2011年8月アーカイブ

2011年8月25日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「散文詩三題」井本元義】
 散文詩というと叙情的なものを根底に置くのだが、これらの作品は、どれもそのなかに、ぴりっとした刺激、小さな火器のような爆発物を内臓している。欧州の影響をうけた近代文学の伝統的な味も籠めている。「春の光、病めり」では、死にゆくものの視線。若い牧師と未亡人の心中という伝説。現実の人生の幻想性と芸術の永続性を浮き彫りにしているようだ。「図書館」も、現実の人生から乖離した男が、それを読破して、膨大な現実の残滓、抽象化に浸る、その源である現実はどこにあるのか、男の意思を描く。「顔」も図書館で読書にひたる男の現実の幻影性と芸術について想いめぐらされるものがある。

【「プライド」ひわきゆりこ】
 姉と妹の性格と人生感のちがいを、姉妹という立場で描く。母親の介護をという子供の課題を透して、具体的に書き上げていく。親から絶大な信頼を無条件に得ている姉と、二の次にされてきてために、姉に比べて客観的に、バランスをとってみる妹に描く。母親を介護し、母親をどれだけ大切にしているかという誠意を軸に姉妹のライバル心が交錯するところが面白く読める。これを書く立場から見ると、視点のちがいを明確にし、章分けをした書き方である。これは分かりやすく、読みやすいので娯楽物に多く使われる。細かい神経質なやりとりが面白いが、文章的に「......たのだろう」という推察的なものが多用する癖がある。その分示す意図をぼやかしてしまい、効果をそぐところが気になる。たとえば「なぜ泰則はあんな向上心も自尊心ない男になってしまったのだろう」とあるところは、「なってしまった」と断定しないと、読者に陽子の性格がはっきり伝わらない。それが、月子のイメージづくりを曖昧にしていると感じた。同時に、姉妹の思いとは別に認知症状態になった母親は、それをどう思っているのか。月子がよくやってくれるので、月子に頼る心理ならば、月子の価値感の勝ち。あくまで長女の陽子に信頼を寄せるようなら、月子のプライドも傷つく。そこまで書き込む余地はあったように思う。

【「渓と釣りを巡る短編?」桑村勝士】
 自然と人物のなかに失われた日本の原型。炭鉱の事件があるが、何か人間がうごめいて文明と富を築いてきた過程を思い起す。

 納富さんのあとがきには、ひとごとに読めず。なにかを言うと、同病相哀れむになりそう。納富さんや、病と闘うみなさん、自分にも向けて、大事にしましょう。

カテゴリー:胡壷・KOKO

「まくた」31号

| コメント(0)

<2011年8月16日(火)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:「クレーン」和田伸一郎>

第5回全国同人雑誌最優秀賞候補作を読む(7)
「親子で鬱病」 平井文子
 この作品は関東同人雑誌評(『文芸思潮40号』)で優秀作としてとりあげた。内容は、タイトルどおりの日常が描かれている。この作品の魅力は、病に苦しむ主人公の半生が描かれているのだが、その文章から湧き上がるしなやかさが、読者に救いを感じさせるところだ。ただし、後半の鬱病に関する啓蒙的な部分が弱点になっている。なぜならこうした解説的な文章は、再読に堪えないからだ。
 以上候補作7編を読んできたわけだが、優れた作品の基準とは、再読、再々読に堪えるかどうかだ。人々に読み継がれるというのはそういうことではないのか。
 毎年マスコミで話題になる芥川賞、直木賞にしても、5年過ぎても読まれ続けている作品は数少ない。作品が墓場にいく時間は、ますます早まっているようだ。そうした中で、同人誌から、読み継がれる作品が誕生することは画期的なことだ。この賞がそれに寄与すればよいとおもう。

カテゴリー:まくた

「渤海」59号

| コメント(0)

<2011年8月15日(月)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:「クレーン」和田伸一郎>

第5回全国同人雑誌最優秀賞候補作を読む(6)
「風景―悪(わる)虫(むし)―」 山口馨
「家」にまつわる姉妹の物語である。「家」に縛られることなく自由に生きたいというのは、ひと時代前の大きなテーマだった。姉に想う人のあるのを知りながら、妹は先に結婚した。それが妹である主人公に原罪を意識させる。やがて両親も亡くなり、主人公の夫も病死した。市役所に勤務していた姉の夫は、定年を間近に控えて失踪したまま行方不明となっている。姉は帰ってくるというが、主人公には姉夫婦が解せない。その真相は最後まで明かされない。そうした生き方に関する問いかけを、読者は常に意識される。
まずタイトルが気になる。「悪虫」とはなにか?どうやら悪虫とは、「気付かぬ振りをして心中に秘かに別物を飼う」ことによって生じるらしい。自由を求めてなどと、青臭いことではなく、そこにはなにかしらの必然があるということなのだろう。いろいろ考えさせられる小説である。

カテゴリー:渤海

<2011年 8月 1日(月)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:東谷貞夫>

【藤井聡子「転生」】
 不可思議な香りがほのかに漂っています。
 小学生の慶太は踏切事故を予知し、また過去の出来事を言い当てて家族を戸惑わせます。さらにみずからの死の時期を正確に想い描きます。
 予言というか透視というか、その根拠を詳しく説明すると、安っぽくなります。筆を抑えてぐっとこらえるところが値打ちです。

カテゴリー:海峡

<2011年7月31日(日)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・「クレーン」和田伸一郎>

第5回全国同人雑誌最優秀賞候補作を読む(5)
【「幻燈一夜」寺本親平】
 これは現代のおとぎ話だ。前半は、能登や内灘などの地形の描写をおりまぜながら、民俗について語る。それは柳田國男の自然描写のように視点が自由に伸び、大陸までも視野に入れる。
 後半は現代の浦島太郎が竜宮城に行ったような奇想天外な催しに出逢う。即興劇の能や西行法師が登場し、謡や和歌の引用がはさまれているが、唐突な感じで作者の意図しているものがつかめなかった。こうした古典時代の情緒を作者は愛しくおもっているのだろう。
 本文中「震度にかんしては原子力発電所なみの強度をたもつ構造になっている」という表現を見て、奇妙な感慨を持った。震災前後、文学的な表現にも大きな差異をもたらしている。

カテゴリー:彩雲

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ