2011年4月アーカイブ

「風の森」15号(東京)

| コメント(0)

2011年4月28日 (木)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「横光利一『悲しみの代価』徹底解析」越田秀男】
 横光利一の遺稿に「悲しみの代価」というものがあって、川端康成が入手していたが、私的な作品だか、作者が生前発表しなかったのは未完成で、その気がなかったとかで、発表をためらったというような話は耳にしたことがある。ここではその詳細が丁寧に解説されている。
 自分は横光利一について、そのようなことは全く素人で、知識がないので大変興味深く読んだ。横光利一には、「純粋小説論」という評論があって、文学理論として面白いので「詩人回廊」に「横光利一「純粋小説論」のモダンと現代」を連載中である。これはあくまで創作の手法として、現代人の参考にしようというもので、横光利一への鑑賞としては粗雑なものである。文学的ではなく、政治経済分野の視点でみるとこうなるということである。
 本論を読んで分かったのは、どうも横光利一は、人間の細部の心理から、社会関係までを総合的文学のなかに組み込もうとした全体小説志向であったらしいということだ。

【「国家という不信―内村剛介が思念した場所」皆川勤】
 内村という人を知らないが、トロツキーの「文学と革命」も、レーニンの「帝国主義論」も持っている。地震で本箱から飛び出した。まだ入れ直していないが、あるはずだ。それぞれの本の訳者が誰であるか覚えていない。だいたい、これらの本について、社会人になって他人と話題にしたことがない。
 若い頃、シベリアや満州にいた人の話はきいたことがある。ひどいものだったらしい。アナーキーになるのもうなづける。昭和天皇の時代には、アナーキーに必然性があるが、現在は歴史とどうつながるのか。現代の殺人事件の様子などからすると、種類の違うアナーキーを感じる。
 トロツキーの「永続革命論」には、プロレタリアート独裁でも、政策実行者を毎年選挙で選ばないといけないようなことが書いてある。今でいえは、議会民主主義でも官僚を選挙で選ばないとまずいことになるという意味に取れる。
「文学と革命」では、「労働者の間では親と子の違いは年齢的なものであるが、インテリでは社会的な違いが加わる」というようなものが書いてある。自分は子ども時代は、小学校を卒業しないで働いていた父を手伝って働いたが、その後、大学を出て、父との会話の多くを失ったーー。(紹介者「詩人回廊」伊藤昭一)

カテゴリー:風の森

<2011年4月19日 (火)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:ひわき>
【「筑紫山脈」第7号(福岡県大野城市)】
「ツル子さんの場合 わたしの場合」村上弘子作
以前に読んだのだが、読後の印象が強く残っている。島という閉鎖社会が丁寧に描かれていて、説得力がある。登場人物の誰もが、子どものころ自分の周囲にもいたような気にさせる。ツルコさんのしたたかさも悪人としてだけでなく、人間味に踏み込んでいるところに作者の目線の暖かさを思った。力強さを感じる作品だった。

カテゴリー:筑紫山脈

<2011年4月19日 (火)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:ひわき>

【「から揚げコッコ」陶山良子】
「筑紫山脈」を戴くと、まず開く作品がある。今号が連載4回目の「から揚げコッコ」だ。自宅で飼っておられる動物たちを中心としたエッセイで、なんとも興味深い。今号は迷い込んできた犬にまつわる話である。元の飼い主に宛てた書簡形式が生きており、リズミカルな文体や言葉の妙も発揮されていて、何度も吹き出してしまった。そして、最後は哀しい。人間より短命なペットたちに寄せる作者の眼差しが伝わってくる。観察の細やかさも併せ持った1編だ。

カテゴリー:筑紫山脈

「胡壷・KOKO」9号(福岡市)

| コメント(2)

<2011年4月10日 (日)付、「文芸同人誌案内」掲示板より転載・投稿者:「クレーン」和田伸一郎>

【「小倉まで」ひわきゆりこ】
これは奇妙な小説だ。50代の「私」が小倉の叔母に会いに行くというだけの話だからだ。このシンプルな物語の中に作者は現在の日本社会の病的な表情とその奥に潜んでいる縁がか細くなった、ほとんど無縁状態になっている人の孤独、孤立感から来る不安をたくみにあぶりだしている。
 小倉の叔母は、私が不幸に陥ったのはあんたの一族のためだと難癖を言うために、「私」を呼び出したことを知り、「私」は憤慨する。
「私」は小倉駅付近で見た奇声を発しながら走り去った青年のことが念頭から離れない。理屈に合わない感情をもてあましている叔母とこの青年がどこかでつながっていることを暗示している。
 小倉の叔母の書き込みがいまひとつ浅く、その与える印象が一般的なところに不満が残るが、現在という時代の病的な断面をなにげない日常から描いた好短編というべきだろう。

カテゴリー:胡壷・KOKO

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ