2011年11月アーカイブ

「小説藝術」54号(新座市)

| コメント(0)

2011年11月13日 (日)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「三島没後四十年」羽島善行】
 1970年11月25日、三島由紀夫が市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地で割腹自殺をした。作者16歳の高校生だったという。三島が太宰治に批判的なことやその言動に共感があって、三島の代表作を読破したことから、改めて評論にしたものだという。傾倒するも無批判ではなく、精読して自立した視点を会得しており、文芸評論家の講演をきいても必ずしも賛同していない。
 その知見からの三島論なので秀逸。学ぶところが多く、有意義に読めた。
 三島は昭和34年5月の「群像」に「十八歳と三十四歳の肖像画」という寄稿があり、講談社の「美の襲撃」に収められている。そこでは自作について解説している。「仮面の告白」では、自分の気質を認め、それを敵として直面。抒情の利得、うそつきの利得、小説技術上の利得だけを引き出したのに耐えられなくなって、すべてを決算し、貸借対照表を作ろうとした、と述べている。
 三島の分析的な明晰さと日本民族的傾斜は、西欧の一元論を意識したところから出ているようだ。しかし、日本人として自同律・アイディンテティの合成ぶりが作品のつながりを混沌とさせている。自分にはその根元には、太宰に対し、民族的同質性をみたがゆえに反発する感性があるように思える。

【「断絶」美倉健治】
 母親が亡くなった知らせを聞いて「ついにクタバリやがったか」と、気の晴れた思いをすると語る息子の独白体。平談俗語体というか、日常用語のみで文学的表現をしようとする意欲が感じられる。
 その他、3・11震災に関する重みのある作品がいくつか。同人誌に読む震災記というのも評論のテーマになるかも知れない。
発行所=〒352?0032新座市新堀1?13?31、ホワイトハイツ?103号、竹森方。小説藝術社。

カテゴリー:小説藝術

2011年11月12日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「虚空疾走」有森信二】
 詩人的素養の強い作者であるが、小説も巧い。わが身を思えば、感心ばかりしていても仕方がないが、事実である。主人公の昭夫が人生の憂さを酒にまぎらわしているところから、はじまる。友人の余命いくばくもない病気と残されるであろう家族の心配を身にかかえていることが判る。そこに電車に飛び込み自殺をはかる女を押し留める事件があり、家に泊めて結局は関係する。しかし、病は友人だけでなく自らにも及ぶ。人生の儚さと滅亡的なイロニーを表現の軸にすえて、激しい事件を織り込み、物語性でも彩りつけている。死に向かって残された時間を意識させることでハードボイルド的な緊張感をかもし出し読ませる。作品は、一定水準を保って量産を可能にする才気に満ちている。

【「イカロスを愛した女」牧草泉】
 結婚生活の円熟期にある弘子という主婦。学生時代に恋人だった男がいた。しかし、その時期には性格と将来展望の違いから、弘子は離別を決意している。その男は亡くなったが、彼の妻が、自分が弘子の代用品であったのではないか、との疑問を解きに弘子と会いたがってくる。
 そのなかで、結婚という結びつきが、社会的な名誉心や富などが絡んだものであって、純粋愛というものがどれだけそこにあるか、という問題意思をも示す語り口となっている。ロマン主義の作風である。ときどき話が横にそれるような運びで、それも味わいの一部になっている。

カテゴリー:海(第二期)

2011年11月11日 (金)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「昨日こそ」紺谷猛】
 主人公は、兼業農家であるが、周囲の農家が農業をやっていられなくて、田畑の維持を頼まれてしまう。頼んだ方は、任せきりで、やる気がなさそう。主人公の近所付き合いの良さや、兼業にしては作業が大変な様子がわかる。自分は定年退職近くで奥さんも働きに出ている。息子は大学の工学部を出たが、親の近くに居てほしいという腹の中を読み取って近隣の中堅機械メーカーに勤める。
 高齢の兼業農家の穏やかな日常が手際よく描かれていて、大変興味深い。息子は会社のベトナム進出で出かけるが、帰ってくるとベトナム人女性と結婚したいという。
 文学的にどうのというより、多様化する日本社会の現状の一例をこれだけすっきり描くのは、強靭で冷静な社会的な視点がなくては出来ないであろう。そこから生まれる文章のまろやかさがある。だから同人誌を読むのは面白いのである。
 本誌は、11月1日発行。到着したばかりのもの。先に到着したのが多くあるが、これは読み応えがあるので、印象の強いうちに書いて紹介する。
 同人募集もしていて、作品掲載料は1ページあたり3000円で、作品掲載誌5冊の配布をうける。別に5冊以上の購入が必要。「未熟と思われる作品は不掲載にする場合があります」とある。なるほどと納得。
発行所=〒511?0284三重県いなべ市大安町梅戸2321?1、遠藤方。

カテゴリー:

2011年1月10日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「あんたどこの子」宇津木洋】
 30年以上前から残っていたマリつき歌のまくら話があって、その移り変わりをインターネットで調べて追跡する。その後は、いきらか変調して幼少時代に死別した父親の記憶につながり、味のある散文になっていく。
 ここではインターネットで検索することで、誰かの記録が日本人の記憶のように活用されるという仕組みに注目したい。ネットに蓄積された記録を書き手が利用して自分の概念を展開できる。それが独自のテーマの情報提供として興味を誘って面白い。
 ネットの特徴である素材事典性を活用することで、時代の流れを意識させ、自らの父親の趣味や人柄の追慕の表現の援用になっている。これが新しい試みになっているところに注目した。ネットは宇宙に浮かぶ断片的な他者の記憶を収めるもうひとつの頭脳である。それを取り込んでいるところが面白い。
 その他、鄭承博文学を語るー没後10周年特集―も、作家の存在と歴史が興味深く追慕されている。コラムでは「膳夫」ネームで原発事故のいきさつを早い時期に批判的に記している。
 6月発行のもので、遅くなったが、忘れることなく、記憶に残っているので紹介した。
 発行所=〒656-0016兵庫県洲本市下内膳272?2、北原方「淡路島文学同人会」。

カテゴリー:淡路島文学

 「繋」6号

 雑誌を送っていただいてすぐに読み始めたが、じきに日常の多忙に紛れて中断し、この頃になってようやく読了した。ただし、末尾に「それぞれの修行編・了」と記されているので、そうか、これで終わりではなく、更に別の編が続くのだなと思うと感想が書きにくくなったが、楽しみが先送りされてわくわくもする。

 先ずは、「百花繚乱...」といい「川向こうの預言者」といい、佐久間さんて何てデフォルメされた存在としての人間を描くのが上手なんだと感心した。
 そしてこの二作を拝読しながら、1932年にアメリカで制作・公開された『フリークス』 (Freaks)という映画を思い出した。
 この映画は文字通りの肉体的畸形を負っている彼や彼女たちが主人公であったのだが、佐久間さんの「川向こうの預言者」に登場しているのは、そういう肉体的・物理的畸形を負った彼や彼女たちではない。
 いや、やや常識的数値を超えた肥満や痩せである彼女や彼が登場してはいるのだが、そんなことは問題ではない。これに近い肥満や痩せは現実に存在している。
 問題は、記録する者として選ばれた「わたし」が直面した、この宗教団体とも邪宗とも言えないほどの小さな怪しい宗教グループの構成員のひとりひとり、すなわち肥満体の「預言者デブリ」、あるいは今にも死にそうに痩せた「修行者ガリリ」、あるいはアリアドネーさながら独特の迷宮ダンスを踊る「神の踊り子フルフル」、意味があって無い言葉を発し連ねる「空洞詩人カラン」、そんな彼らがどことなくだが、決定的に普通の人間ではないことである。
 彼らは、映画「フリークス」の彼らのような肉体的・物理的畸形としてのフリークスでは決してない。けれども、彼らは人間という名の存在としては不確かな、畸形=フリークスである。
 にもかかわらずである。そんなフリークスな彼らが何と生き生きと描かれていることか。私が佐久間慶子さんを賛嘆するのは、このような現実には在りない畸形=フリークスとしての人間を活写していることである。
 一人でも多くの書き手=読み手に読んで欲しい小説であることは間違いない。

カテゴリー:

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ