草枕」である。当時、ホームズ、ルパン、明智小五郎の探偵小説を読み漁っていたので、その内容に面食らった記憶を残す。
「『草枕』―俳句と小説の間―」(芦野信二)、「輪廻のど真ん中で直立する漱石」(塚田吉昭)など、それぞれ読み応えがある。特に「地下生活者としての夏目漱石」(草原克芳)は、漱石の人間完成への希求精神が、現代のニヒリズムの横行によってすでに過去のものとされているのか、という問題意識を呼び起こすものがある。

カテゴリー:カプリチオ

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ