2009年8月アーカイブ

「石榴」第10号(広島市)

| コメント(1)

8月17日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

【「歯」木戸博子】
1995年頃に、父親の死を迎えた娘の回顧である。老人の認知症という表現もなく、痴呆症という概念も明確でなく、さらに介護制度などもない。老いた肉親は病気であれば、病院へ、そうでなければ自宅介護となる。しかし、通常の家庭では自宅介護はすぐに行き詰る。それぞれ家族の生活あるからである。受け入れてくれる病院を探すのも、大変である。
 ここでは、自宅介護から病院へ入院させた娘が、もっと長生きをすると思っていたところ急に病状が悪化し、亡くなってしまう。そこに至るまでの娘の、父親との交流と意外な亡くなり方への後悔の念が描かれている。歯というのは、病院へ入れた父親が入れ歯をしておらず、看護の人たちから歯を使う食事をさせられていないことに娘がこだわる。そうして、死んだ後に、入れ歯をさせてあげたいと、病院がしまってしまった入れ歯を出してもらうと、入れ歯は本人の手で割られ使い物にならなくなっていた、というところで終わる。
 この時代、オームのサリン事件がニュースになっていたことを書き込み、時代背景がしっかりおさえてある。また、現実に父親を介護したときの、身についてしまう臭気、病院内での死臭など、臭いという五感の働きを表現に取り入れ、人間の死に直面した状況のイメージを明確に表現する視点に優れている。その細部によって、父親の性格や作者の細かい心情が、説得力をもって、語られている。
 自分もオーム裁判の時期に、会社を辞め、父親の介護をし、老人性の感情失禁というか、傍若無人な自己主張で、介護人には断られ、病院に入れれば不穏な言動だと呼び出され、自らの手はいくら洗っても、食事のたびに箸を持つ指から糞尿の臭いがしたものだ。個人的に、大変に心を動かされた。それは体験の共通点によるものであろう。確かに、私ひとりには、表現の意図は通じた。一人に感動を与えたのは、大変なこと。
 そういう良さがあるのだが、文芸作品として、どれだけの成果があるかというと、どこか、主婦の心情を吐露したレポート的なイメージがつきまとう。手際が悪く書かれていれば、わかりにくいものが、よく整理され優れているが故に、足りないものが浮き出してくる、という皮肉な結果になっているようだ。
 文学としてのポイントは父親の老人の業というようなこと、それを凝視する娘の感情の2点で、それらを組み合わせて純文学の素材にしている。この作品にはさらに体験者の思い入れがある。この思い入れこそ書く動機であろうから、欠かせない。同人仲間からは賞賛されるであろうと予想される。これでいいとするか、「もっと工夫して書くべき」とするか、自分も迷う。一応、もっと......、としておこう。父親の死に際の観察と、臭いへのこだわりは、作者の勘で純文学への扉を示しているのではないか? その壁を、もう一押しあれば......。同じ作者が本誌でスタインペックの「菊」の評論を書いている。シャープで、素晴らしい。勉強になった。

【「つづいて尾崎翠」高雄祥平】
 尾崎翠という作家はしならないが、知らなくても面白く読める。兄妹の愛を表現するのに、作家がそれを社会的なモラルを意識して、どう自己体験の表現の欲望を調和的に表現して見せるかを、難しく論じているが、わからないながら大変面白い。勉強になった。

カテゴリー:石榴

「照葉樹」(福岡市)7号

| コメント(3)

kitaohiさんより「文芸同人誌案内」掲示板に書き込みがあったので、転載いたします。
8月11日(火)

【「遊境」水木怜】
 「私」が病院で院長(古い病院で大先生は中学校時代の同級生)に話しているような状況を作品として仕立てている。最後までしっかりと計算され、構成がキチンとした素晴らしい作品である。一人息子の信男、その嫁の伊代さん、孫の春菜が、「私」の院長に話す主な話題である。
 病院で嫁の伊代の悪口をいったときから、病院に行く度に院長に話す内容の時代が、「私」の若い時代に遡り、信男が小学校に入学したころまで行く。
 老いから認知症のような状態になる過程は、話や本では読んだことがあるが、私は現実についてはあまり知らない。しかし、周りの人が盗んだ、食事をしたことを忘れるなどの話はよく聞く。ただ、秘密工作員といった突拍子のない事柄が出てくるのは初めてだった。何らかの事情で「私」の中に秘密工作員がインプットされていたのだろうか。
 この作品に登場する「私」は、考えようによっては、素晴らしい家族に囲まれているといっていいだろう。「私」の周りの苦労が感じられない作品に仕立てられている。「私」が中心なのでそれはそれでいいのかもしれない。しかし、現実は「私」の周りの家族が大変だと思う。
 蛇足であるが、私が住んでいる街でも1週間に1人ぐらいは行方不明者が出る。心当たりがある方はご連絡くださいというメールが、PCとケータイに入り、数時間後に、見つかりましたというメールが入ってくる。市がPCとケータイのアドレスを登録している人に送信しているサービスであるが、行方不明になる人に60代の人もいるのには驚かされる。同時に、見つかるまで家族は大変だろうなと思う。

カテゴリー:照葉樹

8月9日 (火)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

 本誌の同人である渡辺光昭氏の小説「ゆうどうえんぼく」が2008年度宮城県芸術祭文芸賞(県知事賞)を受賞したとある。
 また、同人の色川氏の運営による宮城県芸術祭文芸部活動の「文学散歩」企画がある。9月29日(火)?30日(水)に「文学散歩」(一泊)を開催する。軽井沢高原文庫を、藤村記念館、一茶館、無言館(太平洋戦争で散った画学生たちの遺作品)を巡り、戸倉上山田温泉泊。参加費3万円。だれでも参加できる。
 
【「幻のブタ」佐々木邦子】
 ブティックで派遣店員をしている語り手の「私」は、町角でブタがいるのを見る。それが幻視であるのか、犬を見間違えたのかははっきりしない。そして、店の従業員の間では、昔の不幸の手紙のような、受信したら誰かに発信しないと不幸がくるというブタメールが流れる。
 そこから子どもの頃に、父親と散歩した思い出があり、農家のブタ小屋の汚い飼育ぶりを見る記憶がよみがえる。その時、父親がブタは元来清潔好きだが、飼い主が不潔に飼っているのだと亜語る。
 その一方で、故郷から妹が押しかけてきて、同居し結活をしている。何故、妹が家を出たのかという家庭の内輪話がそこに入る。その妹の戦略的な結婚はうまいきそうである。
 仕事場では、手腕のある店長が派遣だとわかり、「私」は驚く。そして、彼女が韓国系で、差別される中を、仕事で頑張ってきていることがわかる。
 盛りだくさんの素材を押し込んで、なんとかこの猥雑な時代を表現しようとする苦労の跡が見える。なんとも言えない社会の雰囲気の一端が表現されている。ただ、それぞれのテーマについては、深く掘り下げることをしていない。総花的に象徴的なエピソードの羅列になった感がある。とはいえ、意欲を持った力作ではある。

【「榧(かや)の木の下で撮った一枚の写真」渡辺光昭】
 姉の暁子は、中学を卒業し集団就職で東京に洋服店を出したいと夢見て、都会に出たが、心労のためか、精神に変調をきたし、入院生活をするようになる。彼女の弟の視点で、病院を脱出したり、奇矯な行動をする姉と、その家族の精一杯の努力の様子を描く。本人の身上も気の毒だが、その家族が一枚岩となって、暁子の世話に苦労をする様子が、よく伝わってくる。
 この話が創作的なら、世話をする弟の両親の視点で、暁子の入院先での様子も描けるのであるが、あくまでも脇役の弟の視点から動かない。ほとんど、事実的な裏づけから来ている話であろう。淡々とした表現のなかに、家族への情愛があふれている。現在の若者の中には、景気のいい高度成長時代に生きて見たかった、という気分があるが、その時代でも犠牲なっている人たちがいるということを強く感じさせる。

カテゴリー:仙台文学

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ